恋人 恋愛

「やっぱり元カレが好き!」復縁して幸せを取り戻すための5つのステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

写真1

大好きだったのに別れてしまった元カレをどうしても忘れられない…元カレと復縁をしたい…!このように願っている女性もいることでしょう。

しかし、ただ願っていても復縁はできません。元カレと復縁するためには、踏まなければならないステップがあるのです。一度は壊れてしまった関係を元に戻し、元カレと再び付き合うためにはどうすれば良いのかをご紹介します。

元カレとの復縁は難しいことを覚悟する

まず、一度別れた相手と復縁することは想像以上に難しいことを頭に入れておく必要があります。きっと別れるときには、お互いがそれなりに苦しい決断をして別れにいたったはずです。そのとき決めたことを覆してまた一から付き合うというのは、最初に付き合うときよりも慎重になりますし、より重い決断となるのです。

元カレと復縁するためのステップは、簡単なものではないという覚悟を持っておきましょう。

ステップ1 別れた原因を分析

写真2

元カレとの復縁を望む上で最初にしなければならないことは、二人が別れた原因を分析するということです。原因が理解できていないと、復縁してもまた同じことを繰り返してしまいますし、そもそも再び付き合うという段階にまで発展しません。なぜ別れという結果に至ったのか、どうすれば別れずに済んだのかを確認しておく必要があります。

女性に原因がある場合

  • 女性が浮気をした
  • 元カレに嫌われる行動をした
  • 性格が合わないと言われた

このような理由で別れた場合、自分に別れた原因があるので分析もしやすいでしょう。浮気をしたり、嫌われる行動をとったりしたのなら、かなり復縁するのはハードルが高いと思っておきましょう。

性格が合わないと言われた場合、100%女性が原因とも言い切れません。性格の不一致は二人の原因でもあるからです。元カレは特に、どんな部分で性格が合わないと思っていたのかを分析してみましょう。

男性に原因がある場合

  • 男性が浮気をした
  • 女性を傷つける行動をした
  • 仕事などに集中したくなった
  • 自分の時間が欲しくなった

二人が別れた原因が主に男性側にある場合を想定してみました。例えば、元カレが浮気をしたり、あなたを傷つける行動をしたりして別れたのなら、自分に原因はないと思ってしまいがちですが、本当にそうなのかを改めて考えてみてください。浮気をするのは最低なことですが、それでも彼との復縁を望むのなら、元カレがそのような行動をとってしまった原因が、自分にはまったくないか振り返ってみましょう。

浮気など以外の理由としては、男性が仕事や勉強に集中したくなったり、恋愛よりも自分の時間を大切にしたくなったりした、というのも考えられます。こういった場合、あなたとの関係よりも、一人になることを選んだ元カレの気持ちを考えてみましょう。付き合いながら、元カレのそのような希望をかなえることはできなかったのか分析してみてください。

ステップ2 復縁を願うならあっさりとしておく

元カレとの復縁を望むなら、注意しておきたいポイントがあります。それは、あっさりとしておくこと。以下のようなことは絶対にしない、あっさり、さばさばした女性でありましょう。

しつこく連絡をしない

復縁を望む元カレにしつこく連絡をすることは絶対にNGです。あまり電話やメールをしていたら、最悪の場合元カノがストーカー化している…なんて思われかねません。まず、電話は余程のことがない限りするべきではありません。

そしてメールも、むやみに「元気?」とか「何してるの?」など送ってはいけません。別れてから最低でも2ヵ月、できれば3ヵ月はおいて、「お久しぶりです。この前は〇〇さんの地元が大雨だったけどご実家は大丈夫だった?こちらは暑さに負けてバテ気味です」など、少し距離を置いたような内容を送るようにしましょう。

男性の影を見せない

復縁を望んでいると、元カレにちょっと男性の影を見せつけて嫉妬させようかな…なんて考えてしまいがちです。ですが、これは復縁には逆効果です。もし仮に、元カレの方もあなたという存在の大きさに気付き復縁を考え始めていた場合、あなたが次の恋へと向かっていると知ればあっさりと身を引いてしまうことでしょう。そして、元カレがまだ復縁を考えていなかった場合、男性の影があるあなたを見ると復縁を考えるどころではなくなってしまいます。

復縁したい気持ちを見せない

元カレには復縁をしたいという気持ちを悟られてはいけません。メールなどで、「やっぱり〇〇が好き…」など送るのはNGです。どんな男性も、女性を追いたいという気持ちを持っているものです。それなのに、元カノの方から追われていると知っては、復縁を考え始めていたとしても気持ちが冷めてしまいます。

どんなに復縁したいという気持ちが溢れそうになっても、我慢して抑えておくことが復縁成功への近道となるのです。

ステップ3 新しい自分を演出する

写真3

元カレと再び付き合いたいのなら、もう一度元カレから気になってもらう存在になる必要があります。そのためには、同じ自分で勝負するのではなく、「新しい付き合ったことのないあなた」で勝負をした方が復縁へのハードルが下がります。昔付き合っていたときとはなんだか違うな…変わったな…と元カレに思わせるのです。

服装や髪型を変える

元カレと付き合っていたときとは、違うタイプの服装や髪型にしてみましょう。それが、元カレの好みでないものであればあるほど、効果があるかもしれません。要は、元カレに遠い存在になったことを感じさせるのです。自分好みでいてくれた元カノが、なんだか新しい女性になっている、少し寂しいような複雑な気持ちにさせるのです。

復縁を望んでいるのに本意ではないかもしれませんが、「わたしはもう未練なんてない」「先に進んでいる」という姿を見せましょう。その方が、元カレの追いたいという気持ちをかきたてます。

夢中になれるものを見つける

元カレとの復縁を望んでいる間は、頭の中がそのことでいっぱいになってしまいそうですよね。そんなときこそ、没頭できる新しい趣味などを見つけるべきです。新たな世界に飛び込んだあなたを見て、元カレはきっとあなたの変化に気付くことでしょう。また、そうすることによって、あなた自身も元カレとの復縁ばかり考える日常から解放され、気持ちがリラックスできるはずです。

SNSのプロフィールアイコンを変える

別れた後でも、LINEやfacebook、instagramなどで元カレとつながっているという人も多いでしょう。その場合、付き合っていた当時に使っていたプロフィールアイコンはすべて変えてしまいましょう

元カレにとって、見覚えのあるアイコンが、自分の知らない写真を使ったアイコンに変わると「これはどこで撮った写真だろう?」とか「何で写真を変えたのか」と気になってしまうものです。ただし、このときも大切なのは、男性の影を感じさせないことです。デートスポットらしき風景の写真や、指輪をつけた手の写真、ペアのカップの写真など意味深なものにならないように気を付けましょう。

そうして、新しいアイコンに変えて久しぶりに連絡をとれば、より新鮮さを元カレに与えることができるのです。

ステップ4 元カレと友人関係を構築する

写真4

元カレと再び付き合いたいのなら、「別れた元カノ」というマイナスなイメージの存在から、「楽しい友人」という存在に昇格する必要があります。マイナスイメージからの復縁よりも、友人という立場からの復縁の方がはるかにたやすくなります。

友人関係になり、分析した別れた原因が今は解消されていることを元カレにさりげなくアピールするのです。

久しぶりのメールから徐々に連絡頻度を増やす

別れてから数か月は連絡をとらないようにします。そして、3ヵ月ほど経ったころ、久しぶりに他愛もない内容のメールを送ります。そのときも、元気?最近どうしてたの?気になってた…などは送らないこと。短文でシンプルに、質問を1つ入れる程度にします。

そして、それからもある程度の距離感のある文面は維持しつつ、2週間に1回のメールを週に1回にして…という具合に連絡の頻度を増やしていきます。あくまでもまだ復縁していないので、元カレからの返事がすぐに来るようになったからといって、付き合っていた頃のように毎日連絡をするなどはしないように気を付けてください。

食事にさりげなく誘い出す

復縁をするには、電話やメールでの連絡だけでは難しく、やはり会って仲を深めていく必要があります。そのためには元カレを食事に誘い出すのが有効的です。

例えば、「女友達と予約をしていたお店があったけど、急にキャンセルされて困っている」とか「どうしても行きたいお店があるけど、女性一人では入りにくいから付き合って」といった具合に、元カレでなくても良いけど、頼みやすいからお願いしたというスタンスで誘い出すのです。

これなら、元カレの方も気負うことなくあなたとの食事に出かけることができるでしょう。

付き合っていた当時の話はあえてしない

元カレと食事に行けるようになり、たまに出かけることもできるようになっても、付き合っていた時の話には触れないようにしましょう。「付き合っていたときはあんな話したね」「〇〇に出かけたね」「楽しかったな…」などと言われると、元カレの方は「もしかして復縁を期待されているのか…?」と重く感じてしまいます。

それよりも、新しい女性・友人として、元カレと新たな思い出を増やしていきましょう。

ステップ5 復縁のタイミングは楽しく爽やかに

写真5

元カレと友人関係になれたら、あとクリアすべきは復縁のきっかけです。元カレに、あなたといるとこんなに楽しいんだというのを存分に分からせた後で、「こんなに楽しいのは私だけ?」「今度は上手くいくと思わない?」というように爽やかに思いを伝えましょう。二人でどこかに出かけた帰り際などに伝えるのがおすすめです。

ですが、二人の別れた原因が解消できているとわかり、なおかつ新たなあなたに好意を元カレが抱けば、彼の方から復縁を迫ってくれるという理想的なパターンになることも考えられますね。

元カレとの復縁は気長に構える

元カレと復縁するためのステップをご紹介しましたが、この通りに上手くいくとは限りません。復縁までに、あなたが想像している以上に長い時間を要するかもしれません。それでも復縁を望むのなら、焦らず気長に構えていることが成功への一歩となります。

もし、あなたの願う結果にならなかったとしても、元カレを再び振り向かせようと努力したことは無駄にはなりません。元カレの幸せを願いつつ、あなたの幸せも掴みとってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プレミアムステイタスのご紹介