デート

2回目のデートはどうするのが正解?メールでの誘い方から告白まで解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真1

気になるお相手と初めてのデートを無事に終えたあなた、そこで浮かれてはいけません。デートすることがゴールではなく、デートを重ねて2人の仲を進展させるのが大切です。

実際2回目のデートからが本番だと思う人は多く、誘う方も誘われる方もソワソワと落ち着きがないようです。

一体どうやって2回目のデートを誘おうか悩んでいる人もいるかもしれませんが、誘わなければ次はありません。特に相手が受け身の場合、あなたからの行動が大切です。

メールや電話で誘う方法や注意点、どうやって2回目以降のデートを成功させればいいのか、そして告白は?

お相手のことが好きだと思ったら、無事お付き合いに至るまでしっかりと2人の仲を深めましょう!

2回目のデートには大きな意味がある

実は2回目のデートにはとても大きな意味があります。付き合いが続くかどうかは2回目で決まるといっても過言ではありません。

嫌だったら2回目は来ない

写真2

まずはじめに、2回目のデートに応じてもらえたということは、あなたが「生理的に嫌な相手ではない」という範囲に入ったことを意味します。会っていて楽しくない相手とのデートにわざわざ来たりしないでしょう。相手が2回目のデートに応じてくれれば、未来の関係性につながったともいえます。

とはいえ、世の中にはプレゼントや食事目当てにデートする人もいます。本当にあなたを好きになってもらえるような努力や意思表示は不可欠ですね。

2回目のデートのプランを教えてもらった時、「つまらないな」「面倒だな」と思ったら、お相手は何かしら理由をつけて断ってくるでしょう。そうならないためにも、デートの場所選びやシチュエーションはとても大切です。OKをもらえるように頑張りましょう。

付き合うかもしれない、という気持ちになる

異性と二人きりのデートなら、相手を意識しないわけにはいきません。大勢で出掛けるのとは緊張感や心構えが違います。もしかしたらこの人とお付き合いするかもしれないな、という気持ちにだってなるはずです。

相手に好意があるからデートに誘うのですから、誘われた側はそれなりにあなたの気持ちを予想しています。

他の誰でもない、あなたとデートがしたいんです!としっかり相手に伝えるのがポイントでしょう。2回、3回と同じ相手に誘われれば、お相手は必ずあなたのことを恋愛対象として意識してくれます。

1回目は様子見、2回目からが本番

前述したとおり、嫌なら2回目はありません。1回目のデートは「とりあえず1度くらいはいいか」「勢いでデートの約束をしたけれど、初めてだしどんな人か確かめてみよう」と様子見であることが大半。2回目からがデートの本番だと思ってください。

最初は食事をごちそうしてもらったり、どこかに連れて行ってもらえるからとデートに付き合ってくれたかもしれません。しかし2回目以降は、ご自身の魅力で勝負する必要が出てきます。

「この人とデートすると楽しいな」と思ってもらい、今後のデートにつなげていきましょう。そのためにも2回目のデートが大切なのです。

2回目のデートはどう誘う?

写真3

実は1回目のデートの終わり際に、2回目を誘えるかどうかは半分くらい決まってしまいます。もし意中の人とデートできることになったら、必ずその次のデートも視野に入れて行動しましょう。

次に誘いやすくなるような情報を集められるようにアンテナを張っておくのがポイントです。

1回目のデートで何をするべきか

1回目のデートでは、相手の得意な事や好きなこと、興味があることをどれだけ情報収集できるかにかかっています。質問攻めをするのではなく、相手の言動に注意して、好きそうなことや興味がありそうなことがあればさりげなく会話に入れてみましょう。

反対に苦手なことや嫌いなものの情報も忘れずに覚えておきます。デートの場所やレストランを選ぶためには必須です。
1回目はお互いに緊張しているはずですから、本当に楽しいのは2回目以降。そんな時、相手の行きたかった場所や好きな食べ物のレストランに連れていけたら最高ですね。あなたとのデートが楽しいと思ってもらえるはずです。

1回目のデートの別れ際、「今日はとても楽しかった」ということをしっかり伝えます。その上で、「次は〇〇してみませんか?」と2回目のデートの約束をしておくのです。
お相手の機嫌次第では、2回目の日付や曜日まで決めてしまっても構いません。まだ予定が立たなそうなら、「必ずまた連絡します」と言っておきましょう。

どこに行けばいいか計画を立てる

写真4

2回目のデートの内容をある程度計画してみてください。決して行き当たりばったりではいけません。デートの約束が決まったら、食事は店を予約しておくくらいの用意をしたいものです。

まだ知り合ったばかりの2回目デートですから、いきなり遠出や夜遅くまでのデートプランは避けましょう。もし相手の好みが分かっているなら、興味のありそうなスポットを選べればベストです。

行きたい所が特に思いつかない時は、デートスポットとして「無難なところ」を選ぶと間違いありません。誰でも行ったことがある場所だとしても、一緒に行くのは初めてなのですから問題ないでしょう。

デートスポットとして人気の場所なら、雰囲気もよく交通手段や店で悩む必要も少なくなります。また、デートプランを立てやすいのも見逃せません。

映画館でのデートもおすすめです。異性と話すのが苦手な人でも、映画を並んで観るなら安心です。彼女が観たがっている映画、話題の映画などを一緒に観て、その後食事をしながら映画の感想で盛り上がることができますね。雨などの天候に左右されにくいのもうれしいポイントです。

いざデートに誘う時は

メールやLINEでのお誘いがベストです。電話で誘うと、相手が返事に悩む余裕がなくなります。メールやLINEなら文章でデートの内容がよく分かりますし、予定の確認など余裕を持って調べてから返事ができます。

まずは1回目のデートがとても楽しかったこと、ぜひ次もあなたとデートがしたいのだということを伝えます。

相手の休みと自分の休みが合わなければデートは難しいですから、いきなり色々な予約を取ったりせずに、まずはデートの日程だけ決めてみてください。

「この間観たいと言っていた映画を〇〇でやっていますが、よかったら一緒に行きませんか」「〇〇がお好きだと言ってましたが、とてもおいしい店を知っているのでお付き合いいただけませんか」と何をするのか示しましょう。

社会人では休みが週一度の方もいます。相手がスケジュールを調整しやすいよう、2週間前くらいにお誘いをしてみましょう。その後は約束を忘れないように、こまめに連絡してデートまで気持ちを盛り上げてください。

もし相手の都合でデートができないとしても、相手もそれを残念に思っているなら「次は〇〇日なら大丈夫です」など具体的な日付が返ってくるかもしれません。

相手が2回目のデートを避けていると思われる場合でも、何度も返事を催促するのは避けましょう。相手の返事のテンションを読んで適切な対応ができるように心がけてくださいね。

2回目のデートではここに気を付けよう

した方がいいこと、しない方がいいことはあるものの、基本的に相手の気持ちを思いやれば大丈夫です。

最大の勝負は告白するかしないかですが、まったくその気のなさそうな相手にいきなり告白しても失敗してしまいますよね。お互いの雰囲気やその日の状況で臨機応変にしたいところです。

まだ付き合っているわけではない

人によっては2回、3回ととりあえず2人で会ってみようかな?程度に考えている場合があります。あなたと出かけるのが嫌ではないだけで、特に恋愛感情があるわけではありません。

世間では男女がカップルで歩いているとほぼ間違いなく恋人同士に見られますから、ついのぼせてしまって「恋人気取り」になってしまいます。しかし、デート2回目でお互いの気持ちの確認もないままでは、「まだ付き合っているわけではない」ということを決して忘れてはいけません。

例えば馴れ馴れしく触るとか、キスを迫るなどもってのほかです。特に気を付けたいのが性別による感覚の差です。男性は女性にボディータッチされるのがそう嫌ではないことが多くても、女性は気を許していない男性に触られるのが嫌だという人が多いのです。

でも、相手をドキドキさせた方がいい!

恋人気取りで馴れ馴れしくするのはよくないこと。ところが、相手を適度にドキドキさせた方がいいなんて…なかなか難しいですよね。

まずは相手の表情や言動をよく観察してみましょう。あなたに対してまんざらでもない様子、相手から積極的なボディータッチがある場合などは、人ごみや足元が不安定な場所ではさりげなく手をつないでみましょう。人ごみで手をつなぐ程度ならハードルも低めです。

男性なら道路では必ず車道側を歩く、重たい荷物は持ってあげる。女性はさりげないボディータッチをしたり、笑顔を絶やさないようにすることです。

自分が異性であることを意識してドキドキさせることは、今後お付き合いするためのいいきっかけになるでしょう。

告白はする?しない?

2回目のデートでする人は少数派のようです。3~4回目が最も多く、それ以上告白しないと「これってどういう関係?遊びの付き合いなの?」と思われてしまうことも。2回目のデートで告白する人は少ないため、ちょっとびっくりされるかもしれません。

ただし、一緒にいて心から楽しい場合や相手の態度が明らかにあなたに向いている場合、告白するのは決して悪いことではありません。

その際は直接口で伝えるのが一番です。デートの終わり際、次のデートの約束をする時に気持ちを伝えましょう。次のデートまで返事を待つ余裕もできます。

特に年齢が高ければ、若い人に比べて最初から「結婚を前提に真剣なお付き合いを」と口にだしても構いません。実際年齢層が高いほど早い結婚を望む人が多いからです。

2回目のデートは今後のために超重要!

写真5

2回目のデートは今後の2人のお付き合いに関わってくる重要なもの。3回目、4回目と会ってもらえるように、デートプランは綿密に練って、相手が楽しいと思ってもらえるようにしたいものです。

ただし注意したいのは、「この人のこともっと良く知りたい」「好きになってしまったかも…」と積極的な意思でデートしてくれる場合と、「別に嫌ではないしとりあえず食事でもしてみるか」「もう1回くらい会ってみようかなあ」程度の消極的な気持ちの場合があるということです。

あなたが相手のことを本気で好きなら、自分の気持ちを伝えても構わないでしょう。ただし、相手の言動によってその日その場でどうするか判断する柔軟性も必要です。決して気持ちの押し付けにならないように気を付けてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介