デート 恋人 恋愛

どうすればいいの?彼氏と喧嘩した時の仲直りの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像1

大好きな彼氏との喧嘩。喧嘩してしまった日には、集中力も持たずなんだかそわそわしてしまうものです。

しかし仲直りをするのは、きっかけも言い方もとっても難しいものなんですよね。少しでも早く大好きな彼氏とラブラブに戻るために、効果的な仲直りの方法をご紹介します。

喧嘩するのは悪い事!?

画像2

彼氏と喧嘩をすると、自己嫌悪に陥ってしまう人も多くいます。しかし喧嘩をする事自体は、決して悪い事ではありません。

元々育った環境や価値観が違う二人なので、喧嘩をする事はごく自然な事なのです。全く違う二人の人間が一緒にいれば、もちろん衝突する事もすれ違う事もあります。

お互いの本当の考えを知る上でも、喧嘩をする事は悪い事ではありません。それどころか喧嘩をする事で相手の本音を聞く事ができて、より仲が深まる事が多いのです。

人は、自分の本音を隠したがるものですよね。だからこそ時には本音を吐きだして、お互いの本当の思いを共有する事が大切なのです。

仲直りのきっかけはどうやって作る?

画像3

喧嘩が悪くない事だとしても、やはり喧嘩をすると後味が悪いものですよね。できれば早く仲直りをしてしまいたい。でも仲直りのきっかけが掴めない…。

そんな時には、下記の方法で仲直りのきっかけを作ってみましょう。また仲直りは早ければ早い方が良いので、なるべくすぐに行動していくと良いですよ。

まずはメールできっかけを作る

これは一番きっかけが作りやすく、話が進みやすい方法です。

まずはメールで、仲直りをしたいという気持ちを伝えてみましょう。そして改めて、話し合う機会を作ります。口では直接伝えにくい「仲直りをしたい」という気持ちも、メールなら伝えやすいですよね。

但し、メールの後にも必ず直接話し合う事が大切ですよ。

食事に誘う

「仲直りがしたい」と伝えられない時には、彼氏を食事に誘ってみるのも手です。二人で食事をしながら、改めて喧嘩について話し合う時間が持てます。

また食事中はお互いにリラックスしやすい状態となるので、比較的穏やかに話す事ができます。

手料理を振る舞う

仲直りするきっかけとして、手料理を振る舞うのも効果的です。彼女の手料理は、彼氏にとっても嬉しいものです。

また喧嘩の後に改めて料理を作ってくれるというのは、「仲直りしたいのかな」と彼氏にも遠回しに伝わる事になります。その上仲直りしやすい環境にもなるので、オススメですよ。

仲直りをする5つの方法!

画像4

仲直りするきっかけを作ったら、早速仲直りをしていきましょう。

この時仲直りの方法を間違えてしまうと、更なる大喧嘩へと発展してしまう事もあります。そうならないためにも、上手な仲直りの方法をご紹介します。

1.喧嘩の原因を話し合う

喧嘩には必ず原因があります。

「どちらが悪いか」よりも、「何が原因だったのか」を二人で探ってみましょう。原因がハッキリすれば、解決策も見えてくるはずです。また原因をお互いが理解しておく事で、また同じ事で喧嘩する可能性も低くなるのです。

2.相手の非ばかり見ずに、自分の非も認める

「喧嘩両成敗」という言葉がありますが、まさに喧嘩の大半は両者に少なからず非があります

例えば冷静になれずに言わなくても良い事まで言ってしまった等も、喧嘩を悪化させた一因として考えられますよね。だからこそ、「相手が悪い!」と決めつけてしまうのは良くありません。

仲直りをしたいのであれば、お互いがお互いの非を認めなければならないのです。

3.素直に「ごめんね」と伝える

仲直りで一番大切な言葉は、「ごめんなさい」です。この時、しっかりと心を込めて伝えることがポイントです。

この一言があるだけで、仲直りは劇的に早くできることもあります。大切な一言であっても、「ごめんなさい」という謝罪の言葉はなかなか素直に言えるものではありません。しかしここは頑張って素直に伝える事で、あなた自身の評価も上がる事になりますよ。

4.過去の事は持ちださない

仲直りの時には、過去の事は持ちださない様にしましょう。前にも同じ事があったとしても、今は目の前の事に集中する事が大切です。過去の事を持ちだされてしまうと、また喧嘩が始まってしまう事も考えられるからです。

また過去の事を掘り返したところで、だいたいの場合が解決せずに喧嘩が悪化するだけとなります。過去は過去と割り切って、今現在の問題に取り組んでいく方が良いのです。

5.感情的にならない

喧嘩は、どうしても感情的になってしまいますよね。その上仲直りの時にも感情的になってしまうと、また喧嘩に逆戻りしてしまいます。

仲直りの時には、冷静に話し合う事がとても重要なポイントとなります。例え彼氏が感情的になってしまっても、あなたは感情的にならずに冷静な態度を貫き通します。

すると、彼氏も我に返って冷静な話ができる様になるはずですよ。

仲直りに逆効果なもの7つ!

画像5

仲直りの際に、逆効果となる行動もあります。これらは仲直りどころか、最悪別れに繋がってしまう事すらあるのです。

大好きな彼氏とラブラブに戻りたいのであれば、下記の行動には注意しましょう。

1.彼氏に謝らせる事だけを目的にしている

「あなたが悪いんだから、謝って!」という一方的な態度は、彼氏を怒らせてしまいます。

先述しましたが、喧嘩は少なからず両者に非があると考えるべきです。そのため最初から「謝ってもらう!」という態度では、仲直りは程遠くなってしまうのです。

2.偉そうな態度

上から見下す様な偉そうな態度も、彼氏を余計怒らせてしまいます。冷静に話そうとすると、無意識に偉そうな態度になってしまう事もあるので注意しましょう。

仲直りの時は、彼氏と対等な立場で話し合う事が大切です。

3.SNSへの暴露

自分の近況を気軽に書き込む事ができる「SNS」ですが、ここで喧嘩の内容を暴露するのは良くありません。もし彼氏がそれを見たら、もちろん良い気はしない事でしょう。

また情報が回り回って間接的に彼氏に知られる事になっても、彼氏は嫌な気持ちになる事間違いありません。

誰かに聞いてもらいたくなるのは分かりますが、ネット上に公開する様なやり方は避けるべきです。

4.友達や親を巻き込む

彼氏と喧嘩をした時、親しい友達や親に相談したくなるのは良く分かります。相談をするだけなら、考えを整理したりストレス発散になるので良いでしょう。

しかし、喧嘩の仲裁として友達や親を巻き込むのはやめましょう。基本的に二人の間の問題なので、まずは二人で話し合って解決を図るべきです。

それでもダメでどうしようもなくなってしまったら、お互いに仲裁人を立てて話し合うのも一つの方法です。その場合、必ず二人が対等に話せる様にお互いの仲裁人に同席してもらいましょう。

5.泣き落とし

女性に多いのが、「泣き落とし」です。

確かに「女性の涙は可愛いもの」とされていますが、毎回それでは彼氏もだんだんと疲れてきてしまいます。また泣き落としたところで、喧嘩の原因が解決されない場合がほとんどです。

仲直りをするのであれば、喧嘩の原因を話し合ってから解決を図るのがベストです。涙はグッと我慢して、冷静にしっかりと話し合いましょう。

6.物に当たる

喧嘩中ももちろんですが、仲直りの時にも物に当たるのは良くありません。物に当たったところで何も解決はしませんし、場の雰囲気が悪くなるだけなのです。

どうしようもないイライラが溜まってしまうのは良く分かりますが、物に当たらずに他で発散する方法を見つけましょう。体を動かしたり、紙に書きだすのも良い方法ですよ。

7.相手を挑発する

せっかく仲直りをしようとしているのですから、相手を挑発する様な言動は慎みましょう

仲直りの話し合いをしていると、だんだんとまたヒートアップしてしまう事もあります。しかしここでヒートアップに任せて相手を挑発してしまうと、それこそ喧嘩に逆戻りです。仲直りの時には、相手を尊重する態度も大切なのです。

まとめ

大好きな彼氏とは、できれば喧嘩なんてしたくないものです。しかし二人の仲を深めていくためには、喧嘩は避けて通れない道でもあります。

そんな喧嘩を早く終わらせてラブラブに戻るには、一刻も早い仲直りが重要です。上手に仲直りする事ができれば、二人の仲は喧嘩前よりもグッと近くなっている事でしょう。

感情が爆発してしまう事は、どんな人にでもある事です。そんな場面でこそ、相手を尊重して冷静に話し合う事が大切なんですよ。

喧嘩をしてしまったら、ベストな仲直り方法を模索してより絆を深められる様にしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介