デート 恋人

ピクニックデートに持って行きたい!男性が喜ぶお弁当のポイントまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像1

お天気がいい日は、お弁当を持ってピクニックデートに出かけてみてはいかがでしょうか。しかし、普段お弁当を作り慣れていない人は、どんなお弁当なら男性に喜んでもらえるか悩んでしまうのではないでしょうか?

そこで今回は、男性に喜んでもらえるお弁当作りのポイントをお伝えします。男性に人気のお弁当メニューもご紹介しますので、お弁当作りの参考にしてくださいね。

男性を喜ばせるお弁当のポイント

せっかく手作りするなら、フタを開けた瞬間に彼氏が笑顔で喜ぶようなお弁当を作りたいですね。まずはお弁当作りのポイントをご紹介します。

彼の好きな食べ物・嫌いな食べ物を確認しておく

画像2

彼氏のために作るお弁当なので彼氏の好きな食べ物を入れてあげましょう。嫌いな食べ物が入っていたら彼はテンションが下がってしまいますね。

もし彼の食べ物の好き嫌いがわからないときは、食べられないものがないか聞いておきましょう。

女性は野菜中心のヘルシーなおかずを好む人が多いですが、男性はどちらかといえば野菜が苦手な人が多いでしょう。たとえばお弁当の彩りに欠かせないプチトマトですが、トマトが嫌いな男性は意外と多くいます。ピーマンやニンジン、ナスなども、野菜嫌いの男性には苦手な食材です。事前に確認しておきましょう。

彼氏の好き嫌いを克服してあげたいと思うかもしれませんが、せっかくのデートなので彼の機嫌を損ねるようなことはせず、好物を入れてあげるようにしましょう。

味付けは濃い目に

健康志向で普段の料理は薄味にしている人も多いでしょうが、お弁当の味付けはやや濃いめがおすすめです。冷えたお弁当は、薄味だと物足りなく感じてしまうかもしれません。少し濃いめに味付けすると、冷えたお弁当もおいしくいただけます。

また、肉料理は下味をしっかりつけておくと素材が柔らかくなるというメリットもあります。お弁当は冷えてもおいしく食べられるように作りましょう。

彩り豊かにする

唐揚げにハンバーグ、エビフライなど、お弁当のおかずは茶色に偏りがちです。せっかく手の込んだお弁当を作っても、茶色ばかりでは地味に感じてしまうでしょう。

見た瞬間「おいしそう」と思えるのは、彩り豊かなお弁当です。目でも楽しめるよう、色のバランスを意識してください。たとえばお弁当をおいしそうに見せてくれる色鮮やかな食材には、次のようなものがあります。

  • 赤…にんじん、プチトマト、赤パプリカ、梅など
  • 黄…卵、黄パプリカ、コーン、さつまいもなど
  • 緑…ブロッコリー、ピーマン、ほうれん草など

このように茶色に偏りがちなお弁当に赤や黄、緑などの食材をプラスして、彩り豊かで見た目もおいしそうなお弁当を作りましょう。

栄養バランスを考える

できるだけ彼の好物を詰めてあげたいのですが、栄養バランスが偏らないように注意しておきましょう。主食はおにぎりやサンドイッチ、おかずには肉料理、魚料理、卵料理、野菜、果物をバランスよく、栄養を考えて作るとよいです。健康を気遣ったお弁当には、彼もきっと愛情を感じてくれるでしょう。

男性が満足できるボリュームに

せっかく作ったお弁当でも、彼氏のお腹を満たせない量では残念です。きちんと男性が満足できるボリュームで作りましょう。女性と同じ量では物足りなく感じる男性も多いので、彼氏の食べられそうな量を把握しておいてください。

気が利くと思われるアイテムを準備

野外の食事で、あると便利なアイテムを準備しておきましょう。たとえば手を洗う場所が近くにない場合、お手ふきを用意しておくと「気が利くな」と思われるでしょう。特におにぎりやサンドイッチのときは、除菌できるウェットティッシュを持っておくと安心ですね。

また、大きなお弁当箱から取り分けて食べる場合は、取り皿を用意しておくのを忘れないようにしましょう。メニューに合わせて、箸だけでなくフォークやスプーンも使えるようにしておきましょう。

男性がガッカリするNGなお弁当

気合を入れて作ったお弁当でも、男性がガッカリしてしまうことがあります。自分の好みを押し付けて、一人よがりのお弁当にならないように注意しておきたいですね。また、手抜きがバレバレなお弁当もいけません。

男性がガッカリするNGなお弁当の例を挙げてみます。

見た目はいいけど味はいまいち

見た目のインパクトをねらってキャラ弁のようなかわいいお弁当を作る人もいるでしょう。時間と手間をかけて作ってくれたことはありがたいのですが、見た目だけで味がいまいちだと男性はガッカリしてしまいます。

また、見た目に凝ったお弁当は小さく作りがちです。見た目ばかりを重視したお弁当にならないよう、気をつけておきましょう。

冷凍食品ばかり

画像3

男性は彼女の手作り弁当を楽しみにしています。もし、おかずが冷凍食品ばかりだったらガッカリしてしまうでしょう。お手軽で美味しいのですが、手抜きしたように思われてしまいます。

また、お惣菜を買ってきてお弁当箱に詰めただけのお弁当もNGです。料理に自信がないとお惣菜に頼りたくなってしまいますが、できるだけ手作りしてみましょう。

冷凍食品もアレンジレシピがたくさんあるので、上手に頼るのもいいですね。

おかずの種類が少ない

お弁当におかずがたくさん入ってるとワクワクしますね。たとえ彼の好物が唐揚げだとしても、唐揚げだけのお弁当では、彼もさみしく思ってしまうでしょう。

お弁当ではいろいろな味を楽しみたいものです。どれから食べるか迷ってしまうほど、バリエーション豊かなおかずで彼を喜ばせましょう。

揚げ物ばかりにならないよう、サラダ、煮物、卵焼きなど、さまざまなおかずで全体でバランスよくしましょう。

量が多すぎ・少なすぎ

お弁当の量は、2人分にちょうどいいボリュームにしておきましょう。少なすぎるのも困りますが、量が多すぎるのもNGです。

量が多すぎると、満腹なのに彼女がせっかく作ってくれたお弁当を残したら悪いと思い、ムリして食べる男性もいるでしょう。男性が満足できる程度のボリュームは必要ですが、明らかに多すぎると彼を困らせてしまいます。量が多すぎ・少なすぎにならないように注意してください。

食中毒に注意する

お弁当は数時間持ち歩くので、傷まないように十分注意が必要です。お弁当を食べたら体調を崩してしまった…ということにならないように、次の点に気をつけてください。

調理前に石鹸できれいに手を洗う

画像4

調理前には石鹸でしっかり手洗いをして、清潔な手で調理するのが基本です。

生ものは避け、十分に加熱する

生ものは傷みやすいので、お弁当に入れるのはやめておきましょう。お弁当にはしっかり加熱したおかずを入れるようにしましょう。暑い季節はマヨネーズも傷む可能性があるので、ポテトサラダなどは避けておいた方がよいです。卵は半熟にせず、しっかり火を通しましょう。

素手で触らない

おにぎりを握るときは、素手で握らずにポリ手袋を利用しましょう。またはラップに包んだままで作っておけば、作る時も食べる時も手を汚さずに済みますよ。

よく冷ましてからフタをする

お弁当がまだ熱いうちにフタをすると、蒸気が発生して雑菌を繁殖させ、傷みやすくなります。お弁当が冷めてからフタをするよう、外出時間までに余裕を持って作りましょう。

抗菌シートや保冷剤を活用する

抗菌シートを使うと、お弁当に雑菌が繁殖するのを防ぐことができます。お弁当の上に直接シートを乗せるだけで、味には影響しません。

また、気温が高い時期は、お弁当の袋に保冷剤を入れておくことをおすすめします。冷たい空気は下にいく性質があるため、保冷材はお弁当箱の上に置くようにしましょう。

直射日光の当たらない場所に置く

お弁当を直射日光の当たる場所に置いておくと傷みやすくなります。レジャーシートの上でお弁当を広げるときは、木陰など直射日光が当たらない場所にしておきましょう。

男性が喜ぶお弁当メニュー

最後に男性に人気のお弁当メニューをご紹介します。男性がうれしくなるようなおかずを詰めて、楽しいピクニックランチにしましょう。

唐揚げ

画像5

お弁当のメニューとして圧倒的人気なのが「鶏の唐揚げ」です。高い確率で喜ばれるでしょう。お弁当に入れる唐揚げは、冷めてもサクッとしたジューシーな仕上がりになるように、衣を片栗粉で作るのがおすすめです。

卵焼き

お弁当の定番、卵焼きも男性に喜ばれます。お弁当に黄色が入ることで彩りが明るくなるでしょう。卵焼きの味付けは、地域によって違いがあります。関東では甘い味付けの卵焼きが主流ですが、関西ではしょっぱい卵焼きを好む傾向があるようです。

彼の出身地に合わせた味付けにしてみるといいかもしれませんね。

ネギやカニカマなどの具材を混ぜたり、真ん中にほうれん草を巻いたりして、卵焼きのアレンジもおすすめです。

焼き魚

男性はみんなお肉が好きというわけではありません。魚が好きな男性もいますので、彼の好みを事前に確認しておきましょう。肉より魚という男性には、少し濃いめの味付けのブリの照り焼き、鮭の西京焼きなどを入れておいてはいかがでしょうか。

ウィンナー

お弁当の定番のウィンナー。タコさんウィンナーも見た目がかわいく男性に喜んでもらえます。切れ目を入れて炒めるだけですが、ひと手間加えているところに男性は喜んでくれるでしょう。

エビフライ

唐揚げと並んで人気の揚げ物がエビフライです。エビフライが入っていると、豪華な感じで彼もきっと驚くでしょう。カットレモンやタルタルソースを添えるとさらに手が込んでいる感じがしますね。

まとめ

お弁当は料理の腕の見せどころです。料理が得意な人は、味も見た目もいいお弁当を作って彼の胃袋をがっちり掴みましょう。料理があまり得意でない人は、基本の卵焼きや唐揚げからはじめてみましょう。料理教室に通ってみるのもいいですね。

ピクニック以外にもドライブやお花見など、お弁当を持ってデートするチャンスはたくさんあります。ぜひ手作り弁当で彼を喜ばせましょう。

料理には自信があるけれどデートの相手がいないという人は、婚活パーティーで出会いを探してみてはいかがでしょうか。創業12年のLight Up Partyは、累計100万人以上の方が参加した信頼の婚活パーティーです。

婚活パーティーに参加したことがない女性は、どんな男性と出会えるか不安かもしれませんが、Light Up Party男女とも身分証の提示を条件としており、かつ男性には職業証明書の提示が必須なので、安心して出会いを探していただけます。

また、Light Up Partyでは、実績のある恋愛カウンセラーが恋愛や婚活に関する無料相談を受け付けています。不安や悩みがある方は、ぜひご相談ください。LINEアカウントから1対1でご相談いただけますので、足を運んでいただく手間もなく、気軽にご利用いただけます。

恋愛相談で不安を解消したら、パーティーに参加してすてきな男性との出会いを見つけてください。理想の男性に出会えたら、ぜひ男性が喜ぶお弁当を作ってピクニックデートを楽しんでくださいね。

=>身分証Wチェックで安心な「Light Up Party」のスケジュールを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介