恋人 恋愛

【失恋したときに読みたい名言集】辛い失恋を癒やしてくれる言葉たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像1

失恋して立ち直れないような気持ちになったとき、誰かの一言が傷ついた心を癒し、支えとなってくれることもあります。

名言として語り継がれる言葉には、心を揺り動かす力がありますので、失恋したときに読んでみてはいかがでしょうか。

大好きだった人と別れた人、片思いで終わってしまった人、失恋の傷を負って辛い思いに耐えている女性に読んでいただきたい、おすすめの名言をご紹介します。

同調する名言

悲しいときに悲しい曲を聴いたり、悲しい映画を観たりしてスッキリすることを心理学で「同調」というそうです。

悲しい映画を観ておもいっきり泣いたらスッキリした経験はありませんか?無理に楽しい気分になろうとしても、辛い気持ちにふたをしたままでは空しくなってしまいます。まずは同調する名言で悲しい気持ちを浄化してみませんか?

  • 「恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである」

アルフレッド・テニスン(19世紀イギリスの詩人/1809~1892)

  • 「でも、何といったって、 誰にも愛されないよりはまだ誰かに捨てられたほうがましだよ」

ウイリアム・コングリーヴ(イギリスの劇作家/1670~1729)

  • 「愛してその人を得ることは最上である・・・ 愛してその人を失うことはその次によい」

ウィリアム・M・サッカレー(イギリスの小説家/1811~1863)

  • 「恋という奴は一度失敗してみるのもいいかも知れぬ、 そこで初めて味がつくような気がするね」

若山牧水(歌人/1885~1928)

  • 「恋の味を痛烈に味わいたいならば、 それは片思いか失恋する以外にないだろう」

亀井勝一郎(文芸評論家/1907~1966)

  • 「恋の悲しみを知らぬものに恋の味は話せない」

伊藤左千夫(詩人、小説家/1864~1913)

  • 「失恋って、当の本人は苦しい苦しいと言っているけれど、本当は終わった恋をいつまでも思い出して楽しんでいるようなところがあると思う。本当に苦しいなら、一秒でも早く忘れる努力をするはずだから」

宇野千代(小説家、随筆家/1897~1996)

  • 「なんとなく好きで、 その時は好きだとも言わなかった人のほうが、 いつまでもなつかしいのね。 忘れられないのね。 別れたあとってそうらしいわ。」

川端康成(小説家/1899~1972)「雪国」より

  • 「恋愛は戦争のようなものである。はじめるのは簡単だがやめるのは困難である。」

アラン・メンケン(アメリカの作曲家/1949~)

  • 「人はしばしば恋に欺かれ、恋に傷つき、不幸にもなる。それでも人に恋するのだ。」

アルフレッド・ド・ミュッセ(フランスの作家/1810~1857)

失恋の痛みを味わうことになったとしても、誰かを愛した経験は、きっと人生の糧となるでしょう。

しかし、彼を失ったばかりだと、なかなかそうは思えないかもしれませんね。こんなに辛いなら、いっそのこと好きにならなければよかったと思うかもしれません。それでも誰かを好きになるのは素晴らしいことなのです。

立ち直るための名言

画像2

気持ちが吹っ切れて、立ち直る後押しをしてくれる名言もあります。再び前を向くことができるように導いてくれる名言をご紹介します。

  • 「別れることがなければ、めぐり逢うこともできない」

西洋の諺

  • 「始まりと呼ばれるものは、しばしば終末であり、終止符を打つということは、新たな始まりである。終着点は、出発点である。」

T.S.エリオット(イギリスの詩人、劇作家/1888~1965)

  • 「心は、過去の悲しみから脱皮するもの」

エラ・ウィーラー・ウィルコックス(アメリカの女性作家、詩人/1850~1919)

  • 「失望に終わった恋は、 次の恋に対するちょっとした免疫になる」

ウルスラ・アンドロス(スイス出身の女優/1936~)

  • 「悲しみは解ける、五月の雪のように、そんなに冷たいものなどはありはしないように」

ジョージ・ハーバート(英国の詩人/1593~1633)

  • 「何もかもが変わっていく瞬間があります。今まで嘆いていたことが突然どうでもいいことに思えてくるのです。」

アイリス・マードック(アイルランド出身の英国の作家、哲学者、詩人/1919~1999)

  • 「下を向いていたら、虹を見つけることは出来ないよ」

チャールズ・チャップリン(イギリスの俳優、映画監督、コメディアン、脚本家/1889~1977)

  • 「終わりのある愛は悲劇じゃないわ。終わりのない愛こそ悲劇なのよ。」

シャーリー・ハザード(作家/1931~2016)

  • 「これだけは、覚えておきなさい。何もかも失ったと思える瞬間でさえ、あなたの未来は残っているということを。」

ボブ・ディラン(アメリカのミュージシャン/1941~)

  • 「恋の終わりは、自分から立ち去ること」

ココ・シャネル(フランスのファッションデザイナー/1883~1971)

  • 「許すことは忘れることとはちがう。つらい記憶を水に流し、心の痛みを消すことなのです。」

メアリ・マクロード・ブスーン(米国の黒人女性教育者/1875~1955)

今はとても辛いかもしれませんが、それが永遠に続くわけではありません。辛い気持ちは時が解決してくれるでしょう。そしてまたきっと誰かのことを好きになるはずです。

勇気づけられる名言

言葉は人を勇気づける力もあります。傷ついた心を癒し、励ましてくれる名言をご紹介します。

  • 「あなたを捨てた男のためなんかに泣いては駄目。次の男があなたの笑顔に恋するかもしれないでしょ。」

メイ・ウエスト(アメリカの女優/1893~1980)

  • 「失恋があるからこそ、人生って素晴らしくなるのよ - ただし五年後の話だけど」

フィリス・バッテル(アメリカの女性ジャーナリスト/1922~)

  • 「一人を失ったからといって嘆くことはない。男と女は半分ずついるのだから。」

「礼記・後漢書」より

  • 「涙で目が洗えるほどたくさん泣いた女は、視野が広くなるの」

ドロシー・ディックス(アメリカのジャーナリスト/1861~1951)

  • 「すべての出来事には意味があるわ。生きていくこととは、その意味を理解すること。」

スザンヌ・サマーズ(アメリカの女優・作家/1946~)

  • 「ひとつひとつの悲しみには意味がある。時には、思いもよらない意味がある。どんな悲しみであろうと、それは、このうえなく大切なもの。太陽がいつも朝を連れてくるように、それは確かなことなのですよ。」

エラ・ウィーラー・ウィルコックス(アメリカの著作家、詩人/1850~1919)

  • 「この世で経験することは、なに一つ空しいものはない、歓びも悲しみも、みんな我々によく生きることを教えてくれる」

山本周五郎(日本の小説家/1903~1967)

  • 「いかなるものも変化しつつあります。これは真理です。だからあなたがいまどんな苦境にあろうとも、その状態を保持する努力をしない限り、永久に続くはずがないのです。」

ジョセフ・マーフィ-(アイルランド出身の宗教者、著述家/1898~1981)

  • 「世間に一杯いる情熱的な女で、捨てられたら死んでしまうと公言しなかったのは一人もありません。ところがそんなので今に生き永らえていない女、悲しみを忘れずにいる女は、一人もいないのです。」

コンスタン(フランスの小説家、思想家、政治家/1767~1830)

  • 「目の前にある現実だけを見て、幸せだの不幸だのと決めてはいけない。その時は不幸だと思っていたことが、後で考えたらもっと大きな幸せのために必要だったという事はよくあるもの。」

フジコ・ヘミング(ピアニスト/1932~)

この辛い経験も、ひょっとしたら何か意味があるのかもしれません。名言の多くはそう語っています。失恋の痛みからもきっと学べることがあるのでしょう。

偉人の名言

画像3

語り継がれる偉人たちの名言をご紹介します。偉人たちもきっと恋に悩んだのでしょうね。

  • 「深く愛することのできる者のみが、また大きな苦痛をも味わうことができるのだ」

レフ・トルストイ(ロシアの小説家、思想家/1828~1910)

  • 「弱い者ほど隣人を許すことが出来ない 許せるという事は強さの証明」

マハトマ・ガンジー(インドの思想家、社会運動家、政治家/1869~1948)

  • 「与えようとばかりして、もらおうとしなかった。なんと愚かな、間違った、誇張された、高慢な、短気な恋愛ではなかったか。ただ相手に与えるだけではいけない。相手からも貰わなくては。」

フィンセント・ファン・ゴッホ(オランダの画家/1853~1890)

  • 「われわれを恋愛から救うのは理性よりも多忙である」

芥川龍之介(小説家/1892~1927)

  • 「いつだって愛はどちらかの方が深く、そして切ないものだ」

岡本太郎(芸術家/1911~1996)

  • 「自分自身を信じてみるだけでいい。きっと生きる道が見えてくる」

ゲーテ(ドイツの詩人、作家、劇作家/1749~1832)

  • 「どうしてそんなに自分を責めるんだい?誰かが必要な時にちゃんと責めてくれるんだからそれでいいじゃないか」

アルベルト・アインシュタイン(ドイツの物理学者 / 1879~1955)

  • 「愛情に満ちあふれた心には、悲しみもまた多いものである」

ドストエフスキー(ロシアの小説家、思想家/1821~1881)

  • 「幸せの数を数えたらあなたはすぐ幸せになれるだろう」

アルトゥル・ショーペンハウエル(ドイツの哲学者 / 1788~1860)

  • 「愛というものは、愛されることによりも、むしろ愛することに存する」

アリストテレス(古代ギリシアの哲学者/紀元前384~322)

こんなに悲しいのは、深く愛することができたから。誰かを心から愛した自分に自信が持てそうです。

芸能人の名言

テレビなどで活躍する芸能人の名言をご紹介します。心に響く名言に辛い心も励まされます。

  • 「あなたを振ったその人は、運命の人に会う為の案内人」

浜崎あゆみ

  • 「めげないめげない。なにがあってもめげないこと!人生色々なことがあるけど、それが自分の引き出しになっていくんだなと思います。」

IKKO

  • 「何とも思われないよりは嫌われるほうがマシ、好きに変わる可能性が残っているから」

明石家さんま

  • 「女の子が成長するのは片想いより失恋」

西野カナ

  • 「愛されたい」ために相手の男性の好みにあわせ、その結果として自分自身をゆがめてしまう恋愛においては、女性はけっしてきれいになることはできません」

叶恭子

  • 「世界には何十億人と女がいるというのに、たった一人の女に振られたってだけでそんなに落ち込んでどうするんだ。もっと素晴らしく、お前を愛してくれる女はいくらでもいる。巡り会えていないだけだ。」

北野武

  • 「デートの時に、”私ってすごくいい女かもしれない”と思わせてくれる男性はリードが上手。逆に、一緒にいてみじめに思えたり自信を喪失させる男性は、完全に失格。」

杉本彩

芸能人の名言は元気がもらえますね。だんだん新しい恋がしたくなってきませんか?

失恋の傷を癒す方法

名言に触れる以外で失恋の傷を癒す方法をご紹介します。最初は悲しみに浸るのも傷を癒すための大切なステップとなるでしょう。

おもいっきり泣く

悲しい時はおもいっきり泣くことでスッキリすることがあります。気持ちをまぎらわすために友達と遊んでも気がまぎれるのは一時的で、家に帰ると寂しさに耐えられなくなるでしょう。

それよりも、自分は失恋したのだということを認め、おもいっきり泣くのは失恋の傷を癒すのに効果的です。泣きつかれるほど泣いてスッキリしましょう。

味方になってくれる友達と会う

画像4

失恋してただでさえ傷ついているのに、「あなたは〇〇だからダメなのよ」といったように、ダメ出ししてくる友だちに会えば、さらに落ち込むことになるでしょう。こんなときは自分を肯定してくれる友達に会うのが一番。話しているうちに元気が出てきて前向きな気持ちになれるでしょう。

趣味やスポーツに打ち込む

趣味があるなら週末は没頭してみましょう。彼と付き合っている頃は、週末はデートで趣味に時間をかけられなかったのでは?

彼のいない人生なんて…と思っても、好きなことをしていたら意外と一人の時間も楽しいと思えるかもしれません。スポーツで汗を流すのもおすすめです。体を動かすことでストレス解消になり、体も引き締まって自分の外見に自信が持てるようになるでしょう。

自分磨きをする

「元カレよりもっと素敵な人を見つける!」という気持ちが高まったら、自分磨きをするチャンスです。素敵な男性に見合うには、自分も素敵な女性になっておかなくては!

失恋直後は何もかも嫌になって、自分のケアができていなかったかもしれません。外見や内面を磨いたら、自分に自信が持てるようになります。いつ新しい出会いがあってもいいように準備しておきましょう。

失恋の傷が癒えてきたら…新しい出会いを見つけよう!

画像5

辛くて立ち直れないと思っても、日にちが経つにつれ徐々に傷も癒されていきます。そろそろ新しい恋を見つけたいと思えるようになったら、自分から積極的に行動してみてはいかがでしょうか。

PREMIUM STATUS PARTYは、ハイステイタスな男性との出会いが待っている婚活&恋活パーティーです。男性は大手企業や外資系企業など、ビジネスエリートの男性が対象となっています。

いつまでも彼のことを引きずるより、失恋したのは別の男性と出会うためと思って、新しい出会いを探してみてはいかがでしょうか。偶然の出会いを期待するよりも、自分から出会いを探しに行った方が、たくさんの男性の中からタイプの男性が見つかる可能性が高いです。

PREMIUM STATUS PARTYなら身分証や資格証の提示が必須なので、安心して新しい出会いを探すことができます。素敵な出会いを見つけて笑顔を取り戻してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
membersのご紹介