恋人 恋愛

結婚前の同棲はどうやったら上手くいく?メリット・デメリットと成功のポイントを解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真1

彼・彼女のことは好きだけど、結婚して一緒に生活していくとなると、上手くいくのか心配になる…と考えている人は多いでしょう。

同棲をしてみたら、結婚前にもっと相手のことを知ることが出来るので不安が解消されそうと感じる反面、嫌な部分を見てしまうのでは…という不安もあります。

そんな、同棲に興味があるけれども踏み切れないあなたに、同棲のメリット・デメリットと成功のポイントについてご紹介したいと思います。

結婚する前に同棲するカップルはどれくらい?

写真2

結婚をする前に、同棲するというカップルの話はよく聞きますよね。それもそのはず、約7割のカップルが結婚前に同棲しているらしいのです。

その理由は様々で、相手のことをもっとよく知るための手段として同棲してみるというカップルや、相手とより長い時間を過ごしたかったからというカップル、中には家賃などの節約のために、いずれ結婚するのであれば一緒の部屋に住んでしまって、結婚資金を貯めようという理由で同棲を決めるカップルもいます。

そして、結婚を前提にしていることが多いため、二人で住むための新居を用意して、同棲を始めるという人も半分くらいいるようですよ。

同棲の期間はどれくらい?

半年以上や1年以上同棲するカップルは6割以上を占めているそうです。結婚を前提に相手のことを深く知るための同棲であれば、一緒に住み始める前に期間を定めておくのも良いかもしれません。

期間を決めておくことで、その期限が来るまでにどういったことを知っておきたいかをピックアップし、見極めることがしやすくなりますよね。

また、結婚までの期間がずるずると延びてしまうと将来設計もぼやけていってしまいます。二人で話し合って、同棲期間を決められると良いですね。

同棲することのメリット

写真3

同棲することには様々なメリットがあります。メリットを理解した上で同棲生活を送れば、より充実した期間を過ごすことができるでしょう。

生活習慣の違いを知ることができる

生活習慣については、育ってきた環境が違うので、違いが生じるのは当たり前です。だからといって、相手の生活習慣が自分にとっては許しがたいものであることだってあるのです。

そういった、大きな生活習慣の違いは二人で話し合い、どうしていくのかを決めていく必要があります。

生活習慣は身体に染み付いているものなので、変えていくのに苦労することもあるかと思います。でも、何気なくやっていることが一緒に生活するパートナーを不快にしてしまうのは避けたいところですよね。

お互いが納得できる落としどころを見つけて、少しずつ改善していけるといいですね。

家庭料理に関する食の好みが分かる

家庭料理に関する食の好みが分かるというのは、同棲が関係あるのかどうか疑問に思う方もいるかもしれません。確かに、毎日のようにデートをしているカップルが外食をしていると、食の好みは分かってくるでしょう。

しかし、同棲を始めると、お付き合いしている時のように外食というわけにもいかず、自宅で料理をすることになります。その中で、外食時とは違う食の好みなどが分かってくることがあるのです。

典型的に母親の味を求めてしまうこともあるでしょう。また、自分で作るとなると、自分好みにしたくて、パートナーにもそれを求めてしまうこともあります。

毎日毎日のことなので大変ですが、相手の好みを知り、楽しく食卓を囲めるようにしたいですよね。

二人で長い時間一緒にいられる

二人で長い時間一緒にいられるというのもまた、同棲をする大きなメリットになります。

結婚して、家族になれば毎日一緒にいられるわけですが、まだ結婚するタイミングではない場合、一緒にいるために同棲という形をとれば、長い時間をパートナーと共有することができるのです。

好きな人と四六時中一緒にいて、どんな時間も共有できれば、結婚前から幸せな時間が過ごせて良いですよね。

生活費などを節約することができる

また、結婚することを前提に付き合っているカップルは、生活費などを節約するために同棲することもあります。そうすることで、結婚式や結婚後の生活にかかる資金をより早く貯めることができ、結婚のタイミングを早めることができるという考えからです。

二人で別々の部屋を借りていると、その分家賃がかかってきます。その他の生活費についても、二人で別々に暮らしているよりも同棲している方が削減できます。

何よりも、一緒に暮らし、二人で同じ目標に向かってお金を貯めていくというのは、それだけでモチベーションアップになり、ゴールにも早くたどり着けるかもしれませんね。

結婚後のシミュレーションができる

結婚後のシミュレーションも同棲するメリットであり、重要なことです。結婚後の生活は、頭の中で色々と考えたり、二人で話し合ったりすることもできるでしょう。

でも、やはりいざとなったら事前には分からないことも出てくるもの。お金のことや家事分担のことなど、日常生活におけるシミュレーションをぜひ同棲中に実感してみてくださいね

結婚に関する準備を行いやすい

また結婚に関する準備を行いやすいのが、同棲期間でもあります。結婚式の準備は二人でかなりの時間をかけて行う必要がありますし、新婚生活についての準備も、二人でじっくり考えて行いたいですよね。

その時間を、二人別々に暮らしている中で捻出していくとなると、かなりの期間が必要になってしまったり、妥協して、どちらか一方が時間を使ったりすることになりかねません。

二人のスタートに関することですので、二人で力を合わせやすい環境にある同棲はメリットと言えるでしょう。

同棲することのデメリット

写真4

メリットを見れば、同棲をしない手はないではないかと思われますが、残念ながら同棲することにはデメリットもあります。

メリットとデメリットを比較して、自分たちカップルはどちらの側面を重要と捉えるか話し合って決める必要があります。

現実を知ってしまう

パートナーが意外にもだらしない部分が多かったり、理解できない趣味や生活習慣があったりすると、こんなはずじゃなかったと言いたくなることもあるでしょう。これは、結婚する前に知ることができて良かったと捉えることもできることですので、デメリットだけだと捉えなくても良いのかもしれません。

一緒に暮らし、多くの時間を一緒に過ごすことで、見たくない部分までもが見えてきてしまうものです。その嫌な部分を知りすぎてしまい、別れを選択せざるを得なくなるカップルもいます。

好きな人とお別れすることになる結果は望ましくありませんよね。しかし、自分のベストパートナーと結婚することを選ぶということもまた必要なことです。

あまりに理想と現実が違う場合には、やはり、新たな道を模索することも考えた方が良いかもしれませんね。

家族などから反対されてしまう

同棲を家族などから反対されてしまったり、世間の目が気になったりしてしまうこともデメリットです。

自分たち世代にとって、同棲することにはメリットがあるし、そこまで抵抗がないことが多いのですが、親世代にとっては結婚前に一緒に住むことをあまり好ましく思わない人も多くいます

同棲=結婚と捉えてしまって、あたかも嫁入りしたかのような扱いをされることもあるようです。

また、職場の上司などにうっかり同棲について話をしてしまって、嫌な顔をされてしまったというパターンも実際にあります。

家族には事前に同棲に関するメリットを理解してもらったり、自分たちが何のために同棲という形を選んでいるのかをしっかりと説明したりして、分かってもらえるようにしましょう。

また、上司など、世代が上の方などは、あまり同棲に関していい印象を持っていないかもしれないということを意識しておく必要があるでしょう。

ずるずると続けてしまいがち

同棲を始める際にゴールを決めずに同棲してしまうことで、そのままずるずると続けてしまいがちになることがあります。結婚をしてもしなくても今の生活と変わらないのであれば、このままでも良いと思えてしまうのです。

実際には結婚生活と同棲生活とには違いがあるのですが、日常ではそれをなかなか感じられないものです。ですから、二人で時間が共有できている同棲生活は、結婚後の生活だと感じてしまいがちです。

子どもができれば変化も生じるとは思うのですが、そうでない場合、そのままずるずると同棲生活を続けてしまうカップルもいるようです。

恋人同士のドキドキ感が減る

同棲していることで所帯じみてしまい、恋人同士のドキドキ感が減ってしまうこともデメリットの一つだと言えるでしょう。結婚するとそうなってしまうカップルも多いようですが、結婚する前から恋人気分が味わえなくなってしまう恐れがあります。

家族になって安心を手に入れるのも良いことですが、やはり恋人同士のドキドキも味わっていたいというのであれば、それなりの工夫が必要になってきます。

同棲をうまく進めるためのポイント

写真5

同棲をうまく進めるには、やはり二人の間での話し合いが必要不可欠です。

事前に同棲のゴールを決めましょう。

期間を決めておき、その時期が来たら二人で話し合いを行い、その後について再度決定するという風に決めておくと分かりやすくて良いですね。また、そのことはお互いの家族にも宣言しておくと良いでしょう。二人がきちんとした考えを持って同棲するのだということが伝わります。

恋人気分を失わないためには、記念日などでのサプライズを日常に織り交ぜていくのも良いですね。

結婚前の同棲は目的を明確に

二人の時間を共有できる同棲は、メリットもあればデメリットもあります。それを踏まえた上で、楽しい時間が過ごすことができれば、幸せの形がきっと見えてくるでしょう。

自分たちはどんな目的があって同棲するのかを最初に明確にしておき、時々意思確認をお互いにし合えると中身のある同棲となることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bzのご紹介