ビジネス ライフスタイル

人前だと緊張して上手く話すことが出来ない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像1

人前になるとどうしても上手く話す事が出来なくなってしまうという経験は、多くの人にあるのではないでしょうか。

人からの注目が集まる場面では、何故かいつもの調子が出なくなってしまうものですよね。

しかし人前で堂々と話す事が出来る人って、とても魅力的に見えるものです。

今回は人前だと緊張して話せなくなってしまう人のために、いくつかコツをご紹介していきます。

なぜ人前になると話せなくなるの?

画像2

実はどんなに人前に立つ事が慣れている人でも、全く緊張しないという事はほとんどありません。

どんなに大物の芸能人でも、緊張する時はするのです。この緊張が人前に出ると話せなくなってしまう一番の原因なのです。

「あがり症」とも呼ばれていますが、この緊張は体が防衛反応として引き起こしています。

  • 顔や耳が赤くなる
  • 声が震える
  • 手足が震える
  • 汗をかく
  • 上手く言葉が出てこなくなる

こうした症状は、まさに緊張からくる防衛反応なんですね。

そもそも私たちは、他人から認められたいという願望を持つ生き物であると言われています。そのため人前で話して失敗した事で、人から嫌われてしまったり自分の評価が下がったりするのが怖いのです。

こうした精神的な人間的性質が体にも影響し、あらゆる防衛反応として現れてくるんです。

しかし毎回人前に立ってこんな症状に悩まされていたのでは、様々な支障が出てくるのも当たり前ですよね。

ここからは、人前でも上手く話ができる様になるためのコツをご紹介していきます。

1対1での会話を成功させる3つの方法!

画像3

まずは、大勢ではなく1人を相手に話をするケースで見てみましょう。

例え相手が大勢でなくとも、初めて会う相手や意中の相手、そして目上の相手には緊張してしまうものです。

そんな時には、下記3つの方法を試してみて下さい。

1.予め会話のネタを作っておく

緊張してしまうと、頭の中が真っ白になってしまいますよね。すると焦ってしまって、何を話したら良いのか余計に分からなくなってしまいます。

そんな状況を避けるためには、予め「会話のネタ」を作っておくと有効ですよ。

相手の知りたい事や自分の近況など、相手と話したい事を決めておくんです。

そして不安な場合には、このネタをメモしてポケットに忍ばせておいても良いですね。スマホのメモ帳などにこっそり記録しておくのもオススメです。

  • 相手の趣味
  • 相手の出身地
  • 自分の趣味
  • 昨日の出来事
  • 最近のニュースで気になる事

などなど、会話のネタになるものは冷静な時にはどんどんと浮かぶものです。

こうした会話のきっかけとなるネタをたくさん用意しておいて、いざ緊張して頭が真っ白になっても会話を続けられる様にしておくと良いですよ。

2.深呼吸して、焦らずゆっくり話す

緊張すると、どうしても早口になりがちです。しかし早口で話すと、余計何が言いたいのか分からなくなってしまいます。

また緊張している事も相手に伝わりやすくなるので、会話がぎこちなくなってしまうケースもあるんです。

こうした状況を回避するためには、まず心を落ち着かせる事が大切です。

一回大きく息を吸って、ゆっくりと息を吐いてみましょう。この深呼吸をするという行為だけでも、かなりのリラックス効果が見込めます

そして、話す時は焦らずにゆっくりと一言ずつ話す様に心がけてみましょう。ゆっくりとした口調は、相手に安心感を与える事も出来ます。

お互いにリラックスできれば、会話も上手くいく事間違いありません。

3.会話に詰まったら、相手の話を聞く事に徹する

どうしても会話に詰まってしまった時には、相手の話を聞く事に専念するのも一つの会話テクニックです。

「話上手は聞き上手」と言われている位、相手の話を聞くという事は非常に大切です。

この時、ただ聞いていれば良いという訳ではありません。しっかりと相づちをして、相手の話を遮らない様に掘り下げていく様にすると効果的なんです。

相手の好きな話題や趣味の話を振って、その内容に関して質問をしたりしていくと良いですね。

基本的に人間は、自分の事を分かってもらいたいと思っているものです。そして自分の好きな話題に関しては、他の話題に比べてどんどんと言葉が出てきます。

またこうした話題をたくさん聞いてくれる人に対しては、好印象を抱くとも言われているんですよ。

相手との関係を深めるためにも、相手の話を上手に聞くという事は欠かせないテクニックなんです。

大勢を前にして話す時の5つの秘訣!

画像4

では次に大勢の人を前にして話す際の秘訣も、ご紹介していきましょう。

1.体を温める

体が温まると自然とリラックス効果を得る事が出来ます。

体が冷えている状態では、筋肉も硬直して緊張していなくとも緊張に似た感覚に陥ってしまう事すらあるんです。

また体が温まっている時は、ポジティブ思考になりやすいともされています。特に太陽の陽を浴びると、心身共に前向きで健康になれると言われています。

そのため大勢の人の前で話す前には、なるべく明るい場所で体を温めておくと効果的なんですよ。

2.体をほぐす

体が冷えている時と同様に、体が固まってしまっていると体全体が緊張状態となってしまいます

本番前はストレッチなどをして体をほぐしておくと、リラックス効果も得られて効果的なんです。

少しでも体の力を抜く事で、必要以上の緊張を抑える事が可能なのです。

3.瞑想する

目を瞑って、不安や考え事を脇へ一旦置いて頭を真っ白にしてみましょう。

この状態を「瞑想」と言い、脳が一時的に休息を取っている状態となります。脳を少し休ませる事により、緊張状態を解く事が出来るんです

ほんの数秒でも効果的とされていますので、日頃からちょくちょく練習して上手に瞑想できる様にしておくと良さそうですね。

4.自己暗示をかける

緊張や不安は、「失敗したらどうしよう」「バカにされるのが嫌」という感情から生まれます。

だからこそ、「自分はできる!たくさん練習したから大丈夫!」と自分に自信を付けてあげる事が大切です。

自分自身を信じる事が出来れば、緊張はかなり緩和されて人前での話も成功する確率が格段にアップするんです。

私たちは、自分で思っている以上に思考から受ける影響が大きいのです。そのため「自分はできる!大丈夫!」と信じる事は、成功への近道とも言えるんですよ。

5.本番3時間前に肉を食べる

肉類はリラックス効果が高い食べ物とされています。

肉に含まれるアミノ酸は、セロトニンを生成します。このセロトニンは、心を安定させてリラックスさせてくれる脳内物質なんです。

そのため、本番前には肉料理を食べると良いとされているのです。

但し本番直前では効果が出にくいので、出来れば本番の3時間ほど前に食べておくと効果的ですよ。

一番のコツはシミュレーションをしておく事!

画像5

場面別で緊張を緩和する方法を見てきましたが、両方に共通する一番のコツは「事前シミュレーション」です

緊張や不安は、初めての経験や未知の経験を前にした時に最高潮に達するものです。そのため、予め当日の流れを事細かに頭の中で練習しておくんです。

まずは朝起きて支度をするところから始まり、相手と会う場面や会話の場面を想像して解散するまでを想像してみましょう。

この時のポイントは忠実に想像する事です。なんとなく想像していては、あまり効果は得られません。

と言うのも、脳は現実と想像をしっかりと区別できないと言われているんです。そのため脳内でシミュレーションした事は、実際の経験値にも匹敵すると言えるのです。

だからこそ事細かに想像するほど、当日は「あ、これは前にも経験した事だ!」と脳が認識して緊張が軽減される事になるんです。

必ずしもシミュレーション通りになるとは限りませんが、ある程度想定される部分だけでもシミュレーションしておくと気持ち的にもかなりラクになりますよ。

まとめ

人前で話す時にあがってしまうのは、どんな人でも共通の人間の自然な反応と言えます。

こうした緊張を緩和するためには、予め様々な策を講じておくと効果的です。

話のネタを作っておく事や自己暗示をかける事など、その方法には様々なものがありますね。その中でも、自分に合う方法を探しておくと良いですよ。

緊張した時は、これをやれば大丈夫!という自分だけのルールを見つけておく事で、気持ち的にも大きな余裕が生まれるんです。

また、当日のシミュレーションをしておく事も重要なポイントです。実際に当日の練習をする事は難しいですが、自分で想像して練習しておく事はいくらでもできるんです。

こうして事前に練習を重ねておけば、当日の成功率は飛躍的にアップする事でしょう。

あなたにとって大切な1日を成功させるために、緊張を緩和するコツをしっかりとおさえておいてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プレミアムステイタスのご紹介