デート ライフスタイル

【東京】11月頃から見頃になる紅葉スポット10選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像1

秋の楽しみといえば「紅葉狩り」ですよね。真っ赤に染まるモミジ、黄金色に輝くイチョウなど、それぞれの美しさがあります。

東京都内では11月頃から見頃になるスポットが多いので、お天気がいい日に、是非とも秋ならではの自然美を堪能しに出かけてみませんか?

ここでは東京で紅葉が楽しめるおすすめスポット10選をご紹介します。

アクセス抜群!電車で気軽に行ける紅葉スポット

東京都心でも、電車で気軽に行ける近場の紅葉スポットがたくさんあります。都心にありながら自然美に心癒される人気の紅葉スポットをご紹介します。

1.新宿御苑

新宿御苑は紅葉する木の種類が多いので、11月上旬~12月上旬という長い期間にわたって紅葉が楽しめます。最初に色づくのはハナミズキ、続いてイチョウやプラタナスなど、その後にはカエデやメタセコイアなどが時間差で色づきを見せてくれます。

新宿御苑には3つの庭園があります。真っ赤に紅葉するカエデが美しい「日本庭園」、プラタナスの並木道がまるでヨーロッパにいるような気分になれる「フランス式整形庭園」、広大な芝生に座って紅葉を楽しめる「イギリス風景式庭園」というように、それぞれ違った楽しみ方ができるのも新宿御苑の魅力です。

  • 例年の見頃/11月上旬~12月上旬
  • アクセス/【新宿門へ】東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前駅」より徒歩5分、東京メトロ副都心線・都営新宿線「新宿三丁目駅」より徒歩5分、JR・京王・小田急線「新宿駅」より徒歩10分、西武新宿線「西武新宿駅」より徒歩15分、【大木戸門へ】東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前駅」より徒歩5分、【千駄ヶ谷門へ】JR総武線「千駄ヶ谷駅」より徒歩5分、都営大江戸線「国立競技場駅」より徒歩5分、東京メトロ副都心線「北参道駅」より徒歩10分
  • 公式サイト/http://fng.or.jp/shinjuku/

2.六義園

画像3

紅葉の名所である六義園は、国の特別名勝にも指定されている回遊式築山泉水庭園です。秋にはイロハカエデやハゼノキ、イチョウなどが美しく色づく景色を楽しめます。茅葺屋根のツツジ茶屋付近など、美しい景観が楽しめるスポットが多いので、庭園内をゆっくり散策してみてください。

例年ライトアップがおこなわれ、平成30年も11月17日(土)~12月9日(日)に「紅葉と大名庭園のライトアップ」が実施される予定です。鮮やかに色づいた木々が水面に映し出される幻想的な世界をぜひご堪能ください。

3.小石川後楽園

東京ドームのすぐ近くにある小石川後楽園は、六義園と並び江戸の二大庭園と言われていて、国指定特別史跡と特別名勝に指定されています。小石川後楽園は池を中心にした「回遊式築山泉水庭園」で、日本や中国各地の景勝を模した景観が楽しめます。

春はしだれ桜の名所として人気がありますが、秋はイロハモミジやハゼ、ケヤキ、イチョウが色づく都心の紅葉スポットに。京都・嵐山に流れる川を表現した「大堰川(おおいがわ)」や、同じく京都の紅葉の名所である東福寺の通天橋を模して造られた「通天橋」あたりがおすすめスポットです。

  • 例年の見頃/11月下旬~12月上旬
  • アクセス/都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」より徒歩3分、JR総武線「飯田橋駅」より徒歩8分、東京メトロ東西線・有楽町線・南北線「飯田橋駅」より徒歩8分、東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」より徒歩8分
  • 公式サイト/https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index030.html

4.代々木公園

代々木公園では秋になるとケヤキ、イチョウ、モミジなど、1300本もの木々が色づきます。赤、オレンジ、黄色といったコントラストを楽しみながら、園内を散策してみてはいかがでしょうか。

園内にはベンチも多いので、ゆっくり座って景色を楽しむのもおすすめです。また、サイクリングロードがあって自転車の貸し出しもしてもらえますので、爽やかな秋晴れの下でサイクリングデートを楽しむこともできます。秋の1日を代々木公園で紅葉を楽しみながら、のんびり過ごしてみてはいかがでしょうか。

  • 例年の見頃/11月下旬~12月上旬
  • アクセス/JR「原宿駅」より徒歩3分、東京メトロ千代田線「代々木公園駅」より徒歩3分、東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前(原宿)駅」より徒歩3分、小田急線「代々木八幡駅」より徒歩6分
  • 公式サイト/https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index039.html

少しだけ遠出!絶景が楽しめる紅葉スポット

11月の行楽日和には、紅葉を見にハイキングに行くのもおすすめです。紅葉の素晴らしい景色が楽しめる絶景スポットをご紹介します。

5.高尾山

画像2

都心から電車とケーブルやリフトを使って1時間ほどで行ける高尾山。コースは複数ありますので、登山に慣れていない初心者でも安心です。1号路なら道が整備されているので登りやすいです。山頂までの間には茶屋もありますので、名物グルメを楽しみながらのんびり登るのも楽しいでしょう。

紅葉ポイントは展望台(金毘羅台)や薬王院、ケーブルカーの周辺など。ミシュランガイドで紹介されたこともあり、世界で最も登山者が多い山となった高尾山。今年は高尾山で紅葉狩りをしてみてはいかがでしょうか。

6.秋川渓谷

秋川渓谷は、あきる野市から檜原村まで全長約20キロにも及ぶ渓谷です。秋川渓谷の紅葉は、赤や黄色のコントラストが美しく、自然美を堪能できます。秋川は多摩川の支流の中で最大の川であり、渓谷にかかる96メートルの吊り橋「石船橋」は絶好のビュースポット。

都心から電車で約60分というアクセスの良さも魅力です。近くには日帰り温泉「瀬音の湯」もありますので、紅葉狩りの帰りに立ち寄ってはいかがでしょうか。

  • 例年の見頃/11月下旬~12月上旬
  • アクセス/JR武蔵五日市線「武蔵五日市駅」より徒歩5分(石船橋へは「五日市駅」よりバスに乗車、「十里木」バス停下車徒歩2分)
  • 公式サイト/http://www.akirunokanko.com/

7.奥多摩湖

西多摩郡の奥多摩湖は、東京と山梨にまたがる人造湖で、四季折々の景色が楽しめます。秋になると周囲の山々の紅葉が湖に映り込み、都内屈指の紅葉スポットとして人気が高いです。

湖畔には遊歩道がありますので、のんびり散策しながら雄大な紅葉の景色を楽しめます。全長25メートルの浮橋「ドラム缶橋」は奥多摩湖名物となっていますので、渡ってみてはいかがでしょうか。奥多摩周遊道路からの景色も美しいので、紅葉ドライブもおすすめです。

  • 例年の見頃/11月上旬~11月中旬
  • アクセス/JR青梅線「奥多摩」駅より西東京バス奥多摩湖方面行きで約15分、「奥多摩湖」下車
  • 公式サイト/http://www.okutama.gr.jp/spot.php

イチョウ並木が美しいスポット

真っ赤な紅葉も美しいですが、この時期だけの黄色いトンネル、黄色いじゅうたんが楽しめるイチョウ並木もまるで映画みたいでロマンチックですよね。東京のイチョウ並木が美しいスポットをご紹介します。

8.明治神宮外苑

画像4

明治神宮外苑のイチョウ並木は秋になると多くの人が散策に訪れます。青山通りから聖徳絵画館に向かって300m続く146本のイチョウ並木は圧巻です。青山通り側から見ると、奥に聖徳絵画館があり、まるで絵のような美しさです。オシャレな雰囲気の中、秋を感じてはいかがでしょうか。

平成9年からスタートした「神宮外苑いちょう祭り」は今年も開催されます。2018年11月16日(金)~12月2日(日) の日程で、時間は10:00~17:30の予定。屋台が並びますので、おいしいグルメを楽しめます。

  • 例年の見頃/11月下旬~12月上旬
  • アクセス/東京メトロ・都営地下鉄「青山一丁目駅」「外苑前駅」より徒歩5分、JR「信濃町駅」「千駄ヶ谷駅」より徒歩10分
  • 公式サイト/http://www.meijijingugaien.jp/

9.昭和記念公園

東京ドーム39個分もある広大な敷地の昭和記念公園には、イチョウ並木が2ヵ所あります。1つは「カナールイチョウ並木」で、カナール(水路)の左右に2列ずつ200mにわたって106本のイチョウが並びます。まっすぐに並ぶイチョウが水面に映ってとてもきれいです。

もう1つのイチョウ並木は運動広場西側にある「かたらいのイチョウ並木」で、2列98本のイチョウ並木が300m続きます。この時期ならではの黄金色のじゅうたんを楽しみに訪れてはいかがでしょうか。

イチョウ並木が素敵な昭和記念公園ですが、日本庭園などでは真っ赤な紅葉も楽しめますので、ゆっくりと園内を散策してみてください。園内にはレストランもありますが、紅葉シーズンは混み合うことがありますので、お弁当を持参するのもおすすめです。

ふれあい広場は広々とした芝生なので、お天気がよければ敷物を敷いてお弁当を敷いたり、寝転んでくつろいだりできます。爽やかな秋の1日を昭和記念公園で過ごしてみてはいかがでしょうか。

  • 例年の見頃/11月上旬~11月下旬
  • アクセス/【西立川口】JR青梅線「西立川駅」より徒歩2分、【あけぼの口】多摩都市モノレール「立川北駅」より徒歩8分、JR中央線「立川駅」より徒歩10分、【昭島口】JR青梅線「東中神駅」より徒歩10分 など
  • 公式サイト/http://www.showakinen-koen.jp/

10.靖国神社

桜の名所として知られる靖国神社の500m続く参道には、高さ25メートルのイチョウ並木があります。本殿の裏手にある神池庭園あたりでは、赤く色づく紅葉も鑑賞できます。最寄り駅からも近いので、紅葉を楽しみたくなったときには気軽に訪れてみてはいかがでしょうか。近くには、千鳥ヶ淵や北の丸公園など紅葉スポットが多いので、散策してみるのも楽しいでしょう。

  • 例年の見頃/11月下旬~12月上旬
  • アクセス/東京メトロ「九段下駅」より徒歩5分、JR・東京メトロ「飯田橋駅」または「市ヶ谷駅」より徒歩10分
  • 公式サイト/http://www.yasukuni.or.jp/

紅葉狩りを楽しむには

画像5

紅葉は春の桜よりも見頃が長いので、お休みの日にゆっくり見に行ってはいかがでしょうか。紅葉狩りを楽しむためのポイントや注意点をご紹介します。

紅葉の楽しみ方

紅葉狩りとは、紅葉を鑑賞して楽しむことです。紅葉をちぎったりせず、目で見て楽しんでください。紅葉狩りスポットは自然が多いので、リフレッシュできるのも紅葉狩りの魅力です。

都心のオアシスと言えるような紅葉スポットもありますので、日頃の疲れを癒しに行ってみてはいかがでしょうか。

紅葉狩りの服装は?

紅葉狩りスポットによっては、坂道やでこぼこ道で歩きにくい可能性があります。散策しながらゆっくり景観を楽しむこともあるでしょうから、歩きやすいスニーカーを履いていくことをおすすめします。自然の中では風が強いこともありますので、服装にも注意をしましょう。動きやすい服装で、紅葉になじむ秋らしい色合いを選ぶようにすると、素敵な写真が撮れるでしょう。

また、紅葉の季節は昼夜の寒暖差が大きくなります。日中は暖かくても、夕方になると急に冷えてくることがありますので、カーディガンやパーカーなど羽織るものを持っておくと安心です。絶景が楽しめるスポットは山も多いので、防寒対策をしておきましょう。

紅葉狩りの持ち物は?

紅葉狩りに行く時は、急な天気の変化に備えて雨具を持っておきましょう。折り畳み傘だけでなく、レインコートを持っておくと防寒対策にも使えます。

また、座りたくなったときのために敷物を持っておくと安心です。ベンチがあっても汚れていて座りたくないというときに、敷物を敷けば服を汚さずに座れます。芝生に座ってのんびりと紅葉を鑑賞したいときも、敷物があるとくつろげるでしょう。

売店がないような紅葉スポットもありますので、ちょっとしたお菓子や飲み物を用意しておくといざという時も安心です。手を洗うところやゴミ箱がない可能性もありますので、ウェットティッシュやゴミ袋を用意しておくと困りません。

その他には、虫がいるときのために虫よけスプレー、日差しが強い場合は帽子を持っておくと、紅葉狩りを快適に楽しめるでしょう。

紅葉狩りの注意点

人気の紅葉スポットは、見頃を迎えると大勢の人が集まります。特に土日ともなるとかなりの混雑が予想されますので、早めに出かけた方がよいでしょう。

たとえば定員数が限られているケーブルカーは一度にたくさんの人が乗れないので、早めに行かないとかなり並ばなくてはいけないかもしれません。また、入園料が必要な施設は、入場までに時間がかかる可能性があります。早めに出発することで、並ぶ時間を短縮することができます。

また、紅葉スポットには駐車場完備の施設もありますが、満車という可能性もあります。近隣の駐車場を探すのに時間がかかり、予定が大きくずれてしまうかもしれません。交通アクセスがよいスポットなら、公共交通機関を利用した方がよいでしょう。ドライブを兼ねて車で行く場合は、早めに目的地に着くよう計画した方がいいかもしれませんね。

秋だけの楽しみ!紅葉狩りに出かけよう

紅葉スポットを10ヵ所ご紹介しましたが、東京にはこの他にも魅力ある紅葉スポットがたくさんあります。近場で気軽に紅葉を楽しむのもいいですし、お休みの日にハイキングを兼ねて遠出してみるのもリフレッシュできるでしょう。

また、見頃の時期になると期間限定でライトアップされるスポットもあります。昼間とは違った幻想的な雰囲気を楽しむことができますので、夜の紅葉を鑑賞しに行くのもおすすめです。

秋しか楽しめない紅葉をぜひ堪能してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プレミアムステイタスのご紹介