出会い・婚活 出会いのきっかけ・その他

オンライン婚活が人気急上昇中!コロナ禍でも婚活を進める訳とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍となって世の中は様々なことが変わりました。その一つとして婚活も挙げられ、婚活をするのは今ではないと考える人が多いです。しかしながら今を逃してしまうとコロナが落ち着いたころには年齢を重ね、結婚できる確率が統計上、低くなってしまうことが懸念されてしまいます。

そこで今回はコロナ禍の今でのできるオンライン婚活について詳しくご紹介していきます。

コロナで変わった世の中

日本で初の新型コロナウイルスの感染者を出してから早くも6ヶ月以上が経過しました。一時は感染者数を1桁にまで落ち着かせることができたものの、今は第二派の真っただ中です。猛威を振るい続ける新型コロナウイルスですが、現在、緊急事態宣言は出ていないものの、やはりコロナが蔓延する以前のように自粛ムードが完全になくなったようには思えません。

特に東京に関しては毎日のように100人にも及ぶ感染者を出し、これまで盛んに行われてきた多くの婚活パーティーは開催中止をせざるを得ない状況下となっています。withコロナとなってからは自主的にロックダウンを行う人も増えているでしょう。人と関わるのは必要最低限の時だけといったように、友達にすら会うのも控えている状況であればなかなか婚活ができないのも当然だと思えます。

しかしながら、自宅で一人過ごすことが多くなってしまう現在、1人で居ることに寂しさを感じる人も増えています。「一緒に話せる異性が欲しい」「こんな状況下において一人でいるのは寂しい」といったように多くの男女が異性との出会いを求めているのです。

コロナ禍以降ほとんどの人が婚活に影響が出ている

これまでに婚活に積極的だったという方は、コロナ禍となってからは思うように婚活を進めていくことができないと考える人が多いです。正モバイル株式会社が運営する『モバルンQ』がコロナウイルスによる婚活の影響について、現在婚活中の20代~40代の男女を対象に行ったアンケートでは、コロナで婚活に影響が出たと答える人が全体の85%を占めました。その他15%中の3%は影響なしと応えており、12%の方がどちらでもないと答える結果になっています。

影響を及ぼしたと感じる人の意見には、「相手が見つかっても感染が怖いと言われ実際には会えなかった」「このご時世でデートするのは気が引ける」「そもそも相手が見つからない」「コロナ終息後に会おうと決めたもののいつ終息するか分からない」といったように、少なからず影響を受けているように感じられます。特に最後の意見のように、コロナはいつ終息するかが誰にも分からないものです。

第2波が終わったとしても第3波が来る可能性は非常に高く、自粛ではないものの世間の「デートするならば自粛するべき」といった風潮が拭えないのです。

婚活を中断してもコロナはいつ終わるか分からない

仮にwithコロナの状態が5年続くのであれば、現在24歳の人は29歳と30歳目前の年齢にまで迫ります。まだ結婚できると余裕を持った32歳の人であっても37歳となる頃にはどうでしょう?焦って婚活を進めなくてはいけない年齢に差し掛かってしまいます。

婚活することなく今を過ごして、コロナが終息するまで待っていては、本来結婚できるはずだった今を無駄にしていると言っても過言ではありません。いつ終わるか分からないコロナ禍だからこそ、政府が出したGoToキャンペーンのように婚活にも積極的になるべきなのではないでしょうか?

withコロナの現在の婚活事情について

現在、コロナの影響で完全に自分とは顔も合わせたことのないような人との関りはできるだけしたくないと考える人が多いことでしょう。そのため、もともと友人だった人や、友達から紹介された人、元カレ・元カノとの恋愛が盛んになると言われています。

2020年9月現在そういった関係から恋愛が始まりコロナ婚をできたカップルも多いです。特に復縁に関しては、コロナによる自粛で自宅待機も多くなってからか非常に多いとされています。連絡1つするだけも恋愛へと発展するものでもあります。もしかしたら翌年には籍を入れられる可能性もあり、友人でしか見ることができなかった異性もコロナによる先行き不安の世の中を見ていると、「なんだか結婚相手にしてもいいかも」と思えてきてしまうものです。

しかしながら、多くの人がそのような恋愛を求めているとは限らないでしょう。「完全に出会ったことのない人でなければダメ」「友人にも元恋人にもいい人はいない」と考える人も多いはず。むしろ顔を知っている人だからこそ、自分がもしかして感染しているかもしれないことを考えると会うことに戸惑ってしまうのかもしれません。

では、今の世の中でどうやって新規の相手を見つけていけるのでしょうか?婚活アプリもお見合いも、必ずしも互いに顔を合わなければそれぞれの素性が分からないはずです。どうやってと会わずに結婚へと結びつけることができるのでしょうか?

コロナ禍ではオンライン婚活が主流に!

オンライン婚活とはオンライン上で出会いからデートまですべてを完結できる婚活のことを指します。
すでにある例としては街コンの最大手である街コンジャパンが取り組んだ「V BAR」がいい例です。
「V BAR」はオンライン婚活バーになっており、参加者は他の参加異性とオンライン上で交流し合うことが可能です。
その交流方法は顔が見えるビデオ通話を通して、婚活パーティーのように大勢の人と会話やお酒を楽しむことができ、リアルに婚活パーティーに参加すること顔負けの素敵な出会いを体験できるのです。
他にもオンライン婚活を開催している会社はたくさんあり、コロナ禍ではオンライン婚活が感染予防と手軽に出会えるといった理由から、非常に多くの人が活用しています。
そしてオンライン婚活経験者の95%以上が、またオンライン婚活を利用したいと答えるほどとなっているのです。

オンライン婚活を行うメリットとは?

最後にオンライン婚活を行うメリットについてご紹介していきましょう。

・遠方の人とも出会える

オンライン婚活は自宅でできる婚活であるため、相手に会うために移動することがありません。移動距離ゼロで行える、つまり遠方の人とも出会えることになります。近くに住む人に焦点を当ててしまうと、なかなか理想の相手は見つからないものです。

対象となる地域が広がることで良い人に巡り合える可能性も高くなり、より素敵な恋愛を楽しむことができるでしょう。

・会うスペースを用意する必要がない

オンライン婚活では顔を会わせるスペースを用意することなくできる婚活です。実際に会ってスペースを用意するとなると、お店に入って食事を頼むことが雰囲気を壊さないためにも必要となるでしょう。中には高級ラウンジといったおしゃれな場所で素敵な婚活を彩る人もいると思いますが、オンライン婚活では基本的にはそういったグレードによる違いはなく、皆同じ環境で婚活することになります。

無理に高いスペースを用意する費用に困ることもなく、会話重視の相手をしっかりと理解できる婚活に変わるのです。

・人目を気にせずに交流できる

顔を会わせる予定で待ち合わせしていると人の目が気になることはありませんか?特に「はじめまして」と言うような相手であると、なんだか他の人の視線が気になってきてしまうことでしょう。話の内容を聞かれるような環境では思うように婚活を進めていけないと思います。

しかしオンライン婚活であると人の目を気にすることなく2人の時間を思いっきり楽しむことができます。他人に話を聞かれることなくお互いのことをじっくり知っていけます。

・メモを見ながら会話できる

オンライン婚活になるとビデオ通話を使って対話していくのですが、相手に見えるのはビデオに映る部分のみとなります。そのため恥ずかしければ最初は顔を隠すことができますし、手元を隠したりすることも可能です。

初対面の人と会話するのが苦手という人は、メモを手元に用意して会話しているもよう。こうした高等テクニックもオンライン婚活なら楽々とできてしまいます。

まとめ

婚活を行う人はコロナ禍となって少しは減少したものの、オンライン婚活の勢いが増し、前よりも満足できる婚活を楽しんでいる人は多いです。コロナが終息するまで待っていては何年先に婚活をスタートもしくは再開できるか分かりません。ご紹介してきたようにオンライン婚活のメリットはたくさんあるので、ぜひこの機に試してみてはいかがでしょう?

やっぱり自分は直接顔を会わせて婚活するのが適していると感じるのであれば、Light Up Partyがおすすめです。Light Up Partyは婚活パーティーですが三密対策をしっかりと行いマスク着用を義務付けてなおかつ対面パネルの1対1のやり取りができるようになっています。安心して参加できる婚活パーティーのLight Up Partyにもぜひ注目してみてはいかがでしょうか。

あなたとの出会いを心待ちにしている異性がいます!

質の高い異性とすぐに出会いたい場合、一番効率的なのは婚活パーティーです。Light Up Partyは、男性ハイスペック専門の社会人向け婚活パーティーです。三密対策に配慮し、マスク着用・対面パネルを使って1対1で全員と着席で会話するため、コロナ禍でも安心して参加頂けます。質の高い出会いを求める方、真剣な交際相手を希望する方、婚活目的の方にはオススメ。本人身分証や男性資格証明書も提示100%で安心です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介