出会い 恋愛

好きな人に話しかける方法まとめ。心の準備、きっかけ作りなどを解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真1

あなたは好きな人ができた時、話しかけられるタイプの人ですか?

この記事のタイトルを見て読んでみようと思ったあなたは、きっとそうではないはず。

話しかけてみたいけれど、どう声をかければ良いのか分からなかったり、緊張して声がかけられなかったりするのではないでしょうか?

そんなあなたに、好きな人へ声をかける際の心の準備や、きっかけ作りなどについて解説します。

心の準備編

まずは、心の準備から。

好きな人に初めて話しかけるというのは、とても緊張してしまうものですよね。『好き』を意識する前までは普通に話せていた相手であっても、『好き』を意識した瞬間、緊張してしまって上手く話せなくなることだってあるほどです。

それが、初めて話しかける相手やあまり話したことのない相手であればなおさらですよね。この緊張を少しでも解くことができれば、より自然に話しかけることが出来るでしょう。

では、どのような準備をすれば、緊張し過ぎることなく好きな人に話しかけることができるのでしょうか。

挨拶程度は重ねておいて自分の存在をアピール

写真2

好きになった男性は、同じ職場の方でしょうか?
それとも、いつも行くカフェの店員さん?
はたまた、通勤電車でよく見かけるだけの方だったりしますか?

いずれにしても、挨拶をするようにしてみましょう。

同じ職場の先輩や同僚、後輩であれば、挨拶をするのは社会人として当たり前ですよね。部署などが違うとなかなか偶然には会えないものですが、相手の行動パターンを把握することで、会える場所や時間帯をつかむことができますよ。

いつも行くカフェ店員さんの場合も、注文した際などに、少し自分の存在をアピールするつもりで、お礼の言葉などを欠かさず伝えてください。

通勤電車で見かけるだけの人に、突然挨拶をするのは躊躇してしまいますよね。そういう場合は、目を合わせてみたり、軽く会釈したりする程度からはじめてみてはいかがでしょうか?

きっと相手の方も、あなたの存在に気が付いて意識してくれるようになりますよ。

共通の話題を探す

好きな人に話しかける際、相手のことが何もわからない状態だと、何を話したら良いのか分からずに、それが緊張につながってしまうことがあります。

その緊張を少しでも減らすために、共通の話題を探しておくと良いでしょう。

人は、共通点のある相手に対して親近感が沸きやすくなります。心の距離も縮まりやすいのです。共通の話題になるようなものは結構身近にあるものです。

彼の持ち物や、読んでいる本、身につけている物などの中で、自分の興味のある物があれば話のネタになります。また、共通の知り合いなどがいれば、趣味などを探ってみても良いでしょう。

共通の話題といっても、あなたが最初からものすごく詳しい必要はありません。むしろ相手にたくさん話してもらうためには、興味は持っているけれどもそこまで詳しいわけではなく教えて欲しい、というスタンスでいると相手の話を引き出しやすいです。

そういった話題がいくつかあると安心ですよね。

相手も話しやすくなるような空気を作る

もし、あなたが勇気を出して気になる相手に話しかけることができたとしても、緊張していることが伝わってしまえば、相手にもその緊張が伝染してしまうかもしれません。

できることなら、相手に

  • あなたと次も話をしてみたい
  • 話しやすい人だな

と思ってもらえるようにしたいですよね。

その為にはまず、相手が好むような服装やメイクをするなど、見た目を気にしてみると良いでしょう。

これはなかなか難しいことのように思われますし、相手のことをよく知らないうちは好みも分からず、困ってしまうかもしれません。そんな時は、万人受けするような見た目を目指すのも良いでしょう。

そこから、彼が好みそうなスタイルを少しずつ取り入れていけると良いですね。

また、実際話をすることになった際には相手の話を笑顔で聞くことと、リアクションを多くとることを心がけるようにしましょう。笑顔の相手には話をしていたくなりますよね。

リアクションは大げさである必要はありません。話を聞いていることを伝え、相手が次も話したいと思える雰囲気を作るためのものなので、笑顔でうなずくだけでも効果がありますよ。

また、質問をするというのも、相手の話に興味を示していることを伝える手段でもあります。興味がない話であれば、質問など思い浮かばないでしょうから、まずは相手の話に興味を持つこと。そして、それでも質問内容が思い浮かばないのであれば、オウム返しをしてみましょう。

相手が、「〇〇って面白いんだよね」と言えば、「へー!〇〇って面白いんですか、楽しそうですね」とか、

「この前〇〇に行ってきたんだ」と言えば、「〇〇に行かれたんですか!どうでした?」

などというように、オウム返しを基本にしつつ、少し言葉を足すだけで相手の話を促すことができます。日頃から、お友達との会話の中でもオウム返しや質問することを意識して練習しておけると、いざという時も慌てずにすみますよ。

話しかける際のポイント編

写真3

心の準備が出来上がったら、今度は実際に話しかけてみましょう。やはり少なからず緊張してしまうとは思いますが、一度深呼吸をして、心の準備をしてきたのだから大丈夫だと自分に言い聞かせてから話しかけてみてください。

その際のポイントをいくつかご紹介します。

自然なタイミングがチャンス

話しかけるタイミングは、好きな人と二人で話のできる距離感になったときです。

とても仲の良い相手なら可能性はありますが、普通は遠くにいる人に急に話しかけると驚かれますし、始まりがそのように不自然な状況だとその後も不自然なまま会話が進みかねません。

相手が近くにいたり、すれ違ったり、二人で自然に話せる状況になったときが絶好のチャンスです。まずは挨拶から始めてみてくださいね。

また、話しかけるネタがあるときも、もちろん話しかけるタイミングの一つです。ちょっとした短い会話であっても相手に自分を意識してもらうきっかけになりますよ。

好きな人に聞きたいことがあるときや、相談したいことがある場合は積極的に話しかけてみましょう。

質問や相談事は立派な話のネタです。相手も自分の知識を話すことになるので話しやすくなり、会話が弾むきっかけになりますよ。

内容はいくつか備えておく

せっかく話しかけて会話が始まったのであれば、その会話を終わらせてしまうのはもったいないですよね。話をすぐに終わらせないために、話のネタをストックしておいてから話しかけると良いかもしれません。

とはいえ、話のネタもそうそうあるわけではありませんよね。そんな時は、その時に視界に入ってくるものから話題を広げてみてください。

彼の持ち物やファッション、仕草などでも良いです。また、窓の外の風景や、その部屋にあるものなどから話を広げていくのも良いでしょう。

  • そのネクタイ素敵ですね
  • そのスーツ新しいのですか?似合ってますね
  • 〇〇さん、いつも姿勢が良いですよね
  • そのスマホケース可愛いですね
  • この本、気になってたんです

など、触れられることはたくさんありますよね。

また、彼が興味を持ちそうなものを、会社のデスクの引き出しや鞄の中にしのばせておいて、いざという時にネタにするのも一つの手ですよ。これは、相手が好きな人ではなくても会話の手がかりにできることですので、常に練習だと思ってアンテナを張り巡らせておけると良いですね。

表情は口角を上げて笑顔をキープ

写真4

次は話をしている間のあなたの表情のお話です。

表情は意識して、笑顔を作るようにしましょう。なぜなら、その方が相手の話を引き出すことができるからです。

話をするのが苦手なら、相手に話をしてもらうようにすれば良いのですが、あなたが難しい表情をしていたら、話をするのを止めてしまいたくなるかもしれません。

相手が自分の話でつまらなさそうにしていたら、自分の話が面白くないのかな?と思ってしまってもおかしくありません。それが緊張から来る表情であったとしても同じこと。

自分が緊張してしまうことを自覚しているのであれば、なおさら、笑顔を作ることを意識してくださいね。そしてそこに、あまりオーバーすぎないリアクションを加えることができれば、彼も楽しく話をすることができるかもしれませんね。

それともう一つ。

話をする相手と同じ仕草をするのも、親近感を感じてもらえるきっかけになります。腕を組んだり、髪を触ったりする動作を、何気なく真似してみてください。相手にとって話しやすい空気感を演出できます。

対面より横並びの方がお互い緊張しない

最後に、座る場所についてです。

できれば向かい合って話をするよりも、横並びに話をする方がお互い緊張しなくてすむようです。それは、パーソナルスペースという、自分のテリトリーのようなスペースを保てるかどうかが鍵になってきます。

人はパーソナルスペースの中に好意を抱いている訳ではない相手に入ってこられると緊張してしまいます。それを避けるために、正面ではなく横並びで話しかけるのです。

ちなみにこのパーソナルスペースには4つの距離感が存在するとされています。

  • 超密接距離と呼ばれる恋人の距離感は、0cm~15cm
  • 密接距離と呼ばれる友達の距離感は、15cm〜45cm
  • 個体距離と呼ばれる仕事の距離感は、45cm~120cm
  • 社会距離と呼ばれる初対面の距離感は、2m~3.5m

です。

少なくとも、最初のうちは個体距離くらいの距離感で話しかけた方が良さそうですね。正面だと相手の顔のどこを見て話して良いのかと戸惑いそうですが、横並びだとその心配も少ないでしょう。

好きな人に話しかけることから恋愛は始まる

写真5

好きな人の前で緊張してしまうのはある意味自然なこと。でも、緊張することで会話が弾まなかったり、関係が進展していかなかったりするのは残念なことでもあります。

出来るだけ緊張しなくてすむように、心の準備や具体的な方法を身につけて好きな人に話しかけましょう。ここから恋愛は大きく前進します。

そして緊張し過ぎずに話しかけることができるようになったあなたに、とっておきの素敵な男性との出会いの場をご紹介します。

それはPREMIUM STATUS PARTYです。

PREMIUM STATUS PARTYは、身分証提示の上で、大手企業、外資系企業、経営者などハイステイタスな職業中心の男性たちが参加する出会いを求める男女のためのパーティーです。

様々なタイプの男性とのチャンスが待っていますので、きっと素敵な出会いにも恵まれるはず。

そこで、あまり緊張しなくなったあなたの恋愛スキルを、存分に活かしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
eliteのご紹介