婚活

結婚を焦る気持ちを切り替える3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真1

幸せな結婚は誰もが一度は望むものです。男女ともに若い世代は、いつかは結婚して子供を育てて…と漠然と考えていることでしょう。しかし、お付き合いした人数に関係なく、結婚まで至らないことも多々あります。ある程度の年齢になって未婚の人の中には、結婚を焦っている人も多いようです。

「結婚をしたい」という気持ちは大切です。しかし、焦るあまり「結婚しなくてはならない」とか、「とにかく急いで結婚しなくちゃ!」といった思考に陥っていませんか?黙って待っていても結婚は出来ませんから焦る気持ちも分かりますが、まずは深呼吸しましょう。焦りを感じている人は、一度自分の本当の気持ちを整理してみましょう。

本記事では、結婚を焦る原因と気持ちを切り替える3つの方法を紹介します。

なぜ結婚を焦っているのか、その原因は何だろう?

写真2

あなたが結婚に焦りを感じている原因は何でしょうか。年齢、性別によってさまざまな理由が挙げられると思います。焦っている人はあなただけではなく、同じような悩みを持つ人は決して少なくありません。「焦るといいことはない」と言いますが、結婚に関してはどうしてもタイミングを固定する傾向にあるようです。

友人が次々と結婚した

結婚に年齢は関係ありませんが、男女ともにそれぞれの結婚適齢期があります。あくまで平均とはいえ、自分のまわりの友人が一斉に結婚をし始めると、独身は焦ってしまいます。結婚式に呼ばれてばかりで、自分はまだ結婚の気配もない…そんな状況では、焦るのも当然かもしれません。

また、独身と家庭持ちではフットワークが変わってきます。以前は気軽に遊んだり飲みに行けた友人が、「ごめん、早く帰らないといけないから」と誘いを断ることが多くなります。何度も断られると、誘った方も断る方も気まずくなって、何となく疎遠になってしまうこともあるでしょう。今まで通りの友人づきあいが難しく、話題も家庭のことや子供のことが多くなり、独身者は取り残されたような気持ちになってしまいます。

出産年齢を意識しだした

主に女性に多い悩みかと思いきや、実は男性でも悩んでいる人が多いのがこちらです。ただ結婚するだけなら年齢に関係はありません。しかし、もし子どもを望むなら、特に女性には年齢に限界があります。今は晩婚化と医療の進歩で、ある程度の年齢なら安全に出産可能となりましたが、それでも妊娠率や子育て時の体力を考慮すると若いうちの結婚を望む女性が多いでしょう。

また、男性も年をとると、子どもが欲しいという願望が強くなるようです。独身をとおしてきて、ふと友人の家庭の幸せそうな様子を目にして寂しさを感じるのです。子どもを望むなら少しでも若い女性を、という焦りもあるでしょうし、何より子どもが成人した時の自分の年齢を考えて焦る人が多いようです。子どもの成人式に自分は還暦をとっくに過ぎていた、という状況もあり得ます。

仕事の退職と子育て資金のバランスもありますので、一家の大黒柱である自分の年齢に焦りを感じてしまいます。

周囲からのプレッシャー

本人がノンビリ構えていても、両親や親戚からのプレッシャーで焦ってしまうことは多いものです。もし適齢期を過ぎていたら、心配で口出ししたくなるのが親心。お見合いや紹介を必死で勧めてきたり、孫の顔が見たいという恨み節も聞かされるかもしれません。

また、同年代の兄弟や従妹がいて一斉に結婚し始めれば、親戚中で結婚していない人が注目されるのも仕方ないことです。披露宴や法事で「結婚はまだなの」「よければいい人紹介しようか」などとお節介をされることもあります。周りはあなたを心配しての口出しなのですが、まだ結婚する気がない人にとっては余計なお世話で、ストレスを感じてしまうことでしょう。

本人はともかく、周囲からのこうした心配をプレッシャーに感じて、本気で結婚しなければ!と焦ってしまうこともります。気持ちが結婚に向かうのはいいことなのですが、必要以上の焦りは禁物です。

結婚に焦ると失敗する!?実際に起こりうる失敗例

写真3

結婚するために相手を見つけようと必死になるあまり、自分の気持ちや条件を押し殺してまで相手に合わせると大変なことになります。結婚は伴侶と一生かけて歩んでいく大切なものです。焦って取り返しのつかない失敗をしないよう、冷静になりましょう。

判断力が低下する

ここだけは譲れない、という強い希望は誰にでもあります。しかし、100%希望通りにはいきませんし、理想的な相手はなかなかいないものです。特にあなたの年齢が高い場合、すべてが自分の希望どおりの相手を探すのは難しいでしょう。

なかなか相手がいないからといって、結婚するためだけに焦って相手を選ぶと、「こんなはずじゃなかった」と嘆く結果になることも…。結婚は長く一緒の時間を過ごす伴侶を選ぶことなのですから、焦って妥協すると後で後悔しますし、相手の一生にも大きな影響を与えてしまいます。

婚活に疲れたり、自分の年齢が高いからと結婚を急いでいると、冷静な判断力が低下することがあります。これが最後のチャンス、と飛びつく前に、本当に結婚生活を送ることができるかを冷静に考えてみて下さい。そのためにも相応の交際期間や、相手の人となりを見定める時間は必要ですよ。

自分だけの問題ではない

結婚は本人たちだけの問題ではありません。長男長女の場合、家業を継ぐ必要があるかもしれない、また家族の介護の問題など、家と家の付き合いが始まることを自覚しましょう。親戚づきあいも少なからず発生します。結婚を焦るあまり相手だけを見て入籍してしまうと、後から家族の問題でトラブルになることがあります。

もし順調にお付き合いをして結婚話が出たら、焦って飛びついたりせず、将来の展望も含めてしっかり話し合いましょう。どこに住むのか、子どもは望むのか、お互いの家族はどうするのか。話し合うことがたくさんあります。

また、結婚の挨拶・婚約(結納)・結婚式などをおろそかにしてはいけません。この段取りにもある程度のお金がかかることを覚悟しておきましょう。二人だけでさっさと取り運ぶと、結納金や式の規模のことなどで、後々家族から不満が噴出します。結婚話が出て浮かれる前にこういったことを話し合うためにも、焦りは禁物です。

焦っても計画通りには進まない

結婚に至るまでは不測のトラブルがつきものです。挨拶から始まり、イベントごとの日取りはズレて当たり前くらいに思っておきましょう。交際中に「ここまで準備してきたのに、やっぱり思っていた人と違った!」とがっかりすることもあるかもしれません。

期間を決めていると、その通りに事が進まない時にイライラすることになります。やっぱり結婚しない方がいいんじゃないか、と思っても、結婚に対する焦りが先に立って無理やり結婚してしまう人もいます。時間にも気持ちにも余裕がないと、後で後悔することになりかねません。

たとえ条件で結婚を決めた人だとしても、穏やかな結婚生活を営むには愛情が必要です。あなたはお相手の好きな所をきちんと言えるでしょうか?数々の不満があるけれども、とりあえず結婚はしたいからと焦ると、ろくなことにはなりません。

結婚を焦る気持ちをリセット!切り替えの方法とは

写真4

焦ってはダメだと分かりつつも、つい結婚のことを考えてあれこれ先走ってしまう…そんな人は、思い切って気持ちをリセットしてみましょう。結婚を諦めるわけではありませんが、結婚だけに固執して焦っても、自分の本当の気持ちは分かりません。客観的に自分を見つめ直すためにも、切り替える努力をして下さい。

1.自分を磨くチャンス!

焦る気持ちのままで日々必死に出会いを求めるのは効率的とはいえません。ここぞ、という時以外はやみくもに動くのではなく、自分自身を磨く時間に使ってみましょう。習い事やサークル活動、ボランティアなど、他人と交流する活動がおすすめです。

もちろん読書や映画鑑賞などで自分の知識を蓄えるのも素敵な自分磨きなのですが、今は感想を言い合う会やレビューによる交流が行えるシステムもあります。結婚の相手探しだとは思わず、友人を増やすつもりで参加してみましょう。自分磨きをしながら人脈が広がり、一石二鳥です。人との交流を大切にすると、その人脈は後々になって必ず活きてきます。

2.仕事やプライベートで「目標」「目的」を持つ

何かに向かって一生懸命に頑張る人は、それだけで魅力的に見えるものです。

仕事の業績アップでもいいですし、ダイエットや何かの公募の入賞などプライベートの目標もいいでしょう。「結婚」以外の目標を持って動いてみると、また視点が変わって気持ちも切り替わります。

ご褒美も兼ねて旅行に行く!という目標や、習い事を極めて資格を取る!といった目標もおすすめです。努力した結果も返ってきますし、結婚以外の目標で気持ちもリセットできますよ。

3.打開策を考えて積極的に動く

どうしても結婚したい!という強い意志がある場合、焦るなと言っても大変かと思います。それならばいっそ、その焦る気持ちを前向きなエネルギーに変えてしまいましょう。何をしたらいいのか分からずに焦っているなら、具体的に結婚のために動くべきです。

あなたは異性にアピールするために服装や化粧、持ち物、言動に気を遣っていますか?また、合コンやイベント、婚活パーティーなどに参加しているでしょうか。まだ参加したことがない人は、思い切って婚活パーティーに参加してみましょう。「結婚したい」という意志の強い人たちが集まっていますので、積極的に参加すれば十分チャンスはありますよ。

焦る気持ちをエネルギーに変えよう

写真5

婚活には時間とお金が必要です。あなたが結婚に焦る気持ちをエネルギーに変え、積極的に動こうと決心したら、少しでも効率よく婚活できるイベントに参加した方がいいでしょう。

そこで、婚活初心者にもおすすめなのがPREMIUM STATUS PARTYです。立食形式のパーティーで、いかにもお見合いといった雰囲気ではないため、自然な出会いが期待出来ます。参加者は身分証が必要なため、身元や仕事のしっかりした人ばかりなのも安心です。

また、結婚相手に具体的なステイタスを求める人は、プレミアムメンバーズに登録してみてはいかがでしょうか?こちらは写真審査を通過した人のみが登録できるサービスで、更に男性は30代中心の上場企業・大手企業・外資企業・医師・歯科医師・経営者・弁護士・会計士・税理士・公務員・年収700万円以上いずれかが該当する高収入やエリートの方に限定されています。

条件は少し高いですが、我こそは!という方は検討してみて下さい。お相手に妥協せず、質にこだわった婚活をしたい方はプレミアムメンバーズを要チェックです。

結婚に焦る気持ちを切り替える最大の方法は、結婚にむけて具体的に動くことです。気軽に婚活パーティーに参加したい方はPREMIUM STATUS PARTYへ、条件に自信がある方はプレミアムメンバーズへ、まずは登録してみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
pspのご紹介