出会い 婚活

30代男性の婚活パーティーの選び方と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

young-man-1515412_640

そろそろ結婚してもいいかもしれない。
何とも歯切れの悪い言い方ですが、30代男性の結婚観を表した言葉です。

遊びも仕事もまだまだ好きにやりたいから家庭を持つなんて…と思いながらも、まわりが結婚していくので重い腰を上げようかどうしようか迷っているというのが本音ではないでしょうか。

30代男性は婚活市場で一番活動人数の多い年齢層です。
しかし、同年代の女性と比べるとそこまで焦りを感じておらず、のほほんとしている人が多いのも30代男性の特徴かもしれません。
そしていざ婚活を始めようとなったとき、あるいは婚活パーティーに参加しようとなったとき戸惑いを感じる人が多い年代なのです。

今回は、30代男性が婚活パーティーに参加する際の選び方や注意点をご説明します。
最初に参加するパーティーで手痛い失敗をしてしまうと二度目がおっくうになります。ぜひこの記事を参考にパーティーを選んでください。

30代男性を取り巻く環境と婚活に対する考え方

PAK57_hu-nsoredetoreikokunamanazasi_TP_V

30代男性は危機意識が薄い

30代男性は結婚に関して危機意識が低い、そう断言すると反発を覚える方もいらっしゃるかもしれません。
いつかきっと結婚するだろう、別に結婚したくないわけではない、40代50代で結婚していないあの人と俺とは違う、そんな思いも描いているのではないでしょうか。

同じ30代でも女性は危機意識を強く持っています。妊娠・出産のタイムリミットをひしひしと感じているからです。
でも男性は50代60代になっても十分子作りは可能ですよね。タイムリミットがなければ人は焦りを感じません。危機意識が薄いので焦らないのです。

でも不安を感じませんか?
本当に自分は結婚できるのかと。

参考情報として2015年の国勢調査から算出した数値をご紹介します。
年代別に見る結婚できる確率です。

  • 30代前半の結婚率:25.3%
  • 30代後半の結婚率:12.8%
  • 40代前半の結婚率:6.3%
  • 40代後半の結婚率:3.4%
  • 50代前半の結婚率:2.2%
  • 50代前半の結婚率:1.7%

算出方法:5年に1回行われている国勢調査の年代別未婚率を2015年と2010年で比較。
30代前半の結婚率については、2010年20代後半の未婚率、2015年30代前半の未婚率を比較し、どれだけの人が結婚したかを算出。
参考:生涯未婚率が劇的に改善か、2015国勢調査を分析

想像している結婚率よりもはるかに低い数値ではないでしょうか。
40代に突入すると100人の独身男性のうち、わずか6.7名しか結婚できないということになります。
30代のうちに結婚しなければ大変なことになる、という危機意識を持ちましょう。

人気のある年齢であるがゆえ

30代男性が参加できる婚活パーティーは数多くあります。
婚活をしている人数の多い年齢層だからこそ、集中的にパーティーが開催されているのです。

一度婚活パーティーに参加すると、別の主催者が行うパーティーや別のタイプのパーティーに参加するのはおっくうに感じませんか?
慣れたパーティーの方が気後れせずに参加できますよね。

でも1つの婚活パーティーだけに参加してしまっていると、出会える異性のタイプにも偏りが出てしまいます。
面倒がらずにぜひさまざまなパーティーに参加しましょう。
人間年を重ねるとどうしても腰が重くなりがちですが、婚活はフットワークの軽さが大切です。

婚活や恋愛に前向きな30代男性はモテる

結婚や婚活に向き合うことを避けてきた30代男性にとって、婚活はやってみると意外に楽しいものです。
30代男性は女性から人気を集める年齢なので、婚活パーティーでも婚活サイトで方向性さえ間違わなければ何らかの結果が出るからです。

また、最近は草食男子が主流です。
婚活においてもガツガツ力を入れずゆったりと取り組む男性が増えています。
そんな中、気になる女性へ一生懸命話しかける男性を見かけると女性は胸がキュンとするはずです。
草食男子が主流の中、獲物へ果敢に攻めている図を想像するからです。

冒頭でお伝えしたとおり、女性は結婚を焦っている人が多く、男性はのほほんとしている人が多い傾向があります。
男女で温度差があることは否めません。
結婚や恋愛に対して前向きで一生懸命な男性は、そもそもの数が少ないので女性から人気を集めるのです。

30代男性はぜひ婚活に前向きになること。
結婚願望が強いことを恥ずかしがらずにさらっと伝えること
結婚や妊娠、出産を求める女性から逃げないことが大切です。

30代男性向け婚活パーティーの選び方と注意点

1. コミュニケーションが苦手ならお見合い形式

HOTEL86_washitunoocya20150124135505_TP_V

異性とのコミュニケーションが苦手、異性と話すと頭が真っ白になるという方はお見合い形式の婚活パーティーがおすすめです。
お見合い形式の婚活パーティーは、結婚相談所が開催していることが多いですが、結婚相談所へ入会しなくても参加できる場合もあります。

お見合い形式の婚活パーティーは、異性と1対1で順に話をするトークタイムが設けられていることが大半です。
いわゆる回転寿司形式ですね。
手元には、お相手の年齢や職業などのプロフィールカードがあるので、話題がなくて困るということも避けられます。

異性との会話は誰でも緊張するものですが、婚活パーティーの独特の雰囲気に慣れるまではお見合い形式のパーティーに何度か参加するというのがおすすめです。

また、結婚に向けてしっかりアドバイスを受けたいという場合は、料金は別途かかりますがお見合い形式の婚活パーティーを主催している結婚相談所へ入会しても良いでしょう。
結婚相談所が婚活パーティーを開催する目的は結婚相談所への入会者の獲得です。

2. 相手の年齢にこだわりがある場合

絶対に20代女性がいい、といった風に相手の年齢にこだわりがある30代男性もいらっしゃるはずです。
結婚となると相手の年齢は大きく影響しますよね。
その場合は希望する女性の年齢が参加条件として設定されている婚活パーティーを選びましょう。

ただし、あくまで一般論ですが、女性の多くが許容する年齢差は年上5歳程度です。
30歳の女性であれば35歳の男性、34歳の女性であれば39歳の男性となりますね。
もちろんそれ以上許容できる女性もいますし、年下しか受け付けない女性もいますがあくまで一般論です。

もしあなたが38歳男性で20代の女性を希望している場合、相手の女性からは一般的に許容されない年齢差であることを認識しておきましょう。
年齢差5歳を超えているからです。
5歳を超えている分、あなたにプラスアルファの魅力を作る必要があります。
収入職業安定性などぜひ武器となる魅力を作り上げましょう

もし魅力を作り上げるのが難しければ、女性の年齢に対してある程度寛容になった方が結婚できる確率は高まります。

3. いろいろなパーティーに参加してみる

9cc0545bd4fa5a5ce64c7b9397b7a122_s

30代男性が婚活パーティーに参加する際は、ぜひいろいろな種類のパーティーに参加することをおすすめします。

婚活パーティーといっても、

  • 結婚相談所主催のお見合い形式パーティー
  • 異業種交流会など自由形式のパーティー
  • 10名以下の少人数パーティー
  • 100人以上の大人数パーティー
  • 合コンに近い軽いノリのパーティー
  • 料理やマラソンなどイベント系パーティー

などさまざまな種類があります。
30代男性であれば、年齢の参加条件に引っかかることは少ないはずなのでぜひいろいろな種類のパーティーに参加してみてください。

パーティーが違えば参加する異性のタイプも異なります。
いくつか参加すれば、自分にあった婚活パーティーの種類も自然とわかるはずです。

まとめ

30代男性向けに婚活パーティーの選び方と注意点をご紹介しましたがいかがでしたか?
危機意識が低いこと、婚活や恋愛に前向きな男性はモテることなどドキッと感じる内容もあったのではないでしょうか。

30代はとても楽しい年代です。
いくら年齢が中年にさしかかっていようと仕事はある程度ベテランになり、遊びや生活の余裕もある、体力だってまだまだあるしこの先も一人で人生楽しめるのではと感じているかもしれませんね。

でも、40代50代になるとそうはいきません。
30代の婚活を成功させるにはいかに早く始めるかということと、いかに早く結果を出すかということに尽きます。

そこでおすすめの婚活パーティーが「PREMIUM STATUS PARTY」です。
独身男女がスタイリッシュな会場に集まり自然な出会いを楽しむスタイルの婚活パーティーを数多く開催しています。ぜひ一度参加してみてください。
多くの30代男性が恋愛相手や結婚相手を見つけていますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bzのご紹介