プロポーズ・結婚

プロポーズされたい女性必見。されない理由とその気にさせる言葉・行動を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ結婚したいのに「彼がなかなかプロポーズしてくれない」と悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。プロポーズは男女どちらからしてもいいのですが、まだまだ男性からのプロポーズの方が多いようです。一生の思い出なので、男性からしてほしいと考える女性が多いと思われます。

長く付き合っているのに彼がなかなかプロポーズしてくれないのはなぜでしょう。この記事では彼からプロポーズされない理由と、プロポーズの言葉を引き出す言葉や行動について解説いたします。

結婚までの平均期間

「ゼクシィトレンド調査2019」によると、結婚までに付き合った期間の割合が最も高いのは、1〜2年未満で25.5%、続いて2〜3年未満が23.5%、3〜4年未満が12.5%となっています。1〜2年未満をピークに、期間が長くなるにつれ割合は減っていきます。ちなみに1年未満の割合は5.5%です。

参考:ゼクシィトレンド調査2019

この結果から、約半数のカップルが結婚までに1〜3年未満付き合っているということがわかります。すでに3年以上付き合っている場合、彼が結婚について何も言ってくれなかったら、不安になる女性も少なくないでしょう。

男性がプロポーズしない7つの理由

お付き合いも順調で、そろそろプロポーズしてくれてもよさそう…と思っているのに、なかなかプロポーズの言葉がもらえないと不安ですね。2〜3年付き合っていて一度も結婚の話が出なかったら、「ひょっとして私と結婚する気はないの?」と心配になっても仕方ありません。ここからはプロポーズされない理由を見ていきましょう。

1.まだ結婚のタイミングではないと思っている

女性側がプロポーズを待ち望んでいても、男性はまだそのタイミングではないと思っているのかもしれません。たとえば男性が転職したばかりだったり、現在転職を考えていたりすれば、今はまだ結婚のタイミングではないと思うでしょう。新しい職場で落ち着いてから、結婚を考えているのかもしれません。

また、「昇進してから」「30代になってから」「結婚資金を貯金できてから」など、人それぞれ結婚のタイミングは違うため、女性が「そろそろプロポーズしてくれてもいい頃」と思っていても、男性はまだ結婚のタイミングではないと思っている可能性があります。

2.家族を養う自信がない

男性は家族を養わないといけないというプレッシャーがありますので、収入に不安があるうちは結婚の決断ができません。昇進や収入アップで、家族を養える自信がついたらプロポーズしようと考えている人もいます。また付き合っている女性が「仕事がきついから早く結婚したい」と専業主婦になりたいことをアピールしていると、1人で家族を養うことを負担に感じ、ますます結婚に後ろ向きになってしまうのです。

3.タイムリミットがないため、急いでいない

女性は妊娠・出産を考えるとタイムリミットがあるため、「○歳までには結婚したい」と年齢による焦りがあります。しかし、男性は女性のようなタイムリミットがないため、特に理由がなければ結婚を急ごうとしない人もいます。

付き合っている彼女が30歳くらいになってくると、結婚を考えるかもしれません。しかし子どもが欲しいと真剣に考えていない場合、もう少し今のままの関係でいいと思ってしまうようです。たとえば「転勤が決まった」「親が結婚を急かす」など、特に理由がなければ急いで結婚する必要性を感じないのです。

4.結婚して自分の時間がなくなるのが不安

結婚したら自分の自由な時間がなくなりそうで、結婚に踏み切れない男性もいます。彼女と過ごす時間が増えることは嬉しくても、自分の時間もほしいと考えるのが男性です。

結婚した友達を見ていると、休日は家族サービスに時間を費やし、自分の自由な時間がなさそう…。趣味の時間も友達づきあいする時間もなくなるかもしれないので、結婚はいいことばかりではないと思ってしまうのです。このように結婚したら自由がなくなりそうなので、簡単にはプロポーズできないのです。

5.今のままで満足だから

同棲カップルに多いのが、今のままの関係で満足してしまうケースです。同棲が長くなると、「もうこのままでもいいのでは?」と思ってしまうようです。今のままで満足なのに、結婚すると親戚付き合いなど面倒なことが増えるだけに思えるため、結婚することにメリットを見いだせません。

6.本当に彼女でいいのか迷っている

プロポーズされないのは、単に男性が結婚を迷っているというケースもあります。恋愛と結婚は違うといいますが、恋人としては満足できても結婚は考えられないということもあります。たとえば金銭感覚が合わない彼女と結婚すると、お財布が一緒になるため、結婚生活に不安を感じるでしょう。彼女が結婚したがっていることに気づいていても、まだ心から信頼できず、「本当に彼女でいいのだろうか」と迷ってしまい、なかなかプロポーズできないのです。

男性に結婚したいと思わせる言葉や行動

男性と女性では、結婚に対する考え方やタイミングにギャップがあるため、黙って待っていては何年たってもプロポーズしてくれないかもしれません。年齢的にもそろそろ結婚したいと思っている人は、男性をその気にさせる言葉や行動で彼からプロポーズの言葉を引き出しましょう。

これからどうしたいのか聞いてみる

2〜3年付き合っても結婚の話が一度も出ない場合、彼に結婚の意思があるのか確かめた方がいいでしょう。もし彼に結婚願望がなければ、いつまで待ってもプロポーズの言葉は聞けません。お付き合いが長くなったら、将来について2人で考えてみるのも自然なことです。これからどうしたいのか彼の気持ちを聞いてみてはいかがでしょうか。

また、あなたが結婚したがっていることに彼が気づいていない場合は、結婚したいと思っていることを伝えてください。結婚したいという思いを女性側から伝えるのは逆プロポーズのようで勇気がいるかもしれませんが、ほのめかすだけでは伝わらないこともあります。会うたびに結婚したい気持ちをほのめかすより、一度はっきりと伝えることで、あなたの気持ちを知っておいてもらう方がよいでしょう。

2人の将来の話をする

「結婚したら子どもは何人ほしい?」「どんな家に住みたい?」など、2人の将来の話をするのもおすすめです。お互いの結婚観を確認できますし、幸せな家庭をイメージできたらプロポーズにつながる可能性大です。また、2人の将来の話をすることで、「結婚したい」とアピールしなくても、結婚を望んでいることを自然に伝えられます。

「結婚してもお互いの時間を大切にしようね」と安心させる

趣味を大事にしている男性は、「結婚したら自分の自由な時間がなくなるのでは?」と不安なはずです。そのような彼には「結婚してもお互いの時間を大切にしようね」と伝えることで、安心してもらえます。

結婚して子どもが生まれたらファミリーで行動するのが当たり前という家庭もあるでしょう。しかしそれとは別に自分の好きなことに没頭する時間も大切です。お互いの時間をとることを約束できれば、彼も結婚に前向きになれるでしょう。彼の不安を取り除いてあげることで、プロポーズの言葉を引き出せるかもしれません。

家庭的な一面を見せる

手料理をふるまうなど、家庭的な一面を見せることも効果的です。凝った料理でなくてもいいので、彼の好物を作って食べてもらいましょう。手料理に飢えている男性は、温かい家庭料理が毎日食べられる結婚生活を想像し、プロポーズしたくなるかもしれません。現代は共働きの家庭が多く、家事の分担も当たり前になってきましたが、やはり家事スキルの高い女性を求める男性が多くいます。家庭的な一面を見せることで、あなたとの結婚生活をイメージさせられるでしょう。

彼を支える存在になる

自分の結婚願望ばかり押し付けるのではなく、彼に「彼女と結婚したい」と思わせることが大切です。男性が結婚したい女性は、自分をサポートしてくれて、どんなときも応援してくれる女性です。そのような女性と結婚できれば、この先大変なことがあっても一緒に頑張っていける自信が湧いてくるでしょう。多忙な彼のために栄養のある食事を作ってあげるなど、言葉だけでなく行動でもサポートすれば、彼も結婚を前向きに考えるようになるでしょう。

金銭面の不安を解消する

収入の面で家族を養う自信がない男性には、結婚後に自分も働くことや、金銭感覚が堅実なことなどをアピールしましょう。夫婦で共働きすれば、彼の負担は軽くなるはずです。

プロポーズしやすい状況を作る

プロポーズは一生の思い出なので、何でもない日ではなく、特別な記念日にプロポーズしようと考える男性も少なくありません。たとえば誕生日やクリスマスなどをプロポーズの日に選ぶ男性も多いため、記念日の前に結婚したいことをアピールしておくと、彼もプロポーズしやすくなるでしょう。

プロポーズを引き出すための注意点

早くプロポーズしてほしくて取った行動がかえって逆効果になることもあります。プロポーズされたい女性が陥りやすいNG行動と注意点について解説いたします。

焦らない

結婚を焦るあまり、なかなかプロポーズしてくれない彼にイライラ。会うたびに結婚を迫り、「結婚しないなら別れる」など口走ると、本当に別れることになるかもしれません。彼はもう少しお付き合いをして「彼女と結婚したい」と確信したときにプロポーズしたいと思っているかもしれません。結婚の話ばかりすると「結婚できる相手なら誰でもいいの?」と思われてしまうため、焦りすぎないようにしておきましょう。

急かさない

身近な人の結婚が決まると焦ってしまうかもしれません。「私もう32歳だよ。早く結婚してよ」「私と結婚する気あるの?」などとプレッシャーを与えるのはNGです。自分の気持ちばかり押し付けて結婚を急かすようなことを言うと、彼の気持ちを冷めさせてしまうでしょう。結婚を急かすことで彼との関係がぎくしゃくしてしまい、結婚が遠のく可能性もあります。

露骨に外堀を埋めようとするのはNG

お互いの家に遊びにいくうちに、彼の両親や姉妹と仲良くなるというのであれば問題ありません。自然な形で仲良くれば、結婚の後押しになる可能性が高いでしょう。しかし、2人で結婚の話もしていないうちに「両親にあいさつしてほしい」と迫るのはNGです。また、彼の友達に「結婚したい」などといって、協力してもらおうとするのも逆効果です。

まだ結婚の意思がないうちに彼女が露骨に外堀を埋めようとしてくると、彼の気持ちは一気に冷めてしまうかもしれません。周りを利用して結婚を決めようとせず、まずは2 人で話し合うことが大切です。

まとめ

お付き合いが長くなると「そろそろプロポーズされるかな」と期待してしまいますが、彼がなかなか結婚の話をしてくれなければ不安になりますね。しかし、プロポーズの言葉を引き出すために焦りすぎると、彼を急かすことばかり言ってしまい、かえって結婚が遠のいてしまうかも。プロポーズされたいなら、結婚したいと思わせる行動を取り、彼のタイミングを尊重することが大切です。

結婚したいけれど、まだ相手が見つからないという人は、婚活パーティーに参加してお相手を探してみてはいかがでしょうか。Light Up Partyは、創業12年で100万人以上が参加した信頼の婚活パーティーなので、初めての人も安心です。男女とも身分証の本人確認を必須とし、男性には職業証明書のご提示もいただいていますので、安心して出会いを探せます。

コロナ禍の現在は、気軽に出会いを探すのは難しい状況ですが、Light Up Partyではマスク着用・対面プレートを使うなど三密対策に配慮しているため、安心して参加いただけます。婚活パーティーならお互いに結婚を意識しているので、長く付き合っているのにプロポーズされないという悩みは少ないと考えられます。早く結婚したい人は、ぜひLight Up Partyで出会いを見つけてください。

=>身分証Wチェックで安心な「Light Up Party」のスケジュールを見る

あなたとの出会いを心待ちにしている異性がいます!

質の高い異性とすぐに出会いたい場合、一番効率的なのは婚活パーティーです。Light Up Partyは、男性ハイスペック専門の社会人向け婚活パーティーです。三密対策に配慮し、マスク着用・対面パネルを使って1対1で全員と着席で会話するため、コロナ禍でも安心して参加頂けます。質の高い出会いを求める方、真剣な交際相手を希望する方、婚活目的の方にはオススメ。本人身分証や男性資格証明書も提示100%で安心です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介