出会い 婚活

婚活連敗中のアラサーが見直したい6つの項目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像1

婚活はなかなかゴールの見えない、長く厳しい戦いとも言えるでしょう。

特にアラサーと呼ばれる年齢に差し掛かった方は、さらに焦りを感じていることと思います。婚活を続けていると、「ちょっと疲れたな…」「いつ結婚できるのかな」と行き詰まりを感じることも多いのではないでしょうか。

今回はそんな婚活疲れに陥ってしまったアラサーの方々の打開策となるような婚活における“見直すべきポイント”をご紹介します。

今年こそ幸せな未来をゲットするために、是非参考にしてみてください。

婚活の“失敗”はいちいち気にしない!

画像2

なるべくストレスを溜めずに婚活を続けるコツは、

  • そもそも婚活は連敗して当たり前
  • 婚活は長期戦である

の2点を認識することです。

生まれも育ってきた環境も違う二人が出会い、この先何十年も共に暮らす“結婚”という契約をする訳ですから、そもそも運命の結婚相手なんてそう簡単には見つからないもの。例えそれが婚活パーティーなどの結婚を目的とした人だけの集まりであってもです。

婚活の過程で結婚に対する考え方が変わったり、結婚相手に求める条件がより具体的に定まったりするのは良くあること。

色々な人とまずは会って話してみて、「自分にはこんな人が合っている」と再認識したり、「今までのタイプとは違うけど、こんな人と付き合ってみてもいいかも……」と新しい道が開ける場合もあります。

また、初めは良いと思っていた相手でも、デートを重ねていくうちに違和感が出てきてお断りしたり、逆に相手からお断りされてしまったりなど、思うように行かないことはたくさんあります。

ですから、例え失敗をしてしまったとしてもそれは当たり前のことで、更に良い人と出会うための布石である。今回の失敗を次に繋げよう!と考えるようにすると、心がちょっとラクになりますよ。

現状を打開するにはこんな点を見直してみよう!

結婚は「自分が幸せになるための一つの方法」ですから、そのためにストレスを溜めたり、辛い思いをして心を痛めてしまうのは本末転倒です。

自分自身の未来を切り拓けるのは自分しかいないのですから、考え方や行動を変えて、現状の打開策を見つけましょう!

(1)「理想の条件」を変える/広げる

結婚相手に求める条件や結婚生活に望むことは多々あるかと思いますが、頭の中のNGリストを元に相手を除外してばかりいては何も始まりません。

婚活の第一歩は「とにかく会ってみる」ことです。お見合いと違って婚活の良いところは一つ一つの出会いが重くすぎないこと。

あまり軽々しくとっかえひっかえしてしてしまうのも考え物ですが、「いろんな人と会ってみて、その中でじっくり自分に合う人を探してみる」ということが婚活では可能なのです。

「会う」=「必ずその人と付き合わなくてはいけない、結婚しなくてはいけない」訳ではないのですから、理想の人と「婚活でとりあえず会ってみる人」とを分けて考え、まずは出会いの対象を広げてみましょう。

案外、直接会って話してみると、プロフィールだけでは分からなかったその人の魅力が見えてきて運命の出会いに発展するかもしれませんよ。

(2)待ちの姿勢を改める

「恋愛は惚れたほうが負け」「積極的にいくのはみっともない」という考え方は未だに根強く、婚活においても「自分からアプローチするのはちょっと…」とためらってしまう人は多くいます。

ですが、アラサーで一刻も早く結婚したいと考えているのなら、そういったプライドは捨ててしまった方が良いでしょう。

婚活は見えないたくさんのライバルとの戦いです。あなたが「いいな」と思った相手にも、たくさんのライバルが潜んでいる可能性は大いにあり、仮にあなたとその相手がデートまで漕ぎつけたとしても、水面下で他の異性と連絡を取り続けて天秤にかけている可能性だって十分にあります。

ですからこの際、余計なこだわりやかけ引きは止めにして、良いと思う人が現れたら積極的に話しかける、デートに誘うといった行動を自ら取るようにしましょう。でないと、せっかくの機会を逃してしまうことにもなりかねません。

(3)外見磨きを忘れない

画像3

結婚相談所やお見合いパーティーに行くとたくさんの異性の候補がおり、いつの間にか「自分がその中から運命の相手を選ぶんだ」という気になってしまいますが、婚活は自分が相手を選ぶ場であると同時に自分が相手から選ばれる場でもあります。

常に「選んでもらうに値する男性・女性」であるよう自分を磨くことを怠らないようにしましょう。

具体的には、

  • 婚活用の服は定期的に買い足す・見直す
  • 月に一度は美容院へ行く
  • メイクだけに頼らず、素肌のコンディションを整える
  • たるみの気になる部分を放置しない
  • 自然な笑顔やチャームポイントなど、「自分本来の良さ」を更に磨く
  • 筋トレやストレッチ・ヨガなどの運動を取り入れて体を引き締める

などです。

自分磨き次第で、アラサーでも20代のライバルたちに引けを取らない魅力を増幅させることは十分に可能です。明るい未来を想像しながら、あなたの本来の良さをもっともっと光らせましょう。

(4)大人の男性・女性が伝わる振る舞いを心掛ける

もちろん外面だけでなく内面を磨くことも大切です。

婚活パーティーやお見合いの場、そしてデートでは、短時間のうちにどれだけ「魅力的な大人の男性(女性)か」ということを相手にそれとなく伝えることが成功のカギになってきます。

例えばさりげない所作、姿勢、食事のマナー、会話の端々から見える教養、ボキャブラリーの豊富さ、そして他人に対する礼儀や気遣い。

自分では気にしていないようなことが相手からは目立って見えてしまうことも多々ありますので、普段から自分の姿勢や癖を気にしながら生活したり、食事の際に鏡を前に置いてマナーを確認したりするなど、自らを振り返る機会を持ちましょう。

そして大切なのは場数を踏むことです。
相手への気遣いや会話の楽しませ方、二人で食事をする時のいいムードの作り方などは、イメージトレーニングしただけではなかなか掴めるものではありません。そういった意味でも、まずは色々な人と会ってみて、相手を探しつつ自分の経験値を上げていくことが重要です。

※立食パーティーの基本マナーについては、「【保存版】立食パーティーの服装と気をつけたい10の基本マナー」でも詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

(5)「理想の旦那さん・奥さん」を連想させる基本スキルを身につける

画像4

婚活は恋人というよりも結婚相手を探す場ですので、「この人と結婚したら上手くやっていけそうだな」「この人を結婚相手にしたら安心できそう」といったスキルを身につけておくとアドバンテージがプラスされます。

特に今は男女共働きの時代ですから、掃除・洗濯・料理といった基本的な家事スキルは性別を問わず身につけておいて損はありません。

ただし男性の場合は、あまり料理が上手すぎたりこだわりが強すぎたりすると女性が引け目を感じてしまう場合もありますので、彼女に手料理を振る舞う際は少しだけ雑さを入れて、「男の料理」感を出すと良いですよ。

(6)面接官的な態度を改める/相手を一人の人として捉える

婚活を続けていると、就職面接のように相手をステイタスや条件だけで見てしまいがちです。

確かに年齢や年収、職種などの条件は大事ですが、本来の「その人そのもの」を構成しているのはステイタスではなく人柄や経験、考え方です。

プロフィールに書いてあることばかりに気を取られて相手を見ていると、優しさや人柄の良さなど、根本的に大切な見えない条件を逃してしまうこともありますので、プロフィールはあくまで参考程度に捉え、会ってその人をあなた自身の目で見て、総合的に判断するようにしましょう。

また「(3)外見磨きを忘れない」でも述べましたが、婚活ではあなたは選ぶ側であると同時に選ばれる側でもあります。

自分が箇条書きの条件でしか見られていなければ悲しいですよね。相手にも心があり、婚活を精一杯頑張っている者同士なんだという視点を持って一人ひとりとの出会いを大切にすると、自然と心にも余裕が出て、良い未来が開けるかもしれませんよ。

まとめ

婚活も普通の出会いも結局は“縁”ですから、どんなに努力してもなかなか成果が出ないことはあります。そんな時は少しの間婚活のことを忘れてリフレッシュし、婚活方法を変えて心機一転するのも一つの手です。

画像5

「大勢の人と順番に話す形式の婚活パーティーには疲れてしまった」「もっと気軽に、自分のペースで話せる場がほしい」「だけど、それなりの品格を備えたちゃんとした職業の人と出会いたい」もしあなたがそう考えているのなら、「PREMIUM STATUS PARTY」に一度参加してみることをおすすめします。

PREMIUM STATUS PARTY」は質の高い出会いをお届けする立食形式の恋活・婚活パーティー。一人参加もOKで、パーティー参加初心者の方でも異性と自然に交流できるようスタッフがアテンドします。

会話やカップリングを強制するようなことはありませんので、パーティーの雰囲気を楽しみながらゆっくりと相手を探すことができ、もし気の合う人がいれば自由に連絡先交換をしていただけます。

今までの婚活手法に行き詰まりを感じている方は、是非これを機に参加を検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プレミアムステイタスのご紹介