出会いの探し方 出会い・婚活

【再婚したい!】バツイチ女性が婚活する上で大切なこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像1

バツイチ女性の中には、「そろそろパートナーを探して再婚したい」と思いながらも「バツイチだから簡単には見つからないかも?」と不安な気持ちを抱えている人も多いのではないでしょうか。しかし離婚歴に寛容な男性は決して少なくありません。今やバツイチ・シングルマザーは珍しいことではなく、自分が離婚歴を気にしすぎることで、再婚を遠ざけていることもあるものです

この記事では、バツイチ女性が婚活するうえで大切なポイントをご紹介します。また、子どもの有無によっても気を付けるポイントが異なりますので、子どもなしのバツイチ女性とシングルマザーが注意するポイントをそれぞれ解説します。

ぜひ前向きな気持ちで人生のパートナーを探してください。

バツイチ女性の強みとは

好きになってしまえば、相手の離婚歴に寛容な男性は少なくありません。しかし、離婚歴がどうしても気になる人がいるのも事実です。とくに結婚となると本人たちだけの問題ではないため、相手の両親が反対するケースもあります。そのためバツイチ女性は結婚歴がない女性に比べると不利であることは否定できない事実です。

ただし、バツイチ女性ならではの強みもあり、その点を魅力に感じる男性がいることも確かです。まずは初婚女性にないバツイチ女性ならではの魅力について見ていきましょう。

結婚に対して現実的な考えを持っている

バツイチ女性は一度結婚生活を経験していますので、結婚に対して非現実的な憧れをあまり持っていません。その点はバツイチ女性の大きな強みといえるでしょう。

初婚の女性の中には結婚生活への憧れが大きすぎる人もいます。実際に結婚生活を送るようになると、夢見ていた結婚生活とは大きく違い、「こんなはずでは…」と思うことも多々あるはずです。結婚して一緒に生活するようになると、夫のだらしなさが気になって幻滅することもあるかもしれません。

しかし、バツイチ女性には一度経験があるため、結婚生活や結婚相手に対して過度な期待をしていません。そのため相手に対して不満を持つことが少なく、男性にとっては居心地がよい家庭を築ける可能性が高いのです。

失敗経験を生かせる

画像2

一度結婚に失敗した経験を生かせるのもバツイチ女性の強みとなります。そのためには、なぜ離婚することになったのか、すべてを相手のせいにしてしまわずに反省することが大切です。

結婚生活を振り返ってみると「もっと〇〇していたら」「〇〇しなければ」「あんなことを言わなければ」と反省する点が出てくるはずです。再婚したときは失敗経験を生かすことによって、穏やかで幸せな結婚生活を送れることでしょう。DVや浮気、モラハラなど相手にかなり問題があった場合は、なぜそのような男性を選んだのか振り返り、同じタイプの男性を再び選ばないことで失敗を繰り返さずにすみます。

実際に自分で失敗を経験しないとわからないこともあります。結婚生活を一度経験したことは、バツイチ女性の大きな強みとなるでしょう。

落ち着いている

初婚女性の場合、理想の結婚と現実が違いすぎると、結婚して早々に「もう離婚したい」と思うかもしれません。しかし、バツイチ女性は理想と現実は違うことをすでに経験済みです。どのような行動が夫婦の仲を修復不可能なまでに崩壊させるかわかっているため、思い通りにいかないことや夫婦間の問題があるときも落ち着いて冷静に対応できます。

バツイチ女性が婚活するときのポイント

バツイチ女性と一口にいっても、子どもがいるシングルマザーと子どもがいない人では全く状況が異なります。それぞれ婚活するときのポイントをご紹介します。

子どもなしバツイチ女性の場合

離婚経験は気にしなくても、子どものことは気になる男性もいるものです。そのためバツイチでも子どもがいない女性は比較的結婚への支障が少ないといえるでしょう。

それどころかバツイチ女性に魅力を感じたり、「自分が幸せにしてあげたい」と思ったりする男性もいます。子どもなしのバツイチ女性に男性は次のような魅力を感じるようです。

  • 結婚生活に現実離れした理想を思い描いていない
  • 自立して生活力がある
  • 家事ができる
  • 子どもがいないので新婚生活を楽しめる

離婚歴に偏見を持つ男性やその家族もいるでしょうが、子どもなしであれば、あまり気にならない人も多いようです。それでは子どもがいないバツイチ女性の婚活で、気をつけておきたいポイントを解説します。

ポジティブでいること

離婚したことをクヨクヨしたり、バツイチであることを引け目に感じすぎたりすると、男性も気を使ってしまいます。離婚の原因をすべて元夫のせいにして、愚痴ばかり言っていては、男性が寄りつかなくなってしまうでしょう。

元夫の行動や性格に問題があって離婚したのだとしても、自分にも反省する点があると考えたら、愚痴ばかりにならないはずです。離婚を乗り越えて前向きに生き生きとしていれば、男性には魅力的に映るでしょう。

自分磨きを忘れない

画像3

バツイチになったからといって、自分磨きを怠っていては、男性に魅力が伝わりません。男性との出会いがあったとき、外見は第一印象に大きく影響するため、自分磨きを忘れないようにしておきましょう

また、読書をして視野を広げたり、料理の腕を磨いたりして、自分の魅力を高めることもおすすめです。男性との出会いがあったとき、「結婚したい」と思われるように、日頃から自分を磨いておきましょう。

シングルマザーの場合

子どもを抱えたシングルマザーは、子どもがいないバツイチ女性よりも結婚へのハードルが高い傾向にあります。なぜなら子どものことを最優先に考えるべきなので、好きな男性ができたとしても、自分の都合だけで結婚できません。

たとえば相手の男性が子どもの父親になる覚悟ができないケースもあります。男性は結婚に前向きでも、男性の両親が反対する可能性もあるでしょう。出会いがあっても結婚に向けて順風満帆とはいかないかもしれません。

また、シングルマザーの貧困が問題になっているように、生活に余裕がないシングルマザーも多いものです。生活に余裕がなければ恋愛や結婚どころではないという人も多いでしょう。

このようにシングルマザーの婚活は簡単とはいえませんが、再婚することで人生を一緒に歩むパートナーができる上に、子どもにとっては父親ができます。出会いがあったときは、焦らずじっくりとお付き合いして、パートナーにふさわしい相手か見極めてください。

それではシングルマザーが婚活をするときのポイントを見ていきましょう。

見た目に気を配る

シングルマザーは仕事と家事・育児に追われ、毎日が多忙です。とくに小さな子どもがいるシングルマザーは、忙しくて自分のことは後回しになってしまう人もいるでしょう。しかし、再婚を考えるなら、見た目にも気を配る必要があります。子育て真っ最中の方は、どうしても動きやすい服や靴、邪魔にならない髪型など、外見に生活感が出やすいため、ほんの少しでもオシャレをして外見に気を配ってみましょう

まずは子どもがいることを受け入れてもらう

出会った男性に子どもがいることを打ち明けないまま恋愛関係に進展することがあるかもしれません。しかし、結婚を考えるなら必ず通らなくてはいけない道なので、相手の男性にシングルマザーであることを伝え、受け入れてもらいましょう。

相手の男性は血がつながっていない子どもを自分の子どもとして愛せるか、すぐに答えは出せないかもしれません。彼が子どももあなたも大切にできると判断したら、結婚を前向きに考えましょう。

子どもに伝えるタイミングに注意する

再婚を考えるなら、子どもにも伝えなくてはいけません。子どもの意見を無視して結婚話を進めるのはNGです。子どもにも意見を聞いてから再婚話を進めてください。もし子どもが反対した場合は、強引に結婚するのではなく、話し合いを続けていきましょう。

また、小さい子どもなら母親が再婚して新しいお父さんができることを受け入れやすいでしょうが、思春期の子どもは母親の再婚を簡単に受け入れられない可能性もあります。十分に時間をかけて理解してもらわなくてはなりません。

すぐに子どもに会わせない

結婚を前向きに考えられる男性と出会ったとき、やはり気になるのは「子どもがなつくか」「子どもをかわいがってくれるか」ということです。早く仲良くなってほしいという焦りから、すぐに子どもに会わせようとする人もいるでしょうが、男性には心の準備が必要です。

シングルマザーであることを理解してくれたとしても、いざ子どもに会ってみると「やはり父親になる決心がつかない」ということもあるものです。子どもと会わせることを焦らず、じっくり交際期間をとってから会わせるようにしましょう。

彼に母親の顔も見せておく

画像4

再婚を考えている男性には、一人の女性としての顔だけでなく、母親としての顔も見せておきましょう。恋人に見せる顔と子どもに見せる顔は違うものです。恋人に対しての顔しか見せていなければ、あなたが子どもと接するときの顔を見て違和感を持つかもしれません。

素の自分を受け入れてもらうためにも、彼には母親の顔を見せておくことをおすすめします。

シングルファザーを選ぶという方法も

子どもがいることで婚活が順調に進まない場合は、シングルファザーを選ぶという方法もあります。お互いに離婚を経験している点や、子育てに奮闘している点など共通点があるので意気投合できるかもしれません

シングルファザーとの再婚を考えるときは、子ども同士が仲良くできそうかということもポイントにしましょう。

バツイチ女性におすすめの婚活方法

バツイチ女性はどんな方法で婚活するのがよいのでしょう?特にシングルマザーは職場と保育園、自宅を行き来するだけで男性との出会いが少ないかもしれませんので、自然な出会いよりも婚活サービスを利用した方がいいかもしれません。バツイチ女性におすすめの婚活方法をいくつかご紹介します。

婚活アプリ

画像5

婚活アプリはバツイチ女性におすすめの婚活方法です。好きな時間に利用できるため、仕事や育児が忙しい人でも利用しやすいでしょう。プロフィールに離婚歴があることや、シングルマザーであることなどを書いておけば、バツイチ・シングルマザーOKの人しか連絡してきません。

もしプロフィール欄に書いておかなかったら、男性会員からの連絡は多いかもしれませんが、バツイチであること、子どもがいることなどを伝えたとたんに連絡が途切れるケースもあるようです。そのような時間と労力のムダを省くためにも、プロフィール欄には正直に書いておくことをおすすめします。

婚活パーティー

今やマッチングアプリでの出会いが当たり前となってきましたが、顔を合わせたことがない相手とメッセージのやりとりをすることに抵抗がある人もいるでしょう。そのような方には、婚活パーティーへの参加をおすすめします。

バツイチの人やバツイチに理解のある人向けの企画が開催されることもありますので、離婚歴があることがマイナスにはなりません。バツイチ同士の出会いがあれば、お互いのことを理解しやすいため、再婚の話がスムーズに進展するかもしれません。

結婚相談所

バツイチや子連れの再婚を応援する結婚相談所や、シングルマザー向けの割引プランを設定している結婚相談所があります。結婚相談所は離婚経験がある会員も一定数いますし、相談ができるアドバイザーがいる点も心強いでしょう。

他の婚活方法に比べると費用は高いですが、本気で再婚を考えている人は、結婚相談所を利用してバツイチに理解あるパートナーを探してみてはいかがでしょうか。

まとめ

バツイチであることが結婚に不利だと考え、再婚を諦めてしまっている人もいるかもしれません。また結婚につながりそうな出会いがあっても、再婚に慎重になってしまう人もいるでしょう。

しかし、バツイチならではの強みを魅力に感じる男性もいますので、離婚経験がある女性も再婚相手となるパートナーを探してみてはいかがでしょうか。

すてきな出会いを探している女性におすすめなのが、Light Up Partyです。創業12年で100万人以上が参加している安心の婚活パーティーなので、出会いに慎重になりがちなバツイチ女性も安心して参加していただけます。Light Up Partyでは、男女ともに免許証などで本人確認をおこなうだけでなく、男性には名刺や社員証といった資格証明書のご提示も必須としています。このような身分証のWチェックをおこなうため、女性の方にはとくに安心してご参加いただけるでしょう

また、LINEでの恋愛無料相談もおこなっていますので、パーティーに関するご質問からパーティーで出会った異性との交際に関する相談までお受けしています。バツイチ女性が婚活するにあたって「安心感」は重要なポイントとなるはずです。安心して参加いただくことをコンセプトにしたLight Up Partyで、すてきなパートナーを見つけてくださいね。

=>身分証Wチェックで安心な「Light Up Party」のスケジュールを見る

あなたとの出会いを心待ちにしている異性がいます!

質の高い異性とすぐに出会いたい場合、一番効率的なのは婚活パーティーです。Light Up Partyは、男性ハイスペック専門の社会人向け婚活パーティーです。三密対策に配慮し、マスク着用・対面パネルを使って1対1で全員と着席で会話するため、コロナ禍でも安心して参加頂けます。質の高い出会いを求める方、真剣な交際相手を希望する方、婚活目的の方にはオススメ。本人身分証や男性資格証明書も提示100%で安心です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介