婚活 恋愛

恋愛でモテる会話術。会話のポイントは聞き上手!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像1

新しい出会いがあっても、会話に自信がなくて盛り上がりに欠けてしまうと悩んでいませんか?せっかく初デートしても、会話が弾まなければ次のデートにつながりません。

相手に「一緒にいて楽しい」「もっと話したい」と思ってもらうためには、会話術を磨く必要があります。

今回は、恋愛でモテる会話術をご紹介します。相手がもっと話したくなる会話術で、恋のチャンスをつかみましょう。

恋愛の会話術で身につけるべきスキルは?

異性との会話に自信がない人は、「もっと上手に話ができたら…」と思いますよね。確かにどんな相手でも話が盛り上がる人の周りには、異性同性を問わず人が集まります。しかし会話が広がるノウハウを身につけたり、話の引き出しを増やすことは簡単なことではありません。

そこで今すぐ恋愛に生かせる会話術を身に着けたい人におすすめなのが、「聞き上手」になることです。意外に思うかもしれませんが、恋愛でモテる会話術のポイントは「話すこと」ではなく上手に「聞くこと」にあるのです。聞き上手なら、コツを覚えたら誰でもなれます。人は誰でも自分の話を興味深く聞いてくれる人には好感を持ちます。異性にモテる聞き上手を目指してみてはいかがでしょうか?

聞き上手の人はなぜ好かれる?

男性でも女性でも聞き上手の人は好感を持たれます。聞き上手の人はなぜモテるのでしょうか。

自分に興味を持って話を聞いてくれるから

聞き上手の人は、巧みにあいづちを打ちながら、相手の話を聞きます。自分の話を真剣に聞いてくれるということは、自分に興味を持ってくれているということなので、誰だってうれしくなるでしょう。

自分の話に共感してくれるから

聞き上手の人は、どんな話題でも楽しそうに話を聞いてくれます。相手の意見に共感できるところを見つけるので、話し手は自分を認めてもらえたように思い、親近感が湧いてくるでしょう。

しかし、どんな意見でも相手に合わせる必要はありません。相手と意見が違う場合は、いったん肯定してから自分の意見を伝えれば、相手は否定されたような気分にはなりません。

褒めてくれるので気分よく話せるから

画像2

聞き上手は褒め上手でもあります。会話の中で「それはすごいですね」といった褒め言葉が自然に出てくるので、自分が認められたと感じ、相手は喜ぶでしょう。さりげなく褒めることが大切です。

話を上手に引き出してくれるから

聞き上手の人は、相手の話を聞きながら、上手に質問をしてくれます。そのため聞き上手の人に話をしていると、自分の中で意見がまとまりスッキリするのです。聞き上手の人と会話をすれば、話を上手に引き出してくれるので会話が楽しくなり、「もっと話していたい」と思われます。

聞き上手になる10の方法

ただ話を聞くだけでは話し上手にはなれません。相手に気分よく話してもらうスキルを身につけているので、「彼(彼女)と話すのは楽しい」「普段以上に話してしまう」と思ってしまうのです。聞き上手になる方法をいくつかご紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

1.話を聞く態度を整える

話を聞く準備として、まずは相手の方に体を向けましょう。顔だけではなく、体ごと相手に向けることで、真剣に話を聞いていることが伝わります。また、体だけでなく目も相手の方に向けましょう。よそ見をしていては、相手も話す気がしなくなります。相手の目を見て話を聞くことで、「真剣に聞いてくれている」「話に興味を持ってくれている」と伝わり、相手も話しやすくなるでしょう。

スマホが手放せない人もいますが、人の話を聞きながらスマホを触るのはNGです。できればテーブルに出しっぱなしではなく、カバンにしまっておく方が印象がよいでしょう。

スマホは会話中に鳴らないようにマナーモードにしておき、どうしても出なければいけない電話は、相手に断ってから出るようにしてください。手短に電話を終わらせてから、話の続きを促しましょう。

2.相手に合わせる

聞き上手になるためには、相手に合わせることもポイントです。なぜなら自分と似ている相手には安心感を持って話せるからです。

具体的には「表情」「話すスピード」「声の高さ」「声色」「声の強弱」などを合わせることで、相手は話しやすくなるでしょう。

相手が笑顔で話しているときは自分も笑顔で聞き、悲しそうな表情のときは自分も悲しい表情で。話すスピードが早い人もいれば、ゆっくりの人もいますので、相手に合わせましょう。元気に話す人には自分も元気な話し方をして、穏やかな話し方の人には自分も穏やかに。相手に波長を合わせることで、好感を持ってもらえます。

3.相手の話に興味を持つ

興味のない話題だと、集中力を保てずに上の空で聞いてしまうかもしれません。自分の知らない分野の話でも、興味をもって真剣に聞けば適切な質問が思い浮かぶので、相手は楽しく話ができるでしょう。

4.適度にあいづちを打つ

あいづちを打つのは「あなたの話をしっかり聞いています」というアピールです。あいづちを打たなければ、相手は「本当に話を聞いてくれているのかな?」と不安になるでしょう。

しかし、「うん、うん、うん」と単調なあいづちでは適当に聞いているような印象を与えてしまうので注意が必要です。聞き上手の人はあいづちのバリエーションが豊富です。簡単なバリエーションを覚えて、相手が気分よく話せるようなあいづちを打ちましょう。

話の内容に合わせたあいづちをいくつかご紹介します。

  • 喜び…「よかったね」「それは何より」
  • 共感…「なるほど」「全く同感だ」
  • 同情…「大変だったね」「それはひどい話だね」
  • 驚き…「本当?」「すごい!」

あいづちのバリエーションを増やすことで、話の内容に合った適切なあいづちが打てるようになり、真剣に話を聞いていることが伝わります。

5.リアクションを取る

画像3

うれしい話は笑顔で、びっくりするような話には驚きの表情で上手にリアクションを取りましょう。「えぇっ!」「本当に?」などの一言で、相手はもっと話を聞いてほしくなりますよ。

せっかく話してもリアクションが薄いと、相手はつまらなくなります。少し大げさなくらいリアクションを取ることで相手も喜び、もっと話したくなるでしょう。

6.否定せずに最後まで聞く

せっかく話しているのに、話の途中で「それは違うでしょう」「私はそうは思わないけど」といった否定的な言葉を投げかけられると、相手は話したくなくなります。意見を否定されると自分が否定されたような気分になってしまうものです。

相手の話は否定せずに最後まで聞くことがポイントです。自分の意見を言うときも、相手の意見を否定せずに伝えることで、コミュニケーションが円滑に進みます。

7.共感する

人は話をするときに「共感してほしい」と思っているものです。聞き上手の人は共感しながら話を聞くので、相手は「自分を理解してくれている」と安心感を抱きます。そして自分を理解してくれる人には、「この人ともっと話したい」「何でも話せそう」と思うでしょう。

相手の話をよく聞いて、気持ちを想像することで、より理解が深まり共感しやすくなります。

8.オウム返しを活用する

聞き上手になるために効果的な会話術の1つとして「オウム返し」があります。オウムのように相手の言葉をそのまま繰り返す方法なのですが、オウム返しにプラスして共感する言葉や質問を加えると会話が盛り上がるでしょう。オウム返しを使った例文をご紹介します。

Aさん「昨日は会社の帰りに先輩とラーメン食べに行ったよ」

Bさん「ラーメンを食べに行ったんだ。おいしかった?」

ただし、オウム返しばかりしていると「まじめに聞いてくれているのだろうか?」と思われる可能性がありますので、使いすぎるのはNG。適度に使うのが効果的です。

9.相手が言葉に詰まったときは待つ

慎重に言葉を選びながら話す人もいます。相手が言葉に詰まったとき、助けたくなってしまうかもしれませんが、それでは相手が話をまとめる邪魔になってしまいます。相手が自分の言葉で話せるように、じっと待ちましょう。

10.5W1Hで話を広げる

画像4

聞き上手になるには、相手の話を広げるための質問をすることも大切です。しかし、答えが二者択一のものや、YESかNOで終わるクローズドクエスチョンでは、話がそれ以上広がりません。

そこで会話を広げるために、相手が自由に答えられるオープンクエスチョンを使いましょう。オープンクエスチョンの基本となるのが5W1Hです。

5W1Hとは英語の授業で習ったWho(だれが)When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)のことです。

たとえば「昨年〇〇へ旅行に行ったよ」という話には「誰と行ったの?」(Who)、「何月に行ったの?」(When)、「〇〇のどの辺りに行ったの?」(Where)、「何が楽しかった?」(What)、「どうして〇〇に行ったの?」(Why)、「どうやって行ったの?」(How)というようにすると会話が広がります。

聞き上手になるためにやってはいけないNG行動

聞き上手になるためには控るべきNG行動があります。会話中についやってしまいがちなことばかりなので、気をつけましょう。

相手の話を遮る

相手が話している最中に「それってどういうことかな?」と疑問に思うこともあるでしょう。しかし話の途中で質問をすると相手は話を中断するはめになり、イライラさせてしまうことがあります。

また、相手が話しているときに「それは違う」と思っても、話を遮って反論するのもNGです。言いたいことがあっても最後まで話を聞くようにしましょう。

さらに相手が話している最中に結論が読めてしまうこともあります。しかし「わかった!つまり〇〇だよね」と先回りして言ってしまうと相手はガッカリするでしょう。いくら先が読めてしまっても、相手に気分よく話してもらうために口を挟まないようにしておきましょう。

自分の話にすり替える

相手の話を自分の話にすり替えてしまうと、楽しい気分を台無しにしてしまうこともあります。たとえば次のようなケースです。

Aさん「今年の夏は2泊3日で北海道旅行に行ったよ」

Bさん「私も旅行に行ったよ。私は1週間休みが取れたから友達とハワイに行ったんだけど、やっぱりハワイって楽しいよね…」

このように相手の話を自分の話にすり替えてしまうと、相手は自分の話ができなくなり、不機嫌になってしまうかもしれません。聞き上手になるためには自分の話より相手の話を聞くことに集中しましょう。

聞かれもしないのにアドバイスをする

画像5

悩みを打ち明けられたとき、ついアドバイスをしたくなるかもしれません。しかし相手は悩んでいるとしても、必ずしもアドバイスを求めているわけではないのです。「それは大変だったね」「大丈夫?」「よく頑張っているね」などのような共感を求めている場合も多いのです。

とくに女性の場合はアドバイスよりも共感を望んでいることが多いので、男性が「もっと〇〇した方がいいんじゃない?」とアドバイスをすることで不機嫌になってしまうこともあります。アドバイスは聞かれたときだけにしておきましょう。

聞き上手になれば初対面でも仲良くなれる

会話に自信がない人は、「話が弾まなくて沈黙が訪れたらどうしよう…」と出会いに消極的になってしまいますね。しかし、コツを覚えて聞き上手になれば、会話も弾みコミュニケーションに自信がもてるようになるでしょう。

聞き上手になったあなたなら、きっと初対面の相手でも話が盛り上がるはずです。さっそく、出会いの場に出かけてはいかがでしょうか。

すてきな異性と出会いたい人にはPREMIUM STATUS PARTYがおすすめです。男性の参加者は大手企業や外資系企業、医師や公務員などハイステイタスな方限定、女性の参加者はOLや看護師、美容系の方が中心です。婚活パーティーでは大勢の異性と会話する機会がありますが、「また会いたい」と思えるのは話が弾んだ相手ですよね。男性も女性も自分の話を聞いてほしい人が多いので、一方的に自分の話をする人より聞き上手の人の方が好感を持たれます。

聞き上手になって、PREMIUM STATUS PARTYですてきな出会いを見つけてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介