出会い 恋人

恋人ができないのはナゼ!?自分では気付かない致命的な6つの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋人ができない人の特徴

夏は楽しいイベントが盛りだくさん、秋冬は人肌恋しい季節、春になれば彼氏彼女とうららかな日を楽しみたい・・・
1年中恋人が欲しいと思っているのになぜ?まわりはカップルだらけなのになぜ自分には恋人ができないのだろう、と悩んでいませんか?

友達同士やおひとりさまでも人生十分楽しいものですが、恋人がいればそれは何十倍にも何百倍にも楽しくなります。

もしかすると、自分で無意識のうちに恋人を遠ざけている理由があるのかもしれません。

恋人ができない人にあてはまるかもしれない6つの共通点をまとめてみました。
ご自身にあてはまるかどうか一度確認してみませんか?

これだけ多くの人間がひしめき合っている世の中です。
同じように悩んでいる人も数多いはず!そして、出会いを求めている男性や女性の数はたくさんいます。

もしあてはまる項目があっても落ち込むことはありません。
内容を参考にして、次からそれを改善していけば大丈夫です。

恋人ができない特徴1:友達以上になろうとしていない

友達以上になろうとしていない

異性の友達は何人かいるのけどいつも友達どまり、合コンへ行って仲良くはなるけれどそれ以上は進まない・・・という方はいませんか?

その理由の1つとして、「友達以上になろうとしていない」ということが考えられます。

いやいや、恋人を作ろうと思っているよ!
という方もいるかもしれませんが、もしかすると気持ちと行動が異なっているのかもしれません。

自分が恋人を作ろうとしたときに、異性としての魅力を求めるのと同様に、異性も自分自身に対して異性としての魅力を求めます。

あなた自身が女性であれば、男性の力強さ、包容力、優しさなどを求め、
あなた自身が男性であれば、女性の気配り、上品さ、優しさなどを求めますよね。

異性としての魅力を感じなければ恋人にはなれず、友達どまりです。
恋人同士になる必要を感じられないからですね。
自分自身も異性に対して、友達でいいかと感じたことが1度や2度あるはずです。

男性であること、女性であることを認識し、相手へ異性としての魅力を伝えるようにしましょう。

友達として親しくなるだけでなく、そこからステップアップするためです。

恋人ができない特徴2:ノリと楽しさを重要視しすぎている

ノリと楽しさを重要視しすぎている

え?ノリがいい方が楽しいのになぜ?と思った方もいるかもしれません。
その場合、かなり注意が必要です。

例えば、下ネタ。
大勢の仲間で飲み会などを開催すると、お酒の高揚感もあり、下ネタで盛り上がることはよくありますよね。

下ネタで盛り上がっている中、

  • 中心的に盛り上げている人
  • 中心ではないけどニコニコ笑って聞いている人

どちらの方に異性としての興味を持ちますか?

後者の「ニコニコ笑って聞いている人」の方が異性としての興味を持つと答える人の方が多いはずです。

その理由は、友達と恋人とは異なる、ということです。

恋人になるということは、相手を一番に思うこと、そして相手からも一番に思われることです。
下ネタの中心でさまざまなことを話す人を一番大切にすることは、なかなか難しいかもしれませんね。

ノリと楽しさも重要です。
楽しい会話の中でムッとした顔は、雰囲気が台無しになってしまいます。

ただし、ノリと楽しさを追求しすぎてしまっていれば、それが恋人ができない原因かもしれません。

恋人ができない特徴3:手当り次第!?焦っているのがバレている

焦っているのがバレている

恋人ができなくて寂しい毎日だったり、まわりの友人に全員恋人がいる、となると、「自分も早く恋人を作らないと」と焦る気持ちが生まれます。

また、恋人になるまでの過程をまどろっこしく感じたり、面倒に感じて、もう早く恋人になりたい!と焦る場合もあるでしょう。

これを分かりやすい言葉で言うと「ガツガツする」となります。

仕事でも、ガツガツしている仲間とチームを組んで仕事をすると、ストレスに感じて避けたくなりませんか?
「そんなにガツガツしなくてもじっくりやればいいのに」と思いませんか?

恋愛も同じです。
焦りとガツガツは禁物です。

恋人になるまで1歩ずつお互いのことを知って歩み寄っていく時間、これがとても大切だからです。

もうちょっと相手のことを知りたい、という気持ちが「またこの人に会いたい」という気持ちに変わっていくのです。

焦らずガツガツせず少しずつ前に進む、間違っても付き合う前に一線を越えてしまったり、会ったその日に告白するということはないようにしましょう。

恋人ができない特徴4:スーツは高級、靴は安物、小物でボロが出ている

小物でボロが出ている

「ここ一番!」というデートや合コンのとき、洋服には特に気合を入れますよね。
自分を良く見せるためにおしゃれなものを選んだり、高級なものを新調することもあるかもしれません。

おしゃれじゃない人よりおしゃれな人の方が魅力的ですし、高級なものを着ている人の方が好印象を与えられるはずです。

ただし、ファッションの基本はコーディネートです。

高級スーツやワンピースを着ているけれど、靴は通販で買った安物のサイズが合っていない靴だと、スーツやワンピースも含めてすべてがマイナス評価になります。

1点豪華主義は、実はかなり上級のファッションテクニックが必要です。
失敗のリスクが高いことは避け、全身のおしゃれに少し気遣えば大丈夫です。

靴はきっちりクリームとブラシで磨き、バッグもすれや変色がないことを確認します。

高級スーツやワンピースよりも、アイロンがピシっとかかった真っ白なシャツの方が、印象が良いかもしれませんよ。

恋人ができない特徴5:相手に受け入れられないニオイ(臭い&匂い)

相手に受け入れられないニオイ

鼻をつまんで食事をすると、料理の味が分かりませんよね。
恋愛もそれに似ていて、異性の香りにかなり左右されると言われています。

自分で耳の裏をこすった指を嗅いでみましょう。
臭いですか?いい匂いですか?

「無臭」と感じた方が多いはずです。
自分で自分の香りにはなかなか気づくことができないからです。

もし、自分がとんでもない臭いを発していたら・・・恋愛においては致命的です。

また、「この人の香りは我慢できないけど恋人にしたい」というケースはあまりないのではないでしょうか。

どちらかというと「この人の香りはどこか落ち着くなあ、好きだな」と感じると、恋をしたりお付き合いをするという場合が多いのではないでしょうか。

”我慢できない香り”というのは、人によってさまざまです。
数日間お風呂に入っていない臭い、もともと持っているキツイ体臭、汗の臭い、免税店を思わせる濃い香水の匂いなどです。

男性も女性も、好きな人の香りは多少臭くても我慢できるもの。
好きな人になる前に臭かったら、恋人になるチャンスを最初から0にしてしまっていることになります。

1日中いい香りでいることは難しくても、できる限りお風呂上りのさっぱりとした印象を保つため、香りのケアはとても重要です。

恋人ができない特徴6:無意識の内に出会いの場を限定している

出会いの場を限定している

恋人を作るためには、当然異性と出会う必要があります。

  • 会社では出会えないから合コンに気合を入れている
  • 確かな人としか付き合いたくないから、友達の紹介がいい
  • 経済的に恵まれた人がいいから、取引先の大企業の異性限定

など、「出会いの場はコレ!」と自然と決めている人がいるかもしれません。

その出会いの場で恋人ができればよいのですが、1つに絞ってしまうことが逆に遠回りになっているかもしれません。

合コンはそう毎日毎日行われるものではないですし、恋人を紹介してくれる友人もそう適当に紹介はできず日にちが空く、取引先が大企業でも人間の数は知れていますし出会える異性の数は数えるほど、ではないでしょうか?

出会う場所、出会う方法、こうでないと、という考えがあれば取り払ってみましょう。

恋人を作るためには、固定観念をなくし、柔らかい気持ちで臨む方が出会いの場は広がります。
つまり恋人ができる可能性を高めることにつながるのです。

まとめ

決して男前でも美人でもないのに、いつも恋人に恵まれている人はまわりにいませんか?自分に恋人がいないと、なぜアイツorあの子は?と感じるかもしれません。

可能なら少し観察してみましょう。
いつもニコニコ笑っているけどすごくノリが良いわけではない、なんだかいつもゆったりと身構えているなど、もしかすると今回の「恋人ができない人の自分で気が付けない6つの特徴」に1つもあてはまらないかもしれません。

自分はどうせとあきらめてしまう前に、この6つの特徴をもう一度見直して、次のチャンスを作ってみませんか?

最近では、婚活パーティや恋活など、恋人が欲しい男女が集まるイベントに気軽に参加できるようになっています。
「婚活パーティなんて・・・」と思ったあなた、まさに今、無意識のうちに出会いの場を限定してしまっています。

軽い異業種交流会、くらいの気持ちで参加してみてはいかがでしょうか?
婚活パーティー・異業種交流会なら、PREMIUM STATUS PARTY

柔軟に考えて、新しいことにもチャレンジする、その姿勢が大切ですね。
いろんな出会いの場を経験して、素敵な恋人を見つけましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
bzのご紹介