グルメ デート パーティー ビジネス ライフスタイル 出会い 婚活 恋人 恋愛

女性が惚れる男の趣味!簡単に始められるかっこいい趣味とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モテる男の趣味

「趣味は何ですか?」

出会いの場やビジネスなど初対面の相手から聞かれることの多い質問、あなたはどう答えていますか?

簡単そうに見えて意外に奥が深いこの質問、どう答えるかによって相手から好感を持ってもらえるかどうかが変わってくる、実は難易度の高い質問です。

そこで今回は男性がリストアップしておきたい、かっこいい男の趣味をご紹介します。

特に婚活パーティーなどで有利になれる「女性が惚れる」趣味です。
しかも今からでも簡単に始められるものばかり。趣味なんて関係ないよね、と思っていた男性にとって目からウロコな女心も解説します。

では男性が女性にモテる趣味を早速見ていきまよう。

趣味で女性の心をわしづかみにする

たかが趣味と思うかもしれませんが、女性にとっては結婚する相手が仕事以外の余暇の時間をどう過ごすかはかなり重要です。
女性が惚れる男性の趣味についてご説明する前に、なぜ趣味を重要視する必要があるのかを見ておきましょう。

「趣味は何ですか?」「お休みの日は何をしていますか?」といった質問は、婚活パーティーやお見合いなどでは、一連の挨拶が終われば一番に聞かれる鉄板の質問ですね。
つまり、初対面の相手との会話の冒頭で、相手の心をぐっとつかめるかどうかがかかっているのです。

言い換えれば、かっこいい趣味を持っていれば女性の心をわしづかみにすることができるのです。

例えるならば、超オシャレなコート。
素敵なコートを着ている人はインナーもきっとオシャレに違いないとイメージするものです。

趣味も同じで、かっこいい趣味を持っていることを伝えれば、この人すごくかっこいい人!とあなた自身をより魅力的に見せることができるのです。

もちろん、かっこいい趣味がなくてもモテる男はモテるのは事実です。
でも、超絶オシャレなコートやかっこいい趣味がある方がモテ度は確実にアップするのも事実です。モテないよりもモテた方が断然いいですよね。

これがモテる男の趣味5選!簡単に始められるものをセレクト

モテる男の趣味1.サッカー・フットサル・テニスなどのスポーツ

モテる男の趣味1.サッカー・フットサル・テニスなどのスポーツ

お待たせしました!
モテる男はもうやっている!かっこいい男の趣味をご紹介します。

まず1つ目はかっこいい趣味の王道、スポーツです。
なかでもおすすめの種目は、サッカー・フットサル・テニス。

この3つのスポーツの共通点は「爽やか」「仲間と一緒にするスポーツ」「その気になれば女性も参加できる」ということです。

スポーツは他にも野球やバスケットボールなどもありますが、どうしても部活感や男臭さが増してしまいます。
NGではありませんが、サッカー・フットサル・テニスの方がモテるのが現実。

スポーツの趣味がかっこいいのは、初対面での好感度や爽やか度がぐっと上がるから。
休みの日に仲間と一緒に汗を流しているだろう強烈な爽やかさ、元気よく走り回ることで体を鍛えている、チームプレイができるコミュニケーション能力などです。

女性は「健康そうな男性だな」「お弁当を作ると喜ばれるかしら」「結婚したら良いパパになりそう」など想像力を膨らませます。

王道でありきたりかもしれませんが、スポーツの趣味は外せません。

モテる男の趣味2.手料理・食べ歩きなどのグルメ関係

モテる男の趣味2.手料理・食べ歩きなどのグルメ関係

2つ目は、おいしいお店を食べ歩きすることや自分で手料理を楽しむことです。

それって女性の趣味では?と感じるかもしれませんが、男性にとっても食は生活の基本、料理ができないよりできた方が良く、まずいお店よりもおいしいお店を食べ歩いている人の方が魅力的なものです。

将来結婚し生活を共にするとなると、生活の質を決定づける衣食住の1つが食です。
そして料理ができる男性は、今や結婚の条件に挙げる女性が急増しているほど人気です。

「趣味は料理です。美味しいかは自信ないけど。」
「趣味は食べ歩きです。郷土料理と家庭料理のお店が好きかな。」

もうこれだけで会話がどんどん進みそうですね!

1つ心配になることは、俺パスタぐらいしか作れないんだよな…という場合です。
パスタを作ることができるならもう十分です。トマトソース、オイルパスタ、和風テイストなど何種類かパパっと作れそうなレシピを探して作れるようにしておきましょう。

それで「趣味は手料理、パスタぐらいしかできないけど」と言って大丈夫です。レシピは2.3分でできる簡単なものでOKです。

モテる男の趣味3.バーベキューなどのライトなアウトドア

モテる男の趣味3.バーベキューなどのライトなアウトドア

次はアウトドア系。
しかもバーベキューなどの軽いノリのアウトドアです。決してザックを担いで雪山をガンガン登山するような本物志向ではありません。

趣味の話をする中で、女性が男性に対して好感を持つのは2つあります。
1つは太陽の光の下で楽しそうな時間を過ごしているイメージがあること、そしてもう1つは仲間とともに楽しんでいるイメージです。

バーベキューはまさしくその代表ですね。

「趣味と言えるかわからないけど、気候がいいお休みの日はよく友人とバーベキューをしています」

こんな会話をしたら女性はもうきっとその時点で惚れています。
バーベキューという言葉から連想するのは、男性なのに後片付けまでしっかりやってくれる優しさ、重いものを持ち火おこしができる男らしさ、結婚して子供ができても一緒にバーベキューをしてくれそう…などです。

休日家でダラダラするぐらいならどんどんバーベキューをしましょう。
思い立ったその日から趣味にできる手軽さが良いですよね。

モテる男の趣味4.ランニング・ジョギング

モテる男の趣味4.ランニング・ジョギング

デキる男と言えば、ランニング・ジョギング。
シンプルなスポーツでありながら、ビジネスの成功者がこぞって継続していることでも意識高めなスポーツとして認知されています。

「趣味というか、週に3回必ずやっているのはランニングかな。まだ始めて3ヶ月ぐらいだけど爽快さにハマってしまって。」

とても良いですね!仕事が忙しくても継続して運動していること、健康意識が高いこと、ランニングが好きだからといって大会に参加するほどストイックではない点が魅力です。

女性でもダイエットやストレス解消を兼ねてランニングをしている人も増えています。
もし初対面の相手とランニングで意気投合できれば、爽やかなランデートを楽しめそうですね。

趣味というのは決して何年も続けている必要はありません。~をするのが楽しい、という時点ですでに趣味なのです。
モテない趣味や女性が興味を持たない趣味を言うのであれば、短期間しか続けていないけど女性受けの良い趣味を披露しましょう。いばらの道ではなく、光輝く道を選ぶのです。

モテる男の趣味5.ドライブ

モテる男の趣味5.ドライブ

最後の5つ目はドライブです。

「唯一の趣味は車(バイク)であちこち出掛けることかな。その土地の名物料理を食べたり、景色の良いスポットに出向いたり。」
「趣味はドライブかな。本当は女性と行きたいけれどつい男友達とばかりで。」

ドライブが趣味の場合、女性は「この人と付き合ったらドライブデートが楽しめる」「この人と結婚したら車で家族旅行が楽しめる」と感じます。
初対面であっても、相手の趣味によって女性は自動的に想像をする生き物なのです。

地方や郊外であれば車の所有率は高いかもしれませんが、都市部では年々車の所有率が減ってきています。
特に20代、30代の若い世代では顕著に減少しています。車を持っていること、車を運転できること、好きな場所に自由に行けることは大きな魅力なのです。

ただし気を付けておきたいことは、車自体が好きでよく買い替える、改造することがあるというのは趣味として逆効果なこと。
車にこだわる男性の気持ちを女性はまったく理解できず、お金のかかる趣味だと感じるからです。

おすすめできない趣味

これは避けよう…だってどう考えても…

ギャンブル

一方で、女性に伝えるべきではない男の趣味もあります。
どう考えても女性に伝えるメリットがないのです。結婚相手を見つけたいならはっきり言ってやめてもいいぐらいのものかもしれません。

NGな男の趣味

  • ギャンブル
  • フィギュア収集、アイドル追っかけなどのオタク系
  • 風俗
  • ゲーム全般
  • ミリタリー、サバゲー

NGである理由を多く語る必要はないと思いますが、これらの趣味を持っている男性、絶対に女性へ伝えてはいけません。
マイナス1万点です。「趣味がないよりましじゃない?」と思うかもしれませんが、これらの趣味を伝えるなら無趣味だと伝えた方が100倍ましです。

ゲームが好きな女性、ギャンブルが好きな女性ももちろん存在します。
が、決して大多数ではありません。趣味で大多数の女性に切り捨てられることは極力避けましょう。悔しいかもしれませんが、それが出会いの場の鉄則です。

NGではないけれど避けた方が良い趣味

読書

次は、NGとまではいかないまでも極力避けた方が良い男の趣味です。せっかく女性の心をわしづかみにしたいのに、そのパワーがない資格という言い方もできます。

  • 読書
    ありきたりな趣味No.1ですね。話題になった本を読む程度なら何の話の広がりも期待できないので、できれば避けましょう。しかも読書は1人ぼっちで行うものなのでどうしても暗いイメージがついてしまいます。
  • 映画鑑賞
    こちらも同様にありきたりな趣味。月に1回程度映画館に行くレベルなら別の趣味を作る方が無難です。また、「趣味は映画鑑賞です」と言われると初デートも映画鑑賞だろうと想像がつき、楽しみやワクワクが半減するかも。
  • ストイックなスポーツ
    例えば今話題のボルダリングやトライアスロンなど、黙々と行うストイックなスポーツは女性も少し引き気味になります。「精神力の高い男性だな、私には無理かも」と思われて終了とならないよう、ほどほどな趣味を作っておくと良いですね。

かっこいい男の趣味はどういうもの?

かっこいい男の趣味はどういうもの?

男の趣味としてかっこいいものや好感を持ってもらえるものを紹介しましたが、その共通点にお気づきですか?

ずばり、女性は「一緒に楽しめるかどうか」を重視しています。

男の趣味は男のものなのになぜ一緒に楽しもうとするのか不思議ですよね。
ただ、女性は初対面の男性を相手に、限られた情報の中から結婚する相手としてふさわしい相手を必死に探しています。

わけのわからない趣味を持っている人より、自分と一緒に楽しい時間を過ごしてくれる人、結婚した後に家族で楽しめる趣味を持っている人を探しているのです。

趣味は複数持っていて構いません。
そして初対面の相手に伝える趣味が、自分にとって一番楽しいものである必要もないのです。

そう、誰もあなたの心の中は覗けないので、本当に楽しい趣味は自分の心の中に置いておき女性受けの良い趣味を伝えるのです。

だからと言って嘘はいけません。
やったこともないスポーツをやっていると伝えれば、あとで必ずバレて不信感を持たれます。

また、「一緒に楽しめるかどうか」以外にも、「仲間と一緒に楽しめる趣味」「爽やかな風景が目に浮かぶ趣味」といった付加価値があればなおさら魅力がアップします。

まとめ

女が惚れる男の趣味!簡単に始められるかっこいい趣味と題して、かっこいい趣味やNGな趣味、かっこいい趣味とはどういうものなのかをご説明しました。
趣味がなくて困っていた方や、趣味の会話になったときにいつも話が盛り下がってしまう方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

ご紹介した趣味はいずれもすぐに始められるものばかりです。
年単位で継続している必要はまったくなく、1.2か月程度継続していれば趣味と言っても差し支えありません。

仕事などで忙しい方にとっては趣味の時間を作るのも一苦労かもしれません。
でも、婚活パーティーやお見合いの場では必ず質問されますし、出会った女性と将来結婚を約束すればその女性の家族と顔合わせをしたときにもきっと質問されるはずです。

結婚を見据えて女性受けのする趣味をぜひ1つ2つ作っておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
wpremiumのご紹介