デート成功術

付き合う前のキスはあり?婚活成功のためのその後の行動を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正式に付き合う前の婚活デートでキスされた経験はありませんか?たとえ相手に好感を持っていても、付き合う前のキスを受け入れていいのか悩みますね。しかし、拒否したら傷つけるかも…と思うと、どのような行動が正解なのか判断するのが難しいものです。

婚活デートは結婚相手にふさわしい相手か見極めるためのデートです。お付き合いを続けながら絆を深め、その先に結婚がある恋愛関係とは異なり、婚活は最初から結婚を前提として出会います。そのため、付き合う前のキスは慎重になって当然です。

この記事では、婚活デートで付き合う前のキスについて考えていきます。また、付き合う前にキスした場合にとるべき行動についても提案します。婚活デートでキスされそうな予感がする人は、ぜひ参考にしてください。

何回目の婚活デートでキスしていい?

婚活デートは一般的な恋愛中のデートとは異なるため、キスに対しても慎重になります。しかし、婚活で出会ったとはいえ、相手のことが好きならキスしたいと思うのは自然なことです。

婚活中の男性は、「何回目のデートでキスすればいいのだろう」と悩む人もいるでしょう。また、女性側もキスされそうになったときに断った方がいいのか、受け入れた方がいいのかと悩むものです。

何回目の婚活デートであればキスしていいという決まりはありませんが、婚活デートの場合は4回目でキスするカップルが多いといわれています。婚活デートは3回目で告白という流れが多いため、4回目でキスというパターンは納得できますね。

付き合う前のキスはあり?なし?

付き合う前のキスはありなのでしょうか、それともなしなのでしょうか。基本的には付き合い始めてからキスした方が安心でしょう。しかし、キスしたらダメというわけではありません。たとえば結婚相談所の中には婚前交渉を禁止しているところがありますが、キスについての規則を定めている相談所はほとんどありません。

お互いに好意を持っているならアリ

付き合う前の婚活デートでキスはNGかというと一概にはいえません。お互いに好意を持っていることが明らかなときは、正式な告白の言葉がまだでもキスすることはあるでしょう。

婚活デートの場合、効率よく相手を見つけるために複数の相手と同時進行でデートすることもあります。そのため本当は付き合い始めてからキスするのが理想的ではありますが、お互いに相手への気持ちが固まっている場合はキスすることでより関係を進展させられます。

気持ちがハッキリしていないならナシ

恋愛経験が豊富な人の中には、キスのハードルが低い人もいます。しかし婚活デートでは軽い気持ちでのキスは避けるべきです。婚活デートでキスすれば、相手は真剣交際を望んでいるとみなすでしょう。

キスしたのに次のデートの誘いをお断りするようなことになっては相手を傷つけてしまいます。婚活デートのキスは重い意味を持つと考え、慎重にしてください。真剣交際に進むかハッキリ決めていないときは、キスを控えておきましょう。

1回目のデートではしない

付き合う前のデートでキスはありといっても、初デートでいきなりキスするのは早すぎます。婚活の初デートは基本的に短時間で顔合わせ的な意味合いがあり、好感を持つことはあっても結婚に向けた真剣交際に進めたいか判断するのは難しいものです。

初デートですぐにキスしようとする男性は、女性慣れしている男性かもしれません。女性はせっかく婚活で出会った男性に「嫌われたくない」と思うかもしれませんが、まだ結婚を考えられる相手か見極められない段階でキスに応じるのは危険です。「キスはお付き合いするようになってからにしたい」ときちんと伝えましょう。

また、男性はキスを受け入れた女性のことを「軽い人だな」と思う場合があります。たとえ初デートで相手に好意を持ったとしても、結婚を目的として出会った相手なので、一般的なデートとは趣旨が異なります。これから2回目・3回目のデートでもっと深く相手のことを知り、「この人なら」と思えてからキスしても遅くはありません。ムードに流されて、キスするのは控えておきましょう。

女性からはしない方がいい

婚活デートでいい雰囲気になったとき、自分からキスしたくなる女性もいるかもしれません。しかし、女性からのキスはあまりおすすめできません。女性からのキスを嬉しいと思う男性もいますが、反対に「軽い」「男性慣れしている」とマイナスイメージを持つ男性もいるからです。

男性からまだ告白されていなければ、相手は結婚を前提にお付き合いしたいという気持ちが固まっていないのかもしれません。その段階で女性からキスされると印象が悪くなります。とくに恋愛慣れしていない男性は、自分からキスする女性を警戒するでしょう。いくら相手のことを気に入ったとしても女性は受け身に回った方が無難です。

付き合う前のキスを断っても大丈夫?

付き合う前のキスに抵抗を感じる人もいるでしょうが、断ったら相手の男性が気を悪くするのではないかと心配になりますよね。付き合う前のキスを断っても大丈夫なのでしょうか?

「付き合っていない人とはキスしない」と断る

キスを断るときは、「付き合っていない人とはキスしない」と断りましょう。この言葉で簡単にキスに応じるような軽い女性でないことが伝わります。キスを断ったからといって、彼自身を拒否したわけではありません。男性のプライドを傷つけずに自分のことも大切にできる断り方です。

断ることで信頼度アップする

キスを断ることで相手の男性を傷つけ、婚活デートを台無しにしてしまうのではないかと不安になる人もいるでしょう。しかし、断ることで「誰とでも簡単にキスする女性ではない」ということを理解してもらえるため、信頼度アップにつながります。キスを断られたことで自信をなくしてしまわないように「あなたのことが嫌なわけではない」とフォローしておけば、男性も納得してくれるでしょう。

断ることで相手の本心がわかる

しかし、キスを拒否することで男性が不機嫌になったときは注意が必要です。そのような男性とは、長い結婚生活を穏やかに過ごせるとは考えられません。反対に付き合ってないのにキスしようとしたことを謝ってくれるような男性であれば、信頼に値するでしょう。

キスを断ることで、男性が自分のことをどのように思っているかが明らかになります。もし相手の男性が付き合う前のキスを断ったくらいで態度を変えた場合、その男性が伴侶にふさわしい相手であるか、考え直すきっかけになるでしょう。

付き合う前にキスする男性心理

まだ付き合っているわけではないのに男性からキスされたら、男性の気持ちが知りたくなりますね。付き合う前にキスする男性の心理を確認しておきましょう。

「好き」という気持ちが高まった

好きな気持ちが高まって、思わずキスしてしまうこともあるようです。本来は告白して真剣交際をスタートさせてからキスするべきですが、2人きりで過ごしているときにキスを我慢できなくなってしまうこともあります。

相手の好意を確認したい

たとえ付き合う前であっても、キスを受け入れてくれたら相手も好意を持ってくれていると判断できます。相手の気持ちをキスで確認したくなる男性もいるようです。正式にお付き合いを始める前でも、女性がキスを受け入れたらお互いに思い合っていることがわかるため、男性は安心して告白のステップに進めるでしょう。

相手が軽い女性か知りたい

相手の好意を確認するためでなく、相手が軽い女性でないか確認するためにキスする男性もいるようです。このような心理でキスする男性は、自分からキスしてきたのに、女性がキスを受け入れると不満に思うのです。男性へのガードが緩い「軽い女性」とみなしてしまうようです。

反応を確かめたい

どこまで許してくれるのか反応を確かめたくてキスする男性もいます。手を握っても嫌がらなかったら次はキス。キスして嫌がらなかったらその先まで進めるのではないかと考え、反応を確かめるためにキスする男性もいるようです。男性のスキンシップになれなれしさを感じるときは、流されずにきっぱり断った方がよいでしょう。

付き合う前にキスした後、婚活成功のためにとるべき行動

付き合う前にキスする男性の心理をご紹介しましたが、愛情表現としてキスする人ばかりでなく、女性の貞操観念を確かめるためにキスしようとする男性もいるようです。そのため、相手の男性がどのタイプか見極める必要がありそうですね。キスで失敗しないように、キスした後は婚活成功のための行動をとりましょう。

付き合う前にキスしたのは初めてだと伝える

付き合う前の婚活デートでキスした後、女性は「軽い女と思われてないかな?」と不安になるかもしれません。そのときは、「付き合う前にキスしたのは初めて」と伝えましょう。男性は女性の「初めて」になるのが好きなため、この一言で好感度が上がり、ますます好きになってもらえるかもしれません。また、付き合う前に誰とでもキスするわけではないことが伝わり、軽い女性でないことをわかってもらえます。

気持ちを聞かせてもらう

キスの後に何も言ってくれないときは、彼の気持ちを聞かせてもらいましょう。真剣にお付き合いしたいと思ってくれているのであれば、キスをきっかけに告白の言葉を引き出せるはずです。しかし、婚活デートでキスまでしたのに告白の言葉もなければ、結婚を本気で考えているのか心配です。

キス以上の関係に進展させない

キスがOKなら次は自分の家に誘ったり、泊りがけの旅行に誘ったりする男性もいます。しかし、付き合っていないのにムードに流されて彼の誘いに応じるとトラブルの元になりかねません。また、自分で誘っていながら女性が応じると「軽い女性」とみなす男性もいます。真剣に交際したいと考えているなら、先に告白の言葉があるはずです。付き合う前からキス以上の関係に進展させないようにしておきましょう。

まとめ

キスのタイミングに正解はありませんので、お互いに好意を持っていれば、付き合っていなくても2回目や3回目のデートでキスすることはアリでしょう。しかし、まだ早いと思う場合は断っても問題ありません。

断ることで険悪になるどころか、軽い女性ではないことを印象付け、信頼度アップにつながることがあります。もしキスを断ったことで相手が不機嫌になるようであれば、関係を見直した方がいいかもしれません。本来はお付き合いを始めてからキスするのが一般的です。相手の気持ちを尊重せず、自分がキスしたい気持ちを押し付けてくるのであれば、一生の伴侶としてふさわしい人なのか考え直すきっかけにした方がよいでしょう。

現在デートの相手がいない人は、婚活パーティーに出かけてみてはいかがでしょうか。Light Up Partyは、創業12年で累計100万人以上が参加した信頼の婚活パーティーです。本人証明書、かつ男性は職業証明書をご提示いただきますので、安心して出会いを探せます。コロナ禍の現在は気軽に出会いを探すのが困難な状況ですが、Light Up Partyでは対面プレートなど万全の三密対策を実施していますので安心してご参加ください。

婚活パーティーで出会ったお相手とのデートを重ねていけば、いずれはキスの流れになるかと思います。お互いの気持ちを1番に考えて、受け入れるか、それとももう少し待ってもらうか決めてください。誠実なお相手であれば、付き合う前のキスに抵抗があることを伝えてもきっと理解してくれるでしょう。

=>身分証Wチェックで安心な「Light Up Party」のスケジュールを見る

あなたとの出会いを心待ちにしている異性がいます!

ライトアップ記事の読者も多数参加中!初参加や、お1人参加が多いので、「初めての婚活」には最適!また、Light Up Partyは、男性がハイステータス専門。本人身分証や資格証明書も100%提示保証で、質の高い安心安全な出会いを提供しております。現在は、三密対策に配慮し、マスク着用・対面パネルを使って1対1で全員と着席で会話するStyleを採用中。コロナ禍でも安心して参加頂けてると好評を頂いております。是非、お気軽にご参加下さいませ♫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介

×BannerBanner