婚活

婚活は恥ずかしい?抵抗がある?婚活で損をしないための考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画像1

独身者が多いと言われている現代、独身者の全てが結婚はしたくないと思っているわけではないですよね。特に女性に関しては、むしろ「結婚をしたいのに、出会いがない!」と悩んでいる人の方が多いのが現状です。

  • 結婚適齢期が近づいてきた
  • 友達がどんどん結婚&出産をしている
  • 周りに独身者が少なくなっている
  • 親や親せきがうるさい

など、色々なきっかけで結婚を意識することはあるでしょう。しかし、相手がいることなので一人ではどうしようも無いのが現実です。「婚活をしてみようか…」と考える人はいるものの、単なる合コンと違って婚活のハードルを高く捉えてしまい、二の足を踏む人は多いです。

そこで今回は、どうして婚活に後ろ向きなのか?恥ずかしいと思う理由や、抵抗がある原因をまとめました。「どうせ私に結婚は無理だから…」「今までモテたことない…」なんて思って婚活を拒んでいるのであれば、あなたは損をしている可能性が大ですよ!

どうして婚活を苦手に感じるのかを分析して、前向きに行動できるよう発想の転換をしてみましょう!

婚活をすることは、恥ずかしい?

画像2

結婚に興味があるのであれば、婚活をして男性との出会いを目指すべきですよね!当たり前のことですが、結婚していく人達全てが女性ではありません。男女で結婚をする以上、男性の独身者も女性と同じ分だけ減っていってしまいます。

彼氏が欲しいし、結婚願望もある。それなのに婚活をしないのは、「恥ずかしい…」という気持ちが原因になっているケースが多いようです。結婚願望があるのにどうして婚活をしないのか?女性が恥ずかしい…と思ってしまう理由をいくつかまとめました。

焦っていることを知られたくない…

婚活をする女性は焦っている人が多いです。「このまま良い出会いがないのではないか?」「出産するためには、もうそろそろ結婚しなくちゃマズイ…」など、希望する将来の設定について色々と考えるからです。

婚活をする女性は焦っているので必死なのは当然ですが、実は婚活をしていない女性も同じくらい焦っている場合が多いです。焦ってはいるけれど、それを知られたくない。結婚をしたいけれど切望しているとは気づかれたくない。

結婚を焦ってガツガツしていると思われそうで、恥ずかしいと感じてしまうのです。

会社の人や友人に会ったらどうしよう…

婚活をする時に一番に考えるのが、「会社の人や友人に会ったらどうしよう…」という心配です。婚活をして出会うのなら、相手も同じなので何も恥ずかしがることはないのですが、「○○ちゃんいたよ!」と噂をされるのではと気乗りしない人も多いのです。

特に、営業職など顔が広い人はその傾向があります。「誰か知り合いと会うのでは…」という心配から、なかなか勇気を出せません。真剣に結婚相手を探していることは、何も恥ずかしいことではないのですが、あまり知られたくないと思うようです。

昔のように親同士が結婚を決めたり、お見合い結婚をするのは、今では珍しいですよね。現在は恋愛結婚が主流になっていることも原因かもしれません。「相手がいない人」というレッテルを貼られたくない。そう思われるのは恥ずかしいと思う人は多いのです。

男をあさっていると思われたくない…

婚活をしていることで、「誰か良い男の人はいないかな?」と男をあさっていると思われたら恥ずかしいと考える人は結構多いです。婚活パーティーでは、年収や職業がデータとして分かりますよね。

婚活パーティーでは、「こういう条件の人を集めました」という企画も多いです。また、出会ったからといって気に入らなければ進展はせず、次の出会いを求めて良いですよね。

だからこそ、「人柄よりも条件で男を見ている」「品定めをしている」と思われそうで、婚活は恥ずかしいという気持ちが働いてしまう人も多いのです。

婚活に抵抗があるのは、なぜ?

画像3

婚活に気乗りしない女性の中には、ただ恥ずかしいという気持ちだけが原因ではありません。人に見られたらどう思われるだろうかという他人の目を気にする一方で、自分のプライドとも戦っている人が多いです。

これは、傷つくのを恐れて踏み出せない閉鎖的な考えの人や、これまでモテてきたからこそ目が肥えてしまっている人によくある傾向です。「婚活で出会いを探すのはちょっと…」「恋愛相手との出会い方に理想がある」など、婚活に抵抗がある理由をいくつか紹介します。

自信がない。もしも上手くいかなかったら…

「そのうちご縁があるだろう」と今まで自然に身を任せてきた恋愛も、ある年齢になると急に焦り出す人は多いです。周囲の結婚ラッシュや妊娠の報告、親戚や職場での「良い人はいないの?」というプレッシャーがあるためです。

もちろん、出会いは欲しいし結婚もしたい。正直、良い人に出会えるなら婚活をしても良いと考えている人は結構います。でも、ふとよぎるのが「婚活して出会えなかったら?」という不安

これまでの出会いは自然に任せてきた。良いご縁が無かったと言い訳ができても、自分から積極的に動いて誰もいなかったら、自分に魅力がないことを認めてしまうことになるかも。。。

もともと、自分に自信がないから恋愛に消極的だった人も多いでしょう。焦っているのでなおさら婚活することに不安が募ります。そのため、もし上手く行かなかった時に、これ以上傷つきたくない!と婚活を避ける人が多いのです。

自然で理想的な恋の始まりを期待している

婚活に抵抗を持つ人は、映画やドラマのように自然と理想的な恋の始まりの訪れを期待している人が多いです。昔の元彼と偶然再会した。仲良しグループの一人と急接近することになった…など、婚活でガツガツ出会いを求めるのではなく、「偶然…自然に任せていたら進展した」という展開を望みがちです。

もしも婚活が上手く行き、良い人と交際まで進展したとして、「どこで知り合ったの?」と言われた時に「婚活パーティーで」とはあまり言いたくないという見栄もあります。

自分はガツガツ婚活なんかしなくても、良い人とのご縁を掴むことが出来たと思いたい気持ちが強いので、つい婚活には抵抗を感じてしまいます。

モテてきた私が婚活なんて!

婚活に抵抗を感じる人の特徴として、「自分には自信がない」と閉鎖的な考えをする人と、逆に「昔からモテて男性遍歴が多い人」の2つのケースが多いです。今までモテて来た人は、自分が何もしなくても男性の方から寄ってきていました。

若いころのように、男性が自分に寄ってこなくなっただけでも屈辱なのに、その自分が男性をゲットするために婚活を始めるというのを、どうしても受け入れられないのです。「元彼を下回る人は絶対に嫌」と、モテてきた分理想が高い人もいます。

自分から追いかける恋愛をしたことが無い人は、「追いかけられなくなった=女としての魅力が無くなった」と繋げてしまいがちです。そのため、自分が婚活に必死になるなんて…と抵抗感を持つ人も少なくありません。

婚活をしないなんて損!発想の転換が大切!

画像4

結婚したいのに婚活に踏み出せない理由として、恥ずかしさプライドが邪魔をすることを説明しました。

しかし、その考え方こそが恋愛で損をする大きな原因になっています。独身主義ならまだしも、結婚願望があるのなら、婚活をしないと絶対に損をします!

ここからは、婚活をしないことで損をしないために、発想の転換で出会いのチャンスを広げる考え方を紹介します。やらないで焦るよりも、まずは一歩踏み出す勇気を持って下さいね!

条件で絞れて合理的!

婚活の一番のメリットと言えば、「自分の希望する条件の男性と出会える可能性が高い」ということです。婚活パーティーなどでは「医者限定の婚活パーティー」や「年収○○万円以上の婚活パーティー」など、職業や条件で絞ったものも多く存在します。

自然に出会って好きになった場合、後から彼の稼ぎがないと分かって悩むこともありますよね。婚活は「結婚するにはこういう男性が良い」という希望をハッキリとさせた上で出会うので、ある程度希望の条件の男性と出会いやすくなります。

また、お互いに「婚活」をしているので、もしも条件に合わないと思ったら次に進むこともできます。「悪い人ではないけれど…」と悩む必要もありません。実に無駄なく、合理的に出会いを取捨選択することが可能なのが婚活と言えます。

婚活をすると、結婚に直結した交際になりやすい!

婚活をするということは、「私は結婚相手を探していますよ」と言っていることになります。それはもちろん、相手の男性も同じことが言えます。そのため、婚活で出会って交際にまで発展した場合、「結婚を前提に」付き合うことが多く、数ヶ月後にはゴールインということも夢ではありません。

婚活でなく付き合った場合、自分の結婚適齢期が過ぎてしまいそうなのにも関わらず、まだ彼に結婚願望が無いという悲惨なケースも多いです。「彼のことが好きだから…」「そのうち結婚に興味を持つかも」と変に期待をした結果、数年を無駄にして別れることもあるでしょう。

その点、婚活では最初から結婚を念頭に出会いを求めている男女が集まります。良い人がいたら交際をして結婚したい。その気持ちは同じなので、スムーズな恋愛の進展が期待できるのです。

新しい人脈を作って出会いの幅をUP!

婚活を頑張ってみたけれど、あまり気になる人はいなかった…ということも時にはあるでしょう。しかし、そこで「やっぱりね…」とガッカリしたり、「もう婚活はやめた」と早々に決断するのは非常にもったいないと言えます。

婚活で出会った人と交際にならないのなら、意味がないと考える人も多いですが、「婚活で新しい人脈を作って、出会いの幅を広げる」と考えることで、チャンスは2倍に広がります。

例えば、アウトドアが好きな男性がいたとしましょう。その男性とは話は合うけれど恋愛対象としてはタイプではないという場合もあるでしょう。そんな時には「今度、お互いの友人を集めて合コンをしませんか?」と提案するのもおすすめです。

あなたと趣味が合う男性なら、友達も同じ嗜好を持っている可能性は高いです。同じ趣味を持っていて、あなたの恋愛対象になる。そういう男性と出会えるチャンスに変わるかもしれません。

また、最初はパッとしなくても、何度か婚活を繰り返すうちに、何度も会場で会う人もいます。「あ!また会いましたね。良い人いました?」など話しているうちに、いつの間にか仲良くなっているカップルも多いです。良い人脈はキープして、どんどん広げていきましょう!

まとめ

画像5

いかがでしたか?婚活に恥ずかしさや抵抗を感じる理由と、婚活で損をしないように発想を転換することの大切さは伝わりましたでしょうか?

自分はモテないからと職場や同級生のコミュニティの中で思っていても、婚活パーティーの場でならお嫁さん候補として需要がある場合も多いです。例えば、30歳だとどうしても、若い20代には勝てないと思いがちですが、40代の男性からはある程度成熟した30歳の女性の方が人気です。

恥ずかしさや見栄からくる抵抗は一度捨てて、思い切って行動してみましょう!婚活を初めからしないなんて、損をしてしまいますよ!

そこで最初の一歩におすすめなのが、男性と上質な出会いを期待できる「PREMIUM STATUS PARTY」です。大手企業や外資系企業、医者、経営陣など世間一般的にハイステイタスを持っている男性と出会える婚活パーティーです。

ハイステイタスな男性とのパーティーと言っても立食形式のものが多く、気軽に気になる人とだけ話せばOK。コース料理も無いのでテーブルマナーに自信が無い人でも安心して楽しむことができます。

一人で参加している人も多いですし、もしもどう振る舞えば分からないという場合は、スタッフがさりげなくアシストしますので、自然に異性と仲良くなることが可能です。参加男性には本人確認証の他、年収証明や社員証を提示してもらっているので、安心してハイステイタスの男性と出会うことができます。

PREMIUM STATUS PARTY」の連絡先交換率はなんと驚異の90%以上!メール交換や名刺交換のほか、SNSの友達申請など自由に参加者同士で楽しむことができます。

また、出会いには雰囲気も大切と考えていますので、オシャレなレストランやラウンジなどでパーティーを開催しています。

企画にもよりますが、男性は6000円、女性は3000円程度の参加費です。リーズナブルなのに、何人と連絡を取ってOKですので、「PREMIUM STATUS PARTY」で婚活の第一歩を進めてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
psp2のご紹介