パーティー 婚活 恋人 恋愛

婚活に疲れた方必見!よくある失敗談と劇的に楽しくする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

婚活疲れの原因と対策

もっと早く相手が見つかると思ったのになかなかうまくいかず、ストレスをたくさんため込み疲れている人が増えています。

日常生活で異性に出会うチャンスはほぼないし、婚活してもうまくいかない、しなければ一生自分は1人ぼっちかもしれないと焦りを感じている人もいるかもしれません。

その原因はそもそもお相手を「探す場所」が間違っている可能性があります。
それはまるで渋谷駅に忘れた忘れ物を新宿駅で探すようなものかも・・・!見つかるものも見つかりませんよね。

婚活で疲れてつらい毎日を過ごしている方へ、なぜ婚活がつらいのがその原因と対策を詳しく解説していきます。

対策を実践することで婚活疲れを解消し、楽しい婚活ライフを再スタートできるはずです。

そもそも婚活に疲れる原因って?

婚活に疲れてしまう原因はたった1つです。
「イメージ・理想・予定」と「現実」が異なっているからです。
そして婚活に疲れてしまう人の特徴は、頑張り屋さんということです。

婚活は理想の結婚相手と出会う活動ですが、理想の中の異性がなかなか見つからないということが多々あります。
もっと簡単に見つかるはずだったのになぜ見つからないのだろうと途方に暮れてしまうこともありますよね。

そして婚活に疲れてしまう人は、一生懸命頑張って婚活情報を探して出会いの場へ出かけ、ファッションや身なりに気遣っている頑張り屋さんに多く見られます。
頑張っているからこそ成果を得たい、頑張っているからこそ理想を崩したくない、その気持ちが痛いほどよく分かります。

婚活に疲れる原因

原因には必ず対策方法が存在します。婚活に疲れる原因が分かればあとはそれを解決するために対策をすれば大丈夫です。

もし今まさに婚活疲れで婚活をやめようとしている方がいれば、この記事を最後まで読んでみてからもう一度考えてみてください。

わかる!とうなづける”婚活あるある”の失敗体験談とその対策をご紹介していきます。
男性女性のどちらも共通している”婚活あるある”です。

よくある婚活失敗体験談 原因と対策をアドバイス

紹介所に登録したのにほとんど紹介してもらえない…

結婚相談所やお見合い紹介所に登録したのに異性と全然会えない、気になる人を探して申し込んでも断られる、ストレスが貯まりますね。
入会金や登録料などお金を払っているのに会える人数がそもそも少ないと、結婚できる確率も低くなるように感じます。

実はこれ意外とよくあるケースです。

その原因の1つに、お見合いをするごとにお金がかかる仕組みがあります。
特に仲人や個人の結婚相談所に多く見られます。

異性から「会いたい」という申し込みがあって実際に会うことになれば、1万円程度必要になるシステムであればお相手もそう簡単には会わないものですよね。

対策
会えないのにお金を払い続けるのは無駄です。
効率的に異性と会うことができるシステムの結婚相談所を調べて入会し直すことがおすすめです。

毎回変な人ばっかりでドン引き

まともに話もできない、不潔そうな洋服の人、あなたそれ社会人として本当に生活しているの?と疑いたくなるほど変な人を見ると驚きますよね。
そんな人に出会うために婚活しているんじゃないのにと悲しい気持ちにもなります。

その原因は、結婚相談所や婚活パーティーの主催者が参加人数を1人でも増やしたいと考えているからというのが大半でしょう。
本当に良い出会いを提供するために運営している団体は、入会時やパーティーの受付時に何らかの制限や条件を設けた上で対策を練っているからです。

対策
大勢の中の少人数であれば「私には関係ない」と見ないようにすることです。
もし大半の人があまりにも変な人の場合は、探す場所を変えましょう。自分にぴったりの場所が他に必ずあります。

参考
「PREMIUM STATUS PARTY」では上場企業、経営者等、第一線で活躍されているエリート限定の婚活パーティーを開催しています。ハイステイタスな参加者とカジュアルなパーティーを望む方におすすめです!

パーティーなのにいつも”ぼっち” 参加費が無駄に感じる

フリースタイルで男性・女性ともに自由に話すことができるパーティーがほとんどですが、異性と一言も話をできずに終わってしまう・・・まさしく婚活あるあるです。
複雑な気持ちを抱えて自宅に帰り、コンビニ弁当を食べる夜などはもう泣きたくなってしまいます。

この原因は主催者にも責任があると言えます。
パーティーの主催者は出会いの場が円滑に進む責任を担っているので、もしずっと1人ぼっちの参加者がいれば適宜声をかけ楽しい時間が過ごせるよう配慮するべきなのです。

もちろん、参加者自身も会話を楽しめるよう努力することも当然必要です。

対策
婚活パーティーの経験がまだ1.2回程度あれば慣れるまでもう少しトライしてみましょう。
あるいはパーティー主催者へアドバイスを受けても良いかもしれません。
毎回1人ぼっちになってしまうという方は、上手にアテンドしてくれる婚活パーティーを探しましょう。

あの顔前にも見たような・・・参加者の顔ぶれが一緒

2度3度同じ人を見ると自然と顔を覚えてしまうものです。
あれ?あの人また来ている!?と感じるとなんだかあまり良い気分にはならないですよね。

婚活パーティーの顔ぶれがいつも一緒だと感じる場合、その方もご自身も出会いの場が偏っていることが原因です。

その婚活パーティーで絶対に結婚相手を見つけなければいけない理由がなければ、ぜひ視野を広く持ってみましょう。

対策
他にももっと良い婚活パーティーがあります。
職業別に区切ったものや、街コンのようにライトなものもあります。ぜひ他のパーティーにも参加してみましょう。

料理もドリンクもおいしくないからテンションが下がる

料理や飲み物が美味しくない婚活パーティー、テンションが下がりますよね!
高級レストランのような味でなくとも、異性との出会いでドキドキする気持ちを和らげてくれるような美味しいものを口にしたいものです。

この原因は、やはり婚活パーティー主催団体の“技量”によるところが大きいはずです。
美味しい料理で参加者をおもてなししたいと思っていれば、予算をやりくりしながら良い会場を探すのが一般的だからです。

対策
料理や飲み物に手をつけないというのも1つの方法ですが、手持無沙汰になってしまいます。
ぜひ他の婚活パーティーにも参加してみましょう。会場の雰囲気も料理の味もすべて良いパーティーが存在します。

まるで強制!?むりやりカップルにさせられた

パーティーに何度も参加している方にとっては1度や2度経験があるかもしれない“むりやりカップル”。

婚活パーティーではフリータイムやアプローチタイムの後、自分が気になる異性の名前を紙に書き、その結果でカップルが成立するというのが王道の流れです。
ただパーティーによってはほぼ強制的に複数名の異性の名前を書くように言われることがあるために、“むりやりカップルにさせられた!”と感じるのです。

そしてそもそもの原因は、異性とじっくりコミュニケーションをできていないことかもしれません。
わずか2.3分の話だけで気になる異性を見つけるのも難しいですからね。

対策
異性とじっくりコミュニケーションできる、比較的小規模な婚活パーティーに参加してみることです。

結婚する気がない人とダラダラ付き合うことに・・・

自分は結婚を希望して相手を探しているのに、カップルになった相手は結婚する気がない、「それならなぜ婚活の場で出会ったの?」と疑問に感じますよね。
これにはいくつか原因があります。

  • お相手との相性が100%ではない
    結婚する相手ではないと判断されているかもしれません。
  • 自分とお相手の婚活レベルが違っている
    婚活と名前がついているとはいえ本気で探している人だけでなく「いい人がいれば考えよう」といった人もたくさんいます。
  • 婚活パーティー参加への手続きが簡単すぎる
    街コンのようなパーティーは思い立ったらすぐに参加できます。手続きや身分証明が必要なものほど本気度は高くなります。

対策
これら3つの原因を対策するには、身分や職業をしっかり証明している婚活パーティーに参加することです。

まとめ

婚活に疲れてたまたまこのページをご覧になった方々、疲れを感じる原因とその対策についてご参考になりましたか?

婚活は、「結婚する相手を見つけたい」「結婚したい」という気持ちを叶えるための手段であって、決して疲れるためにやるわけではありませんよね。
もし今、婚活やめたい!と思うほど疲れていれば少しの間お休みをするのも1つの手ですが、その分結婚するタイミングも先延ばしになります。

楽しい婚活も実はちゃんとあります。それが「PREMIUM STATUS PARTY」です。

素敵な異性がたくさん参加していて、司会進行がスムーズ、料理やドリンクも美味しくスタイリッシュな会場で開催されている、そんな婚活パーティーに参加してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
mrmissのご紹介