恋人 恋愛

【甘え上手な女になる!】甘え上手が男性に好かれる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像1

男性に甘えるのが上手な女性って、だいたいモテる印象がありませんか?

際立って綺麗な訳ではないのに、何故か彼氏が途切れた事がない女性は「甘え上手」だったりしますよね。何故このような女性は男性にモテるのでしょうか?

男性は甘え上手な女性が好き!?

画像2

女性には「母性本能」が備わっています。これは基本的に、母親が子どもに対して抱く愛情の一種です。

この母性本能に対して、男性には「父性本能」が備わっています。これは「守ってあげたい」という本能的な欲求です。

この父性本能も本来は親が子に対して抱くものですが、異性に対してもこのような感情を抱く時があるのです。

そしてまさにこの父性本能が異性に対して発揮される時、恋心が芽生える瞬間なのです。

男性が持つ「守りたい」という欲求は、女性が見せるちょっとした隙や弱さに対して湧き上がります。特に甘えられると、「自分が守ってあげないと!」という義務感すら覚えてしまう事もあるのです。これこそが、男性が甘え上手な女性が好きとされる由縁と言えます。

甘え上手は同性から嫌われる!?

画像3

男性にモテるからと言っても、甘え上手な女性は同性から嫌われるイメージが強いですよね。

しかしこの「甘え上手」は、女性が嫌ういわゆる「ぶりっ子」とは違います。男性の前で態度が豹変するぶりっ子は、確かに同性からはあまり好かれませんよね。

でも「甘え上手」は、同性からも好かれる事が多いのです。

甘え上手な人は、人を頼るのが上手く、普段の生活でも「◯◯について教えて欲しい」「◯◯を少し手伝って欲しい」など相手の無理にならない範囲で人を頼ります。

無理なお願い事は別として、簡単なお願い事なら「自分を頼ってくれている」と感じて、嬉しく感じませんか?

つまり「甘えられる」という事は、「頼られている」という事とイコールに近いと言えます。甘え上手は、こうして誰からも好かれる存在になっていくのです。

甘え上手とワガママは違う!

画像4

甘え上手な女性は好かれますが、ワガママな女性は嫌われます。一見似ている様に見える両者ですが、実際何が違うのでしょうか。

甘え上手な女性は、男性に好かれる様々なポイントをおさえています。

  • 無理なお願いはしない
  • 心からしっかりと感謝ができる
  • 相手にもしっかりとお返しをする

それに対してワガママな女性はどうでしょうか。

  • 相手の意見を聞かずに、自分の意見を通そうとする
  • 自分が一番でなければならない
  • やってもらうのが当然と思っている

こうしたワガママなふるまいでは、男性はすぐに去っていってしまいますよね。

また一般的に良く聞く「魔性の女」とは、甘え上手なフリをしてワガママを通す女性の事です。このタイプの場合にも長く一緒にいればいる程、本性が現れてくる事でしょう。

甘え上手な女性は、自分の事だけでなく相手の事にも気を遣えるからこそモテるのです。

甘え上手になるには!?

画像5

では実際に甘え上手な女性になるには、どうしたら良いのでしょうか。そのポイントを6つにまとめてみました。

1.簡単なお願い事をする

先にお伝えした様に、簡単なお願い事をするのは甘え上手への第一歩となります。お願い事は相手を信頼している証にもなりますので、「あなただから頼みたい」という事を伝えてみるのも良いですね。

また最初のうちは、荷物を持ってもらう・高い場所の物を取ってもらう等の簡単なお願いから始めていきましょう。慣れてきたら、少しずつお願い事の内容を濃くしてみるのも良いですね。

2.自分の事を相談してみる

甘え上手な女性は、相手の心を開かせるのも上手です。

相手の心を開くというと難しい事に聞こえますが、その第一歩としてまずは自分の悩みなどを相談することから始めましょう。自分の事を相談するという事は、相手を信頼して自分の内面をさらけ出すと言うことです。

こうして、まずは自分が相手に対して「心を開いているんだよ」という事を態度で示していくのです。すると相手も、だんだんと心を開いてくれる事でしょう。

3.おねだりだってOK!

最近では、なかなか自分の言いたい事を率直に言えない女性が増えています。しかし自分の胸の内をしっかりと伝えてくれる女性の方が、実は男性からも好印象だったりするのです。

例えば「何が食べたい?」と聞かれて、「何でも大丈夫!」と答える女性は多いですよね。でも「イタリアンが食べたい!」とはっきり答えてもらった方が、男性は嬉しいものなのです。

また「おねだり」と言うとイメージの良くない女性も多いと思いますが、好意のある相手ならそんな行動も可愛く見えるものです。たまにはデート中に見かけた可愛い靴をおねだりしてみるのも、男性には嬉しかったりするのです。

おねだりは決して悪いものではなく、甘え方の一種なのです。

4.「ありがとう」は忘れずに!

甘え上手になる上で決して忘れてはならないのが、「ありがとう」という言葉です。

お願い事や相談を聞いてもらった時、そしておねだりして買ってもらった時にはいつも以上の笑顔で「ありがとう!」と伝えましょう。この感謝の言葉こそが、男性からすれば最高の報酬になるのです。

しっかりと素直に感謝を伝える事で、単なる「甘え」から「甘え上手」になると言っても過言ではありません。どんなに小さな事に対しても、ちゃんと「ありがとう」と言う習慣を付けておきましょう。

5.相手を尊重して、しっかり褒める

甘え上手な女性は、男性の事をしっかりと尊重する事ができます。相手を尊重して大切にし、そして褒められるところはしっかりと褒める事ができます。

男性は、ちょっとした事でも褒められると喜ぶものです。「今日の服装、決まっていてカッコ良いね!」「いつも気にかけてくれる優しさが素敵!」なんて言うちょっとした一言でもOKです。

相手の小さな部分もしっかりと見て褒める事で、男性も「そんなところまで見てくれているんだ」と嬉しくなります。ここは、ワガママ女性と甘え上手女性の違いかもしれませんね。

こうして日頃から相手の存在をしっかりと認めていれば、甘えても嫌な顔をされる事がないのです。

6.愛情をたくさん表現する

男性を尊重して褒めると同時に、相手に対する愛情もたくさん表現していきましょう。

「好き」「愛してる」等の言葉はもちろん、スキンシップも良い方法ですね。彼氏ではない男性に対しては、日頃から信頼している事をたくさん伝えましょう。

これらは同性から見たら「ぶりっ子」に見えるかもしれませんが、男性からしたら全く悪い気はしないはずです。なるべく二人きりになった環境で、しっかり愛情を伝えていくと良さそうですね。

ちょっと過剰なまでの、感情表現がコツ!?

こうしたポイントを見てみると、甘え上手な女性になるには感情表現が大事であるという事が分かります。

甘え上手な女性は、「嬉しい」「悲しい」等の感情表現がとても豊かです。これにより男性は女性の気持ちを汲み取りやすく、より守ってあげたいと思う様になります。

守ってあげたい大切な女性の言葉は、おねだりでも何でも可愛く見えるものです。だからこそ、自分の気持ちを隠さずに表現していく事が大切と言えるのです。

但し、自分の気持ちばかりを主張していては、ただのワガママになってしまいます。

相手の気持ちを尊重して、上手に自分の気持ちを表現できるからこそ「甘え上手」なのです。

まとめ

甘え上手は、男性に好かれる女性の特徴です。

しかしこれは女性に限らず、男性でも同じ事が言えるかも知れません。そういった意味では、「甘え上手」=「世渡り上手」と言えるのかもしれませんね。

甘え上手であれば、様々な相手とのコミュニケーションが上手くいくと言えるのです。

甘え上手は、決して生まれつきの特性ではありません。どんな女性でも、ポイントさえ押さえておけば甘え上手になる事ができます。

今までなかなか男性と上手くいかなかったという女性も、是非これらのコツを実践して甘え上手になってみて下さい。

甘え上手な女性になるコツを掴んだら、PREMIUM STATUS PARTYでその技術を実践してみましょう。

PREMIUM STATUS PARTYには様々なタイプの男性がいますが、特にハイステイタスで厳選された男性ばかりが揃っています。

そんな男性にこそ、甘え上手のテクニックを駆使してグッと距離を縮めましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介