婚活

バツイチ男性は結婚相手に最適!?事前に確認しておきたいポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像1

婚活をしているとバツイチの男性に出会うこともありますよね。離婚経験があることで、彼との結婚を前向きに考えても大丈夫なのか不安に思う女性もいるでしょう。

実はバツイチ男性は一度結婚生活を経験していることで、初婚男性にはない魅力を持っています。そのためパートナーに向いているバツイチ男性ですが、彼の離婚歴が結婚後の生活に影響を及ぼす可能性があることは理解しておきましょう。

この記事ではバツイチ男性との結婚を決める前に確認しておいた方がよいことや、バツイチ男性と結婚するメリット・デメリットについてご紹介します。不安を取り除いて結婚するためにも、バツイチ男性との結婚を考えている人はぜひ参考にしてください。

バツイチ男性は珍しくない

婚活して出会った男性がバツイチだと知ったとき、あなたはマイナスの印象を持ちますか?日本ではおよそ3組に1組が離婚していると言われていますので、バツイチ男性はそれほど珍しくはありません。まずは国内の離婚件数や再婚者の割合についてご紹介します。

そもそも離婚の件数ってどのくらい?

厚生労働省が平成30年9月に発表した「平成29年(2017)人口動態統計(確定数)の概況」によると、平成29年の婚姻件数は606,866件、離婚件数は212,262件ということです。

ここ最近、離婚の件数はやや減りつつあるといっても、1年間で結婚するカップルの数と比較すると離婚の件数は約3割です。

これだけ多くのカップルが離婚をしているのですから、バツイチ男性と出会うことは珍しくないことも納得ですね。

再婚する人は多い?

バツイチ男性は、一度結婚に失敗してしまったことから結婚に慎重になる人もいます。しかし離婚して一人になると寂しくて、新しい出会いを探す人も多いようです。実際、男性に離婚経験があるカップルはどのくらいいるのでしょう?

厚生労働省の「平成28年度人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」の概況によると、平成27年に結婚した夫婦で夫が再婚、妻が初婚のカップルは全体の10.0%、夫婦ともに再婚のカップルは全体の9.7%となっています。つまり夫の19.7%は再婚です。

結婚したカップルの約5組に1組は、夫が離婚を経験しているということです。さらに10組に1組は初婚女性が離婚経験のある男性と結婚しています。

この数を見ると、バツイチ男性と出会って結婚をする人は珍しくないということがわかりますね。

バツイチ男性と結婚する前に確認しておきたいこと

一度結婚生活が破綻してしまったバツイチ男性との結婚に不安を持つ人は多いでしょう。不安を解消するためにも結婚前に必ず確認しておいた方がよいことがあります。

離婚というデリケートな問題なので聞きづらいでしょうが、結婚を考えるなら聞いておくべきことです。もし彼が曖昧な返事をするようなら、誠実な男性ではないのかもしれません。

離婚の理由

画像2

バツイチ男性との結婚で気になるのが離婚理由ではないでしょうか?同じ失敗を繰り返さないためにも離婚した理由を教えてもらいましょう。

離婚して彼も傷ついているだろうから理由は聞きにくいという人もいるでしょうが、不安なまま結婚に踏み切って後悔するのは避けたいものです。もし彼に原因があったのなら、彼はその問題を乗り越えたのでしょうか?あなたと再婚してその問題を繰り返さないか見極めなくてはいけません。

離婚理由を正直に話してくれる男性には誠実さが感じられます。あなたとの結婚で同じ失敗を繰り返さないよう決意を見せてくれる男性なら信頼できるでしょう。

逆に離婚理由をはっきり教えてくれない人、前妻から一方的に離婚をつきつけられて自分でも理由がわからないという人だと心配です。

離婚理由を聞けば、彼と安心して結婚するための判断材料となるだけでなく、彼の性格まで読み取れます。重要なことなので曖昧なままにせずにしっかり聞いておきましょう。

前妻との子供に関わること

相手の男性がバツイチであれば、前の奥さんとの間に子供がいるか聞いておきましょう。

もし子供がいる場合、確認しておきたいことがあります。

まずは養育費の問題です。養育費は基本的に子供が20歳の誕生日を迎える月まで払うことになりますが、高校卒業まで、大学卒業までというケースもあります。金額は支払う側と受け取る側の年収や子供の人数によって異なります。

いずれにせよ新婚家庭の家計に響きますので、支払期間や金額、これまでに滞納していないかなど、確認しておきましょう。

子供との面会の頻度なども確認が必要です。彼の子供なので会うのは仕方ないと思いつつも、面会日は彼が子供や前妻と会っていると思うと気になってしまうものです。

また、彼が子供を引き取っているというケースもあるでしょう。その場合は結婚したらいきなり母親となって子育ての毎日が待っています。その覚悟はあるかじっくり検討する必要があるでしょう。

自分たちの子供のこと

彼との子供を望んでいるなら、彼も同じ気持ちか確認しておきましょう。前妻との間に子供がいる男性は、養育費の支払いがあるので結婚しても子供はほしくないと思っているかもしれません。お金の問題なら共働きをするなど解決方法が見つかる可能性もあります。

結婚後に意見がわかれると大変なので、お互いに納得するまでじっくり話し合っておきましょう。

結婚式について

画像3

彼がすでに結婚式を経験済みだとしても、初婚の女性は結婚式に憧れがありますよね。理想的なチャペルやウェディングドレスを思い描いている人もいるでしょう。

しかしバツイチ男性の中には結婚式に乗り気でない人もいます。一度挙げているのでゲストに申し訳ない、お金がかかるのでもったいないといったことが主な理由なのですが、初婚の女性にとって諦めるのはつらいですよね。

彼が結婚式を望まないなら、親族だけで結婚式を挙げる、フォトウェディングだけにしておくといった選択肢もあります。結婚を決めた後にお互いの希望が食い違って悲しい思いをしないよう、事前に確認しておくようにしましょう。

見極めが大事!こんなバツイチ男性には注意

バツイチ男性に離婚の理由を聞くのは悪いかな…と思うかもしれません。しかし彼の話す内容によって、結婚しても大丈夫なタイプか判断する決め手となるでしょう。

次のようなバツイチ男性には注意してくださいね。

離婚理由を話したがらない

バツイチ男性との結婚を考えているのなら、離婚理由は知っておくべきです。もし離婚理由を話したがらないなら、何かやましいことがあるのかもしれません。誠実な男性なら、話しにくいことでもきちんと説明して安心させてくれるでしょう。

離婚理由を話したがらない男性との結婚は、性格面も含めて不安が残ります。

前妻を悪く言う

離婚した理由を相手のせいにして、前妻を悪く言う男性もいます。もちろん妻に落ち度がある場合もあるでしょうが、離婚の理由で多い「価値観の違い」「性格の不一致」といった問題は、どちらか一方が悪いとは言いきれません。

相手が悪いのであって自分は悪くないと考える人は、問題が起きたときに人のせいにするタイプの可能性があります。

離婚の理由が男性側の問題

離婚の理由が彼の浮気やDV、借金などであれば注意が必要です。「浮気は一生治らない」とも言われますし、怒りだしたら歯止めが効かないタイプかもしれません。

自分の行動を悔いて、もう二度と繰り返さないと深く反省している男性もいるでしょうが、同じことを繰り返してしまう人もいるということを知っておきましょう。

バツイチ男性と結婚するメリット

離婚という苦い経験をしているバツイチ男性。しかし一度結婚を経験しているということが、結婚生活を送るうえで有利になることもあります。ここではバツイチ男性と結婚することのメリットについてご紹介します。

過去と同じ失敗をしないように注意している

離婚理由が何にせよ、一度結婚を失敗しているということで彼にも反省する点があるはず。

二度目の結婚となると、失敗しないように慎重になるでしょう。「今度は失敗しないようにしたい」という思いから、今回の結婚では教訓を生かして努力してくれるでしょう。

たとえば「家事を全く手伝わないため奥さんに愛想を尽かされた」という男性なら、次の結婚では同じ失敗をしないよう積極的に家事を分担してくれるでしょう。前回の失敗から学び、次はもっとよい夫になるよう努力してくれる可能性が高いです。

結婚生活に慣れている

画像4

バツイチ男性は一度結婚生活を経験済みなので、結婚とはどういうものなのか理想だけでなく現実を知っています。女性に対して高いレベルの家事を求めることもないでしょう。

それどころか家事を奥さん任せにしては大変ということを知っているので、積極的に分担してくれるかもしれません。

女性に対しての幻想がない

バツイチ男性は、前の結婚で女性の真の姿を見てきています。メイクを落としたすっぴんなど、リラックスした姿も見慣れているので、結婚してから驚いたりしません。

女性に対する幻想を持っていないので、ちょっとくらいだらしない姿を見せても幻滅されることはないでしょう。

女性が嫌がるポイントを知っている

よほど鈍感な男性でなければ、結婚生活を経験したことで、女性がどんなことに苛立つか把握しています。女性に言ってはいけないことをわきまえていますので、バツイチ男性が地雷を踏むことは少ないです。

また、逆に女性が喜ぶポイントも知っていますので、バツイチ男性と結婚するとイライラすることが少なく居心地の良さを感じるでしょう。

子育ての経験がある

前妻との間に子供がいるバツイチ男性なら、赤ちゃんが生まれたときに子育て経験が生きてきます。初めての出産や育児はわからないことだらけです。実家が離れている人は、周りに育児を手伝ってくれる人がいなくてストレスを抱えてしまうこともありますが、彼に育児の知識があれば心強いでしょう。

相手の親が仲良くしてくれる

女性にとって夫の両親と仲良くできるかどうかは重要な問題ですよね。「嫁姑問題」で自分も悩むことにならないか不安な人もいるでしょう。

しかしバツイチ男性の両親は、今度こそ息子に幸せな結婚生活を送ってほしいと思っているはずです。あなたとも仲良くしてくれる可能性が高いでしょう。

バツイチ男性と結婚するデメリットは?

バツイチ男性との結婚にはもちろんデメリットもあります。どんなデメリットがあるか確認して、乗り越えられそうかよく考えておきましょう。

養育費など経済的負担が大きい

画像5

子供がいるバツイチ男性は、再婚しても子供が成人になるまで養育費を支払い続けなくてはいけません。そのため養育費が家計を圧迫し、生活はあまり楽ではない可能性もあります。

中には養育費が負担となり、自分の子供を諦めてしまう人も。本当は子供が2人ほしかったのに、1人育てるのが精一杯という家庭もあるでしょう。

あなたは養育費のために家計が苦しくなることに我慢ができますか?我慢できないようなら子供がいるバツイチ男性との結婚は難しいでしょう。

前妻と比べられる

何かにつけ前妻と比べられるのは、いい気分がしないでしょう。前妻と比べるのは夫だけではありません。夫の両親や兄弟、親戚なども前妻のことを知っていますので、帰省や親戚の集まりで前妻と比べられて不快な思いをする可能性があります。

「〇〇さん(前妻)は気が利いたのに…」「〇〇さん(前妻)は料理がうまかったのに…」というように、比較されるのは不愉快なものです。たとえ前妻と比べて褒めてくれたとしても、うれしいものではありません。

前妻の名前が出るたびに、自分が後妻であることを実感してしまうでしょう。

気になる点はよく話し合って!不安を解消して結婚しよう

バツイチ男性との結婚に不安を感じてしまう女性は多いでしょう。しかし「聞いたら悪いかな?」と遠慮して聞きたいことを聞けずにいると、結婚してから後悔するかもしれません。

今回ご紹介した「バツイチ男性と結婚する前に確認しておきたいポイント」を参考にし、しっかりと彼の話を聞いてみましょう。

特に前妻との間に子供がいる場合、面会や養育費の支払いなどで結婚後に不満が募るかもしれませんので、結婚前にきちんと確認しておいてくださいね。

経験豊富なバツイチ男性は、結婚相手として魅力的です。不安を解消できたなら、バツイチ男性はきっとすてきなパートナーとなるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プレミアムステイタスのご紹介