デート 恋愛

デート後の連絡でわかる?脈ありと脈無しのサイン20個

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像1

初デートは盛り上がったはずなのに、2回目のデートにつながらなかったという経験はありませんか?逆に初デートであまり会話が弾まなかったのでダメかと思ったら、次のデートに誘われることもあるでしょう。

デートのときの印象で脈ありか、脈なしか焦って判断してはいけません。脈なしでも礼儀としてデート中は楽しそうにする人もいるからです。

そこで判断のポイントになるのが、デート後の連絡です。デートの後にはお礼や感想をメールで伝える人が多いですが、この内容から脈ありか脈なしか判断できるでしょう。

今回は、デート後の連絡からわかる脈ありと脈なしのサインを20個ご紹介します。初デートの後、相手からのメールを注意深く見極めてくださいね。

デート後の連絡に見られる脈ありサイン

デート後のメールで次のようなサインがあれば、脈ありと考えられます。もしデートが盛り上がらなくても、デート後の連絡に脈ありサインが見られたら期待できますよ。

1.相手から先にメールがくる

デート後の連絡は、男性からと決まっているわけではありません。男性でも女性でも、どちらから送ってもいいのです。内容にもよりますが、相手から先に連絡がきたら、脈ありの可能性が高いです。自分からメールしてくれるということは、少なくとも社交辞令で返信をくれているわけではないと判断できます。

別れてもすぐに連絡を取りたくなるほど相手に好意があると考えられるでしょう。

2.無事に帰ったかの確認

「無事に着きましたか?」と気遣う言葉があれば、脈ありの可能性大です。相手のことを大切に思っているから、無事に帰れたか心配になるのです。とくに女性の自宅が駅から離れている場合、男性は心配します。帰宅中に「無事に着いたら連絡してね」とメールがくることもあるでしょう。自宅に着いたらできるだけ早く連絡して安心させたいですね。

3.「楽しかった」という言葉が入っている

画像2

メッセージの中に「楽しかった」という言葉が入っていると脈ありの可能性があります。「今日は楽しかったです」というよりも「〇〇がすごく楽しかった」と具体的に伝えてくれる方が、脈ありの可能性大です。デートを振り返り、楽しかったことを思い出してくれているということは、次のデートにつながる可能性が高いです。

4.今日のデートの感想

デート後の脈ありメールでは、今日のデートの感想を伝えるのが一般的です。たとえば「〇〇を初めて食べたけど、おいしくてびっくりしました」「〇〇の話がすごくおもしろかったです」など、デートの内容が楽しかったことが伝わります。すると、「次は〇〇に行きたいね」と次回のデートがすぐに決まるかもしれません。

5.「また会ってくれる?」と聞かれる

初デート後のメールに、「また会いたいね」という言葉があっても、必ずしも脈ありとは限りません。残念ですが、社交辞令の可能性もあります。

しかし「また会ってくれる?」と聞いてくるのは、脈ありサインの可能性が高いです。あなたをデートに誘いたいと思っているのでしょう。会いたいのであれば、具体的な日時を提案することで、次のデートの約束につながります。

6.休日の予定を聞く

「休日は何して過ごしてるの?」「次の日曜日は予定ある?」というように、休日の予定を聞いてくるのも脈ありサインです。もし予定がなければデートに誘おうと思っているのでしょう。

誘ってほしいなら、自分の都合がいい日を積極的にアピールしてはいかがでしょうか?

7.次のデートのお誘い

画像3

デート後に早速2回目のデートのお誘いがくれば、間違いなく脈ありです。積極的に誘って、2人の関係を進展させたいと思っているのでしょう。女性の場合、次のデートに誘ってほしいときは、行ってみたいお店や観たい映画などを話しておきましょう。「今度は〇〇ちゃんが行きたいって言ってたお店に行ってみない?」と誘う口実ができるため、男性も誘いやすくなります。

8.デート前より親しげな口調

デート前は敬語だったのが、デート後のメールでは親しげな口調になっているときも、脈ありと考えられます。あなたともっと仲良くなりたいと考えているのでしょう。また、名字で呼んでいたのが、下の名前やあだ名に変わったときも、脈ありと考えられます。

9.デート中に緊張していたことを打ち明ける

好きな人との初デートは、とても緊張しますよね。もっと上手に話せたら……。とデート後はひとりで反省会をすることになるでしょう。

デート後のメールで「実は緊張してしまって…」と打ち明けられたら脈ありです。デート中にあまり話してくれなかったり、表情が硬かったりすると、脈なしかと思ってしまいますが、実は緊張していたせいかもしれません。

デート後のメールで緊張していたことを打ち明けられたら、脈ありなので次のデートに誘ってみましょう。次はもう少し緊張が解けて、初デートのときよりも楽しめるかもしれません。

10.褒めてくれる

「今日の服、かわいくて似合ってたよ」「〇〇なところがカッコよかった」など、褒め言葉が入ったメールがきたら、脈ありと考えられます。デート中は照れて言えなかったことを、メールで伝えてくれているのです。脈なしであれば、期待させるようなことを言わないはずなので、お世辞と思わず、素直に受け取りましょう。

11.メッセージが長文

デート後の脈ありメールは伝えたいことがたくさんあるため、長文になる場合もあります。脈なしだったら長文にはならないので、初デート後の長文メールは喜んでいいでしょう

12.返信が早い

脈ありの場合、デート後に相手からメールがきたらうれしいので、なるべく早く返信します。相手もメールしようと思っていたのかもしれませんね。

また、もし返信までに少し時間がかかっても、丁寧な内容であれば脈ありだと考えられます。じっくり時間をかけて文面を考えてくれたのでしょう。しかし、返信まで時間がかかったのにシンプルでありきたりなメールなら、脈なしかもしれません

デート後の連絡に見られる脈なしサイン

デート中は楽しそうにしていたのに、実は社交辞令だったということもあります。次のようなメールがきたら、脈なしの可能性もあるので注意しておきましょう。

1.お礼だけのシンプルなメール

デート後のメールが「今日はありがとう」だけなら、脈なしの可能性があります。もし脈ありなら、デートの感想や次のデートにつながることなど、もう少し言葉があるはずです。「今日はありがとう」だけだと会話が広がりません。脈なしでも礼儀として、お礼だけは伝えておこうと思っているのでしょう。

もし別れてすぐにメールがくるとしても、このようなシンプルすぎる内容は脈なしの可能性が高いです。引きずりたくないので、早く用事をすませて気持ちを切り替えようとしているのかもしれません。あなたが返信してもこれ以上メールが来なければ、脈なしと考えて間違いないでしょう。

2.デートを振り返らない

画像4

デート直後のメールなら、話題は今日のことになるのが普通です。デート後のメールなのに、全く内容に触れていなかったら、今日のデートはなかったことにされているようで、少し寂しくなりますよね。

ひょっとしたら相手にとっては2人で食事をしただけで、デートしたとは思っていないのかもしれません。今日のデートについて何も言わない場合、脈なしと考えられるでしょう。

3.同じ言葉を返信するだけ

あなたが送ったメールの言葉をそのまま繰り返すだけなら、脈なしだと考えられます。たとえば「今日は楽しかったです。どうもありがとう」と送ったら、相手から「こちらこそありがとう」という返信。「また会いたいですね」と送れば「そうですね。また会いたいですね」。このやりとりには自分から話を広げようという意思がありません。

2人の仲を深めようという気持ちが感じられず、礼儀として返信しているだけでしょう。

4.「またいつか…」と具体的に日時を決めない

デートしてピンとこなかったとき、デート中に「2回目のデートはないな」と決めている人もいるでしょう。しかし、わざわざ言う必要もないので、あいまいな言い方をすることがあります。たとえば「またいつか食事に行きましょう」というあいまいな約束は社交辞令と考えられます。本当にデートする気があれば、「来週空いている日はありますか?」というように、日時を具体的に決めようとします。

「またいつか」「また機会があれば」といった返事なら、その機会は来ないかもしれません。

5.素っ気ない返信

食事がおいしかった話や、夜景がきれいだった話など、デートの後は話題がたくさんあるはずです。しかし、自分から話題を振っても「そうだね」といった素っ気ない返信しかくれないなら、脈なしだと考えられます。

メールがあまり好きではない人も短い返事になってしまいますが、デート前と比べて明らかに素っ気ない態度なら、脈なしと思った方がいいでしょう。次のデートをする気はないので、返信をめんどうに思っていると考えられます。

6.誘ってもはぐらかす

次のデートに誘ったとき、「今は忙しいので、落ち着いたらこちらから連絡します」とはぐらかされたら、脈なしの可能性が高いです。本当に忙しくてデートの時間が取れない人もいますが、やんわりと断るときによく使われるフレーズです。

自分から連絡するということは、あなたから連絡しないでほしいという意味かもしれません。このように言われると、自分からは誘いにくくなるので、次のデートはないかもしれませんね。

7.返信がスタンプだけ

LINEのスタンプは、「ありがとう」「楽しい」といった気持ちを伝えられますが、デート後のLINEがスタンプだけの場合、脈なしと考えられます。やり取りを終わらせたいときにスタンプを使うことが多いからです。これ以上メールする気はないと考えられます。

8.既読スルー

画像5

デート後のLINEが既読スルーなら、確実に脈なしでしょう。または既読もつかない場合もあります。スパッと諦めた方がよいでしょう。

まとめ

デート後のメールで脈ありや脈なしの見当がつくので、またデートしたい場合は好意が伝わるようなメールを送りましょう。誘った方は「今日は会ってくれてありがとう」、誘われた方は「今日は誘ってくれてありがとう」とまずはお礼を伝えます。もし彼が食事代を払ってくれたなら、女性はもう一度お礼を言っておきましょう。

それから今日のデートの感想を伝え合い、次のデートにつなげていけたらうれしいですね。

普段の生活で出会いがなく、なかなかデートする機会がない人は、恋活・婚活パーティーに出かけてみてはいかがでしょうか?出会いを待っているだけでは、時間がもったいないですよ。出会いの場には、普段の生活では出会えないようなタイプの異性もたくさんいます。

Light Up Partyは、上質な出会いが見つかる恋活・婚活パーティーです。男性はハイステイタスな方限定、女性はOLや看護師、美容系の職業の方が多数参加しています。心がときめく異性と出会うため、積極的に出会いの場に行ってみましょう。

Light Up Partyですてきな出会いがあり、もっと相手と仲良くなりたいと思ったら、デート後のメールは脈ありの意思が伝わるような内容にしましょう。デート後のメールで、すぐに次のデートを決められれば、ぐっと仲が深まります。くれぐれも脈なしと勘違いされるようなメールを送らないように気をつけておきましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介