デート 恋人 恋愛

「デートで割り勘」は悪い印象を持つ?持たない?シチュエーションで変わる女性の心理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

date1

 

「デートで割り勘はあり?」といったアンケートで、多くの女性は「割り勘はあり」と答えているのをご存知ですか

しかし、割り勘のシチュエーション次第では、女性は男性に対して悪い印象を持ってしまうこともあるようです。

今回は「デートでの割り勘」について、女性が悪い印象を持つとき、持たないときを女性心理に添ってシチュエーション別にご紹介します。

男性の皆さん、デートの度に必ずしもご馳走する必要はありません。ただし、シチュエーション次第ということで…。

女性は「デートで割り勘OK」派が多数

写真2

リクルートが実施している「ゼクシィユーザーアンケート」では「食事に行った際、割り勘をする男性をどう思うか?」との質問に対して、こんな結果が出ているそうです。

  • 1位「気が引けるので、割り勘にしたもらった方が良い」
  • 2位「特に気にならない」
  • 3位「金額によっては、割り勘にしてもいいと思う」
  • 4位「出来れば全額払って欲しいと思う」

このように、割り勘でもOKと思っている女性が多いという結果に。

昨今は女性の社会進出も進み、自立心を持つ女性が増えている状況もあります。

多くの女性はデートで食事に行った際には割り勘になることに対しては悪い印象を持っていないことがこのアンケート結果から分かりますね。

でもポイントになるのは、その割り勘の仕方やシチュエーション。

「おごられることに期待をしていない」と言いつつも、お互いの置かれている立場や状況によって、途端に割り勘が「悪い印象」に変わってしまうこともあります。

それが、男性には理解出来ない女心…とも言えるかもしれません。

この後は、そんな気難しいと思われる女心を分かりやすいシチュエーションで紹介しながらひも解いていきます。

【女性がデートでの割り勘でもOK!】と思える4つのシチュエーション

まずは、女性が割り勘でも悪い印象を持たないシチュエーションから見ていきましょう。

男性より女性の方が年上

今、結婚する4組に1組は女性より男性の方が年下という時代です。

この記事を読んでくださっている人の中にも、年上彼女との恋愛を楽しんでいる人もいるのではないでしょうか?

女性の方が年上ということは、必然的に社会的地位も上の場合が多く、収入も男性に比べて多いことが予想されます。当然、女性側もそれを心得ています。

だからこそデートで男性に金銭的に頼るのではなく、かと言って自分ばかりがおごってしまうのも、男性のプライドを傷つけてしまう…。

そんな配慮もあって、対等な関係と感じられる割り勘でもOKという結論に。

本気でこれからの恋愛を考えている

写真3

男性とのこれからを本気で考えているからこそ、割り勘でいたいと思う女性は少なくありません。

最初から男性に金銭的に頼るのではなく、自分のしっかりとした金銭感覚も見てもらいたいという真剣な姿勢が見えている証拠でもあります。

結婚を考えているなら、金銭感覚はお互いチェックしておきたいところ。

デートで割り勘がOKと思う女性の深層心理には、あなたとの恋愛を真剣に考えているというアプローチでもあることを男性は気付いてあげてください。

「恋愛対象とは見ていない」アピール手段

前述とは全く逆のパターンです。

多くの女性がデートでの割り勘は求めていないとは言え、やはり男性が支払いをしてくれると「男らしさ」や「頼りがい」といった印象を持つのが女心。

だからあえてデートで割り勘にすることで「そこは求めていませんよ」というアピールの手段としていることも。

せっかくデート出来たとしても、頑なに割り勘を希望する場合には、あなたを恋愛対象としては見てくれていない可能性もあることを、心の片隅に置いておきましょう。

同じ年齢や会社の同僚など、ある程度収入が近いと分かっているから

相手の収入面次第では、デートでの割り勘の印象も大きく変わります。

デートする相手が同じ年齢であったり、会社の同僚である場合にはある程度の収入は予想できます。

そのためデートで男性におごらせてしまうことで、金銭的負担を掛けてしまうのも容易に分かりますよね。

だから、そこはお互い対等に割り勘でOK!ということに。

【女性がデートでの割り勘に悪い印象を持つ】5つのシチュエーション

次は女性がデートでの割り勘で悪い印象を持ってしまうときのシチュエーションをご紹介します。どれもあと少しの気配りで悪い印象にならずに済むことばかり…。

だから、あえて男性には知っておいて欲しいのです、こんな割り勘のシチュエーションを。

【細かい割り勘】で見える先の不安…

写真4

支払うことがイヤで悪い印象を持つのではありません。問題は、その金額の割り方。

数円単位までキッチリ割る姿勢は、丁寧ではなく「キッチリすぎる」印象を与えます。言い換えれば「神経質」「細かい」といったマイナスの印象に。

この何気ない行動で、女性は男性とこの先一緒に過ごすことへの不安も感じるのです。

キッチリすぎる性格は一緒に過ごす相手に対して、時に窮屈感をも与えてしまいます

デートで割り勘をする場合には、数千円単位の割り勘にして数百円以下は男性が多めに払うようにしましょう。

その数百円の支払いで、相手に対する悪い印象を防げるのであれば、安いものではないでしょうか…?

明らかに男性の方が収入が高いと分かるときは頼りたい

年齢も社会的地位も男性の方が高い場合には、明らかに収入面でも上回っていることが予想されます。そんな時は、出来るだけデートは割り勘ではなく支払ってあげてください。

女性は自分より年上だったり、社会的地位の高い男性とのデートには、近い年齢の男性とは違う魅力を求めます。

これまで行ったことのないレストランに連れて行ってくれたり、新しい経験をさせてくれるのも年上男性とデートをする魅力の1つ。

そんな時に「じゃあ割り勘で」と言われたら、期待も半減、男性への好感度も急降下してしまいます

ここは懐の深さをアピールするためにも割り勘ではなく、男らしくスマートに支払いは男性側で済ませましょう。

いつもは割り勘でいい。でも特別な日だけは…

写真5

いつもは割り勘で良いと思っていても、やっぱり特別な日ぐらいは期待してしまいます…。

「特別な日」とは、例えば「誕生日」。

お付き合いしているカップルなら「お付き合い記念日」などを大切にしている人もいますよね。

この特別な日の男性の立ち振る舞いが、女性にとっては新たな魅力の発見にも繋がります。

「記念日」や「誕生日」などイベント事を大事にしている女性は多いです。

その女性の期待に応えるべく、この日ばかりは割り勘ではなく金銭面でもエスコートをしてあげてください。

初めてのデートなら支払いの仕方は要注意

初めてのデートなら、特に注意して欲しいのが「支払いの仕方」です。

食事を終え、支払いの時にお店の人が「お支払いはご一緒ですか?」と確認しますよね。

割り勘なら「いえ、別々で」と答えます。

確かに、女性も支払うつもりでいるかもしれません。

でも確認せずに当然の如く「割り勘で」と答えられてしまうのは、ちょっと寂しさを感じてしまいます。

男性の行動から、言われてもないのに深読みしてしまうのは女性の悪いクセ。

特に初めてのデートの場合、女性は「男性が自分をどう見てくれているか」は、こうしたお金の支払い方でも見ています。

割り勘が当然だと思えるこの行動から「あんまり楽しくなかったのかな」「この時間に全額払うほどの価値を感じなかったのかな」そんな深読みをしてしまいます。

初デートを男性側から誘ったのであれば、なおさら支払いは割り勘ではなく、この日ばかりは支払いは男性が持ってあげましょう。

時間を作ってくれた相手への感謝の気持ちも込めて…。

この先、関係が深くなれば無理に自分を良く見せなくても、お互いのことを理解する中で、金銭面の理解もし合えたら素敵ですよね。

そうなれば、当然支払いは割り勘という選択肢もあります。

「明らかに食べた量も、飲んだ量も違いますよね…」という時

基本的には、女性より男性の方が食べる量も飲む量も多くなりますよね。こんな時の支払いは「飲み食いの量=支払う料金」だと心掛けるようにしてください。

コース料理などお互い決まった量を食べるときは別として、居酒屋さんなどフリーで飲み食いする場合にはどうしても個人によって食べる量も飲む量も違ってきます。

お酒が大好きでおかわりを繰り返す男性に対して、お酒が苦手な女性はジュース一杯でずっと過ごすこともあります。

それなのに支払いは「割り勘で!」となると不公平感は否めません。

むしろ、そこを割り勘にしてしまうことで「男性の分まで支払わされた…」と悪い印象にも。

お酒を飲む場でお互い楽しい気分になれるのは良いことですが、最後の支払いで相手にガッカリさせてしまうことのないように要注意です。

デートの割り勘は時と場合で柔軟な対応を!

デートでの割り勘が女性に与える印象について、シチュエーション別にご紹介しました。

このように女性は割り勘に抵抗がないとは言いつつ、男性にとっては些細なことと思える瞬間でも、女性の男性に対する印象は大きく変わってきます。

難しい女心です。もし今後デートする中で割り勘にするか否かを迷ったときには、出来れば支払ってあげてください。

「ここは払うよ!次はお願いね。」何気ないこの一言で、男らしさのアピールと、次のデートに繋げるきっかけになるかもしれません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bzのご紹介