出会い・婚活 婚活

【運命の人と出会いたい!】運命の人には特徴や出会いの前兆がある!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像1

「運命の人と出会いたい」という声をよく聞きますが、運命の人とはどういう人なのでしょう?また、どうやって運命の人を見分けたらよいのでしょうか?

運命の人とそうではない人の見分け方が分からなければ、実際に出会ったとしても運命の人だと気づかずチャンスを逃してしまうかもしれません。

また、運命の人とはいつ出会えるかわからないので、ひょっとしたら既に出会っている可能性もあります。すぐそばにいる人が運命の人と気づいていないだけかもしれません。

今回は、運命の人の特徴や見分け方について解説いたします。また、運命の人と出会う前には前兆があると言われていますので、どんな前触れがあるのかご紹介します。ぜひ参考にしていただいて、運命の人と出会うチャンスをしっかりつかんでくださいね。

運命の人の特徴

そもそも「運命の人」とはどのような人のことでしょう?まずは運命の人の特徴を7つ挙げますので1つずつ見ていきましょう。

1.好みが似ている

運命の人とは食べ物や趣味、好きな映画やスポーツなど、好みが似ている傾向があります。好みが似ていると、初対面であっても意気投合して会話が弾み、一緒に過ごす時間が楽しく感じられるでしょう。

また、運命の人とは好きなものだけでなく、嫌いなものも似ています。ひょっとしたら嫌いなものが一致することの方が重要かもしれませんね。

好きなものや嫌いなものなど、話してみると共通点がたくさん見つかる人なら、あなたの運命の人かもしれません。

2.一緒にいて居心地がいい

一緒にいて心からリラックスできるような相手なら、運命の人かもしれません。居心地がよくて落ち着くので、会話が途切れて沈黙になっても話題を探すために焦ることもありません。運命の人が相手なら、沈黙の時間も心地よく過ごせるからです。

好きだけど一緒にいると気を遣ってしまうような相手なら、運命の人ではないかもしれません。気を遣う人と過ごしても落ち着かないですよね。

一緒にいて安らぎを感じられる人なら、居心地がよくて幸せを感じるでしょう。

3.飾らない自分を好きでいてくれる

画像2

好きな人には少しでも自分を良く見せたくなるものです。男性ならカッコつけたり見栄を張ったりして、自分をより良く見せようとします。女性なら猫をかぶって清楚に見せようとすることもあるでしょう。

しかし、いつバレないかハラハラしてしまっては恋愛も楽しめません。また、欠点を知って嫌うような相手なら、運命の人ではないでしょう。長く付き合い、将来は結婚を考えるのなら、素の自分を愛してくれる人でないと意味がありません。

運命の人であれば、あなたの欠点を受け入れ、飾らない自分でいられるのではないでしょうか。「一緒にいると素直になれる」と感じたら、その人は運命の人かもしれませんよ。

4.価値観が似ている

夫婦や恋人の間では、価値観が違いすぎると一緒にいることが苦痛になってしまいます。離婚理由で「価値観の不一致」が多いように、価値観が違うと相手のことを嫌いになりかねません。

価値観とは「何を大切にするか」ということです。大切に思うものの優先順位が違いすぎると、2人の関係がぎくしゃくしてしまいます。

たとえば休日はアクティブに過ごしたいのに相手は自宅でのんびり過ごしたがるとか、結婚したいのに相手は結婚願望がないなど、価値観の違いによって「おもしろくない」「別れたい」ということになりかねません。

運命の人とは大切にしていることや考え方が似ているので、一緒にいて不満を感じることが少ないです。

5.金銭感覚が似ている

価値観とつながるところがありますが、金銭感覚が似ていることも運命の人の特徴です。倹約家にとって、相手の浪費癖はイライラの元となります。結婚前の2人なら、お金を貯めて結婚資金に充てたいものですが、自分は節約しているのに相手が無駄遣いばかりしていたら、結婚後の生活が思いやられて結婚を白紙に戻したくなるかもしれません。

何にお金をかけて、何を節約したいかということ、貯金に関する考え方など、運命の人とは金銭感覚が似ています。金銭感覚が似ていれば、結婚も前向きに考えられるでしょう。

6.笑いのツボが一致する

画像3

運命の人は、笑うタイミングが一緒ということも多いです。何をおもしろいと思うかは、人それぞれ違います。おもしろい話をしたのに、相手のリアクションがなかったり、「それの何がおもしろいの?」なんて言われたりしたら楽しくありませんよね。

笑いのツボが一致しなければ、日常的にズレを感じることが多く、「一緒にいても楽しくない」と思うようになってしまいます。

お笑い番組やコメディ映画などを2人で観ると、一緒に笑うことでますます楽しくなりますよね。運命の人とは笑いのツボが一致しますので、日常のささいなことでも一緒に笑い合えて、小さな幸せを感じることが多々あるでしょう。

7.タイプとは異なるのに惹かれる

好きなタイプではないのに、なぜか惹かれてしまうようなら、その人は運命の人ということもあり得ます。初めて会ったときは、タイプじゃなくて全く魅力を感じないかもしれません。しかし、何度も会ううちにだんだん惹かれてしまうことがあります。

そのためタイプではない異性をすぐに恋愛対象外にしてしまうと、運命の人との出会いを逃してしまうかもしれません。たとえタイプでなくても、自分に好意を示してくれる相手は大切にしたいものですね。

運命の人の見分け方は?

運命の人といってもドラマチックな出会い方をするとは限りません。会ってすぐにビビッと直感が働く人もいるかもしれませんが、すぐには気づかない場合も多いです。できるだけ早く見分けられるように、運命の人を見分けるポイントをいくつかご紹介します。

1.いい匂いがする

匂いの感覚は人それぞれですが、相手からいい匂いがすると感じたら、その人は運命の人かもしれません。相性のいい遺伝子は、匂いでわかると言われています。「いい匂いだな」と感じるなら、遺伝子レベルで相性がいい運命の人かもしれませんね。

一方、相手の匂いを不快に感じるなら、隣に座っているのも苦痛に感じるはずです。運命の人は一緒にいて居心地がいい人なので、一緒に過ごすのが辛いほど生理的な不快感がある相手は、運命の人のはずがありません。

2.視野が広がる

一緒にいてお互いに良い影響を与え合えるのが運命の人です。今まで知らなかったことを知って視野が広がるなど、運命の人と一緒なら自分の成長を実感するでしょう。

逆に一緒にいると気分がふさいでしまうような相手なら、その人は運命の人ではありません。運命の人と一緒にいれば、ポジティブな気持ちでいられます。

3.初対面なのに懐かしく感じる

初めて会ったはずなのに、なぜか前から知っているような懐かしさを感じる人は、運命の人の可能性があります。初対面とは思えないほどリラックスして会話ができるので、きっと運命の人だと気づくでしょう。

特に内気で恥ずかしがり屋の人なら、他の人との違いを感じやすいはずです。内気な人の場合、普段は初対面の人と会話するときに緊張して、会話が弾まないこともあります。しかし運命の人が相手なら、初めて会ったときから親しみを感じていつもよりリラックスしながら会話ができるでしょう。

4.未来が想像できる

画像4

長く付き合っていても結婚を決断できない理由のひとつに「一緒にいる未来が想像できない」ということを挙げる人も少なくありません。残念ながら一緒にいる未来を想像できないなら、結婚するかしないかは別として、運命の人とは言えないでしょう。

楽しいときも辛いときも、支え合って幸せに過ごしている未来の姿が想像できるなら、その相手は運命の人の可能性が高いです。運命の人かもしれないと思ったら、その人との未来が想像できるか確認してみましょう。

5.声や話し方が心地いい

声が耳に心地よく、話すスピードも自分にとってちょうどよい人となら、落ちついて会話ができます。快適に会話ができる相手なら、運命の人という可能性があります。

たとえば声がどうしても好きになれない、早口すぎて聞き取りにくいなどという場合は、会話を楽しむこともできませんよね。相手の声を不快に感じてしまうようであれば、運命の人ではないでしょう。

6.タイミングが合うことが多い

相手のことを考えていたらLINEがきた、電話しようと思ったらかかってきたなど、タイミングが合うことが多い場合も運命の人の可能性があります。

約束していたわけではないのに街で偶然出会ったり、同じ店で買い物をしていたりすることが続くときも、その人は運命の人かもしれません。

運命の人とは波長が合うため、タイミングが一致することがあるようです。

運命の人と出会うときの前兆

運命の人と出会うときは前兆があるとも言われています。次のようなときは、運命の人と出会うサインかもしれません。

1.環境が大きく変わった

環境が大きく変わることで、運命の人と出会えることもあるようです。その理由としては、環境が変わることで、新しい出会いが増えるからです。引越しや転勤、転職など、環境がガラッと変わると、生活する場所が変わるため新しい出会いが増えます。出会いが増えることによって、運命の人と出会える可能性も高まるでしょう。

環境が変わるときは不安を感じる人もいるでしょうが、運命の人との出会いが待っているかもしれないのでワクワクしますね。

2.新しいことを始めたくなった

環境が変わることで出会いが増えるように、新しいことを始めたくなったときも運命の人と出会う前触れの可能性があります。

たとえば新しい趣味を見つけて習い事を始めたり、スポーツのサークルに入ったりなど、何か新しいことを始めると、人間関係も広がります。その場で運命の人と出会うかもしれませんし、友達の友達など、人間関係の輪が広がって運命の人とつながる可能性もあるでしょう。

新しいことを始めたくなるということは、自分の中で変化を求めているということです。変化には不安もつきものですが、自ら変化を求めるということは、運命の人と出会う準備が整ったのかもしれませんね。

3.長く付き合っていた恋人と別れた

画像5

長年付き合っていた恋人から突然別れを切り出されると、ショックでしばらくは立ち直れないかもしれません。しかし、このような別れが運命の人と出会う前兆ということはよく言われています。

たとえば何年も付き合った恋人とは結婚に至らなかったのに、別れた後に出会った運命の人とはトントン拍子で結婚が決まるというケースも少なくありません。辛い別れは運命の人と出会うためだったのかもしれませんね。

4.恋愛にこだわらなくなった

彼氏や彼女がほしくてたまらないときは、なぜか運命の人に出会えない場合が多いです。それよりも恋愛への執着心がなくなり、趣味や友達付き合いなどを楽しむ余裕ができた頃に運命の人と出会えることがあります。

誰かいい人がいないかと必死になっているときより、誰にも依存せず楽しんで暮らしている方が運命の人と出会いやすいようです。なかなか運命の人に出会えないなら、必死で探すよりも、恋愛以外のことを楽しむ余裕を持ってみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

運命の人の見分け方などについてご紹介してきましたが、友達や同僚など身近に当てはまる人はいましたか?しかし、これらはあくまで可能性の話です。「運命の人かも?」という予感があっても、それを本物にしていくのは自分自身です。

受け身の姿勢では、運命の人になかなか出会えないかもしれませんので、積極的に行動するようにしましょう。運命にもタイミングがありますので、チャンスを逃さないようにしましょうね。

運命の人と出会うには、出会いの数を増やすことも大切です。普段の生活でなかなか出会いがない人は、自分から積極的に出会いの場に出かけて行ってはいかがでしょうか。

Light Up Partyは、上質な出会いを提供する恋活・婚活パーティーです。男性は大手企業や外資企業、公務員など資格限定となっています。

大規模な立食パーティーも開催していますので、大勢の参加者の中から運命を感じる人に出会えるかもしれません。Light Up Partyで出会いのチャンスを増やし、運命の人を探してはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介