交際 交際ノウハウ・その他

彼女が嫉妬するのはどんな時?複雑な女心を理解して上手く付き合う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大好きな彼女の突然の嫉妬で、どうして良いのかわからず困る男性も多いのではないでしょうか?そこで、本記事では彼女が嫉妬する瞬間と、嫉妬しやすい彼女の特徴を紹介します。彼女の気持ちを理解して上手に付き合っていきましょう。

彼女が嫉妬する5つの瞬間

彼女が嫉妬で不機嫌になると、雰囲気がギスギスして辛いですよね。彼女を嫉妬させたくないなら、地雷がどこにあるのかポイントを理解しておきましょう。そこで、彼女が嫉妬する瞬間を解説します。

① 彼氏の視線が自分以外の女性に向けられた時

彼女と一緒にいても、好みのタイプの女性がいれば、つい目で追ってしまうのが男性の本能です。しかしあなたのことが大好きな彼女は、一緒にいる時は常にあなたに視線も心も注いでいるのです。そのため、あなたが自分以外の女性を見ていると、「どうして!?私はあなただけを見ているのに!」と嫉妬心がメラメラ!しかも、ずっとあなたを見ているので、一瞬の視線の動きも逃さず、敏感に反応してしまいます。

② 自分以外の女性を褒めた時

自分以外の女性を見ただけでも嫉妬するのですから、褒めればもっと嫉妬します。話の流れで褒めただけでも、「自分以外の女性を褒めた…!自分よりその女性の方が良いと思っているのかも」と、不安と焦りが出てしまうのです。たとえば、次のような会話の流れで他の女性を褒めたとしても、嫉妬する女性がいます。

  • 彼女が女友達を褒めたので自分も共感した
  • 彼女が応援している女性シンガーや女優を褒めた
  • 女性アスリートを「すごいね!」と絶賛した

彼女はあなたが自分以外の女性を話題に出すだけでも、嫌な気分になります。褒めるなんてもっての外。あなたとしては「そんなことで!?」と思うかもしれませんが、彼女にとっては一大事なのです。

③ 自分以外の人と楽しそうに過ごしている時

彼女の嫉妬の対象は女性だけではありません。あなたを好き過ぎて、「何よりも自分を最優先してほしい」と思ってしまうのです。そのため、自分以外の人とあなたが楽しそうに過ごしていると、相手の性別関係なく嫉妬してしまいます。

同僚、家族、親戚、友達などに嫉妬してしまうこともあるでしょう。自分以外と彼氏が楽しく過ごしているのを見て「自分がいなくても良いってこと!?」と、極端な受け取り方をして嫉妬します。彼女としては、自分と会えない時間はいつでも彼氏に寂しく思ってほしいのでしょう。

④ 仕事や付き合いを理由にデートを断られた時

彼女をとても大切にしていても、仕事や冠婚葬祭など避けようのない付き合いが理由で、デートをしたくても断らなければならないときはありますよね。また、たまには自分の趣味に時間を費やしたり、友達とゆっくり会ったりしたいでしょう。

しかし、「どんな理由でも、自分を後回しにするのは許せない」というのが、すぐに嫉妬する彼女の思考回路の特徴。仕事や付き合いなどの理由を丁寧に伝えても、「デートを断られた!」という事実だけで嫉妬してしまいます。「仕事(友達)と私、どっちが大事なの?」と極端な二択を迫るのは、嫉妬深い彼女あるあるです。

⑤ LINEの既読返信が遅い時

嫉妬しやすい彼女は、LINEの返信が遅いと敏感に反応します。自分が彼氏からのメッセージには即既読返信するため、彼氏が自分と同じようにしてくれないと「私はこんなに心を配っているのに」と、嫉妬してしまいます。たとえ仕事中でも関係ありません。「仕事中もトイレに行くでしょう?なら、私のLINEもチェックできるよね?」というのが、彼女の考え方です。

嫉妬したくないのにしてしまう複雑な女心とは?

彼女がすぐ嫉妬するタイプだと、あなたもうんざりしてしまうかもしれません。しかし、実はあなた以上に、彼女本人が嫉妬する自分に疲れています。彼女も好きで嫉妬しているわけではないのです。逆に「嫉妬したくない」と思っています。

嫉妬したくないのにしてしまう原因は、彼女の根底にある不安です。彼女はあなたがずっと自分を好きでいてくれるのか不安なのです。不安だから、少しでもあなたの気持ちが自分から逸れると、強い焦燥感を抱き情緒不安定になります。そして、あなたに嫉妬して、すねたり怒ったりしてしまいます。

嫉妬する自分を「可愛くない彼女」と思いながらも、止められません。そして、「どうして自分は嫉妬深いのか」と自己嫌悪し「彼氏の気持ちが離れるかも」と不安になります。そして不安だから小さなことでも嫉妬してしまい、そうなると無限ループから抜け出せません。

嫉妬しやすい彼女の特徴

同じ状況でも、嫉妬する人としない人がいます。嫉妬は本人の思考や性格に大きく影響を受けるものです。嫉妬しやすい彼女にはどのような特徴があるのでしょうか。詳しく解説します。

心配性で不安がち

不安感は嫉妬心と大きく関係しています。嫉妬しやすい彼女は、もともと心配性で不安がちなのが特徴です。小さな不安をスルーできず、最悪の状況を考えて「どうしよう」と心配し、さらに不安になってしまいます。恋愛でも根拠のない不安に襲われ、彼氏のなにげない仕草や言葉に過剰反応して嫉妬します。

自分に自信がなく自己肯定感が低い

自分に自信がない彼女は、あなたからの愛情を受けるたび、「なぜこんな自分を好きになるのか?きっとすぐに捨てられるに違いない」と、疑い深くなります。自己肯定感が低いため、自分が愛される理由がわからないのです。

「いつか終わる」と思いながらも、あなたが好きで「いつまでも一緒にいたい」と願っているため、心は常に葛藤しています。あなたのちょっとした言動で、大きく嫉妬心を揺さぶられてしまうのです。

甘え下手で素直になれない

嫉妬は「私を理解して」「もっと優しくして」という気持ちの裏返し。嫉妬しやすい彼女は甘えるのが下手で、なかなか素直になれないのが特徴です。「寂しいからもっと一緒にいたい」と言葉にできず、「どうして仕事(友達)優先なの!?」とあなたを責めてしまいます。

「素直になれず嫉妬→彼氏との関係がこじれる→不安→さらに嫉妬」の負のスパイラルに、誰よりも苦しんでいるのは彼女本人なのです。

恋愛依存体質

嫉妬しやすい彼女は、彼氏ができると仕事や友達付き合いは二の次になる恋愛依存体質です。「あなたがいなければ生きてはいけない」と全身全霊で恋人に依存します。

生活の全てが恋愛を中心に回るため、彼氏の気持ちが自分から少しでも離れるのは大問題。ほんの一瞬でも彼氏が自分以外を優先すると、何としても自分だけを見てもらいたくて激しく嫉妬します。

過去の恋愛にトラウマがある

過去恋愛でトラウマになるほど辛い経験をした女性も、嫉妬しやすくなります。「また彼氏を失うのでは?」「彼氏から傷つけられるのでは?」という不安がよみがえるのです。

そのため、少しでもトラウマがフラッシュバックすると大きな不安に襲われ、嫉妬をぶつけてしまいます。自分の嫉妬心を彼氏が受け止めてくれることで、不安を紛らわせようとしています。

嫉妬しやすい彼女と上手く付き合う方法

嫉妬しやすい彼女の根底には不安があります。嫉妬しやすい彼女と上手に付き合うには、いかに安心させるかがポイントです。ここからは嫉妬しやすい彼女と上手に付き合うポイントを解説します。

連絡は嫌がられるくらいマメにする

嫉妬しやすい彼女を安心させるには、「いつも君のことを思っているよ」と行動で表さなければなりません。会えない日は彼女から嫌がられるくらい連絡をマメにしましょう。彼女に連絡を待たせるのではなく、あなたが待つくらいの頻度で連絡をするのです。具体例をいくつか挙げましょう。

  • 朝起きたらLINE、移動中もLINE、仕事の休憩時間の度にLINE、帰宅後は電話する
  • LINEやメールでは彼女が今何をしているのか尋ねるメッセージを書く
  • 彼女が好きそうなスタンプを購入してバラエティに富んだ反応を示す
  • 自撮りの動画や写真を送る

「仕事中は無理」とわかっている場合は、あらかじめきちんと彼女に伝えて、大丈夫な時間帯にたくさんのメッセージを送りましょう。彼女が常にあなたの連絡に満足していれば、不安を感じる暇もなくなります。自分のことを思ってくれている実感が持てるので、嫉妬をすることもありません。

デート中よそ見しない

彼女とのデート中によそ見は厳禁です。愛情たっぷりの眼差しで彼女を見つめてあげましょう。わかりやすく目を合わせるのがポイントです。

男性は視線の動きがストレート。あなたが思っている以上に、彼女はあなたの視線の行方を敏感に察知しているのです。

デート中スマホは触らない

彼女とデート中でも、仕事や友達関係の連絡がくるかもしれません。しかし、嫉妬しやすい彼女だとわかっているなら、デート中スマホは触らないようにしましょう。「君だけを見ているよ」と態度で示すのです。

「親が危篤状態でいつ連絡がきてもおかしくない」ということがない限り、スマホは触らないことです。スマホを時計代わりにしないように、腕時計を身に付けるのもおすすめです。

愛情は行動や態度だけではなく言葉でも伝える

嫉妬しやすい彼女の不安を取り除くために、愛情は行動や態度だけではなく、言葉でも大いに伝えましょう。「大好きだよ」「とっても大切」「会えない時間は寂しい」「ずっと一緒にいよう」など、ストレートでわかりやすい言葉が効果的です。

「恥ずかしくて無理」ではなく、恥ずかしくても言うのです。むしろ、照れて恥ずかしがりながらも一生懸命伝える姿に、彼女は愛の大きさを感じます。

彼女が嫉妬したときの正しい対処法

どんなに気を付けていても、彼女が嫉妬するときもあるでしょう。彼女の嫉妬は不安のバロメーター。間違った対応をすると、さらに彼女を不安にさせてしまいます。そこで、彼女が嫉妬したときの正しい対処法を伝授します。

言葉とスキンシップで愛情を示す

彼女の嫉妬の裏には、言葉にできない寂しさや不安があります。彼女の嫉妬は「もっと私を大切にして」「もっと愛して」というメッセージなので、すぐに愛情を示すのが重要です。言葉とスキンシップ、両方で愛情を示しましょう。いくつか具体例を挙げます。

  • 「君が一番大切だよ」と言って抱きしめる
  • 「嫉妬してるところもかわいい」とキスをする
  • 「僕も本当はもっと一緒にいたい」と髪をなでる

LINEなどで嫉妬された場合は、ハートのスタンプ大量投入や、電話、ビデオ通話が効果的です。あらゆる手段を使って、たっぷり愛情を伝えましょう。

彼女の話を親身になって良く聞く

愛情を示しても彼女の嫉妬が収まらないなら、じっくりと話を聞いてみましょう。彼女は素直に甘えるのが苦手なので、あなたが上手に誘導してあげるのです。嫉妬する彼女を優しく包み込む気持ちで、「どうしたの?」「何かあった?」「何が不安?」「気持ちを聞かせて」と語りかけるのです。

素直になれない彼女の口からは、あなたへの不平不満が飛び出すかもしれません。あなたにも言い分はあるでしょうが、反論はせずひたすら聞きましょう。彼女が黙ってしまったら、「こうしてほしい?」とあなたから問いかけてみましょう。彼女があなたにどうして欲しいのか聞き出せたら、可能な限り応じるのがポイントです。

できることとできないことをわかりやすく伝える

嫉妬した彼女から無茶振りをされ、できることなら応じてあげたいのですが、できないこともあるでしょう。彼女が好きだからと無理を続けると、あなたが消耗して最終的には気持ちが続かなくなります。

できないことを伝える際は、簡潔にわかりやすく伝えましょう。どこまでならできるのかを誠実に説明すれば、彼女も理解してくれるはずです。「好きだけどそれはできない。でも、ここまでならできる」と彼女を愛していることを前提に伝えるようにしましょう。発言がブレないのが大切です。

まとめ

彼女の嫉妬は不安な気持ちの裏返し。不安になりやすい彼女は、心の中で複雑な思いを抱えています。「そんなことで嫉妬するの!?」と思うかもしれませんが、あなたが大らかに受け止め、たくさんの愛情を注ぐのが大切です。それでも、彼女が心からあなたを信頼して安心するには、長い時間がかかるでしょう。嫉妬する彼女には、長い時間をかけて、わかりやすく愛情表現をしなければなりません。

もしも、すぐに嫉妬する彼女に疲れているならば、新しい恋愛を探す選択肢もあります。婚活パーティーに参加して、別のお相手を探すのも良いかもしれません。Light Up Partyは創業12年の歴史がある婚活パーティーです。累計100万人以上が参加しています。身分証チェックはもちろん、職業証明書も必須なので安心です。感染症対策も徹底しています。初めてや一人の方でも、スタッフがさりげなくサポートするので不安なくご参加いただけます。

もちろん、彼女と上手く付き合えれば一番ですよね。しかし他に目を向けると、全く違った世界が広がっていることに気付くでしょう。Light Up Partyで素敵な出会いが待っているかもしれません。

=>身分証Wチェックで安心な「Light Up Party」のスケジュールを見る

あなたとの出会いを心待ちにしている異性がいます!

ライトアップ記事の読者も多数参加中!初参加や、お1人参加が多いので、「初めての婚活」には最適!また、Light Up Partyは、男性がハイステータス専門。本人身分証や資格証明書も100%提示保証で、質の高い安心安全な出会いを提供しております。現在は、三密対策に配慮し、マスク着用・対面パネルを使って1対1で全員と着席で会話するStyleを採用中。コロナ禍でも安心して参加頂けてると好評を頂いております。是非、お気軽にご参加下さいませ♫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介

×BannerBanner