ライフスタイル

あなたは大丈夫?!【女性に嫌われる女性】9つの特徴とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像1

見た目は可愛くて男性からある程度の支持はあるのに、なぜか同性の友達は少ない女性、あなたの周りにいませんか?女性同士だからこそ感じる、嫌われるポイントを分かっていない女性は、女性から嫌われてしまうのです。

女性同士は厳しい目でチェックしてしまいがちですが、同性から良い評価が得られれば、男性からも良い印象をもってもらえるはずです。あなたも、女性に嫌われる要素を持っていないか、改めて確認しておきましょう。

女性に嫌われる女性はヒロインになれない!

画像2

ドラマやアニメ、少女漫画などでは、大抵ヒロインは友達が多く、性格が良く、異性からの人気もあります。一方、ヒロインをいじめる役どころのキャラクターも存在しますが、決まってそういったキャラクターは、意地悪で、陰湿なところがあり、それでいて男性にはその本性がなかなかバレません。

ドラマなどを盛り上げる上では必要不可欠な存在ですが、現実にいると極力関わりたくない女性が避けたい人物です。そして、この女性に嫌われるキャラクターは、どう頑張ってもヒロインに勝つことはありません。最後には、男性や周囲の人間にも本性、裏の顔がバレ、親しい人間も離れていきます。

ヒロインになりたい、つまり幸せになりたいのであれば、女性から好かれる女性にならなければ、その道は開けないのです。

こんな女性は女性に嫌われる!9つの特徴を解説

ここからは、どのような特徴が女性に嫌われるのかを見ていきます。具体的にどのような場面でこの特徴が出てきがちなのかも確認し、改善するにはどうしたら良いのかも知りましょう。

女性に嫌われる特徴1:口を開けば悪口ばかり!

会話の中身がほとんど誰かの悪口、いつも誰かの文句を言っているという人がいます。このような人とは、話をするのが楽しくなく、聞いている方も反応に困ってしまいます。

一対一での悪口はもちろん、女子会などで、その場にいない誰かの悪口を言うのはとても嫌がられます。自分も同じように、自分のいないところで悪口を言っているのではないか?と思われるからです。

◆改善するには◆

悪口は誰も楽しませることなく、盛り上がらない会話だと認識しましょう。自分の口から、汚い言葉でなく、きれいな言葉を多く発するように意識してみてください。

女性に嫌われる特徴2:自分の話ばかりで相手の話を聞かない

お話好きなのは良いですが、あまりにも自分のことばかりで、相手の話を聞かない女性との会話は疲れてしまいます。相手の話題をすぐに自分のものにすり替えるのもよくありません。

友人だとついつい自分優先で話し過ぎてしまうかもしれません。また会社では、後輩などから持ちかけられた相談を、相手が話し終わる前に自分の意見を述べるなどしていないか気を付けたいところです。

◆改善するには◆

7:3で、聞く側をメインにしてみてください。相手の話に相槌を打ったり質問を投げかけたりして、相手が話しやすい環境をつくりましょう。聞き上手になれれば、またあなたと話したい、この人といると楽しいなと思ってもらえます。

女性に嫌われる特徴3:自慢話をせずにはいられない

楽しい会話も、自慢を挟まれることで聞いている相手は嫌気がさしてしまいます。例えば女友達に、

「自分のご褒美に高級バッグを買ったの」
「彼氏がイケメンで…」
「また海外に行くんだけど…」

などと伝え、相手からの「いいなあ、羨ましい」を待つのが特徴です。

会社でも、

「今度のプロジェクト任されちゃった」
「また〇〇さんから飲みに誘われたの」

など、相手が作り笑顔で対応しなければいけない内容をさらりと言ってくる人もいます。

◆改善するには◆

自慢話は、自分以外誰も面白くない内容です。言いたくなってもそこは我慢。素敵な人は、自分から自慢をしなくても、相手から自然と憧れられるものです。自慢につながりそうになる内容について質問された場合は、謙虚に答えるようにしましょう。

女性に嫌われる特徴4:友達より彼氏を優先

画像3

遊ぶ約束をしていたのに、彼氏との予定が入ったからといって先に決まっていた女友達との約束をキャンセルする人がいます。それをされた相手は、自分よりも彼氏の方が大事なんだなと感じ、これからの付き合い方を見直すことになるでしょう。

また、そのようなことを続けていると、女友達の間で「あの子は友達より彼氏を優先する」という悪い噂が広まってしまいます。

◆改善するには◆

予定は、先に決まっていた人との予定が優先だと考えましょう。彼氏も、友人との予定をキャンセルして自分と会われても嬉しくないでしょう。友達との予定も、彼氏との予定も、どちらも優劣は付けられないものなのです。

女性に嫌われる特徴5:人によって態度を変える

特に会社で、人によって意見を変え、誰にでもいい顔をしようとするタイプをみかけます。Aさんには、Aさんが気に入るようなことを言い、Bさんには、Aさんに言ったのとはまったく逆の意見を平気で伝えることもあります。

本人は気付いていないようでも、周りはその様子をしっかりと見抜いているものです。相手によって意見を変えていては、自分の意見がない人物だとレッテルが貼られ、信用がなくなっていきます。

◆改善するには◆

自分の意見というものをしっかりと持ち、相手が誰であろうと左右されないようにしましょう。また、人に合わせてキャラクターを演じるなどということもやめましょう。誰に対しても態度を変えず、常に芯の通った女性でありましょう。

女性に嫌われる特徴6:男性の前ではぶりっ子

女性同士だとサバサバしているのに、男性の前でとなると、突如人が変わったようにぶりっ子をはじめる女性がいます。急に声がワントーン、いやツートーンは高くなり、上目遣いをしたり仕草が女性らしくなったり…こういった変化は、男性は気付かなくても女性は見逃しません。

また、男性の前では、ミニスカートになったり胸元が開いた服を着たりと、普段の服装と趣味が変わる人も女性からは嫌われます。中には、友人の彼氏の前でも、このような服装で現れる強者もいるほどなので困ったものです。

◆改善するには◆

男性の目が気になっても、女性の友人がいる前で態度を変えるのは絶対にNG。どうしても興味をひきたい男性がいるのなら、女性がいない場だけでほどほどにしましょう。男性でも、ぶりっ子を見抜く目が養われている人も多くいるので注意が必要です。

女性に嫌われる特徴7:返信が遅い、遅刻をするなど時間にルーズ

画像4

何か予定を確認したい、約束をしたいといった様々な理由で、メールなどで友人同士やり取りをする場面は多くあると思います。そんなとき、返信をなかなかしないでいると、相手からの印象は悪くなっていくでしょう。

最近では、SNSをよく利用している人も多くいると思います。返信はしていないのに、SNSでは写真や近況をアップしていた…となると、それを見た相手は、「そんな時間あるなら早く返事してよ!」と感じることでしょう。

待ち合わせや予定に遅刻するのも、返信が遅いのと同じように、他人の時間を大切にしないルーズな人だと思われてしまいます。

◆改善するには◆

プライベートでもビジネスでも、連絡は確認したらすぐに返事をするのがマナーです。詳細を伝えられないときは、一言「〇時ごろに改めて連絡する」という旨を伝えましょう。

女性に嫌われる特徴8:他人と比較してマウンティング

自慢する女性に通ずるものがありますが、何でも自分と他人とを比較してマウンティングしたがる人がいます。例えば、友人同士なら、

「彼氏の会社どこ?へ~うちの彼氏は有名な〇〇なんだけど…」
「その服どこの?わたしはいつも〇〇のブランドを愛用してるの」
「この前予約が取れないで有名な〇〇に行ったんだけど…」

など、恋愛やファッション、容姿、流行について、自分の方が幸せだ、上の水準だとマウンティングするのです。

ビジネスの場なら、

「部長、私と同じ〇〇大卒だったんだって」
「今年のボーナス〇〇万ぐらいはいくかな」
「私があなたの年齢のときは、もうプロジェクト任されてたから大変で…」

など、学歴や収入、昇進などについて、自分の方が優秀だとマウンティングをしてきます。

マウンティングをされ、下とみなされた相手は自尊心を傷つけられ、そんな人物とは関わりたくなくなることでしょう。

◆改善するには◆

マウンティングをしてしまう背景には、「自分を認めてもらいたい」「不幸せだと思われたくない」といった気持ちがあります。マウンティングをすればするほど、相手からは「満たされていない可哀想な人」だと思われるでしょう。

人を見下すようなマウンティングは相手を傷つける行為です。他人と比較して自分の立ち位置を確認することはやめましょう。

女性に嫌われる特徴9:なんでも他人の真似をする

画像5

子どものころから、女友達同士お揃いのものを持ちたがる子っていませんでしたか?本当に仲が良くてお揃いにしているのなら良いのですが、意外と、どちらか一方は渋々お揃いに付き合っていた…なんていうパターンもあります。

これが、大人になっても抜けきらない女性がいるのです。自分の好きな友人、憧れの先輩などの、服装・持ち物・髪型・雰囲気を真似しようとしてきます。

「A子のバッグ可愛いから同じの買っちゃった」
「先輩と同じ美容院で、同じスタイリストさんにカットしてもらったんです」

など、悪気なく真似をしてきます。

真似をされた側は、お気に入りで買ったものを真似されたらもうその物を使いたくなりますし、髪型や雰囲気など真似されたら、正直気持ち悪くも感じるものです。

◆改善するには◆

憧れの人に近づこうと努力するのは良いことですが、物や見た目を真似したからといって、その人になれるわけではありません。自分に似合う服装や髪型、スタイルをみつけ、内面から輝ける女性を目指しましょう。

女性に好かれる女性は最強のイイ女!

女性というのは、同じ女性の偽りの姿や嫌な部分をすぐに見抜くものです。つまり、多くの女性から、「あの子はいい子!」と好かれる女性は、本当に素敵な女性だといえます。

男性に好かれたい、モテたいと思って異性の目を意識することも大切ですが、イイ女になる近道は、身近な女性から好かれることかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介