出会い・婚活

婚活パーティーに初めて参加する方が押さえておきたいポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「婚活パーティーに初めて参加するけど、何に注意すればよいかわからない」などと感じていませんか。上手く立ち振る舞える自信をもてず悩んでいる方もいるでしょう。

この記事では、婚活パーティーに初めて参加する方が気を付けたいポイントと婚活パーティーで会話を広げるコツなどを解説しています。以下の情報を参考にすれば、どのように準備を進めればよいか、当日はどのように立ち振る舞えばよいかなどがわかるはずです。婚活パーティーを控えている方は参考にしてください。

初めて申し込む時に注意するポイント

よく確認しないまま婚活パーティーに申し込むと、思わぬトラブルに遭遇することがあります。例えば、参加者のほとんどが男性だった、女性だったなどが考えられます。初めて申し込む方は、トラブルを避けるため以下の点に注意が必要です。

事業者情報を確認する

参加前に必ず確認しておきたいのが、婚活パーティーを開催している事業者情報です。婚活サービスの需要増大を受けて、現在ではさまざまな事業者がパーティーを開催しています。実績(運営年数・参加者数・マッチング率など)豊富なところとそうでないところを比較すると、後者のほうが安心して利用できるといえるでしょう。サービスの信頼性を高めるため、本人確認を徹底するなどの取り組みを行っているケースが多いからです。

したがって、婚活に本気で取り組んでいるお相手に出会いやすいと考えられます。利用者に負荷をかけるこのような取り組みを行える理由は、豊富な実績があるため面倒な手間がかかっても利用したいと思う方が多いからです。単純に、集客力が高いと言い換えることもできます。当然ながら、男性と女性の人数差があるなどのトラブルは起こりにくくなります。

ここまで見てきてわかる通り、事業者は婚活パーティーの質に影響を与える重要な情報です。初めて参加する方は、よく確認してからも申し込みましょう。

キャンセル料金などの規約を確認

利用規約も初めて参加する前に確認しておきたいポイント。婚活パーティーにより内容は異なるため、公式サイトなどで確認しておくことが重要です。とはいえ、全文を漏れなくチェックすることは難しいもの。時間がない方には、次の点だけでも確認しておくことをおすすめします。

必ず確認しておきたいのがキャンセル料です。具体的には、キャンセル料が発生するタイミングキャンセル料の金額キャンセル扱いになる理由をチェックしておく必要があります。発生するタイミングは、パーティー開催日の3日前からが一般的です。

例えば、開催日が土曜日であれば、その3日前の水曜日がキャンセル料発生のタイミングになります。金額は、全額のこともあれば数千円などのように定額のこともあります。

キャンセル扱いになる理由もさまざまです。事業者によっては、無断遅刻や無断退席でキャンセル扱いになることがあります。台風などの自然災害発生時に自己判断でキャンセルした場合も同様です。キャンセル料を期日までに支払わないと、基本的に延滞料を加算されます。また、キャンセル料を支払うまで、当該事業者の婚活パーティーには参加できません。

キャンセル料のほかでは、禁止事項も確認しておきたいポイントとしてあげられます。特に注意したいのが参加条件です。多くの婚活パーティーは、真剣交際や結婚を希望する男女を対象としています。既婚者が参加すると、損害賠償金を請求されることもあります。

早めに申し込む

初めての参加には勇気を要しますが、気になる婚活パーティーを見つけたときは早めに申し込むことをおすすめします。人気のある婚活パーティーは、短期間で定員に達してしまうからです。あれこれ悩んでいるうちに、申し込みのタイミングを失ってしまう恐れがあります。

競争率はそれほど高くないと思っている方は、認識を改めるほうがよいかもしれません。リクルートブライダル総研が実施した「婚活実態調査2022」によると「恋愛もしくは結婚意向がある恋人のいない独身者」における婚活サービス利用経験者の割合は25.3%です。約4人に1人が婚活サービスを利用しています。

ここでいう婚活サービスは、婚活パーティー・イベント、ネット系婚活サービス、結婚相談所の3つです。

ちなみに、2018~2022年における婚活パーティー・イベントの利用経験者割合は8.4~9.9%となっています。
恋愛・結婚意向のある独身者の約10人に1人が利用しています。

以上の通り、婚活パーティーは出会いを求める独身者にとって身近なサービスです。
参加したいパーティーを見つけた場合は、できるだけ早く申し込みを済ませましょう。

自分に合ったコンセプトのパーティーを選ぶ


参加の目的などに合わせた婚活パーティーを選ぶことも欠かせません。どれも同じように見えるかもしれませんが、その内容はさまざまです。例えば、男女の話し方で、婚活パーティーは以下の2種類に大別できます。

  • 回転寿司方式:男性がお相手を変えながら、全異性と会話する方式
  • フリータイム方式:男性と女性が自由に会話する方式

 

前者では全員と話してからフリータイムを設けて気になるお相手とさらに会話をすることが一般的です。

また、最近では、職業や趣味などで参加者を絞り込んでいるものもあります。具体的には、医師限定、アウトドア好き限定などがあげられます。

さまざまな切り口で開催されているため、内容を事前に確認しておかないと自分の魅力をうまくアピールできないことや希望する条件のお相手と出会えないことが考えられます。

例えば、口下手な方がフリータイム方式を選ぶと、1人で過ごす時間が長くなるかもしれません。事前にコンセプトを確認して、納得できるパーティーに参加しましょう。

プレミアムステイタスの婚活パーティーのスケジュールコチラから

婚活パーティーの服装


初めて参加するにあたり頭を悩ませやすいのが婚活パーティーの服装。
第一印象に大きな影響を与えるため、適当に選択することはおすすめできません。

ここでは、男性・女性別に服装選びのポイントを解説します。

男性の服装

男性の場合は、他の参加者に合わせると悪目立ちしません。平日の夜に開催されるパーティーであればスーツスタイル、土日祝日に開催されるパーティーであればカジュアルスタイルで参加するとよいでしょう。

スーツスタイルのポイントは、清潔感と華やかさを意識することです。基本的にスーツスタイルは清潔感を演出しやすい服装ですが、肝心のスーツがヨレヨレ・シワシワだとだらしのない印象を与えてしまいます。

同様に、ピチピチ・ブカブカなど、サイズの合っていないスーツもおすすめできません。また、明らかにビジネス用とわかる地味なスーツも、婚活パーティーでは面白みに欠けてしまいます。ワイシャツやネクタイの色・柄にこだわる、胸ポケットにチーフを挿すなど、華やかさを意識するとパーティーにふさわしいものになります。

カジュアルスタイルのポイントは崩しすぎないことです。パーティーの趣旨や参加者の年代にもよりますが、Tシャツ・短パン・サンダルなど、カジュアルすぎる服装は真剣味に欠ける印象を与えてしまいます。

悩む場合は、スマートカジュアルを基準にやや着崩すとよいでしょう。スマートカジュアルは、ジャケパンスタイルなど、高級レストランへ出かけるときの服装です。

ファッションセンスに自信がない方は、あえてスーツスタイルを選んでも構いません。

婚活パーティーの服装についてもっと詳しく知りたい男性は下の記事をご覧ください。

【男性編】婚活パーティーの服装・好印象ファッションを紹介!

女性の服装

服装選びのポイントは、男性がイメージする女性らしさを意識することです。したがって、男性は基本的に着用しないスカートを用いたコーディネートが基本になります。

一般的に定番の服装と捉えられているのがワンピースです。どことなく女性的で上品な印象を与えられるため、男性からの高評価を期待できます。

ただし、選びたいデザインは年代で異なります。20代はかわいらしさを感じられるデザイン、30代はかわいらしさをやや抑えた大人のデザイン、40代は落ち着いたデザインのものがおすすめです。

アクセサリーも年代に合わせたものを選ぶことをおすすめします。例えば、40代は落ち着いたワンピースにラグジュアリー感のあるアクセサリーで大人の華やかさを加えるとよいでしょう。

スカートが苦手な方は、パンツスタイルを選択しても構いません。ポイントは、男性的にならないように注意することです。
例えば、男性的なシルエットのパンツに女性的なトップスを合わせる、やわらかなシルエットのパンツを選ぶなどが考えられます。

男性に比べると、女性は服装の選択肢が豊富です。いずれを選ぶにせよ、肌の露出が多い服装は婚活パーティーにあまり適していません

真剣交際を前提としているパーティーでは、セクシーな服装よりも上品な服装を心がけましょう。

もっと詳しく婚活パーティーの服装を知りたい女性は下の記事をご覧ください。

【女性編】婚活パーティーの服装・好印象ファッションを紹介!

婚活パーティーのプロフィールの書き方


婚活パーティーでは、申し込み時や受付時に、自身のプロフィールをまとめたプロフィールカードを作成することが一般的です。完成したプロフィールカードは、各参加者(お相手候補)に配布されます。どのような点に注意して作成すればよいのでしょうか。

会話のネタのために趣味や特技を書こう

プロフィールカードに必ず記載したい内容が趣味・特技です。誰にでも何かしらの趣味・特技(あるいは興味のあるもの)はあるため会話のきっかけになります。会話を広げるコツは、できるだけ具体的に書くこと。

例えば、趣味が読書であれば『ミステリー小説が大好きです。最近は、○○先生の□□を読みました』、趣味が運動であれば「毎日5kmのジョギングをしています。今年は『○○マラソン大会』への参加を目標にしています」などが考えられます。

具体的に書くことで、会話が盛り上がりやすくなります。
例えば、趣味「運動」だけであれば「そうなんだ」で終わりますが、「毎日5kmのジョギングをしています。今年は『○○マラソン大会』への参加を目標にしています」であれば「毎日5㎞も走っているってすごいですね」「○○マラソン大会ってどんな大会なのですか」など、さまざまな会話の切り口が考えられます。お相手もジョギングをしていれば、会話はさらに盛り上がるでしょう。

ただし、専門的すぎる趣味特技の記載はおすすめできません。会話のきっかけになりにくいうえ、女性を遠ざけてしまう恐れがあるからです。専門的な趣味・特技は、軽く触れる程度にとどめておきましょう。趣味・特技がない方は、好きなことや習慣的に取り組んでいることを記載してみてはいかがでしょうか。
例えば、「スィーツが大好きです。特に○○には目がありません」などが考えらえます。

伝わりやすいシンプルなプロフィールを意識


プロフィールカードは、お相手に自分のことを伝えるため作成します。したがって、誰でも理解できるように作成しなければなりません。書きたい内容が沢山あるからといって、思いつくままに内容を詰め込むと最後まで読んでもらえない恐れがあります。伝える内容を厳選して、わかりやすく記載するように心がけます。

ただし、空欄を作ることはおすすめできません。ちょっとした内容が、会話のきっかけになることがあるからです。大した内容ではないと思えても、すべての項目を埋めるようにしましょう。

また、空欄が多いと適当に記載している、出会いに真剣ではないと捉えられる恐れもあります。プロフィールカードは、わかりやすさを意識しつつ全項目を埋めるように作成します。

丁寧な言葉遣いときれいな文字で書く

プロフィールカードの言葉遣いにも注意が必要です。親しみやすさを演出するため友達に話しかけるように記載すると、軽薄な印象を与えてしまう恐れがあります。誰が読んでも不快感を抱かない「ですます調」がおすすめです。

文字をきれいに書くことも欠かせません。殴り書きのような文字だと、真剣さは伝わらないもの。とはいえ、急にきれいになることはありません。文字に自信がない方は、プロフィールカードを丁寧に作成しましょう。

一生懸命作成すれば、字がきれいでなくても真剣さや誠実さは伝えられます。未来の交際相手が読むことを想定して作成することが重要です。

婚活パーティーで会話を広げる方法


婚活パーティーの成否を決めるのが当日の会話です。相性の良し悪しを判断する材料になるため、会話が広がらないと選ばれにくくなります。ここからは、会話を広げるコツを紹介します。

婚活パーティーでの話題

選択する話題に特別な決まりはありません。会話が盛り上がるのであれば、好きな話題を選べます。

ただし、センシティブな内容やネガティブな内容には注意が必要です。

例えば、お相手の年齢に関すること、年収に関すること、婚活に関することなどは慎重に質問する必要があります。初対面の方にこのような話題を振られると、戸惑ってしまう方が少なくありません。

これらの内容は、一定の信頼関係を構築してから質問しましょう。仕事がうまくいっていないなど、ネガティブな話題も避けるほうが無難です。どのように反応すればよいかわからないため、お相手を困惑させてしまいます。

また、後ろ向きの人などのように評価される恐れもあります。

プロフィールカードに書いてあることから会話を広げよう

話題の選択肢が多すぎると、何を話せばよいかわからなくなってしまうもの。話したい話題がない場合は、プロフィールカードの内容をもとに会話を広げることをおすすめします。会話を広げるコツは、自分との共通点を探すことです。

例えば、共通の趣味、共通の出身地などが考えられます。自分にも知識があるため「私も○○が好きなんです。□□ってどうでしたか」などのように会話を広げられます。

共通点が見つからない場合は、興味・関心に基づき質問するとよいでしょう。例えば、趣味が旅行であれば「印象に残っている旅先はありますか?」「今年の夏休みにどこへ行こうか悩んでいるのですが、おすすめを教えていただけませんか?」などが考えられます。お相手の趣味・特技を自分ごとに置き換えると質問を考えやすくなります。

程よく自分自身についても話す


プロフィールカードを参考に質問する場合、意識的に自分の話も盛り込みましょう。一方的に質問すると、採用面接のような雰囲気になってしまうからです。

また、適度に自分の話を盛り込むことでお相手は話しやすくなります。

ポイントは、自然な流れで自分の情報を提示することです。例えば、「趣味は何ですか?」の質問にお相手が「旅行です」と答えた場合、「そうなんですね。私も旅行が大好きで、先日は○○へ行ってきました。これまでで一番印象に残っている旅先ってどこですか?」などが考えられます。

質問の流れで共通の趣味があること、○○へ出かけたことを提示しています。会話が盛り上がるきっかけになるはずです。

自己紹介のコツを詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。

婚活パーティーで相手の心をつかむ自己紹介のコツ

会話での注意点

会話を広げるうえで注意したいポイントもあります。

先ほど、自分の話を盛り込むと説明しましたが、その程度には気を付けなければなりません。自己開示は必要ですが、自分の話ばかりになるとお相手を不快にさせてしまう恐れがあります。

自分のよい面をアピールしたい場合も、さりげなく触れる程度にとどめておきましょう。どれくらい話せばよいかわからない場合は、話し上手よりも聞き上手を意識するとよいかもしれません。

「自分の話」と「お相手の話」の割合は、「3:7」あるいは「4:6」程度が目安です。「話しやすい=相性がよい」と捉えられるケースが多いため、高評価につながる可能性があります。

初参加の人がパーティー中にやってしまいがちな注意点


最後に、初めて参加する方が注意したいポイントを男性・女性別に解説します。

男性の注意点

男性の中には「自分が女性をリードしなければ」など、気負いすぎる方がいます。もちろん、リードが必要な場面もありますが、基本的には女性と一緒に楽しむ姿勢が重要です。気負いすぎずリラックスして参加しましょう。

とはいえ、準備せずに参加することもおすすめできません。初めて参加すると、緊張で普段通りに振舞えないことがあるからです。例えば、好みの女性と話すときに、しどろもどろになって自分の魅力を伝えられないなどが考えられます。仕事・趣味・特技・休日の過ごし方など、話題になりやすい内容は参加前に整理しておきましょう。

以上のほかでは、身だしなみにも注意が必要です。ボサボサの髪の毛、シワだらけのシャツなどで参加すると、第一印象が悪くなってしまいます。第一印象を短い時間で覆すことは困難です。飛び切りのおしゃれをする必要はありませんが、清潔感は大切にしましょう。

女性を惹きつけるポイントを知りたい方は下の記事をご覧ください。

性的な魅力がある男性の特徴と女性を惹きつけるポイント

女性の注意点

男性は、気になる女性を目で追ってしまうもの。ふとした瞬間に気を緩めると、印象を悪くしてしまう恐れがあります。

例えば、化粧室へ向かう際にポーチを振り回している、誰とも話していないときに不機嫌そうにしているなどがあげられます。常に見られていると考えて、気を抜かないようにしましょう。

参加前から細かな条件を設定しすぎることもおすすめできません。
年収・職業・外見・年齢など、条件を細かく設定するほど、相性のよいお相手と出会いにくくなります。条件から外れる男性は、お相手候補からも外れてしまうからです。
出会った男性の中から絞り込んでいくと、相性のよいお相手を見つけやすくなります。

初めてでも気後れせず婚活パーティーに参加しましょう

いかがでしたでしょうか?

婚活パーティーに初めて参加する方が知っておきたいポイントを解説しました。

ハードルが高そうと感じたかもしれませんが、最低限のマナーを守れば誰でも気軽に参加できます。最も重要なポイントは、出会いの機会を楽しむことです。自分に合っている婚活パーティーで素敵なお相手を見つけてみませんか。

婚活パーティー・街コンならプレミアムステイタス
ぜひ、チェックしてくだい。

コロナ禍でも、安心してリアルに異性と出会えるチャンス!

ライトアップ記事の読者も多数参加中の婚活パーティー【PREMIUM STATUS】
初参加の方や、お一人参加が多いので、初めての婚活に最適!男性ハイステイタス専門、本人身分証や資格証明書100%提示で、質の高い出会いを提供しています。現在は、三密対策に配慮し、マスク着用・対面パネルを使って1対1で全員とお話するパーティースタイル。コロナ禍でも安心して参加出来る、と好評を頂いております。ぜひ一度ご参加下さい♫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ライトアップパーティーのご紹介

×BannerBanner