メール

【大人のラブレターの書き方】今だからこそラブレターを書くメリットを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホが普及し連絡手段はLINEやメールが一般的になったため、手紙を書くことは少なくなりました。LINEを利用して好きな人に告白するという方もいるようです。だからこそ今、ラブレターで思いを伝えると相手の心に響く可能性があります。

今回は、ラブレターを書くメリット・デメリットとラブレターを書くときのポイントについて解説いたします。思いを伝えたい相手がいる方は、大人のラブレターを書いて告白してはいかがでしょうか。

ラブレターを書くメリット

ラブレターを書いたことがない方も多いでしょうが、ラブレターには次のようなメリットがあります。

相手の印象に残る

今の時代、手紙を書く機会は減りました。あえてラブレターを書いて思いを伝えると、相手の印象に深く残ります。誕生日にメッセージカードをもらうと嬉しいように、直筆で思いを伝えられるとほとんどの人は嬉しく思うはずです。

特別な方法で告白したいと考えている人には、まさにうってつけといえるでしょう。

面と向かって言えないことも伝えられる

好きな人に「好き」と伝えるのは緊張するものです。とくに長い付き合いの男友達や女友達を好きになった場合、相手を目の前にして好きな気持ちを伝えることには恥かしさもあるでしょう。

ラブレターであれば、自分のいないところで読んでもらえるため、面と向かって言えないことも伝えやすいのがメリットです。

じっくり考えられる

面と向かって気持ちを伝えようとすると緊張してしまい、言葉に詰まって言いたいことを伝えられないかもしれません。しかしラブレターであれば、たっぷり時間をかけて考え、何度だって書き直せます。じっくり考えてつづった言葉からは、相手を思う気持ちがしっかりと伝わるでしょう。

相手に考える時間を与えられる

面と向かって告白すると、相手はその場ですぐに返事しなくてはいけないような気持ちになってしまいます。突然の告白に驚き、断ってしまう人もいます。長く友達関係を続けていた相手の場合、照れくさくて冗談っぽく受け流す可能性もあるでしょう。

しかし、ラブレターはその場で返事をしなくてもいいため、相手にじっくりと考える時間を与えられます。文面から気持ちを読み取り、思いにしっかりと向き合ってもらえるでしょう。

何度も読み返せる

ラブレターは形に残るため、保管しておけば何度も読み返せます。告白に成功し、2人がお付き合いすることになり、将来結婚することになった場合、交際のきっかけとなったラブレターは最高にすてきな思い出の品となることでしょう。

真剣な気持ちが伝わる

ラブレターを書くということは、便箋選びから丁寧に手紙を書く労力まで、LINEに比べると手間と時間がかかるものです。気軽なスマホのメッセージよりもラブレターの方が真剣な気持ちが伝わります。

ラブレターのデメリット

ラブレターを渡すことにはデメリットもあります。実際にラブレターを書く前に、デメリットについても確認しておきましょう。

重いと思われることがある

ラブレターを書くと喜んでもらえることが多いものの、渡す相手や手紙の内容によっては重いと思われることもあります。たとえば相手があなたのことをよく知らない場合、思いのこもったラブレターを渡すと「重い」と思われるかもしれません。一度も話したことがない相手の場合には「怖い」と思われる可能性もあるため、自分が一方的に思いを寄せている相手へのラブレターは、書き方に注意しておきましょう。

返事がすぐにはわからない

面と向かって告白する場合や、電話で気持ちを伝える場合は、その場で返事をもらえる可能性が高いです。「時間がほしい」と言われた場合でも、相手の表情や声で脈ありなのか判断できるでしょう。

しかし、ラブレターの場合は返事をもらえるまで待つしかありません。すぐに返事をもらえる場合もあれば、長く待たされる可能性もあります。もしかしたら返事をもらえないかもしれません。返事をもらえるまでかなり時間がかかる可能性があることが、ラブレターのデメリットといえるでしょう。

渡し方が難しい

LINEやメールであればすぐに相手に届きます。しかし、ラブレターは渡し方が難しいことがデメリットです。学生であれば、相手の机の引き出しやロッカーにこっそり入れておくという方法が定番ですが、社会人の場合は手渡すか、郵送するか悩ましいところです。

たとえばお土産や差し入れを渡すとき、借りたものを返すときなど、きっかけがあれば渡しやすいのですが、接する機会が少ない相手には渡すタイミングを見つけるのが難しいでしょう。

大人がラブレターを書くときのポイント

ラブレターでの告白を成功させるには、いくつかのポイントがあります。相手に好印象を与え、心に響くラブレターを書くためのコツを解説します。

丁寧に書く

文字から気持ちが伝わるため、ラブレターは心を込めて1文字ずつ丁寧に書きましょう。雑な字で書かれたラブレターをもらっても気持ちが伝わりません。丁寧に書かれた字からは誠実さが感じられます。字に自信がなくても、丁寧に書くことが大切です。

シンプルなレターセットを選ぶ

大人のラブレターは、レターセット選びにも気を配りましょう。キャラクターやファンシーな柄のものは、幼稚な印象を与えてしまいます。また、派手な色や柄の便箋は読んでいて気が散るため、気持ちが伝わりにくい恐れがあります。白か極薄めの色地にワンポイントの柄など、シンプルなレターセットを選ぶと好印象を与えるでしょう。

気持ちを簡潔に伝える

長文や、気持ちがこもりすぎたラブレターは重い印象を与えます。簡潔な文章の方が、わかりやすくて気持ちも伝わるでしょう。小説やポエムのような表現より、シンプルな言葉で気持ちを素直に表現した文章が好印象です。

翌日以降に読み返す

ラブレターを書き上げても、すぐに渡すのはやめておきましょう。翌日以降にもう一度読み返すと、「こんなことを書いてしまって恥ずかしい」と思う一文があるかもしれません。気持ちが盛り上がっているときは、恥ずかしい表現になることもあります。翌日以降に冷静になって読み返すと赤面してしまい、早まって出さずによかったと思うかもしれません。そのような失敗を防ぐためにも、落ち着いた状態で読み返せるように、ラブレターは書いてすぐに渡さないようにしておきましょう。もちろん誤字脱字のチェックもしておきましょう。

返事を待っていることを伝える

ラブレターをもらっても、脈なしの場合は返事せずに放置する人もいます。そうとは知らず、いつまでも返事を待ち続けてしまうことになりかねません。

ラブレターの最後に返事を待っていることを書いておくことで、一方通行にならなくてすみます。ただし、返事を急かすとうまくいかなくなる可能性があるため、「急ぎませんのでお返事待ってます」と伝えておくと好感を持たれるでしょう。

びっしり書かない

短文のLINEに慣れている人は、便箋にびっしりと書かれた手紙を読むのが苦痛かもしれません。思いを詰め込みすぎず、便箋1〜2枚に収まるくらい簡潔に書きましょう。

また、大きめの文字で書き、適度に改行するなど読みやすさも工夫してください。1文が長すぎると何が言いたいか分かりにくいため、短めの文章で書くことも読みやすいラブレターを書くコツです。

自己紹介は簡潔に

自分のことをよく知らない相手にラブレターを渡す場合、まずは自己紹介が必要です。しかし、自分のことを知ってもらおうとして長々と詳細に自己紹介するのはNG。名前・職業・年齢程度の簡潔な自己紹介にしておきましょう。

ラブレターの例文

ラブレターを書こうとしても、どのように書けばいいか思い浮かびませんよね。最後に、参考になるラブレターの例文をご紹介します。

ラブレターの構成

まずは、基本的なラブレターの構成を解説します。相手との関係性によって多少変わりますが、次のような流れでまとめると簡潔で気持ちが伝わりやすいラブレターを書けるでしょう。

1.あいさつ(「こんにちは」「はじめまして」など)

2.お詫び(「突然の手紙で驚かせてごめんなさい」「突然のお手紙失礼いたします」など)

3.自己紹介(親しくない人には、まず簡単な自己紹介を。親しい人には省略)

4.好きになったきっかけや、相手への気持ち

5.「お返事待ってます」などで締めくくる

よく知らない相手に書く場合

「はじめまして。突然のお手紙で驚かせてすみません。○○(名前)と申します。(自己紹介)□□でお見かけして、一目惚れしました。もしよかったら友達になっていただけませんか?お返事いただけると幸いです。(電話番号やメールアドレス、LINE IDなどを記載)」

「はじめまして。突然のお手紙失礼いたします。私は○○(名前)と申します。(自己紹介)あなたを初めて見たときから、ずっと気になっていました。よかったらお友達になってもらえませんか?私の連絡先を書いておきますので、よかったら連絡ください。待ってます。(電話番号やメールアドレス、LINE IDなどを記載)」

毎日通勤電車で会う人など、一度も話したことがないのに好きになってしまうケースもあります。知らない人からラブレターを渡されると誰だって戸惑うため、まずは簡単に自己紹介しておきましょう。また、話したことがない相手から、いきなり「好きです」「付き合ってください」と言われると相手も困ってしまいます。まずは「お友達になっていただけますか?」くらいにしておくのが無難です。

男性がよく知らない相手にラブレターを渡す場合、とくに警戒される可能性が高いため、返事を強制せず「お返事いただけると嬉しいです」くらいにしておきましょう。

親しい相手に書く場合

「こんにちは。突然の手紙で驚かせてごめんね。○○さんのことをいつの間にか好きになっていました。○○さんのいつも□□なところが大好きです。よかったら私(僕)と付き合ってください。お返事待ってます。」

「こんにちは。突然の手紙でびっくりさせてごめんね。いつも仕事で助けてくれてありがとう。優しい○○くんのことが大好きです。もしよかったら、私とお付き合いしてください」

「突然の手紙でびっくりさせてごめん。俺たち出会って1年になるけど、○○ちゃんの笑顔にいつも元気をもらってるよ。ありがとう。実は最近○○ちゃんのことばかり考えているんだ。よかったら俺と付き合ってください!返事は急がないので、待ってるね」

親しい友人をいつの間にか異性として好きになってしまうこともあるものです。親しい間柄だからこそ、「好き」と伝えるのが照れくさいこともあるでしょう。面と向かって伝えるのが恥ずかしくても、ラブレターであれば素直な気持ちを伝えられます。普段とは違い「ですます調」で書くと、真剣な思いが伝わるでしょう。

まとめ

スマホで連絡を取るのが当たり前の現代で、ラブレターの告白は新鮮で強く印象に残ります。手書きのラブレターからは思いが伝わるだけでなく、丁寧に書かれた文字から優しくて誠実な人柄が伝わります。

ラブレターは、面と向かって気持ちを伝えるのが恥ずかしい相手や、一度も話したことがないような相手に思いを伝えるのにピッタリな方法といえるでしょう。思いを寄せている相手がいる人は、ラブレターで気持ちを伝えてみてください。

ラブレターを書きたくなるような相手がいない人は、婚活パーティーに参加してすてきな出会いを探してみてはいかがでしょうか。プレミアムステイタスパーティーは、創業12年で100万人以上が参加した信頼の婚活パーティーです。婚活パーティーが初めての人や、お一人での参加も多いため、婚活初心者の方にもおすすめです。本人身分証に加え、男性には職業証明書もご提示いただいているので、質の高い出会いを提供しています。

プレミアムステイタスパーティーで出会ったお相手とデートを重ねたら、気持ちのこもったラブレターで思いを伝えてはいかがでしょうか。LINEよりも特別感があるため、真剣な気持ちが伝わり、喜んでもらえるでしょう。

=>身分証Wチェックで安心な「プレミアムステイタス」のスケジュールを見る

コロナ禍でも、安心してリアルに異性と出会えるチャンス!

コロナ禍でも安心してリアルに異性と出会える、ライトアップ記事の読者も多数参加中の婚活パーティー「プレミアムステイタス」。初参加や、お1人参加が多いので、初めての婚活には最適!男性ハイステータス専門、本人身分証や資格証明書も100%提示保証で、質の高い安心安全な出会いを提供しています。現在は、三密対策に配慮し、マスク着用・対面パネルを使って1対1で全員と着席で会話するスタイル。コロナ禍でも安心して参加頂けてると好評を頂いております。是非、お気軽にご参加下さいませ♫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介

×BannerBanner