婚活

婚活でモテる職業とは?男女別に解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像1

婚活で自己紹介するときに欠かせないのが「職業」ですよね。世の中にはさまざまな職業がありますが、異性に人気が高い職業に就いている人は、婚活で有利になることもあります。

職業が重視されるのは、男性ばかりではありません。最近は結婚後も仕事を続ける女性が珍しくないので、女性の職業を重視する男性も増えています。

この記事では婚活でモテる職業を男女別にご紹介します。職業によってどのような魅力があるのかチェックしてくださいね。

【男性編】女性にモテる職業

まずは婚活で女性にモテる男性の職業を見ていきましょう。全体的に高収入の職業や安定した職業が人気となっています。

公務員

婚活で女性に最も人気が高いのは、公務員の男性です。公務員は毎年昇給があってボーナスも一般企業より高い傾向にあり、収入も安定しています。また倒産やリストラの心配がないので、自分から辞めなければ定年まで働くことができます。

公務員は安定した職業なので、社会的信用が高いことも魅力でしょう。

公務員には国家公務員と地方公務員があります。私たちにとって身近な存在なのは、市役所などで接する機会がある地方公務員です。地方公務員は自治体で採用試験がおこなわれるので、遠方に転勤ということがなく、地元から離れたくない女性にとっても安心でしょう。

公務員は定時で帰れるようなイメージを持っている人もいるでしょうが、必ずしもそういうわけではありません。市役所の職員でも残業がありますし、警察官や消防士のように不規則勤務の人もいます。

医者

高収入の男性と結婚したい女性は、「結婚するならお医者さんがいい」と決めている人もいます。医者といえば高収入で知的というイメージがあるので、魅力に感じる女性が多いでしょう。

夫の収入が高ければ、妻が出産や育児で一時的に仕事を辞めても生活の心配はないでしょう。また、子どもが生まれたら教育費にお金をかけられるというメリットもあります。

ただ医者の場合、診療科によってはハードなので、ストレスもたまりやすいです。医者と結婚したら、家事や育児はすべて妻任せになる可能性も覚悟しておきましょう。

弁護士

高収入の弁護士も結婚相手として人気が高い職業です。弁護士は司法試験に合格しなければなれない職業なので、賢くて知識が豊富な点も魅力があります。

日常的なトラブルが起こったときも、夫が弁護士なら安心です。また、弁護士なら浮気のリスクを十分承知しているので、本人が浮気する可能性も少ないでしょう。

「融通がきかない」「知的な話しについていけない」と感じる人もいるようなので、相手の人柄をよく見極めましょう。

商社マン

画像2

会社員の中でも商社マンは一般的な企業よりかなり年収が高く、裕福な生活をしたい女性に人気が高い職業です。

商社マンの男性と結婚すれば、海外へ転勤する可能性もあります。国内外への転勤に抵抗がない方にとっては海外勤務の可能性もメリットとなるでしょう。

商社マンの男性は多忙なため、家事や育児は全て妻任せになる可能性もあります。そのため結婚後は専業主婦になりたい方にとっては、商社マンの男性は大変魅力があるでしょう。

大企業の会社員

誰もが名前を知るような大企業の会社員も人気があります。知名度が低い会社よりも有名な企業の方が安心感がありますよね。

大企業であれば給与やボーナスも高く、福利厚生も充実しています。

たとえ大企業であっても必ずしも安泰というわけではありませんが、中小企業や零細企業より経営が安定していて安心です。全国に支社がある大企業なら転勤の可能性もあります。将来マイホーム購入後に夫が転勤ということになると、単身赴任の可能性もあり得るでしょう。

【女性編】男性にモテる職業

最近は結婚しても仕事を続ける女性が多いです。妻が仕事を持つことを望んでいる男性も増えていますが、男性はどんな職業の女性に魅力を感じるのでしょうか?男性にモテる女性の職業を見ていきましょう。

看護師

画像3

女性の場合、結婚相手として最もモテる職業は看護師です。看護師といえば「白衣の天使」とも言われますよね。病院で手当てをしてもらったときに優しくされて、憧れている男性が多いのかもしれません。看護師の女性と結婚すれば、体調を崩したときも安心でしょう。

看護師は女性の職業の中でも年収が高いため、経済的にも頼りになります。国家資格が必要な看護師は働き口も多く、育児に専念するため仕事を離れたとしても再就職しやすいのが魅力です。

ただし夜勤もある看護師と結婚した場合は、すれ違いになる可能性もあります。

医者

男女ともに医者は人気の職業です。女性にも高い年収を望む男性にとって、高収入の女医は理想的でしょう。医者同士での結婚も少なくありません。

妻が医者であれば、もし将来自分が失業するようなことがあっても妻の収入で生活できるので安心です。また、妻が医者であれば、健康面に不安があるときにも相談できて安心でしょう。

もし男性が医者の女性との結婚を望むなら、家事の分担は当然必要です。多忙な彼女に家事や育児のほとんどを任せることはできません。家事や育児は夫婦で協力するのが当然と考えられる男性なら、結婚生活もうまくいくでしょう。

保育士

明るく優しい印象の保育士も男性に人気があります。子どもや赤ちゃんと接する職業なので、結婚して自分の子どもが生まれたとき、仕事で得た知識が育児に役立ちそうです。仕事が終わって帰宅したら、笑顔にあふれた家族が待っていてくれそうですね。

保育士の仕事はハードですが、給料はあまり高くありません。そのため結婚したら仕事を辞める保育士も多いようです。専業主婦になって家事や育児に専念してほしい男性にとっては魅力的でしょう。

公務員

男性編にも登場した公務員は、女性の職業としても人気が高いです。公務員の収入は安定しているため、ダブルインカムを望む男性にとっては理想的でしょう。

仕事にもよりますが、休日が休みで残業も少ない公務員なら、家事や育児もこなせそうです。子どもが生まれたときは公務員でも民間企業でも育児休暇が取れますが、民間企業は原則1年であるのに対し、公務員は最長3年取ることができます。

誰もが3年の育児休暇を取るわけではありませんが、民間企業に比べて優遇されているのは確かでしょう。また、公務員は育児休暇が取りやすい環境のため、安心して出産、育児ができるのが魅力です。

公務員の女性は結婚後も安定した収入がありながら、家族の時間もしっかり取れるという点で、結婚相手として人気があるのでしょうね。

事務職

どこの会社にも必要な事務職。そんな事務職の女性は男性にとっても身近な存在でしょう。事務職の人は土日休みが多いので休日が合いやすく、結婚後もすれ違いになりにくいという魅力があります。

残業が少ない会社もありますので家庭と両立しやすいところも魅力です。奥さんにも働いてほしいけれど、家事ができないほどの激務は困るという男性にとって事務職の女性は理想的でしょう。

事務職の女性は手際よく仕事をこなし、社内の人とのコミュニケーション力もあるので好印象を持つ男性が多いです。結婚したら家事もスムーズにこなしてくれそうに思えるのでしょう。

モテる職業でも注意!こんな言動は敬遠される

いくら異性にモテる職業だとしても、言動によって自分の魅力を下げ、敬遠されてしまう場合がいます。職業が魅力的であれば、誰もが結婚したいと思うわけではありません。次のような言動をしていないか確認してみてくださいね。

高収入を鼻にかける

年収が高い男性は女性にとって魅力的ですが、年収の高さを鼻にかける人は敬遠されてしまいます。自分は優秀な人間だと思って周りを見下す態度を取っていると、いくら魅力的な職業の人でも避けられるでしょう。

そのような男性と結婚すると生活面での心配はないかもしれませんが、「誰のおかげで生活できているかわかってる?」などといつも嫌みを言われそうです。せっかく高収入という魅力を持っているのですから、わざわざ台無しにするようなことを言わないようにしましょう。

自慢話

画像4

いくらモテる職業であっても、自慢話ばかりする人は相手をうんざりさせてしまいます。

仕事の自慢だけでなく、身につけているブランド品、高級車、マンションの家賃など、自慢話をすればするほど魅力は低下してしまうでしょう。

「家事は全部やってほしい」

激務の男性は、結婚しても家事や育児を分担する気がない人もいるでしょう。「家事は女性がするもの」と決めつけていると、女性に避けられるかもしれません。

専業主婦になりたい女性もいるでしょうが、最近は結婚しても自分の仕事を続けたい女性も多いです。中には同じように激務の仕事に就いている女性もいますので、最初から「家事は女性がやって当然」という発言をする男性は敬遠されてしまいます。

仕事の愚痴

「華やかな仕事みたいだけど実はこんなに大変」という愚痴もNG。仕事や同僚の愚痴が多い人は、いくらモテる職業に就いていても長続きしないかもしれません。

男性でも女性でも、仕事にやりがいを感じている人の方が魅力的です。愚痴が多い人は結婚してからもネガティブな話が多そうなので、敬遠されてしまいます。

目の前で携帯ばかり触っている

会話中はできるだけ携帯を触るべきではありません。目の前の人に集中しないと失礼です。

それなのに携帯ばかり触っていると、非常識な人として敬遠されてしまう可能性があります。

ひょっとしたら重要な連絡を待っているのかもしれませんが、相手にひとこと断るべきでしょう。

「結婚したら専業主婦になりたい」

結婚したら仕事を辞めて専業主婦になりたいという女性もいるでしょう。しかし現在は専業主婦より結婚しても仕事をする人の方が多い時代。

男性も女性に対して「働いてほしい」と思っている人が少なくありません。

「結婚したら家庭に入ってほしい」と思っている男性もいるでしょうが、相手の意向がわからないうちから「専業主婦になりたい」と言うと敬遠されてしまうことがあります。

モテる職業であってもあぐらをかいてはダメ!大切なことは?

モテる職業の人は異性に興味を持たれるでしょうが、仕事への姿勢によってはガッカリされることもあります。モテる職業だと思ってあぐらをかいていては、異性に相手にされなくなるかもしれませんよ。仕事に対する姿勢で大切なこととはどんなことなのでしょう?

責任を持って一生懸命頑張っている

どんな職業であっても、自分の仕事に責任を持って頑張っている姿は異性の心をつかみます。そのような人と結婚すれば、幸せな家庭を築くために協力し合うことができるでしょう。

「少しでも楽をしたい」「何かあれば人のせいにする」といった態度の人は尊敬できません。たとえ高年収でモテる職業の人だとしても、仕事に対する責任感が感じられなければ、「この人を選んで大丈夫なのかな?」と相手を不安にさせてしまいます。仕事だけでなく結婚生活でも無責任な態度を取られてしまいそうです。

仕事を楽しんでいる

画像5

いくら人気の職業でも、嫌々働いている人は輝いて見えません。結婚したら仕事の愚痴を毎日聞かされそうですよね。ひょっとしたら突然辞めると言い出すかもしれません。

どんな職業の人でも自分の仕事に誇りを持ち、楽しんで働いている人は魅力的です。仕事について生き生きと語る人なら何事もポジティブに取り組みそうなので、「こんな人と結婚したいな」と思われる可能性が高いでしょう。

婚活パーティーですてきな出会いを

婚活でモテる職業をご紹介しましたが、実際のところ結婚相手に求める条件は仕事や収入が全てではありません。もちろんモテる職業に就いている人は異性からの注目を集めますので有利になるでしょうが、大事なのは働く姿勢。自慢のような態度を取るのではなく、自分が楽しみながら仕事を頑張っているところをアピールしてはいかがでしょうか。

普段の生活で出会える異性は職場の人だけ…という方は、婚活パーティーに出かけてみませんか?普段出会えないようなさまざまな職業の異性と出会えるチャンスが待っています。

ハイステイタスな男性と出会いたい方にはLight Up Partyがおすすめです。男性の参加者は上場企業や大手企業、公務員、医師などハイステイタスな方限定なので、モテる職業の男性に出会いやすいのが魅力です。女性の職業は限定されていませんが、OLや看護師などが参加されていますので、男性も理想的な職業の女性に出会える可能性が高いです。

男女ともに本人証明書のご提示が必須で、さらに男性は資格証にて職業を確認しますので、安心して出会いを求めることができるでしょう。

そろそろ結婚したいと考えている方は、ぜひLight Up Partyですてきなパートナーを見つけてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介