デート パーティー 出会い 婚活 恋人 恋愛

不器用な人でも女性とバリバリ出会えるナンパの仕方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナンパの仕方

苦手な人にとってはまるで罰ゲーム。
得意な人にとってはカワイイ女の子と仲良くなれる手っ取り早い手段。そう、ナンパです。

イタリアでは女性へ「かわいいね」と言うのが挨拶代わり、欧米では目が合えば会釈や挨拶するのがマナーですが、ここ日本ではまだまだ「ナンパ=悪いこと」というイメージがあるかもしれません。

自分は不器用だしナンパは不慣れ、パスだな…と決めつけるのは少しお待ちください。
異性と出会いたいなと思ったらすぐに行動に移して実行できるナンパは大きなメリットがあります。

そしてやり方によっては女性から嫌がられることもありません。
そう、やり方1つで素敵な出会いが生まれる可能性大なのです!

今回はナンパをなぜ難しく感じるのか、そして不器用男子でもきっとうまくいくナンパの仕方をご説明します。

※都内の出会いスポットについて、「30代の出会いはここで探せ!都内の厳選出会いスポット6選」で紹介しています。合わせてご覧ください。

ナンパは難しい?恥ずかしい?うまくいかない?理由

ナンパは難しい?恥ずかしい?うまくいかない?理由

ナンパそのものへの苦手意識が強すぎる

あなた自身はナンパについてどんな印象がありますか?
ナンパに自信があるという人は少なく、「難しい」「恥ずかしい」「うまくいかない」と感じている人が大半ではないでしょうか?

その理由の1つは、必要以上に悪いイメージが植え付けられ苦手意識が強くなりすぎていることです。
知らない人に話しかけることは目的地までのルートを尋ねることとほぼ同じであるにも関わらず、ナンパなんて怖くて無理と感じる男性がいます。

これはもう、ナンパというチャラチャラしたイメージの言葉を名付けた人にも多少の罪があるかもしれませんね。

男性の大半はナンパに対して苦手意識を持ちすぎです。
多少の苦手意識はあっても良いのですが、知らない人を誘うことを頑として認めないのは少々もったいないことではないでしょうか?

先のことを考えすぎる

ナンパを難しいと感じる2つ目の理由は、先のことを考えすぎることです。

女性へ最初にかける一言二言を想定しておくのは良いのですが、その後の会話の展開や飲食を共にする場合のお店、別れ際に電話番号を聞くかどうか、あわよくば最後まで持っていけるかどうかなど綿密なシミュレーションを立ててしまっていませんか?

女性の立場から考えると、いきなり知らない人から声を掛けられ一方的に話しかけられてもただビックリするだけです。
しかも、まくしたてるように話をされても、すぐには判断できず結局お誘いを断るしかなくなってしまうのです。

ナンパをするときに考えて良いのは、最初の一言二言のみにとどめましょう。
そこから先の会話は、女性の反応や返事を元にその場で考えていけば良いのです。

「いやいや、先のことを考えておかないと不安でナンパできない」という人もいるかもしれません。
ナンパも回数を重ねると次第に度胸がついてきます。慣れるまでは不安かもしれませんが、度胸がつけば大丈夫、ゲームのように楽しい感覚を味わえるはずです。

うまくいかないとすぐに心が折れてしまう

ナンパを難しいと感じる3つ目の理由は、ちょっと失敗しただけですぐに心が折れてしまうことです。
そもそも100回ナンパして100回すべて成功するなんてことはありえません。

例えば抱かれたい男に常時ランクインしている木村拓哉、松本潤、福山雅治などかっこいい芸能人だって100%はありえないはず。
「結婚しているからイヤ」「かっこよすぎて恥ずかしい」「素人相手に冷やかしかしら」という理由で断る女性も多いはずです。

2.3回失敗しても気にしないこと、逆に当たり前だと思ってください。失敗のうちに入りません。
いちいち心が折れていては成功が遠のいてしまいます。

どうすれば女性の気を引けるか試行錯誤、トライ&エラーすること。マーケティングと同じです。

一言目を変えてみる、相手の反応によって考える、キャッチセールスと間違えられないようにする、などやってみることは山ほどあります。
心が折れている暇はありませんよね。

不器用でもうまくいくナンパの仕方

ナンパの仕方1. 場所・シチュエーションをうまく利用する

ナンパの仕方1. 場所・シチュエーションをうまく利用する

それではお待たせしました!不器用男子でもうまくいくナンパの仕方を解説していきます。

まず1つ目は、場所やシチュエーションをうまく利用することです。

場所やシチュエーションを考えると、ナンパの成功率を高くすることができます。スーツで書類バッグを持ったあきらかに仕事中の女性よりも、ぶらぶら街歩きをしていそうな女性の方が時間の余裕があります。
繁華街だとキャッチセールスに思われて警戒心を持たれますが、ほんの少し離れた場所であれば大丈夫です。

ナンパが成功しやすい代表的な場所を挙げます。

  • 駅周辺の待ち合わせスポット
  • 繁華街(キャッチセールスとかぶらないところ)
  • ショッピングセンター
  • 本屋、DVDショップなど

待ち合わせ相手をポツンと待っている1人女性、ノリが良い女性グループ、旅行で訪れている女性などのシチュエーションも考慮して話しかけましょう。

ナンパの仕方2. 上手な声の掛け方には3種類ある

ナンパの仕方2. 上手な声の掛け方には3種類ある

2つ目は上手な声の掛け方です。緊張の瞬間である最初の一言目ですね。
上手な声の掛け方は大きくわけると3種類あります。

(1)直球タイプ

自分が思っている感情をストレートに伝えるナンパの仕方です。
好感を持って声を掛けたのであれば「素敵だなと思って声を掛けました」、相手が今何をしているのか知りたい場合は「今待ち合わせですか?」などです。

直球タイプのメリットは誠実さが伝わること。相手へ真面目な印象を与えることができます。
一方デメリットは、一瞬で拒絶される可能性が高いことです。理由は、キャッチセールスやナンパだと女性はすぐに理解できるためです。

(2)照れ隠し&ジョークタイプ

ここからは変化球タイプです。
照れ隠しやジョークで声を掛けるというのは、つまり笑いをとることです。

「○○っていうお店の場所を知っていますか?」
―女性の回答:この先にありますよ―
「それならこれから一緒に行きませんか?(笑)」

などです。照れながら軽いジョークで話しかけるのもアリですね。
照れ隠し&ジョークタイプのメリットは最初に女性の心をつかみやすいこと。

笑顔が生まれればこっちのものです。一方デメリットは遊び慣れているように思われることです。

(3)驚き演出タイプ

最後の変化球は驚きを演出するタイプです。
繁華街を歩く女性の中には毎日のようにナンパされるという人もいます。

同じように声をかけると立ち止まってくれることも難しいですよね。そこでまず初めに驚きを演出するのです。

「久しぶり!1年ぶりぐらいかな?」「あーここにいたんだね。待たせてごめんね」いきなりこんなふうに声を掛けます。
もちろん女性とは初対面です。女性は「この人とどこかで会ったっけ?」と考えるために足を止めてくれる可能性があります。

驚き演出タイプのメリットは女性の足を止めることに成功しやすいこと。
一方デメリットは、その後の会話によっては嘘つきという不快感を持たれる可能性もあることです。

ナンパは挑戦を繰り返すことが大切です。
1~3の声掛けで一番成功しやすいものを見つけましょう。

ナンパの仕方3. 仕上げは最後の一押し

ナンパの仕方3. 仕上げは最後の一押し

ナンパは声を掛けて終わりではありません。
お茶や食事に行き、連絡先の交換も行いたいところです。3つ目のポイントは最後の一押しです。

最後の一押しというのは、営業の仕事で言うと契約に持ち込めるかどうかの最終段階です。
この最後の一押しを間違ってしまうと、営業では契約が取れず、ナンパはただの立ち話に終わってしまいます。

重要なことは、女性が行動できる明確な理由を作ってあげることです。

多くの女性はナンパされてすぐについて行くことができません。
「私はそんなに男に飢えていない」「ほいほいついて行く軽い女だと思われたくない」という気持ちからです。でも、ついて行った方が良いはっきりとした理由があれば別です。

例えば「雨宿りするためにちょっとお茶でもしませんか?」「友達にすっぽかされてお腹がすいているので居酒屋に付き合ってほしい」などです。
ナンパされてついて行くわけではない、何か理由を作ってあげてください。

最後の一押しは大切です。
しょうがないなぁもう…と思わせることができれば大成功。

でももし断られたらしつこく誘うことはNGです。
さっぱりと引き上げましょう。

まとめ

不器用男子でも異性と出会う方法としてナンパの仕方を解説しました。
不器用だからナンパは無理!とあきらめていた方も一度チャレンジしてみようかなと思っていただけたでしょうか?

今回記事を書くにあたって、私自身がナンパされた体験に加えて仲の良い友人にもヒアリングをしました。
そこでわかったことは、どの女性もナンパをまんざら嫌がっていないということ。異性から好意を持たれたことにとても気分を良くしているのです。それでも女性はお誘いを断るのが常。女心ですね。

だからこそ、ナンパの仕方3でご紹介した最後の一押しが重要です。一押し次第で女性の心は案外あっさりと動くかもしれません。

今回ご紹介したナンパの仕方は、道行く見ず知らずの女性を対象にしたナンパを想定して作成しましたが、異性との出会いはいつだって最初は初対面です。ナンパに限らず初対面の女性と少しでも早く仲良くなりたい場合は、今回ご紹介したナンパの仕方をぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

おまけ情報

実際にナンパしてみよう!と思っても、そのような場所に出向くのも面倒な話しですよね。

「PREMIUM STATUS PARTY」ではハイステイタスな婚活、出会いパーティーを毎週のように開催しています。

ここでは男女の出会いがテーマになっているので、声をかける敷居は低く、変に臆することはありません。
一度参加を検討してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社サービスのご紹介