出会い・婚活 恋愛

付き合う前だけど電話したい!好感がある電話のテクニック7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像1

恋人未満の2人ならメールの連絡が手軽で便利です。電話は相手が今何をしているのかわからないのでためらってしまうでしょう。

しかし、好きな相手なら声を聞きたくなるときもありますよね。何かきっかけがあればいいのに……とモヤモヤしてしまいます。

この記事では、付き合う前に電話するときのメリット・デメリットや、自然な流れで電話するテクニックをご紹介します。きっかけさえあれば電話しやすくなりますので、参考にしてくださいね。

電話をするメリット

付き合っていない相手に電話するのは勇気がいりますし、迷惑がられないか心配になる人も多いでしょう。しかし、メールとは違い、電話ならではのメリットがあります。電話にどんなメリットがあるかご紹介します。

詳しい内容まで話せる

メールの返事がいつになるかは相手次第です。返信がくるまでに時間がかかることもあります。話したい内容がたくさんあるときは、もどかしくなるでしょう。相手の都合を聞かないと話が進まないなんて場合、メールでは何回もやり取りしなければいけません。話しながら気になることが思い浮かんだときも、すぐに質問できるのでモヤモヤが残りません。

会いたくなる

電話で相手の声が聞くと、会いたい気持ちが高まります。会話が盛り上がれば、お互いに気持ちが高まって、デートの約束につながるかもしれません。

文字を打つのに疲れない

メールは文字を打つのが面倒という人もいるでしょう。言葉の解釈ですれ違い、気持ちが伝わらないことがあります。電話なら話の前後のニュアンスも伝わるので、言葉足らずで誤解される可能性が少ないでしょう。

相手の雰囲気がわかる

画像2

知り合って間もない相手なら、できるだけ早く相手の人柄を知りたいですよね。メールより、電話の方が相手の話し方や言葉遣いから、どんな雰囲気の人なのかつかみやすいでしょう。

距離が縮まる

電話なら他の誰かに会話を聞かれる心配もないので、普段話せないようなことも話せます。2人の共通点が見つかったり、相手の意外な一面を知るきっかけになるかもしれません。メール友達からもう一歩前進したいときは、電話をかけてみてはいかがでしょうか。

電話をするデメリット

電話は次のような失敗をする可能性もありますので、気をつけておきましょう。

タイミングが難しい

電話は相手の都合を考えなくてはいけません。メールも緊急でないなら夜中や早朝などを避けるべきですが、返信は相手次第です。しかし、電話はかけたその時に、時間を自分のために割いてもらうことになるので、かけるタイミングを考えなくてはなりません。

また、「今なら大丈夫かな?」とタイミングを見計らってかけても、移動中だったり、誰かと一緒にいる可能性があります。付き合う前ならいきなり電話するより「●●時に電話していい?」と先にメールしておいた方が好感を持たれます。

親しくない場合は盛り上がらない

まだ相手の気持ちが自分に向いていない場合、相手にしてみれば「何で電話してくるのだろう?」という気持ちになるかもしれません。気まずい会話になってしまうと、今後電話しにくくなってしまいます。電話はある程度親しくなってからかけた方がよいでしょう。

言葉を選ぶヒマがない

メールならじっくり文面を考えられます。相手が返事をしやすいよう言葉を選ぶ余裕があります。しかし、恋人未満の電話は緊張してしまい、うまく言葉が出ないかもしれません。思っていないことを口走って後悔することもあるでしょう。

自然に電話するための7つのテクニック

いきなりだと「メールで済むのに、なぜ電話するんだろう?」と思われてしまうことがあります。付き合う前だけど電話したいとき、自然に電話するためのテクニックをご紹介します。

1.「話が長くなるから電話していい?」とメールする

画像3

簡単な用件ならメールで済ませられますが、詳しく話したいなら電話の方が向いています。長文のメールは読みづらいし、うまく相手に伝わるかわかりません。電話していいかメールで事前に聞けば、相手も時間を割いてくれるでしょう。

2.業務連絡

伝えなくてはいけないことがあれば、それをきっかけに電話してみましょう。相手の返事が必要な内容なら、読んだかわからないメールより電話のほうが確実です。

例えば、仲間内の飲み会なら「飲み会の日時のことだけど…」と切り出せば、電話をかけるきっかけになるでしょう。連絡事項を伝えたら、少しだけおしゃべりして相手がどんな反応をするかうかがってみましょう。もし電話で話すのが嫌そうでなければ、ときどき電話をして距離を縮めていってはいかがでしょうか。

3.悩みの相談

悩みを相談するなら電話の方が向いています。職場の人なら「仕事のことで相談があるから電話していいですか?」と聞いておきましょう。事前にメールをしておけば相手も心の準備をする余裕があります。相談といっても重い話は避け、相手がアドバイスしやすい内容がよいでしょう。

また、相手の相談に乗るため電話するという方法もあります。相手に元気がなさそうだったら、「心配になったから声が聞きたくて」と電話をかけてみましょう。もし話したくなさそうな雰囲気だったら話を切り上げ、「いつでも話を聞くからね」といって電話を終わらせましょう。

4.飲みに誘う

メールでも誘うことはできますが、急な誘いなら電話してみましょう。「急に顔が見たくなって。飲みに行かない?」と誘われるのは、自分のことを思いついてくれたのだと嬉しいものです。しかし、断られた時はしつこく誘わないよう注意しましょう。

5.相手の体調が悪いとき

体調が悪くて一人で寝込んでいるときは、不安で心細くなるものです。相手が体調不良で仕事を休んでいるときなどは、「大丈夫?」と電話してみましょう。自分のことを心配して電話してくれるあなたに親しみを感じるはずです。

また、デートするくらいの仲であれば「何かできることない?」「必要なものがあったら買ってくるよ」と電話してみてはいかがでしょうか。看病がきっかけで仲が急接近するかもしれません。相手の体調が悪いときは、お見舞いの電話をしてみてはいかがでしょうか。

6.お祝いを伝える

誕生日など、相手に「おめでとう」の気持ちを伝えるときは、電話をかけるチャンスです。誰だって「おめでとう」と言われるのはうれしいので、電話をもらったらきっと喜びますよ。楽しい気分になっているときは話も弾むはずです。

7.共通のゲームをしながら実況中継する

お互いにゲームが趣味なら、ゲームをしながら電話すれば、一緒にゲームしているような感覚を味わえます。電話をしながら協力プレイのゲームをすると盛り上がります。ゲームを通して気軽に電話できる仲になれるかもしれませんね。

電話で好感を持たれるポイント

付き合い始めたら気軽に電話できますが、恋人未満なら相手に不快な思いをさせないような配慮が必要です。電話で好感を持たれるポイントをご紹介します。

「今、大丈夫?」の一言を忘れずに

画像4

いきなり電話をかけたときは、「今、大丈夫?」の一言がある方が好感を持たれます。相手は食事中という可能性もあります。また出かける直前だった場合も、迷惑に思われるかもしれません。

電話があまり好きでない人もいますので、「今、話しても大丈夫?」と一言相手の都合を伺いましょう。できれば電話する前にメールで「電話で話したいことがあるけど何時頃ならいい?」と確認しておくと、相手も時間を空けておく余裕ができます。

「少しだけ話せる?」

男性の中には、長電話が苦手な人もいます。特に女性からの電話は、長くなるのではないかと警戒する男性もいます。そこで女性から電話をするときは、最初に「少しだけ話せる?」と断っておきましょう。電話をダラダラと続けず、会話が盛り上がったとしても手短に終わらせるようにすれば、男性は安心するはずです。

リアクションは大きめに

対面で会話するときは相手の表情を見ることができますが、電話は声だけなので相手がどんな様子なのか想像するしかありません。話を聞きながら相槌を打つだけでは、退屈していると思われてしまいます。しっかり話を聞いていることが伝わるように、電話での会話は普段よりも大きめのリアクションを取るようにしましょう。

最後は感謝の言葉を

電話を切る前には感謝の言葉を伝えましょう。「〇〇さんと話せて楽しかった」「〇〇さんの声が聞けてよかった」とポジティブな言葉で締めくくれば、相手にも良い印象が残ります。電話をするということは、相手の時間を自分のために割いてもらうことなので、切る前には感謝の言葉を伝えましょう。気持ちよく締めくくれば相手も「また電話したいな」という気分になるかもしれません。

気を付けておきたいNGな電話のマナー

親しくなりたくて電話をしているのに、逆に印象を悪くしてしまうこともあります。次のようなNGな電話のマナーに気をつけておきましょう。

非常識な時間に電話する

画像5

人によって生活リズムは異なりますが、夜中に電話をかけるのは非常識です。夜型の人は、夜中でも何とも思わないかもしれませんが、相手の生活リズムを考えた時間に電話するようにしましょう。

自分のことを長々と語る

いきなり電話してきて自分のことを長々と語られても、相手は迷惑です。質問に答えるのはいいですが、聞かれてもいないのに自分の話ばかりするのはNGです。顔が見えない電話だからこそ、相手が迷惑していないか気がつくようにしましょう。

相手の迷惑を考えない長電話

電話をなかなか終わらせない人もいます。そろそろ終わりたいな…と思っていても、相手が話しているときは言い出しにくいものです。せっかく終わりそうになったのに「そういえば…」と違う話題が始まってしまうと相手はうんざりするでしょう。一度長電話してしまうと、面倒なので無視されてしまうかもしれません。

電話したのに自分から話さない

自分から電話しておいて、なかなか話を切り出さない人もいます。何か用があって電話してきたはずなのに、自分からあまり話さず沈黙になってしまうと電話を受けた側も困惑してしまうでしょう。

好きな相手に緊張して、何を話せばいいかわからなくなってしまう人もいます。あらかじめ話題を考えておき、メモを用意しておくと安心です。

まとめ

恋人未満の関係から進展するためには、まめに連絡するようにしましょう。普段はメールでも、良いタイミングで電話できると相手もあなたを意識するようになるでしょう。一方的な片思いなら、相手は警戒してしまいます。まずはメールでコミュニケーションを取りながら距離を縮めていき、それから電話した方がよいでしょう。

現在付き合いたいと思える相手がいない人は、出会いの場に出かけて相手を探してみてはいかがでしょうか。おすすめは恋活・婚活パーティーのLight Up Partyです。男性の参加者は大企業にお勤めの方や公務員、経営者などハイステイタスな方ばかり。女性の参加者はOLや看護師、美容系などの方が中心です。大規模なパーティーも多いので、フィーリングが合う相手と出会える可能性が高いでしょう。

すてきな出会いを見つけたら、ときどき電話してみてはいかがでしょうか。声を聞けば、相手に親近感が湧いてきますので、2人の仲も進展しやすくなるでしょう。

=>身分証Wチェックで安心な「Light Up Party」のスケジュールを見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介