パーティー ライフスタイル 出会い 婚活 恋人

モテる男のアクセサリー選びとは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7

ファッションのポイントとなるアクセサリー。
自分らしさを出すためのアイテムとしても、欠かせないものですよね。

しかしこのアクセサリー次第では、女性からの印象が良くも悪くもなる事を知っていますか!?今回はモテる男になるための、お勧めアクセサリーをご紹介します。

アクセサリーで第一印象が決まる!?

1

アクセサリーは男性でも女性でも、ファッションの一環として身につける習慣がありますよね。
私たちは、相手の第一印象をほぼ外見で判断してしまうと言われています。
そのため相手に好感を持ってもらうためには、印象の良いアクセサリーを選ばなくてはなりません。

このアクセサリー選びを間違えてしまうと、どんなにファッションに気を遣っていても悪印象となってしまう事もあるんです。
それではどんな種類のアクセサリーが女性にウケるのかジャンル別にご紹介していきます。

1:ネックレスはシンプルなデザインで

2

胸元のアクセントとなるネックレスは、相手へ与える印象を大きく左右するアクセサリーです。
しかしネックレスは、「軽そう」「悪そう」「怖そう」といった印象を与えてしまう事も多くあります。

まず胸元のあいた服装に存在感大のネックレスは、軽いイメージを受ける女性が大半です。

またキラキラしすぎるネックレスも、チャラいイメージが先行してしまいます。
そしてゴールドのチェーンネックレスも、女性ウケが良くないアクセサリーに入ってきています。

モテる男が身につけるネックレスは、細くてシンプルなデザインのものです。

キラキラ感がなく落ち着いた印象を受けるネックレスで、ちょっと動いた時に服からちらっと見えるのが女性ウケ抜群なんです。
ペンダントトップも、小さ目なものを選ぶとベストです。
またレザータイプのネックレスも、こなれた感があって女性ウケの良いアクセサリーですね。

2:ブレスレットはさりげなく

3

ブレスレットは、アクセサリーの中でも選ぶのが難しいものの一つに入ります。
しかしブレスレットをおしゃれに使いこなせる男性は、女性からの好感度がグッと上がるのです。

細めのシンプルなブレスレットが一番女性ウケが良く、動作と共にさりげなく見えるブレスレットがカッコ良いんです。

色はシルバーの光すぎないものが一番人気で、これに次いでレザーのブレスレットが人気となっています。

ここでもポイントは、「さりげなく見え隠れする」という点です。
太すぎるブレスレットやゴールド・キラキラ素材のブレスレットは、女性ウケが一気に悪くなってしまう可能性があるので注意が必要です。
普段見えないけれど腕を上げたりした時にちらっと見えるシンプルなブレスレットが、女性からの人気を博しているのです。

3:ベルトはブランドをアピールしすぎない

4

ベルトはこだわらない!という男性もいる様ですが、実はベルトこそ女性がよく見ているポイントなのです
ベルトにおいても、やはりレザーのシンプルなものが一番人気です。

飾りすぎないけれどこだわりを感じさせる厳選されたベルトが、女性にはおしゃれに見えるんですね。
「おしゃれ」というとバックルにこだわる男性は多いですが、大きいバックルは女性視線では印象が良くありません
特にブランドのロゴがバックルになっているベルトは、「ブランドのアピールをしすぎ」と女性から白い目で見られてしまう可能性が高いのです。

そして特に注意したいのが、ウォレットチェーンです。
ベルトに付けるタイプのウォレットチェーンは男性からの人気が高いのですが、女性からはほとんど支持されていないのが現状です。
「歩く度にジャラジャラと音がする」「子供っぽい」等の意見が多く、女性との出会いの場では身につけない方が良さそうです。

【スーツ編】フォーマルな場でのアクセサリー

5

婚活の場でも大変活躍するスーツでのモテアクセサリーも、気になりますよね。
スーツには、ネックレス等のアクセサリーは身に付けないのが基本です。

ネックレスや指輪以外でスーツをよりおしゃれに見せ、女性ウケの良いアクセサリーをジャンル別にご紹介します。

時計

スーツ着用時には、時計をする男性が大半ですよね。
実はその時計、女性からも注目されるポイントなのです。

「高級かどうか」を見ているというよりも、「センスの良い時計をしているかどうか」が最大のポイントです。

スーツに合っていて、シンプルながらも大人っぽく個性が光る時計は大変女性ウケの良いアクセサリーとなります。
また時計をしているとブレスレットをしない男性も多いですが、時計にプラスして華奢でさりげないブレスレットをプラスするのもとても素敵ですね。

ネクタイピン

ネクタイをとめるネクタイピンは、誰でも始めやすいおしゃれアクセサリーの一つです。
シンプルにとめるだけという簡単さとは裏腹に、ネクタイピンがあるだけでスーツのおしゃれ度はグンとアップします

形はシンプルなものが一般的ですが、おしゃれ上級者ならば話のネタになる様なカッコ可愛いネクタイピンもオススメです。

ラペルピン

ラペルピンは、スーツジャケットの襟に付いているボタンホールに付けるピンです。

会社の社章や職業ならではのエンブレムを付ける男性も多いですが、この他にもさりげなくラペルピンが付いていると大変おしゃれに見えます。
またラペルピンの代わりにメンズブローチを使用しても、おしゃれに仕上がります

カフスボタン

ネクタイピンと並んで導入しやすいアクセサリーが、シャツの袖に付けるカフスボタンです。
手を動かす度にちらっと見えるカフスボタンは、さりげないおしゃれだからこそ1ランク上のおしゃれ男性を演出してくれます。

このカフスボタンはシンプルでももちろん好感度アップとなりますが、少しキラキラした存在感のあるものでもカッコ良く仕上がりますよ。

ベルト

スーツ着用時は、ベルトがほとんど見えないものですよね。しかしそんな隠れた部分だからこそ、モテる男性は気を抜かないものです。
スーツを着る時のベルトは、靴の色や素材と合わせると統一感のあるコーディネイトに仕上がりますよ

シンプルで年代に合ったアクセサリーを選ぼう!

6

モテる男のアクセサリーは、基本的にシンプルである事が基本となります。
また安ければ良い・高価であれば良いという訳ではなく、自分の年代に合うアクセサリーを選ぶ事も大切です。

ポイントとしては、まずピアスは軽そうなイメージを与えてしまうので避けましょう。
ネックレスは、シンプルでさりげないものが良いですね。
指輪も付けない方が好感度が高く、ブレスレットもシンプルで華奢なものの方がモテます。

そしてベルトも、バックルが目立つものよりもシンプルでセンスの良いものを選んでいきましょう。

もう一つ、あまりにも若すぎるデザインのアクセサリーはおしゃれとは逆効果となってしまいます。
この「若すぎる」の基準はあくまでも女性目線での判断なので、男性からすると少し分かりづらいものかもしれません。

その良い例が、ウォレットチェーンですね。
実用性の高さも相まって、ウォレットチェーンを愛用する男性は多くいます。
しかし女性からすると、大人の男性が身につけるにはあまりにも若すぎるアクセサリーなのです。

こうした判断は男性にとって少し難しいですが、「シンプル」「主張しすぎない」「ワンポイント」「さりげない」といったポイントに当てはまるアクセサリーなら大半が問題ありません。

アクセサリー選びに困ったら、自分が想うよりもシンプルで目立たちにくいものを選ぶと無難かもしれませんね。

スーツの際は、時計やネクタイピン、ラペルピン、カフスボタンがおしゃれに見えるアクセサリーです。これらも、シンプルなものがベストですね。
そしてベルトにも気を抜かずに、靴と合わせたものを選ぶのがモテる男性のおしゃれと言えます。

こうしたちょっとした工夫が、女性からの好感度を上げてモテる男性へと導いてくれるのです。

まとめ

男性のアクセサリーは、物によって女性に与えるイメージを大きく左右します。
モテる男性になるためには、アクセサリー選びにも気を抜かずに身だしなみを整える事が重要となってきます。
そして身だしなみを整えたからこそ、おしゃれとしてのアクセサリーが生きてくるのです。

どのアクセサリーにしても、基本的にはシンプルでさりげないものを選びましょう。
アクセサリーばかりが存在感を示してしまう様な、大振りなものやゴールド、キラキラしすぎるものは避けると良いですね。
あくまでも、さりげなくワンポイントとなるアクセサリーがモテるポイントとなるのです。

そしてアクセサリーで演出したモテる男性を引き立てるのは、言うまでもなく内面が磨かれている事です。

どんなに外見を着飾って第一印象を良くしたとしても、内面が磨かれていなければ次のステージへは続いていきません。

外見にしっかりと気を配ってモテるポイントをおさえると共に、内面磨きも忘れずに行う事がモテ男性を作る一番の方法です。
モテる男性を目指すあなた、是非外見も内面も磨いて素敵なモテ男性になりましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介