パーティー ライフスタイル 出会い 婚活 恋人 恋愛

「いつか結婚したい」と思っているなら捨てるべき7つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

a0001_016458_m
いつかは結婚したいなと思っている方。
今すぐにでも結婚したいと思っている方。
結婚に対する希望は人それぞれですが、長い人生いつかは結婚して幸せな家庭を築きたいと感じている人が大半のはずです。

ただ、少し厳しい意見をお伝えすると、結婚はそう簡単にできるものではありません。
努力や根性だけではなく、運やタイミング、相手との相性も必要だからです。

だからこそ、いつか結婚したいと思っている方は今すぐ捨てるべきことがあります
心の中の不要なものです。
将来の結婚を阻害するものと言っても良いかもしれません。

これからご紹介する、「いつか結婚したい」と思っているなら捨てるべき7つのことをぜひ参考にしてください。

目指せ結婚!今すぐ捨てるべき7つのこと

1bf439aa593ba554f3656150140

1. 他にいい人が現れるはず!という理由のない期待

異性と出会ったときやお付き合いしているとき、つい頭に浮かんだことはありませんか?
この人以外にも他に良い人が現れるかも…と。

もっと他に素敵な人がいるのではないか、ここで結婚を決めてしまうと後悔するのではといった感情です。

理由のない期待は危険です。
結婚のチャンスを逃してしまうこともあります。
次にどんな異性と出会うかは関係なく、今目の前にいる異性と結婚することだけを決断しましょう。

いつか結婚したいなら決断力を研ぎ澄ますこと。
もし他に良い人が現れるかも…と感じた場合、2つの選択肢があります。

(1)目の前の異性と別れる

他に目が向いているということは相手のことを好きではない証拠です。
すっぱり別れましょう。

(2)目の前の異性をもっとよく知る

相手に夢中であれば他の人に目が向くことはありません。
目の前の異性をもっとよく知る努力が必要です。
案外、相手の良さにまったく気づいていなかったということも。

なお、1.目の前の異性と別れるという選択肢をいつも選んでしまう場合、結婚への道は難航するかもしれませんので覚悟しておきましょう

2. 腐れ縁の相手、ダラダラとした関係の彼氏・彼女

腐れ縁は結婚を遠ざけます。

腐れ縁というのはダラダラと付き合っている彼氏や彼女、一人では寂しいときに一緒にご飯を食べるだけの異性の友人、元カレや元カノですでに別れているけれどズルズルした関係、セックスフレンドなどです。

ただそのときの寂しさを紛らわせるためだけに一緒にいる関係なんて、何の得もありません。
その時間は穏やかに過ごせたとしても、また同じ状況になれば同じことを繰り返すだけです。

寂しさは一人で何とかするしかないのです。
大人ですから。

でも、相手のことを本当に好きであれば話は別です。
自分の気持ちにふたをするべきではありませんよね。
相手があなたことを好きかどうか、いつか結婚する気があるかどうか確認しましょう。

結婚してくれるの!?と詰め寄っても逃げるだけなので、おすすめしたいのは一度お互いのご両親へ挨拶することです。
あなたの両親へ会ってほしいこと、相手の両親に会いたいことを提案するのです。
それでもかたくなにご両親への挨拶を拒む場合は、相手に結婚の意思はありません
すっぱり別れて次の男性、女性へ進みましょう。

3. 運命の相手をただひたすら待っている時間

自分には必ず運命の相手がいる、その人と出会うまでひたすら待つんだ…
と固く心に誓っている人もなかにはいます。

そして女性であれば、白馬の王子様が迎えに来てくれる、男性から声をかけられてこそ女性の価値があるといった考え方を持つ人も存在しています。
が、いずれも無意味な考え方です。

ただ待っている時間というのは不要な時間です。
そんな無駄な時間は捨ててしまいましょう。

そもそも待っていても出会いは訪れません。
自分から飛び込んでいって初めて出会いがあるのです。

よく居酒屋などで「出会いがない」「いい人がいない」とグチをこぼしている人がいますよね。
その言葉を正しく言い換えると、「出会いを作り出せない」「いい人を探し出せない」のです。
行動の起点となるのはすべて自分、できないのはすべて自分のせいなのです。

いつか結婚をしたいなら待たないこと、自分で出会いをつかみに行くことが大切です。

4. いつか結婚するからもういいや、という甘え

仕事で行き詰まったときや、友達の結婚式の帰り道。
ニュースで老後の年金問題が取り上げられているときなど、無性に結婚したくなる瞬間があります。

そして、ときには「ああもう結婚しちゃおうかな」と逃げるように結婚を考えるときがありませんか?
仕事で取り返しのつかないミスをしたときなど、特に女性に多い考え方かもしれません。

結婚は人生の1つのシーンであって逃げ道ではありません
もし逃げ道として結婚を考えているのであれば、それは甘い考えです。
夫や妻となる人に依存することが結婚ではないからです。

いつか結婚したいのなら、自分1人でしっかり立てる人間になりましょう
相手におんぶにだっこの手間のかかる存在にはなりたくないですよね。
結婚をすれば、相手がピンチのときには相手を支える必要もあるのです。

また、甘えや依存、逃げ道として結婚を考えている人に対して、異性は結婚しようという気にもなりません。
言葉や態度に自然と表れてしまうからです。

5. 仕事、お金に対する必要以上の執着心

結婚のために趣味をあきらめる、結婚のために仕事をあきらめる、そう天秤にかけて考えたことは誰しも一度や二度あるはずです。

女性であれば、

  • 結婚するなら仕事はセーブしないと
  • キャリアアップはあきらめようかな
  • 思う存分残業ができなくなる

男性であれば

  • お金のかかる趣味はもう無理かな
  • 遠方へのライブや旅行に行けなくなる
  • オタクっぽい趣味やコレクションは処分するしか…

などの感情です。

結婚は他人の2人が同じ人生を歩んでいくことです。
お金や時間、スペースを要する趣味や、常識以上の仕事量などは今のうちにすっぱりあきらめておいた方が良いでしょう

自分の持っている趣味や仕事への熱意を理解してくれる人と結婚したい、と希望してもそう簡単に理解者は現れません。

また、結婚することになればあきらめようと考えてギリギリまで趣味や仕事に没頭することもおすすめできません
お付き合いをしていれば相手にバレてしまうのは時間の問題ですし、結婚が近づいてもなかなかあきらめることができず苦しむのが目に見えています。

度を越えた趣味や仕事は今のうちにやめるあるいは大幅にセーブしましょう。

6. 結婚相手やライフスタイルへの強すぎるこだわり

強すぎるこだわりも結婚の障害になります。
いつか結婚したいと思っているなら、そのこだわりは今のうちに捨ててしまいましょう。

こだわりというのは、例えば結婚相手への条件。
身長や体型、性格、年収、ユーモアがあるかどうか、料理上手かどうかなど事細かに希望条件を持っていませんか?

結婚相手を具体的にイメージして結婚を手に入れるといった考え方もあるのかもしれませんが、条件が1つ増えるごとに対象となる異性の数がどんどん減っていくのが現実です。
そして最終的には、100人の異性のうち1人いるかいないかぐらい希少価値の高い異性を求めることになることも。

また、生活面での強いこだわりはありませんか?
夜寝るときは1人がいい、潔癖症、見たいテレビ番組は絶対譲れないなどです。
結婚は長い人生を他人と共に生活していきます。
とことん自己中心的な場合、苦労することが目に見えています。

結婚相手への条件や生活面の強すぎるこだわりは今すぐ捨てましょう
どんな人でも素敵な面がある、他人とペースに合わせた生活もまた新たな魅力がある、そう感じることで結婚へ一歩近づけます。

7. 「結婚じゃなくて恋愛がしたいの」という希望

結婚と恋愛は別物、という言葉があります。
特に、間もなく結婚する人や、すでに結婚している人が口にする言葉ですね。

今はまだすぐに結婚したいわけじゃないから恋愛したい、

婚活しているけれどやっぱりまずは恋がしたい、

そう感じている人も多いかもしれません。

恋愛相手、結婚相手を区別して探す必要はありません。
結婚と恋愛を別物としてとらえる必要はないのです。

というのも、結婚と恋愛が別物だと感じるのは結婚した後だからです。
独身で、しかも婚活をしている段階から別物だと決めつけても何の得もありません。

今は恋愛を楽しむとき!と決めて欲望のままに恋愛をしていれば、いつの間にかおばさんになってしまっているかもしれません。

そして、結婚を考えずに恋愛をする癖がついていると、結果的に結婚には向かない男性や女性ばかりとお付き合いしてしまうこともあります。
ダメ男やダメ女ですね。

たえず頭の中に結婚の2文字を考えておくこと、お付き合いする相手を恋愛相手・結婚相手のどちらか一方に決めつけないことです。
結婚じゃなくて恋愛がしたいの、という気持ちは捨ててしまいましょう。

まとめ

「いつか結婚したい」と思っているなら捨てるべき7つのことをご紹介しました。
今すぐ結婚するわけじゃないから先で考えよう、と後回しにしている人もいるかもしれませんが、将来必ず結婚したいのであれば早い段階で結婚に適した自分を作り上げておいた方が安心です。

独身だからといって自由に過ごせるのはほんのわずかな期間です。
その状況に慣れきってしまうと、せっかく良縁に恵まれているにも関わらず、うまく結婚話が進まないといったことになりかねません。

最近は持つものを最低限に抑えるミニマムな生き方が注目されています。
物だけに限らず、考え方についても同様です。
結婚を阻害する考え方は潔く捨て去りましょう。
気持ちもスっと軽くなりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介