パーティー メール 出会い 婚活

婚活パーティーでLINE交換するコツ!【断られたくない人必見】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

LINE交換

今や、新しい出会いの場に欠かすことの出来ないコミュニケーションツールのLINE。もちろん、婚活パーティーの場でも、LINEは必須です。

連絡先の交換自体は簡単にできるLINEですが、婚活パーティーの場ではその交換のタイミングや、方法にはコツがあります。

また、交換した後に送る最初のメッセージについても、押さえておかなければいけないポイントがあります。

今回は、婚活パーティーの貴重な出会いを次のステージにつなげるために!LINEを交換する方法から、最初のメッセージを送るコツまで、婚活パーティーでLINEを有効的に活用する方法をご紹介します!

※LINE交換後のメール術に関しては、「モテる人のメール(LINE)術を伝授!気になる人を簡単に虜にする方法」でも解説しています。合わせてご覧ください。

婚活パーティーで連絡先を交換するならLINEがおすすめ!そのワケは…

写真2

「個人情報」という言葉がよく使われるようになってからというものの、安易に自分の電話番号や、メールアドレスを伝えることに抵抗のある人が増えています。そこで台頭してきたのがLINEです。今なぜ、婚活パーティーの場でもLINEが必須なのでしょうか?

個人情報を教えなくても良いという敷居の低さ

LINEは、個人情報である電話番号やメールアドレスを教えなくても、電話も出来る、メッセージ交換だって出来る。個人情報を教えずとも、同じ機能を使うことができます

婚活パーティーで素敵な人と出会えたとしても、出会ってまだ数時間…。まだまだコミュニケーションも浅く、人となりも分からないことが多いですよね。

もし電話番号を教えて、嫌な思いをするような相手だった場合は、連絡を絶ちたくても、電話番号やメールアドレスの変更はかなりの労力が掛かってしまいます。LINEなら、そんな手間なく、その相手だけと連絡を絶つ方法もあります。

そういった意味で、連絡先を教えるには、個人情報を教えるよりもLINEの方が「気軽」だというメリットがあります。

連絡先の交換方法が簡単

電話番号やメールアドレスの交換になると、どこかにメモをしたり、相手に自分の電話番号を入力してもらったりと、何かと手間が掛かりがち。しかし、LINEであればほんの2~3秒で交換が終了します。「メモは?」「ややこしいメールアドレスを打ち込む」などの手間もありません。

婚活パーティーの中で連絡先を交換するには、タイミングとスピードが重要!その意味でも、LINEでの連絡先交換は、婚活パーティーには向いているのです。

困ったときはブロックという最終手段もアリ

素敵だと思っていた人でも、実は困った人だったり、思い描いていた相手とは違ったりすることもあります。ちゃんとお話をして、連絡のやり取りを終えることが出来れば良いですが、そうはいかない場合も…。そんなとき、LINEなら「ブロック機能」があり、強制的に連絡を絶つことも出来ます

出来れば、そういったことはしたくないですけどね…。

断られる確率を下げスムーズにLINE交換するための心得

写真3

パーティーのルールに合わせる

パーティーのルールー上、連絡先の交換が出来るタイミングと、出来ないタイミングがあります。話しが盛り上がって、すぐにでも連絡先を交換したい!となっても、ココは少し冷静に。

ルール違反は、相手に悪い印象を与えてしまうこともあります。強引に見えてしまっては、時に連絡先の交換を断られる可能性も含んでしまうのです。

出来ればパーティーが始まる前に交換できるタイミングはあるのか、ルールをチェクしておきましょう。ルールを確認しその流れに合わせて連絡先を交換する方が、相手への印象もスマートですよね。

連絡先交換は手間取らないようにしておく

メッセージカードが準備されていて、そこに自分の連絡先を書くようになっていれば安心ですが、フリータイムで交換するタイミングもあります。

そんなときに備えておきたいのが、LINEでの連絡先交換方法をしっかり確認しておくこと。

あれ?どうやって操作するんだっけ?」なんて手間取って、アレコレ操作している時間は微妙な空気が流れてしまいます…。それだけでも、少しテンションが下がってしまうことも。「もう連絡先交換しなくてもいいか」と諦められてしまうことも有り得ます。

更にはその手間取っている間に、相手に別の異性が話しかけてくる可能性も。フリータイム内の手間取る時間は、様々な危険が潜んでいるのです。

そのため、この後ご紹介するLINEでの連絡先交換方法はしっかりとチェックしておいてくださいね。

これを知らないと始まらない!LINEを交換する方法は主に4つ

写真4

LINEを通して、お互いの連絡先を交換できる方法は主に4つあります。いざという時にすぐ交換ができるよう、改めてそのLINEでの連絡先交換方法を知っておきましょう。

【交換方法1】ふるふる

正に「フルフル」と一緒に携帯を振るだけで、連絡先を交換できる遊び心のある交換方法です。この交換方法のメリットとしては、複数人と同時に連絡先が交換できるということ。

婚活パーティーではグループ同士で知り合う機会も沢山あります。一斉にみんなで交換をし、そのままグループ設定をしたりもできるので、この機能を使って一度に多くの人と「出会いを発展させるチャンス」もありますよ!

デメリットとしては、GPSの位置情報サービスを使うので、たまに上手く機能しない場合も。もし機能しなかったときは、携帯の「位置情報」の設定がONになっているのか確認してみましょう。

【交換方法2】QRバーコードリーダー

事前に設定しておく必要がなく、一番手軽に連絡先を交換できる方法です。

「友達追加」→「QRコード」を押すと、読み取り画面になります。これで、相手のQRコードを読み取るだけでOK!相手に自分のQRコードを読み取ってもらう場合には、読み取り画面の右下にある「自分のQRコード表示」をタップすると、自分のQRコードが表示されるので、相手に読み取ってもらいましょう。

【交換方法3】ID検索

LINEのIDをまだ設定していない人は、一度登録するとこれからの出会いに何かと使えるので、是非登録してみてください。特に、パーティー中は連絡先の交換が出来ず、メッセージカードに連絡先を記入できるタイプのパーティーには、このID設定は必須です。

また、立食形式のフリータイムがメインとなっているような婚活パーティーでは、いつでもすぐに連絡先を伝えることが出来るIDを持っている方が、連絡先交換できるチャンスがグンと上がります。

ただデメリットとしては、万が一LINEのIDが流出してしまった場合には、迷惑メッセージが届いたりしてしまう可能性もあるので、管理には注意が必要です。

【交換方法4】携帯番号をアドレス帳に登録

LINEは携帯の電話帳に登録されている相手なら、自動的に友達追加する機能が初期設定の段階でONになっています。そのため電話番号を聞いて自分の携帯に登録をすれば、自動的にLINEのやりとりは出来るようになります。

ただしデメリットとしては、先ほどもご紹介した通り「最初から電話番号の交換は…」と思う人も多いので、他の交換方法に比べ少しハードルが高いかもしれません…。

最初のLINEメッセージは重要!押さえておきたい4つのポイント

写真5

メッセージを送るベストタイミングは婚活パーティーの帰り道

メッセージを送るならベストタイミングは「帰り道」!婚活パーティーの帰り道は、今日のパーティーを思い返している人も多いと思います。そこでふと、今日気になっていた人からLINEが入ったら…嬉しくない人はいませんよね。仕事中バタバタしながらメッセージを受け取るよりも、気持ちに余裕があり嬉しさも増します!

万が一帰り道を逃してしまったら、夜のまったりしているであろう、食事やお風呂が終わっていそうな時間帯。21時~23時くらいが狙い時です。

まず初めのメッセージは簡潔に

気になる人への初めてのメッセージ…。伝えたいことは沢山ありますよね。

でも、最初のメッセージは簡潔な内容にしておきましょう。なぜなら長文のメッセージは、LINEの性質上アプリを開くと小さな文字が詰め詰めで縦長にずらっと並んでしまいます。

この表示方法だと、メッセージを読むのが億劫になってしまう人もいるかもしれません。もちろん、喜んでくれる人もいるかもしれませんが、まだこの段階ではお相手のタイプがどちらかわからないですよね。

ですので、ここは無難に簡潔な長さにしておくことが懸命です。

メッセージには3つのコンテンツを盛り込む

そして、肝心のメッセージの内容です。ポイントは「自己紹介」そして「2人だから知っているエピソード」、気になる「今後を伺うキーワード」の3つです。

自己紹介は忘れずに

数時間の間に沢山の人とお話をして、更に複数人と連絡先の交換をしているかもしれません。そのため、最初の文章には必ずフルネームで自己紹介をいれましょう。

特に、LINEのアカウント名をニックネームにしている方は名前を名乗ることを忘れないようにしてくださいね。

気持ちを言葉にする重要性

簡潔なメッセージが良いとはいえ、挨拶だけでは何となく愛想の無い内容になってしまいます。短文でも気持ちを込めた一文は必ず入れましょう。

  • 「◯◯さんと△△な共通点があったなんてビックリしました。嬉しかったです。」
  • 「ひとりで不安だったので話しかけてもらえて嬉しかったです。◯◯さんのおかげで楽しい時間を過ごすことができました。」
  • 「◯◯さんが聞き上手なので、すっかり私ばかり話してしまってごめんなさい。次は◯◯さんのお話も沢山聞かせてください」

など、お相手とのちょっとした思い出話しや、好印象を持っていることをやんわりと盛り込みます。

ここで大切なことは必ず相手の名前を入れること。自分の名前が入っているだけでもメッセージに特別感が増します。しかし沢山入れてしまうと、最初から重いメッセージになるので入れ過ぎには注意しましょう。

次会えるチャンスがあるかどうかをジャッジできるキーワードを入れる

また会いたいと思っているなら、その気持ちを伝えましょう。

  • 「また良ければ、是非お話の続きをしませんか?」
  • 「この前美味しいレストラン見付けたんです。機会があれば一緒にいかがですか?」

など…

返信に「是非会いましょう」や「いつにしますか?」など、相手が会う予定を具体的に進めてきたら、これは今後が期待出来ますよね!

一方「またいつかご一緒したいですね」など、予定を決めようとしない場合には、少し高まっている今の自分の気持ちを落ち着かせる必要が有るかもしれません…。

「既読」とうまく向き合うための心得

相手が「メッセージを見ましたよ!」というサイン「既読」機能。便利なはずなのに、その便利さが故に「見ているはずなのに、どうして返事が無いの?」と、時に人の気持ちをざわつかせ、不安感にさいなまれることすらもある困った機能でもあるのです。

まずここで注意しておきたいのが、返信は必ず待っておくこと。

つまり、返信がないまま待ちきれず次のメッセージを送るのはNG行動ということです。

待てずに次のメッセージを送ってしまうことは、どうしてもこちらの前のめりで積極的になり過ぎている感が伝わってしまい、悪印象にはなっても、好印象にはなりません。

気になる相手だからこそ、「もっと連絡を取りたい」「早く返事が欲しい」そう思ってしまうのは、仕方の無い話ですよね。でもこのタイミングでは返信が来るまでじっくり我慢が懸命です。

ここで、一番大切なのは、相手のペースを尊重することです。

相手の仕事の都合やプライベートの予定など状況を理解し、考えや行動を尊重してあげることは、LINEのメッセージを待っている間も、そしてこれから始まるかもしれないお付き合いの場でもとても大切なことです。

まとめ

今まで、連絡先の交換がなかなか出来なかった人も、こうして交換のタイミングと方法、そしてメッセージの送り方を知っていれば、今までより交際へとステップアップする機会がもっと増えるかもしれません!

次の婚活パーティーでは是非このLINEを使って連絡先を交換し、出会いを発展させてくださいね。

PREMIUM STATUS PARTY」では、社会の第一線で活躍されているビジネスエリートの方々は多く参加されているパーティーです。立食形式のパーティーから、着席型のバーティーまであらゆるスタイルのパーティーを企画しています。

普段なかなか出会うことのないジャンルの異性との出会いが期待できる「PREMIUM STATUS PARTY」で、素敵な出会いを見付けてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プレミアムステイタスのご紹介