婚活

【医者と結婚したい!】そんな女性が事前に知っておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像1

婚活している女性にとって、気になるのが相手の「職業」ですよね。さまざまな職業の中でも女性に断然人気が高いのが医者です。医者は社会的地位が高く高収入、頭もよいので魅力があります。医者と結婚すれば経済的な不安がなく、豊かな生活を送れるイメージがありますので、「結婚するなら医者」と心に決めている女性もいるようです。

医者と結婚すれば、周りからはうらやましがられそうですが、実際は医者の妻ならではの苦労もあるようです。医者と結婚したいと思っている人は、結婚前に知っておいた方がよいでしょう。

そこで今回は、医者が結婚相手に求める女性像や、知っておくべき結婚後の心得について解説いたします。医者との結婚に憧れている人は、ぜひ確認しておいてください。

医者の年収はどのくらい?

医者と結婚したい女性にとって、気になるのが年収ではないでしょうか?お医者さんは高収入といっても、働いている病院によって年収は大きく異なります。

医者の平均年収は、一般病院の勤務医が約1,500万円、開業医が約2,500万円です。かなり高額な年収ですが、こちらは平均であり、年齢や診療科によっても異なります。

また、大学病院の場合は一般病院よりも年収がかなり低いです。助教授、教授と昇格していけば年収が上がっていきますが、20~30代のうちは年収が300~600万円程度なので、一般企業よりも安い可能性があります。ただし、当直などのアルバイトをして稼いでいる医者も多いため、実際の年収はもっと高いようです。

医者はパートナーに何を求めている?

医者はどんな女性と結婚したいと思っているのでしょう?医者との結婚を望んでいる人は、医者が結婚相手に求めるものを把握しておきましょう。

1.仕事への理解

医者は肉体的にだけでなく、精神的にもハードな仕事です。一般的なサラリーマン家庭の共働き夫婦のように、家事や育児の分担は当たり前という考えはあまり通用しないでしょう。何日か家に帰れない可能性もありますので、家事や育児はすべて自分でこなせるくらいの女性でないと、医者の妻は務まりません。休日はゆっくり体を休めたいという医者が多いので、休みの日の家族サービスも難しい可能性があります。

経済的には豊かであっても、妻は家事や育児に追われ、あまり自由時間がないかもしれません。医者という職業を尊敬する女性でなければ、うまくいかないでしょうから、仕事への理解がある女性が求められます。

2.マナーを身につけている

医者は学会に夫婦同伴で出席する機会もあるため、妻にするならマナーを身につけている女性でないと恥をかいてしまいます。マナーを身につけ、上品な立ち居振る舞いができることは、必須の条件となるでしょう。

医者の妻を夢見る人は、基本的なマナーについて勉強しておいてはいかがでしょうか。

3.容姿

医者はプライドが高い傾向にあるので、自分に見合う美しい女性を妻にしたいと考える人も多いようです。美しい妻がいるということは、医者にとってステータスでもあります。妻が美人であれば、夫婦同伴の集まりでも誇らしいでしょう。

医者の心を射止めたい方は、外見を磨くことも忘れないようにしておきたいですね。

4.教養

画像2

医者は教養がある女性をパートナーに選ぶ傾向があります。知的な医者は、教養のない女性と会話しても退屈してしまうでしょう。また、医者は子供も医者にしたいと考える人が多いので、パートナーには子供を教育できるような知性と教養が必要です

社交の場でも、他の人たちと会話を楽しむには教養が必要です。教養がなく、まともに会話ができなければ、夫に恥をかかせてしまうでしょう。いくら外見がよい女性でも、中身が伴わなければ医者にとって魅力がありません。

教養を身につけたいなら、まずは積極的に本を読む習慣をつけましょう。音楽や美術など芸術に触れる機会を増やすのもおすすめです。教養を深めるためにも普段からさまざまなことに関心を向けるよう、意識しておいてはいかがでしょうか。

5.学歴

妻となる女性には教養が重視されるだけでなく、学歴も重視される傾向があります。本人はあまり重視しなくても、彼の両親が大学卒以上の学歴にこだわることもあります。

とくに代々医者という家系では親戚も高学歴なので、学歴が低いと家族に反対されることもあるようです。もし反対を押し切って結婚しても、自分だけ学歴が低いことで居心地の悪さを感じるかもしれません。

6.若さ

女性の場合、婚活の場では少しでも若い方が有利です。30代よりも20代の女性の方が男性にモテます。この傾向は医者も同じであり、若い女性を求める人が多いようです。その理由は単に若い女性の方が魅力的ということではなく、出産のリスクが少ないからです。

医者は子供も医者にしたいという人が多く、とくに開業医は後継者が欲しいので、子供を2人以上希望する人が多いようです。1人だと医者としての適性がない場合に困るので、2人以上子供を持ちたいとなると、少しでも若い方が理想的です。

医者と結婚したいなら、なるべく早く婚活を始めた方がよさそうですね。

7.家柄

医者になるには医学部を卒業しなくてはなりません。私立大学の医学部であれば、6年間の学費の総額が約2,000万~4,000万もかかりますので、裕福な家庭でなければ通えないでしょう。親も医者という家庭も多いため、家柄を気にする人もいるようです。

家柄のよい女性は、幼いころからしっかりしたしつけを受けている人が多いので、マナーが身についていて品格が感じられます。本人は相手の女性の家柄についてそれほど気にしなくても、親は自分の家と釣り合う家柄であるか気にすることがあるようです。

8.堅実さ

医者は年収が高いので、結婚すればぜいたくな生活ができると思い、医者との結婚に憧れる女性も多いことでしょう。しかし医者は出費も多いので、金銭管理ができる堅実な女性が求められます。

お金目当ての女性ではなく、自分をサポートしてくれる堅実な女性に魅力を感じるようです。

9.人柄

医者は人の命にかかわる仕事のため、日々神経をすり減らしながら働いています。このため自宅では癒やされたいという医者が多いです。物事を冷静に判断する医者は、感情的な女性を敬遠します。温厚で穏やかな女性の方が一緒にいて癒やされるでしょう。

医者の妻として周りと上手にお付き合いするためにも、人柄の良さは重視されます。

10.清楚

医者は結婚すれば夫婦同伴で人前に出ることもありますので、派手な女性は避けられます。かといって地味すぎる女性も印象がよくありません。どこに連れて行っても恥ずかしくない清楚な女性が好まれます。

11.料理上手

画像3

医者は生活が不規則になりがちなので、体調を管理するためにも料理上手の女性が求められます。栄養バランスを考えた食事で彼の健康をサポートできるような女性が理想的です。

料理にあまり自信のない人は、料理教室に通って勉強しておくのもよいでしょう。

12.自立している

医者の男性は、お金目当てで近づいてくるような女性を嫌います。経済力ではなく自分の内面を好きになってほしいので、経済的に自立している女性が理想的です。結婚したら忙しい医者の夫を支えるために専業主婦になる人も多いでしょうが、社会の厳しさも知っているような女性の方が、将来独立して開業医になるときも頼りになります。

また、医者は多忙で休日も呼び出されることがあり、家にあまりいられない人も多いです。一緒にいられないことを寂しがるより、1人の時間を楽しめるような女性が求められます。

事前に知っておこう!結婚後の心得

医者と結婚すると、経済的に豊かで生活に困らないというメリットがありますが、医者の妻ならではの苦労もあるようです。お金の面だけで医者との結婚を望むと、結婚後に「思っていた生活と違う」と思うことが多々あるかもしれません。事前に結婚後の心得を確認しておきましょう。

1.家計は思ったほど楽ではない

医者といえば、年収が高い職業の代表です。「結婚すればセレブ生活が送れる」と思う女性も多いでしょうが、実際のところ家計はそれほど楽なわけではないようです。たしかに一般的なサラリーマンに比べると年収はかなり高いのですが、実は出費の額も大きいため、金銭管理がきちんとできなければなりません。

たとえば医者は学会に出席することも多いですが、交通費などの費用は自腹です。また、交際費もかかります。もし子供も医者にしようと思うなら、高額な教育費が必要になるでしょう。医者と結婚したからといってぜいたくばかりはできない可能性があります。

2.子育ての責任がある

画像4

多忙な医者と結婚すると、家事だけでなく育児も一人でこなすことになります。夫が医者の家系なら、子供も医者になるのが当たり前と思われているので、母親として受験へのプレッシャーを背負うことになるかもしれません。

医者になるために小さな頃から塾通いをしますので、時間を無駄にしないためにも、車で塾への送り迎えをする母親が多いようです。塾通いは高校まで続くのですから、自分の時間はあまり持てないかもしれません。

3.医者の妻にふさわしい振る舞いが求められる

医者と結婚すると、周囲からは「医者の妻」として見られるので、いつも身だしなみや言動などに注意が必要です。医者の妻にふさわしくない振る舞いをしていると、夫のイメージを下げることになりかねません。外出すればどこで誰に見られているかわからないので、常に気を張っていなくてはならないでしょう。

4.親戚付き合いが大変

彼の家が代々医者という場合、親戚も医者が多くてお付き合いが大変かもしれません。兄弟にも医者がいれば、嫁同士で比較されることもあるでしょう。比較されて「ダメな嫁」と思われてしまわないように、気をつかうことが多いようです。

また、子供が生まれたら親戚の子供と比較されてしまいます。有名私立を目指す場合も多いので、子供の頃から幼稚園や小学校、中学校のランクで比較されてしまい、ストレスがたまるかもしれません。

5.不在が多くて寂しいかも

画像5

勤務医の場合、忙しいとなかなか休みが取れなかったり、家に帰れなかったりして、妻は寂しい思いをすることが多いようです。一人の時間を楽しめる人ならよいでしょうが、家族の時間を大切にしたいと思っている人にとっては、医者と結婚することはデメリットとなるかもしれません

家事や育児を手伝ってもらえないだけでなく、子供の行事にもパパは参加できないという可能性が高いです。

6.雑務が多い

医者の妻になれば、忙しい彼に代わってお中元やお歳暮を送ったり、お礼状を書いたりと雑務も多いです。家事や育児をこなしながら、彼をサポートしなくてはなりません。

また、医者の妻が集まっての食事会もありますので、社交性も必要になるでしょう。人づきあいが苦手な人には、少し大変かもしれません。

7.開業医なら長時間の外出は難しいかも

開業医の場合は昼食を自宅でとる人が多いので、毎日お昼ごはんの準備が必要です。夫の休憩時間に合わせて昼食を用意すべきなので、日中に長時間の外出をするのは難しいでしょう。

医者との出会いを探すなら

医者と結婚すると医者の妻ならではの苦労もあるようですが、それでもやはり医者と結婚したいという人も多いのではないでしょうか。

医者と結婚したいなら、当たり前ですが独身の医者と出会わなくてはなりません。看護師なら職場での出会いがあるかもしれませんが、そうでない場合は医者が参加する出会いの場に出かけてはいかがでしょうか。

医者は激務のため、女性と知り合う機会が少ない人も多いです。結婚相談所や婚活パーティーを利用して婚活している人も少なくありません。

PREMIUM STATUS PARTYは、男性の参加者をハイステイタスな方を限定とした婚活パーティーです。男性は医者はもちろんのこと大手企業にお勤めの方など、ハイステイタスな方ばかりなので、結婚を前向きに考えられるすてきな出会いが期待できます。

女性の参加費は3,000~4,000円前後なので、比較的気軽に参加できるのも魅力です。立食のパーティーも多いので、気になる男性が見つかれば、積極的に声をかけてみてはいかがでしょうか。

医者は女性にモテますので、医者がパートナーに求める特徴を意識して、外見だけでなく内面もしっかりと磨いておきましょう。たとえばマナーや料理などは努力によって身につけることができます。医者の妻にふさわしい魅力を身につけたら、PREMIUM STATUS PARTYですてきな男性を見つけてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介