恋人 恋愛

熱しやすく冷めやすい男性の「特徴」と「長く付き合うコツ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像1

熱しやすく冷めやすい男性と付き合っていて、うまくいかないことが多く悩んでいるという方は多いのではないでしょうか。

いつも彼氏の気分に振り回されたり、時には付き合っているのにそっけない態度を取られたりすることが多くなって……「私って本当に愛されてるのかな?」と不安になることも増えるでしょう。

ですが、「熱しやすく冷めやすい」というのは単に性格の傾向の一つであり、特徴や行動パターンを理解すれば熱しやすく冷めやすい男性とうまく付き合っていくコツもつかめるものなのです。

気になる人が気まぐれな性格で付き合おうかどうか悩んでる…
彼氏が熱しやすく冷めやすい性格で付き合い方に悩んでる…

そんな思いで日々悶々としている人は、まず以下に紹介する熱しやすく冷めやすい男性の特徴をつかんで、彼と長く付き合うコツについて理解を深めていきましょう。

熱しやすく冷めやすい男性の攻略法は彼をよく知ること

画像2

熱しやすく冷めやすい男性と行動をともにするのは、相手の都合や考えに振り回されることも多くなり、なかなか気苦労の絶えないことです。

そんなときは「彼のことが分からない」と歩み寄ることを放棄するのではなく、むしろ「彼はなんでこんな熱しやすく冷めやすい考え方なんだろう」と知ろうとすることが大切です。

相手の思考・行動パターンをよく知っているということは、相手との接し方やすれ違いがあったときの対処法も心得ているということです。

熱しやすく冷めやすい男性に対して苦手意識を持つ女性は意外と多く、そんな男性を彼氏に持つと、彼のことが分からない悩みから別れすら考えてしまうこともあります。

しかしまずは別れを考える前に、相手が普段どんなことを考え、そしてなぜそんな考え・行動を取りたがるのか……理解を深めてみましょう。

あなたの「熱しやすく冷めやすい行動について知る姿勢」が、何よりも相手と長く付き合うコツにつながります。

熱しやすく冷めやすい男性の特徴

画像3

理屈よりも自分の気分を優先するところがある

熱しやすく冷めやすい男性は、「一度決めたことは守るべき」「ルールを乱さないようにする」といった一般的な考え方よりも、自分の気分や衝動を優先するところがあります。

そのため待ち合わせの時間になっても約束の時間に現れず、連絡してみたら「面倒臭くなった」「やっぱり違うところに行きたい!」と突然言い出すこともしばしば。

正直、彼のことを理解していないうちは、そんな彼の気分に振り回されて苦労することも多くなるでしょう。性格的に合わないと感じる人もいるかもしれません。

自分の気分を優先するため、日常的によく見られる彼の特徴や傾向としては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

  • よく物を衝動買いする
  • 計画的な行動が苦手
  • 「明日行こう」など突然の誘いが多い
  • ドタキャンもしばしば

確かに以上のような行動が日々多ければ、私って本当に愛されてるのかな……と悩むのも当然のことです。彼の性格との向き合い方は、早急に解決しなければいけない問題です。

飽き性なのではなく……興味の幅が広い

熱しやすく冷めやすい男性は、一見、飽き性のように感じられるかもしれません。

しかし熱しやすく冷めやすい=飽き性と決めつけてしまうのはあまり良くないことです。なぜかというと、飽き性なのではなく、単純に興味の幅が広く好奇心旺盛という場合も大いにあり得るからです。

実際、多趣味な男性は、熱しやすく冷めやすい性格の傾向がよく見られるといいます。普段からあらゆるものへの興味が尽きないため、多くの分野に手を出したがるのでしょう。そのため興味の幅が広いがゆえに、

  • 趣味が多くいろいろなところに行きたがる
  • 話題が尽きない
  • 転職を繰り返すことも
  • 好みが変わりやすい

などの行動が普段から見られることが多いです。熱しやすく冷めやすい彼の考えに振り回されて大変!と思う人もいるかもしれませんが、見方を変えれば、彼はさまざまなことに興味を持てる性格ということ。一緒にいれば、たくさんの話が聞けて楽しみが増えるのも事実なのです。

マンネリが嫌いで常に刺激を求める

お伝えしてきたように、熱しやすく冷めやすい男性は好奇心旺盛で常に新しいものを求めるところがあります。そのため、マンネリすること、安定することを性格的に好まない傾向があります。

常に刺激を求めたいからこそ、新しいものを知って自分の好奇心を満たしたいのでしょう。

よく熱しやすく冷めやすい男性は「浮気をしやすい」と言われる傾向がありますが、それはマンネリが嫌いだからです。今の関係にマンネリや行き詰まりを感じてしまうと、熱しやすく冷めやすい性格の男性は、確かに別の女性に関心を持ちやすくなります。

そのため、対処法の詳細は後述していきますが、熱しやすく冷めやすい彼とうまく付き合っていくためにはマンネリしない関係を作っていくことが何よりも大切になります。

恋愛に対するマメさは時と場合によって変わる

熱しやすく冷めやすい男性は、恋愛に対する情熱の高さも、そのときによって変化していきます。

自分の中で恋愛熱が高いときはとてもマメで、彼女にもたっぷり愛情を注いでくれるでしょう。しかしたちまち恋愛熱が下降気味になると、どちらかといえばそっけない態度を取ったり、趣味や仕事の方を優先しがちになったりします。

「この前まであんなにマメだったのに、なんで今はこんなにそっけないの?」と悩みに感じることもあるでしょう。しかしこれは、ある意味プラスに捉えることもできます。

なぜなら、熱しやすく冷めやすい人ほど態度や分かりやすい人はいないからです。

正直、誰にでも恋愛に対して少し熱が冷める時期はありますよね。しかしなかなかその感情を表に出せず、我慢してストレスを溜めてしまう人は多いものです。

しかし熱しやすく冷めやすい彼なら、その感情を素直に出してくれます。恋愛に対して冷め気味なときでもその感情を我慢されることがないため、それに合わせた接し方が自分でもできるようになります。

熱しやすく冷めやすい男性と長く付き合うコツ

画像4

実は彼自身も自分の性格に悩みを抱えている場合も……

熱しやすく冷めやすい性格に合わせることは、慣れないうちは確かに疲れます。「なんでそんなに気分屋なの?もっと私のことも考えてよ!」とつらく当たってしまいそうになることもあるかもしれません。

しかしいきなり彼の行動を責め立てるようなことはしないようにしましょう。実は、彼自身にもそんな自分の熱しやすく冷めやすい行動や考えを「直さなければいけない」と感じている部分があるからです。

自分のコンプレックスを、周りから強く責められるのはつらいですよね。彼だって、もっと彼女のことをしっかり大切にしなければいけないことも、頭では分かっていることでしょう。

だからこそまずは彼の熱しやすく冷めやすい性格を受け入れて、ドタキャンや遅刻などのどうしても嫌な部分は丁寧に嫌だと伝えることが大事になってきます。

相手の良いところはしっかり褒めることが大切

そして相手の良いところはしっかりと褒めるようにしましょう。熱しやすく冷めやすい性格は、あくまで性格の傾向の一つであり、長所もあれば短所もあります。彼と付き合っていくなら、彼の性格の良いところは彼女としてしっかり見いだしていかなければいけません。

「たくさん趣味があってカッコいいね」「〇〇君ってなんでも知ってて話してると面白いね」など、彼の性格ならではの良いところは積極的に褒めていきましょう。

男女の付き合いは、相手の人格を尊重すること、相手を褒めることでうまくいきやすくなるものです。それは、彼氏が熱しやすく冷めやすい性格でも同じなのです。

相手の興味関心に目を向ける姿勢を持つ

「また始まった…」と彼の移り変わる興味関心にうんざりするようなことはせず、時には「なになに?今はどんなことにハマってるの?」とこちらからも彼の趣味や好きなことに興味を示していくことも大事なことです。

興味の幅が広い彼にとって、自分の興味関心を彼女と共有できることはとてもうれしいことです。

彼と趣味や好きなことで話を共有することができれば、普段から話も盛り上がりやすくなります。

熱しやすく冷めやすい男性と付き合いがうまくいかないと感じるのは、普段から彼と話を合わせていく・物事を共有していくなどの姿勢が足りていないことが原因になっている場合も多いです。

恋人同士ですから、何だって話題を共有していけるのが一番ですよね。自分からも積極的に新しい発見を彼に共有していけば、好奇心旺盛なら彼ですから、前向きに興味を示してくれるはずですよ。

マンネリ厳禁!常に楽しめる恋愛を意識

画像5

熱しやすく冷めやすい男性と付き合ううえで、やはり一番気をつけたいのはマンネリです。お伝えしてきたようにマンネリを嫌う性格の傾向はかなり強いので、

  • 最近デートを全然しなくなってきた
  • 出かけたとしてもいつも同じような場所
  • 愛情表現をしなくなってきた
  • いつも同じ曜日・時間にしか会わない

などのマンネリの空気を感じるような状況は極力避けたいところです。マンネリが続くと、彼は別の女性に目を向け始めてしまうかもしれません。

実践したい対策としては、

  • デートにはバリエーションを持たせる
  • 愛情表現は日々大事にする
  • 会う頻度・日時はマンネリさせない

などのことを普段から大切にしていきましょう。特にデートに関しては付き合いが長く続いてくるとマンネリ化して、食事しか行かない、お互いの家に行くだけといった状況に陥るカップルは意外と多いので気をつけてくださいね。

まとめ

熱しやすく冷めやすい男性と長く付き合うには、まず彼の特徴について理解を深め、彼と積極的に歩み寄っていく姿勢を持つことが大切になります。

「彼は気まぐれな性格だから……」と歩み寄るのを諦めてしまっていませんか?そんな姿勢こそが、付き合いの長続きを妨げてしまうのです。

  • 熱しやすく冷めやすい性格の長所を褒める
  • マンネリしない恋愛を心がける
  • 興味関心を共有して話を盛り上げる

特にこの3つのポイントは大事にしたいところですね。

また、情熱的な人と付き合ってみたい、そもそも出会いがない……という人は、結婚にもつながる出会いの場として婚活パーティーで出会いを探してみるのがおすすめです。

「PREMIUM STATUS PARTY」なら、さまざまなことに興味関心が示せる素敵な男性との出会いがあります。あなた自身も趣味がたくさんあり、話上手な人が好きなら、きっと気の合うお相手が見つかるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介