出会い・婚活

大人の告白の仕方とは?男女別におすすめの方法・場所やセリフを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青春時代に告白をした経験があっても、大人の恋愛はどうやって告白すればいいかわからないという声を多く聞きます。しかしきちんと言葉で伝えないと、相手は本気にしてくれず、不安に感じてしまうでしょう。お付き合いしたい相手にはハッキリと告白することが大切です。

この記事では、男女別におすすめの告白の仕方やセリフをご紹介します。好きな人との関係を一歩進展させるため、勇気を出して告白しましょう。

男性の告白の仕方

男性の中には、学生時代のように「好きです。付き合ってください」というストレートな告白のセリフは恥ずかしいと思う人もいるでしょう。態度でわかるはずなので「好き」「付き合って」とあえて言う必要はないと考える人もいます。

しかし女性は言葉をほしがるものです。2人の関係をハッキリさせるためにも、付き合ってほしいときは、言葉で気持ちを伝えましょう。男性が告白するときのポイントや、女性を喜ばせる告白のセリフについて解説いたします。

告白前にある程度仲良くなっておく

告白の前には、ある程度親しくなっておくことが必須です。よく知らない人に告白されても女性は警戒するため、OKの返事をもらえる可能性は低いでしょう。また、ただの友達関係では恋愛対象として見られていないかもしれません。告白前には2人きりで会うくらい親しい仲になっておくと成功率が上がります。

告白のベストタイミングは3回目のデート

告白は3回目のデートがちょうどいいタイミングです。1回目や2回目は、まだ相手を見極めようとしている段階です。3回目となれば、相手のことやお互いの相性などが把握できるため、告白のタイミングとして最適といえます。また、3回もデートの誘いにOKしてくれたということは、脈ありの可能性大と考えられるでしょう。

何回もデートしているのにまだ告白の言葉がなければ、相手の女性は不安になってしまいます。はっきりしない男性と思われ、女性の気持ちが冷めてしまう可能性がありますので、告白のタイミングは逃してはいけません。

サプライズを用意する

告白のときにサプライズとしてプレゼントや花束を渡すと喜ばれる可能性大です。いい返事をもらえる確信があれば、サプライズを用意しておいてはいかがでしょうか。

女性が喜ぶ告白のセリフ

告白の言葉は、あなたの本気が伝わるものでなくてはいけません。照れ隠しから冗談っぽい言い方をすると、相手の女性は本気にしてくれません。会話をやめ、相手の女性を見つめるなど、真剣な告白であることが伝わるように切り出してください。

キザなセリフや回りくどい言い方は、何を言いたいか伝わらずシラけさせてしまいます。女性が一番嬉しいのは、シンプルでストレートな告白の言葉です。次のような告白が女性に喜ばれます。

  • 「○○なところが好き。僕と付き合ってください」
  • 「僕の彼女になってください」
  • 「ずっと好きでした。付き合ってください」
  • 「絶対幸せにするから、俺の彼女になってください」

女性の告白の仕方

ここからは女性が告白するときのポイントや、おすすめのセリフをご紹介いたします。デートを重ねても男性がなかなか告白してくれないときは、女性側から告白してみてはいかがでしょうか。男性がもう少しで告白してくれそうな雰囲気のときは、告白を誘導して彼からの告白の言葉を待ってみましょう。

相手の脈ありサインを確認する

告白するからには、できるだけ成功率を上げたいですね。好きな人に告白する前に、相手の脈ありサインをチェックしましょう。脈ありサインがあれば、告白が成功する可能性が高いといえます。

しかし、脈ありサインがまったく見られないようであれば、まだ告白のタイミングではないかもしれません。まずは相手との距離を縮め、自分の魅力を知ってもらいましょう。ちなみに男性の脈ありサインには、次のようなものがあります。

  • よく視線が合う
  • 会話中の距離が違い
  • 話すとき笑顔が多くて楽しそう
  • 「大丈夫?」と心配してくれる
  • 用がなくてもLINEしてくれる
  • LINEでもいいのに電話してくる

相手の状況を把握する

相手の男性からの好意を感じても、すぐに告白せずにタイミングを見計らいましょう。仕事が忙しくて恋愛モードにはなれないときに告白しても、「今はそれどころではない」という理由でお断りされるかもしれません。重要な仕事を任されたばかりのとき、大きなミスをして悩んでいるときなどは、告白にふさわしいタイミングといえません。

また、相手に彼女がいるかどうかも必ず確認しておきましょう。彼女とうまくいっていないとしても、別れていないのに告白するのはよくありません。それでOKをもらっても、相手の男性が誠実でないことがわかり、複雑な気持ちになってしまうでしょう。彼女がいないことを確認してから告白してください。

デートに誘って告白する

告白のタイミングは「直接会ってから」「電話」「LINE」「手紙」などがありますが、もっともおすすめできるのは直接会って告白することです。真剣な思いを伝えるには、相手の顔を見て告白するのが一番です。

告白したいと思ったら積極的にデートに誘いましょう。もし自分からデートに誘うことに抵抗がある場合は、何か口実を作ってください。「新しくできたお店に一緒に行かない?」「借りていた本を返したい」など、2人きりで会うための理由を作れば誘いやすいでしょう。

告白にふさわしい雰囲気を作り出す

2人きりで会う約束ができれば、告白のチャンスです。デート中に告白にふさわしい雰囲気になったら気持ちを伝えましょう。笑い話や趣味の話ばかりしていては、なかなか告白のタイミングがつかめません。自然な形で恋愛の話を振り、告白しやすい空気を作りましょう。

たとえば「今好きな人はいる?」「どんな女性が好き?」といった話をすれば、勘がいい男性ならあなたが告白しようとしていることに気づくでしょう。質問に真剣に答えてくれた場合は、OKしてくれる可能性が高いといえます。しかし、冗談ばかりでまじめに答えようとしない場合や、話題を変えようとする場合は、友達以上の関係を望んでいない可能性が高いため、まだ告白はしない方がよいでしょう。

男性が喜ぶ告白のセリフ

告白のセリフはシンプルなものがおすすめです。気持ちを押し付けすぎると引いてしまう男性もいますので、どちらかというと控えめに伝える方が好感を持たれます。また、「一生一緒にいたい」など、結婚を思わせるセリフは避けておいた方がよいでしょう。重たく感じさせてしまうかもしれません。男性には、次のような告白のセリフが喜ばれます。

  • 「○○くんのことが好き。よかったら私と付き合ってください」
  • 「○○くんの彼女にしてください」

告白を誘導するセリフ

男性の中には、「告白は男がするもの」と思っている人もいます。相手がもう少しで告白してくれそうな雰囲気があれば、告白の言葉を待つことも考えてみてはいかがでしょうか。いい雰囲気になっているのに、なかなか告白してくれない…という場合、相手の男性は告白する勇気が出ないのかもしれません。告白を誘導する次のようなセリフで彼の背中を押しましょう。

  • 「○○くんみたいな人が彼氏だったらいいのにな」
  • 「○○くんと一緒にいると楽しい」
  • 「○○くんの彼女になれる子がうらやましい」
  • 「なんだか私たち、付き合ってるみたいだね」

ここまで言えば女性の気持ちは伝わるため、男性も告白する勇気がわいてくるはずです。ここまで伝えても告白してくれない場合は、男性側に付き合いたいという意思がないのかもしれません。

【男女共通】告白におすすめの場所

告白は場所選びも大切です。場所にこだわることで告白の成功率がアップし、2人の思い出の場所になります。告白する場所を選ぶポイントとおすすめスポットをご紹介いたします。

告白場所を選ぶポイント

周りに人がいると気になって告白できません。たとえできたとしても、相手は「何でこんな場所で?」と思うでしょう。告白場所を選ぶときは、次のポイントで選んでください。

2人きりになれる場所

騒がしい場所は相手の言葉が聞き取りにくいため、告白には不向きです。2人きりになれる静かな場所を選びましょう。周りに人がいるとしても、ある程度離れていて、話の内容が聞こえないような場所がおすすめです。

ロマンティックな雰囲気の場所

ロマンティックな雰囲気の場所で告白すれば、相手の気持ちも高まるので成功率がアップします。相手にとってどんな場所がロマンティックに感じるか考えて告白場所を選びましょう。

非日常感がある特別な場所

特別な場所で告白すれば、気持ちも高まり思い出に残ります。夜景のきれいなレストラン、美しい景色が見渡せる展望台など、特別な場所を選びましょう。

告白場所におすすめのスポット

それでは告白におすすめのスポットをご紹介します。告白が成功すれば、2人にとっての思い出の場所として、長く心に残ります。すてきな場所で告白してください。

夜景のきれいな場所

告白の定番といえば、夜景のきれいなスポットです。街のきらめきを背景に告白されたら、最高に幸せな気分になれるでしょう。デートの最後に夜景のきれいな場所に立ち寄れば、お互いにロマンティックな気分が高まります。窓から美しい夜景が見られるレストランなどで告白してはいかがでしょうか。

静かな公園

公園は緑が豊富でリラックスできるので、ベンチに座ってゆっくりおしゃべりするのも楽しいですね。日中の公園は子どもで賑わっていて、なかなか告白の雰囲気にならないかもしれません。告白は18時以降にすると成功率アップするといわていますよ。大人がデートしやすい静かな公園を選んで告白しましょう。

観覧車の中

観覧車は2人だけになれる場所なので、告白にピッタリです。観覧車も昼間より夕方以降であれば、夕焼けや夜景が楽しめてロマンティックなムードが高まります。観覧車で2人きりになれる時間は制限があるため、告白の勇気が出ない人も思い切って告白できるのではないでしょうか。

車の中

車の中なら2人きりで人目を気にせずに話ができます。告白前にはロマンティックな音楽を流してムードを高めておきましょう。ドライブデートで告白するときは、運転中ではなく、静かな場所に止まってからにしましょう。

初めて会った場所

初めて会った場所は2人の思い出になるでしょう。2人しか知らない思い出の場所で告白するのもおすすめです。初めてデートした場所を訪れて告白というプランも相手に気持ちが届くはずです。

告白するときの注意点

せっかくいい感じになっていても、告白の方法を間違えると成功率を下げてしまいます。最後に告白の注意点をお伝えいたします。

気持ちを伝えるだけで終わらない

告白するときは、自分の気持ちを伝えるだけで終わらないように注意しておきましょう。相手と付き合うためには、付き合ってくれるかどうかの返事をもらうことが必須です。「好きです」と自分の思いを伝えるだけでは、「ありがとう」で終わってしまうかもしれません。これでは付き合ってくれるか、それとも断られているのかわかりませんね。

すぐに返事がもらえなくても急かさず待ちましょう。ただし返事を待っていることは伝えてください。

曖昧なセリフは気持ちが伝わらないかも

告白のときに、自信のなさや断られることへの恐怖心からはっきり言葉で気持ちを伝えられない人もいます。「○○ちゃんのこと、いいなって思ってるんだけど」「○○くんのこと気になってる」といった曖昧なセリフでは、相手は告白されたと気づきません。ストレートな言葉で気持ちを伝えましょう。

人の多いところで告白しない

人が多い場所で告白しても、恥ずかしくて返事ができないのが普通です。告白の成功率を下げてしまうため、周りに人がいない環境で告白しましょう。また、友達がいるときにサプライズで告白するのも相手を不快にさせてしまうかもしれません。嫌悪感を抱かれる可能性もあるため、避けておきましょう。

まとめ

大人なのでわざわざ告白の言葉はいらないと考える人もいるかもしれませんが、大人だからこそハッキリと思いを伝えて「付き合ってください」と交際を申し込むべきです。付き合っていることをハッキリさせておかないと、相手を不安にさせてしまいます。または自分が付き合っているつもりでも、相手はそうではなかったということになりかねません。

将来を見据え、結婚を真剣に考えている相手なら、きちんと告白して交際をスタートさせましょう。場所や雰囲気にこだわることで、OKをもらえる確率がアップしますのでしっかり計画を立てましょう。

現在、告白するような相手がいない方は、婚活パーティーに参加してみてはいかがでしょうか。Light Up Partyは、創業12年で100万人以上が参加した信頼の婚活パーティーです。初めての方やお一人の方も多いため、婚活初心者の方も安心して参加してください。

現在はコロナ禍で、新しい出会いを求めるのがなかなか難しいものですが、Light Up Partyでは対面プレートの設置やマスク着用などの感染症対策を徹底しています。普段の生活で異性との出会いが少ない方は、Light Up Partyですてきな出会いを探しに行きませんか。そしてタイミングを見計らって告白を成功させてくださいね。

=>身分証Wチェックで安心な「Light Up Party」のスケジュールを見る

あなたとの出会いを心待ちにしている異性がいます!

ライトアップ記事の読者も多数参加中!初参加や、お1人参加が多いので、「初めての婚活」には最適!また、Light Up Partyは、男性がハイステータス専門。本人身分証や資格証明書も100%提示保証で、質の高い安心安全な出会いを提供しております。現在は、三密対策に配慮し、マスク着用・対面パネルを使って1対1で全員と着席で会話するStyleを採用中。コロナ禍でも安心して参加頂けてると好評を頂いております。是非、お気軽にご参加下さいませ♫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介

×BannerBanner