モテテク・印象アップ術

告白の返事待ちはいつまで?連絡してもOK?保留にする女性心理を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

思い切って告白したのに、女性から「少し考えさせて」と返事を保留にされることもあるものです。断られたわけではありませんが、返事をいつまで待てばいいのか、返事の催促をしていいものなのか気になりませんか?この記事では、女性が告白の返事を保留にする心理や、返事の待ち方、返事待ち中のNG行動を解説いたします。

返事を保留にする女性心理

勇気を出して告白したら、その場でOKの返事をもらえるのが一番嬉しいものですが、「少し考えさせてください」と返事を保留されることも珍しくありません。その場で返事ができない女性心理について考えてみましょう。

突然の告白に驚いた

相手の男性が自分に好意を寄せているとはまったく思っていなかったので、突然の告白という予想外の展開に驚き、すぐに返事できないケースがあります。日頃から相手の好意に気づいていたら「告白されるかも?」と心の準備もできますが、そうでない場合はいきなりの告白に戸惑い、とっさに答えられなくて返事を保留してしまうのです。

この場合、いい返事がもらえるかは相手の表情である程度想像がつきます。嬉しそうな表情や恥ずかしそうな表情は脈ありの可能性大ですが、困った表情を見せた場合は脈なしかもしれません。

本命ではないため考えたい

相手の男性のことが本命ではない場合、付き合うかすぐには決められないので、返事を保留にすることがあります。嫌いではないけれど好きというほどでもない…。そのようなとき、付き合ってみたら好きになれるか相手を見極めるために返事を先延ばしにするのです。

嫌いでなければとりあえず付き合うというのもありですが、慎重な人は軽い気持ちで付き合えないため、簡単には返事ができないのです。この場合は返事を保留されている間に「頼りがいがある」「話がおもしろい」など、一緒にいたいと思える魅力をアピールできたらOKがもらえる可能性が高まるでしょう。

どんな人かよく知らないので見極めてから返事したい

あまり親しくない相手から告白されることもあります。ほとんど話をしたことがない相手から告白された場合、すぐには答えが出せません。

よく知らない相手の場合、付き合う気がなければ保留にせずにはっきり断ることもできます。それなのに「もう少しお互いのことを知ってから決めたい」と言われた場合は期待が持てるでしょう。この場合は焦らずに自分の魅力を知ってもらうのが得策です。

恋愛対象として見ていなかった

男友達に告白された場合、相手を恋愛対象として見ていなかったため、すぐに返事ができないことがあります。友達としては好きであっても異性として意識していなかったため、簡単に答えを出せません。

今の関係を壊したくないので

友達や同僚、先輩・後輩など、すでに良好な関係ができあがっている場合、恋人関係になることに不安な女性もいます。相手のことが好きだとしても、付き合えばいつか別れる可能性もあるのです。もし別れてしまったら、今の関係には戻れません。会社の同僚であれば、毎日顔を合わせるのが気まずくなるでしょう。それくらいなら今の関係を維持した方がいいのではないかと思えてしまい、簡単に返事できないのです。

失恋を引きずっているから

「失恋から立ち直っていない」「元カレを忘れられない」などの理由で、告白の返事を保留にする女性もいます。まだ前の恋愛や片思いの相手に未練があるため、告白にOKしていいか悩んでいるのです。

前の恋愛を忘れるため、別の男性からの告白にOKするのも気が引けます。気持ちを整理するためには少し時間が必要なので、返事を気長に待ちましょう。

恋愛経験が少ないため戸惑っている

恋愛経験が少ない女性は、男性とのお付き合いに興味があってもOKの返事を出すのに勇気が必要です。また、恋愛経験ゼロの女性は男性から告白されることに慣れていないため、「本当に私のことが好きなのだろうか?」と相手の気持ちを疑ってしまうこともあります。

恋愛経験が少なそうな女性に告白するときは、彼女のどこに惹かれたのかを伝えることで、安心してくれるでしょう。

断りきれなくてとりあえず保留にした

OKするつもりはないものの、断りきれなくて保留にする女性もいます。断ると相手を傷つけてしまいそうなので、きっぱり断れないのです。しかし、返事を先延ばしにすればするほど相手に期待させてしまうため、ますます断りにくくなってしまいます。返事をしなければ、その気がないことを察してくれるだろうと考える女性もいるため、結局返事をもらえないなんてこともあります。

即OKすると軽い女性と思われそうなので

好きな男性から告白されたらその場でOKしてもいいのですが、簡単にOKすると軽い女性と思われそうなので、あえて返事を保留にして焦らす女性もいます。告白したときに嬉しそうな表情を見せたのに、その場で返事がもらえなかった場合は、このような心理が働いている可能性があります。

また酔った勢いで告白した場合は真剣に考えていないのかもしれません。彼女に脈ありサインが見られ、両思いと思われるのに返事を保留された場合は、本気で好きなことを伝えておきましょう。

返事待ちの期間はどれくらい?

告白してその場で返事がもらえなかった場合、どのくらい待てばいいのか気になりますね。一般的な返事待ちの目安を知っておきましょう。

一般的には1週間程度

「少し待って」と言われたとき、一般的には1週間程度と考える人が多いです。返事を待つ間は不安なので、できるだけ早く返事がほしいものですが、相手の女性には考える時間が必要なのです。返事を急かさずに待ってあげましょう。

最長で1ヵ月

返事待ちの期間は一般的に1週間程度ですが、相手の女性が忙しくてゆっくり考える時間が取れないケースもあります。1週間待って返事がこないとしても、もう少し待ってみましょう。返事を待つ身としては長く不安な日々ですが、1ヵ月程度は待ってみてください。

もし1ヵ月待っても返事がこない場合は、これ以上待っても返事をもらえる可能性は低いと考えられます。「考えさせて」と言われても、1ヵ月もあればきっと答えが出ているはずです。もしかしたら時間が経ちすぎて、返事がしづらくなっているのかもしれません。または残念ながら、返事を先延ばしして相手が諦めてくれるのを待っているのかもしれません。1ヵ月程度待っても返事をもらえない場合は連絡を入れてみましょう。

返事待ちの間は連絡しない方がいい?

返事を待っている間、自分から連絡するのはOKでしょうか?返事待ちの期間が長くなると、気になって他のことに手がつかなくなる人もいるでしょう。返事待ちの間の行動について考えてみましょう。

基本的には連絡しない

返事待ちの期間は、できるだけ自分から連絡しないようにしましょう。早く返事がほしくて連絡してしまう人もいるでしょうが、いい印象を与えません。返事を急かすことで相手にプレッシャーをかけ、「断ってしまおう」と思わせてしまう可能性もあります。また、しつこく連絡すると「付き合うと大変かも?」と相手の気持ちが離れてしまう可能性があります。早く返事がほしくても我慢して、相手から連絡がくるのを待ちましょう。

連絡する際は告白の件に触れない

連絡を控えたくても、相手との関係性によっては連絡しなくてはいけないときがあるかもしれません。相手が職場にいる場合、返事待ちの期間中も顔を合わせることがあるでしょう。その場合は、普段と変わらないように接してください。ぎこちない態度をとると、相手は返事を待たせていることに罪悪感を持ってしまいます。会話やメールすることがあっても、告白の件には触れないようにしておきましょう。

返事がない場合は1ヵ月を目安に連絡してみる

自分から連絡せずに待っていても、なかなか返事がこないこともあります。その場合は1ヵ月を目安にして、連絡してみましょう。長く待たされたからといってネガティブな発言や、相手を責めるような言い方は厳禁です。

返事待ち中のNG行動

返事を待っている間、してはいけない行動があります。相手に悪い印象を与えてしまうため、次のような行動は避けてください。

返事を急かす

返事を待っている間は1日が長く感じてしまいます。しかし、相手の女性は真剣に考えてくれているので、返事を催促しないようにしておきましょう。

せっかく前向きに考えてくれているのに、返事を急かしたせいで「包容力がない」「付き合ったら面倒かも」とマイナスイメージを持たれてしまいます。答えを決めかねているときに返事を急かされると、「すぐには決められないから断っておこう」と思われる可能性があります。

返事を急かしてもメリットはありません。相手の女性もあなたとのお付き合いについて考えてくれているのですから、しばらくはじっと待つようにしてください。

相手を避ける

返事を待っている間は、相手と顔を合わせると恥ずかしくなるかもしれません。しかし、あからさまに避けるような行動は印象を悪くしてしまいます。返事をもらうまでは気まずいかもしれませんが、避けるような態度をとっていると相手の女性はあなたとの幸せなお付き合いを想像できません。お付き合いはやめておいた方がいいかな…と思われてしまう可能性大です。

返事待ちであることを周りに言いふらす

不安な気持ちを抱えているのがたまらず、誰かに話を聞いてもらいたくなるかもしれません。しかし、相手の女性が会社の同僚や友人である場合、共通の知り合いがいるわけですから、プライベートに関わることを言いふらすのはNGです。

告白されたことや、返事を保留していることを周りに知られるのは、相手の女性にとって不快なことです。相手のことを考えた行動を取らなければ、非常識な人と思われて、断られる可能性もあります。どうしても誰かに話したい人は、相手の女性に無関係の人に相談しましょう。

他の女性の存在を匂わせる

返事を急がせるために、自分がモテることをアピールするのは逆効果です。ヤキモチをやかせて焦らせるつもりが「他にも女性がいるなら自分と付き合わなくていいのでは?」と思わせてしまいます。とくに相手の女性がまじめなタイプの場合、他の女性の存在を匂わせる男性に興味を持つはずがありません。駆け引きせずに返事を待つのが賢明です。

まとめ

告白の返事を待っている間はドキドキするので1日も早く返事がほしいものですが、目安は1週間程度なので催促せずに待ちましょう。不安は顔に出さないようにしましょう。暗い顔を見せていてはイメージダウンになってしまいます。明るい気分になるように努め、彼女にも普段通り接することで「彼と付き合うと楽しそう」と思ってもらえるかもしれません。

また、返事を保留されている期間は、彼女があなたのことを見極めようとしています。そのため外見も内面も自分磨きに努め、より魅力的になることで告白の成功率が上がるでしょう。返事待ちの間も堂々と振る舞うことが大切です。

告白したい相手がいない方は、まずお相手探しからですね。日常で女性との出会いが少ない方は、婚活パーティーに参加してみてはいかがでしょうか。プレミアムステイタスパーティーは、創業12年で100万人以上が参加した信頼の婚活パーティーです。初めての方や、おひとりでのご参加も多いため、出会いの場に慣れていない方も安心してご参加いただけます。

プレミアムステイタスパーティーですてきな女性と出会えたら、告白前にデートの約束をしましょう。3回程度デートして、お互いのことを知り合えたところで告白してはいかがでしょうか。すぐに返事がもらえない場合、彼女の気持ちを尊重して催促せず待ってあげましょう。返事の保留中もポジティブな気持ちで過ごすことで、OKの返事を引き出しやすくなりますよ。

=>身分証Wチェックで安心な「プレミアムステイタス」のスケジュールを見る

コロナ禍でも、安心してリアルに異性と出会えるチャンス!

コロナ禍でも安心してリアルに異性と出会える、ライトアップ記事の読者も多数参加中の婚活パーティー「プレミアムステイタス」。初参加や、お1人参加が多いので、初めての婚活には最適!男性ハイステータス専門、本人身分証や資格証明書も100%提示保証で、質の高い安心安全な出会いを提供しています。現在は、三密対策に配慮し、マスク着用・対面パネルを使って1対1で全員と着席で会話するスタイル。コロナ禍でも安心して参加頂けてると好評を頂いております。是非、お気軽にご参加下さいませ♫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介

×BannerBanner