パーティー報告&参加者の声

ファッション

街コンがもっと楽しくなる!男性ファッション講座【グレージャケットの着こなし編】

1店舗型の街コンで、会話が盛り上がらないその原因、実は言葉を発する前にあったのかもしれません。

ご存知でしたか? 実は、会話がスタートする前からあなたの身だしなみは女性にチェックされていたことを! ですが、ここでいう身だしなみとは必ずしも清潔感のことを言っている訳ではありません。

 

身だしなみとは、「その人のパーソナリティーを映し出す鏡」と言われています。心・パーソナリティーは目に見えないからこそ、男性の内面を見抜くための手がかりのひとつとして、女性はあなたの身だしなみをチェックしていたのです。

 

内面を見抜くためのチェックだからこそ、必ずしもイケメンが有利とは限りません。まずは、数いるライバルたちの中から、女性の記憶に印象を残すという段階が求められていたのです。

 

では、街コンで最適な服装とはどんな服装なのでしょうか? のべ4,000人以上の買い物に同行してきた服のコンサルタントである私が、「街コンに最適なジャケット色」についてお伝えします。

 

 

清潔感以前!?誰も教えてくれなかった印象問題

男性が複数の女性とLINE交換するように、女性も数多くの男性とLINE交換しています。果たして、あなたの印象は女性の記憶に残っているのでしょうか?

 

1店舗型の街コン会場はライティング(照明)に凝っている空間が多く、照明が暗いときほど、明るい色の服装が重要です。こういうシチュエーションだからこそ、暗い色の服装ではムードある照明にあなたが埋もれてしまうリスクがあります。さらに、街コンはライバルがいるシチュエーションだからこそ、女性の記憶に残るような会話や服装が求められるのです。

 

もし、あなたが黒・ネイビーなどダークカラーのジャケットを選んでいたとしたら、女性に覚えてもらっていない可能性が高いのです。つまり、ライバルがいる会場で女性に認知されるためには、清潔感以前に照明を鑑み、明るい色の服装が必要だったのです。これで女性の記憶にあなたという存在を残すことができます。ですが、一体何色のジャケットが最適なのでしょうか?

 

グレージャケットがパーティーで重宝されるワケ

正解は一つでありません。それでも真っ先にお薦めするジャケットはグレージャケットです。明るすぎず暗すぎないからこそ、初心者でも導入しやすく重宝します。

 

中間色と呼ばれるグレーは、合わせるパンツ・インナーの色を選びません。ダークカラーの濃い色ジーンズも似合いますし、ライトカラーの白パンも似合います。何色でも合わせられるからこそコーディネートとしては便利ですが、デメリットがないわけではありません。

 

中間色の性質上、一歩間違えればジジくさく見えるのです。この落とし穴にはまらない為の工夫を教えます。2つあります!

 

・明暗のコントラストを強くつけること
・柄物インナーを取りいれること

 

中間色であるグレージャケットに白など極端に明るい色と黒・ネイビーのような極端に暗い色を合わせることで上下半身にメリハリが生まれます。このメリハリがグレーを若々しく見せてくれるのです。

 

一方、ボーダー柄のTシャツなどメリハリをつけることで、グレー色の印象がボケずに済みます。ポイントは「ジジくさく見えないよう何かしらの工夫を凝らすこと!」。そんなリスクを背負ってでもグレージャケットを選ぶ理由は、ムーディーな照明というシチュエーションであっても女性から認知されるためです。重要なことは、シチュエーション次第で似合う服装は変わるということだったのです。

 

グレーの段階を理解する!

グレーは、白と黒の間にある明るさを測るためのものさしのような存在です。白に近いライトグレーから黒に近いチャコールグレーまでそのバリエーションは様々ですが、重要なことは明るいグレーを選ぶということ!

 

つまり、街コンの着こなしとしては、ライトグレーからミディアムグレーと呼ばれる範囲のタイプをチョイスしましょう。明るいグレージャケットであればあるほど、インナーにネイビー色のTシャツを合わせることでグッと印象が引き締まります。大人っぽい印象を演出しつつ、明るい印象で女性の記憶に残すことが可能です。

 

さらにワンランク上の着こなしを教えます。それはジャケットの胸元にブートニエールというピンズを付けることです。ジャケット襟にボタンホールが付いていますよね。あれは社章を挿す穴ではありません。

 

フラワーホールと呼ばれています。その昔、貴族が好きな女性を口説くときにフラワーホールに挿していた生花をプレゼントしていたという逸話は有名です。もちろん、街コンや婚活パーティーでそんなことをしてはキザで逆効果でしょう。

 

ただ、花をモチーフとしたブートニエールというピンズを挿すことでグレージャケットがさらに印象づくのです。ポイントは、清潔感より前に女性の記憶に残る服装をすること。そのためには明るめのグレージャケットにブートニエールと呼ばれる花型のピンを付けることです。まずは、試してみましょう! 女性の反応が劇的に変わりますから。

 

【服のコンサルタント協会 代表理事 森井良行】

1979年 千葉県出身。「プロの目線でユニクロもカッコよく!」をモットーとし、のべ4,000人を超えるビジネスマンの買い物に同行する。オフィシャルサイト『エレカジ』では、日々のリサーチ情報も配信中! 『毎朝、迷わない!ユニクロ&ツープライススーツの上手な使い方』(WAVE出版)がある。