デート成功術

社会人カップルの理想のデート頻度を知りたい!長続きしているカップルは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会人になると、仕事が忙しくて学生の頃のように気軽にデートできなくなる人も多いでしょう。もっと会いたいのに月に数回しかデートできなくて、寂しさや不安を感じる人もいるでしょうね。しかし、デートの頻度は多ければいいというわけではありません。デートの頻度が低いことには、意外とメリットもあるものです。

今回は社会人カップルの理想のデート頻度をご紹介します。また、長続きしているカップルのデート頻度についてもお伝えします。あまりデートできなくて悩んでいる人も、長続きさせるコツがありますので、ぜひ参考にしてください。

社会人カップルの理想のデートの頻度は?

社会人になると学生の頃に比べて自由な時間が減り、平日のデートは時間的に厳しくなります。好きな人とはできるだけ一緒に過ごしたいものですが、お互いにムリのない頻度で会えるのが理想ですね。

特に付き合い始めの頃は頻繁に会いたくなるかもしれませんが、時間がたてばデートの回数は減ってくるものです。初めから時間を作るのに無理をしていたら、デートの回数を減らしたときに相手が不安になるかもしれません。そのため、付き合い始めたばかりでも、頻繁に会いすぎないほうが長続きしやすいでしょう。

それでは社会人カップルのデート頻度はどれくらいが理想なのか考えていきましょう。

週に1〜2回

社会人の約半数が、デートは週に1〜2回が理想的と答えています。平日は仕事に専念し、休日にデートというパターンが多いでしょう。できるだけ一緒にいたいカップルは、土日の2日間をデートに費やしたくなるでしょうね。

また、週休2日でも1日は趣味を楽しんだり、ゆっくり過ごしたりして1人の時間を過ごしたいという人も。そのような人も週に1回なら無理なく会えるでしょう。

2週間に1回

付き合い始めの頃はできるだけ時間を作って会っていても、時間がたてばだんだん落ち着いてきます。そのようなカップルの理想のデートの頻度は2週間に1回程度。

付き合っているのにデートの頻度が2週間に1回では寂しいと感じる人もいるかもしれません。しかし、仕事の休みが少ない人や、仕事が忙しすぎて休日は寝ていたい人にも無理がないのが2週間に1回のペースかもしれませんね

あまり頻繁にデートしすぎると、窮屈に感じることがあるため、2週間に1回くらいなら、毎回新鮮なデートが楽しめるでしょう。

月に3回

週に1回よりやや少ないペースを理想とする人もいます。自分の時間を大切にしたい人や、友達づきあいをおろそかにしたくない人は、月に3回のペースが理想なようです。「毎週必ず会う」と決めるとデートが義務になってしまうので、デートしない週があっても2人の関係が揺るがないくらい信頼し合っているカップルは、このくらいでちょうどいいと感じるようです。

月に1回

お互いに多忙であれば、デートは月に1回くらいでいいというカップルもいます。また、相手の転勤などで遠距離恋愛になったカップルは頻繁に会うと経済的にも負担が大きいため、月に1回くらいがちょうどいいようです。なかなか会えないのは寂しいですが、会えない間に相手を思う気持ちが高まるため、月に1回のデートではすてきな時間を過ごせるでしょう。

実はデートの頻度が低い!長続きカップルの特徴

長続きカップルはデートの頻度が低い傾向です。お互いのことを信頼しているため、頻繁に会わなくても愛情が冷めることはないのでしょう。長続きカップルの特徴をみていきましょう。

頻度に縛られず会えるときに会う

長続きカップルは、デートの回数を気にしません。お互い会えるときに会えばいいという考えなのです。そのため「無理して時間を作ってくれて申し訳ない」と思うこともなければ、「頻繁に寂しいと言われて煩わしい」と感じることもありません。

ストレスのないお付き合いをしているので、長続きするのです。自分も無理しないし、相手にも自分に合わせるように要求することはありません。

ひとりの時間を大切にする

長続きカップルは、お互い相手に依存せず、一人の時間を大切にしています。相手が忙しいときは、趣味を楽しんだり、友達に会うなど、好きなことをして楽しみます。無理して会う時間を作るより、一人の時間を大切にするのが長続きする秘訣でしょう。

デートできないからといって頻繁に「会いたい」「寂しい」とLINEすることもありません。長続きカップルは、お互いに自立しているため、相手のことを尊重できるお付き合いができます。

デートの回数が少ないことのメリット

デートの回数が少ないと、相手の気持ちが離れてしまわないか心配になる人もいるでしょう。しかしデートの回数は重要ではありません。デートの回数が少ないことにも以下のようなメリットがあります。

マンネリにならない

付き合い始めたばかりの頃は何もかもが新鮮で、ずっと一緒にいたいと思うでしょう。しかし、毎日のように頻繁に会っていたら、すぐに相手に飽きてしまうかもしれません。また、頻繁にデートしていると、行きたかった場所に行き尽くしてしまい、デートプランが思いつかなくなる可能性があります。

デートの回数が少なければ、会いたい気持ちがつのるため、デートの前日はいつもワクワクするでしょう。相手に話したいこともたくさんあるため、毎回新鮮なデートを楽しめます。一緒にいる時間を大切にできるので、マンネリを回避できるでしょう。

1回のデートを大切にしたくなる

「いつでも会える」と思うと、手抜きデートになることもあります。しょっちゅうデートしていると出費もかさむため、毎回おうちでゴロゴロするだけのデートになるかもしれません。

しかし、デートの回数が少なければ、1回のデートを大切にしたくなります。貴重な時間を無駄にしないようにデートプランを考えるため、毎回充実した時間を過ごせるでしょう。

趣味など自分の時間が作れる

休日はデートが当たり前のようになると、趣味を楽しむ時間もなくなります。趣味を理由にデートを断れば、相手が不審に思うかもしれません。デートの回数が少なければ、趣味など自分の好きなことをする時間を確保できます。大切な趣味がある人は、恋人ができても趣味の時間を確保することで、充実した日々を過ごせるでしょう。

結婚が近づく可能性もある

頻繁にデートしていると「いつでも会える」と思うため、今の関係に不満を感じず現状維持が続きます。しかし、仕事が忙しくてなかなか会えない場合、「結婚すれば毎日会える」という思いから、結婚を早く意識するケースもあります。

転勤をきっかけに結婚を決めるカップルも多いですよね。忙しくてなかなかデートできなければ「もっと一緒にいたい」という気持ちから、婚期が近づく可能性があります。

デートの回数が少なくても長続きさせる秘訣

デートの回数が少なくても次のポイントに気をつければ、自然消滅のリスクを減らせます。会えない日が続いても、気持ちがすれ違ってしまわないための秘訣をご紹介します。

LINEや電話で連絡を取る

仕事が忙しくてなかなかデートの時間を確保できなくても、自宅に帰って少しくらいは電話やLINEの時間を取れるのではないでしょうか。あまり会えなくても、定期的に連絡を取り会えば、相手のことを意識できます。

どうせしばらく会えないからといって連絡もしなければ、お互いに相手のいない生活に慣れてしまい、自然消滅しかねません。特に用事がなくても今日の出来事を話すなど、連絡は絶やさないようにしましょう。ときにはビデオ通話を利用して、リモートデートしてみてはいかがでしょうか。顔を見ながら会話できれば、会えなくてもつながりを感じられます。

LINEの返信はなるべく早く返す

忙しくてLINEの確認や返信をすぐにできないときもあるでしょうが、なるべく早く返信するように心がけましょう。相手は寂しさを感じているかもしれません。それなのにLINEの返信がなければ、気持ちが冷めたのではないかと心配させてしまうでしょう。

たわいもない内容であっても、返信があまりにも遅いと不安にさせてしまいます。可能な範囲でなるべく早く返信するように心がけてください。

デート中はコミュニケーションを大切にする

大切なデートの時間に愚痴ばかり聞かせては、相手をがっかりさせてしまうかもしれません。それよりも「会えて嬉しい」「楽しみで眠れなかった」など、相手が喜ぶ言葉を伝えることで、相手も「もっと会いたいな」と思ってくれるでしょう。

デートの頻度が低ければ、会話のネタも尽きません。コミュニケーションを大切にして、笑顔が絶えない充実したデートにすれば、回数は少なくてもデートへの満足度は上がります。「できるだけ笑顔で過ごす」「スマホはマナーモードにしてできるだけ触らない」といったことに気をつけて、内容の濃いデートにしましょう。

不満があれば話し合う

お互いに忙しいのであれば、デートの回数が少なくても仕方ないと納得できます。しかし、どちらか片方だけが忙しい場合、相手に寂しい思いをさせてしまうでしょう。

2人の間で理想のデートの回数にズレがあると、不満がつのり長続きしなくなるかもしれません。デートの回数に不満があれば話し合うようにして、解決方法を見つけましょう。

たとえばデートの回数が低いのは、金銭的な負担が理由の場合もあります。デートは交通費や食事代、映画や施設の入場料など、何かとお金がかかるものです。相手が金銭的な理由であまりデートしたがらない場合は、お金のかからないデートを提案してみてはいかがでしょうか。

また、仕事が忙しいことが理由であまりデートできない場合は、LINEや電話で寂しさを感じさせないようにしましょう。自宅や職場が近いなら、仕事の後に1時間くらい会うだけの短時間デートを取り入れるのもいいでしょう。

2人が望む頻度が一致すればよいのですが、必ずしもそうはいかないカップルもいます。まずは2人で冷静に話し合い、お互いに負担がない最適な頻度を見つけましょう。

まとめ

社会人になって思うようにデートの時間が取れず、焦りや寂しさを感じている人も少なくないでしょう。しかし社会人カップルは、デートの回数よりも内容が大切です。会えたことを喜び、一緒に楽しく食事をしたり、会話を楽しんだり…。ドライブやショッピングもいいですし、たまにはおうちデートでリラックスして過ごすのもよいでしょう。回数にこだわらず、内容の濃いデートを楽しんでください。

現在デートの相手がいない人は、婚活パーティーに参加してみてはいかがでしょうか。Light Up Party創業12年で100万人以上も参加した信頼の婚活パーティーです。男女とも本人証明書の提示が必須で、企画によっては名刺などの資格証明書とのダブルチェックをおこなっているため、安心して出会いを探せます。

コロナ禍でも安心してご参加いただけるように、感染症対策も徹底しています。社会人になって出会いが少なくなった方は、ぜひご参加ください。

デートは回数にとらわれすぎず、会える時間を大切にすることで、お互いへの愛情も深まります。頻繁に会いすぎないことは、マンネリ回避というメリットも!社会人カップルのデートは無理のない回数にすることで、仕事も恋愛もどちらも順調に進むでしょう。ぜひLight Up Partyで、すてきな出会いを見つけてください。

=>身分証Wチェックで安心な「Light Up Party」のスケジュールを見る

あなたとの出会いを心待ちにしている異性がいます!

ライトアップ記事の読者も多数参加中!初参加や、お1人参加が多いので、「初めての婚活」には最適!また、Light Up Partyは、男性がハイステータス専門。本人身分証や資格証明書も100%提示保証で、質の高い安心安全な出会いを提供しております。現在は、三密対策に配慮し、マスク着用・対面パネルを使って1対1で全員と着席で会話するStyleを採用中。コロナ禍でも安心して参加頂けてると好評を頂いております。是非、お気軽にご参加下さいませ♫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介

×BannerBanner